ベッドメイキングをするよう母親から何度も言われたことはありませんか。毎朝ベッッドメイキングをすることは非常に大切です。ベッドを整えると部屋全体がきちんと片付いているように見え、滑らかなシーツの間に入れば非常に心地よいベッドタイムとなるはずです。ベッドメイキングは簡単な作業だと思うかもしれませんが、きちんと正しく行うのにはちょっとしたコツがあります。この記事ではベッドを完璧に整える方法を紹介します。

パート 1 の 2:
ベッドを整える

  1. 1
    ベッドから要らないものを移動させましょう。ベッドを整える時は、朝起きた後であれシーツを洗った後であれ、まずはベッドから要らないものを移動します。枕、ぬいぐるみ、掛布団をすべてどこかにのけましょう。
    • 羽毛布団や毛布、アッパーシーツ、枕を取ってそばに置いておきます(床に直接置かないようにしましょう)。
    • ボックスシーツ(固定用のゴムが付いているシーツ)はそのままにしておきましょう。
  2. 2
    ボックスシーツをセットしましょう。まだボックスシーツを取り付けていない場合はセットします。四隅にゴムが付いたものであれば、マットレスの角に引っかけるようにして取り付けます。
    • ボックスシーツがマットレスの角にしっかりと固定されるようにしましょう。マットレスを少し持ち上げて行う必要があるかもしれません。
    • ボックスシーツは、よれやしわがなく、滑らかな状態になるようにします。
  3. 3
    アッパーシーツをセットしましょう。次は、シーツをかけたマットレスの上にアッパーシーツを広げます。この時、縁の折り返しの広い方が頭側に来るようにし、縁をマットレスの端と合わせます。
    • シーツに柄がある場合は、柄のある面を下に向けるようにします(こうするとシーツの上部を折り返した時に柄が見えるようになります)。
    • アッパーシーツはベッドの両側に垂れる長さが同じになるよう、マットレスの上に偏りなく広げましょう。
  4. 4
    四隅をたるみを作らず折り込みましょう。アッパーシーツの端の部分をマットレスの下にぴったりと折り込みます。ベッドメイキングの中でも一番難しい部分ですが、ベッドをきちんと整った状態に見せるようにする作業です。[1]
    • たるみを作らず折り込むには、まずアッパーシーツの足側の端をマットレスの下に入れ込みます。単に押し込むのではなく、しわを作らず滑らかになるようにしましょう。
    • ベッドの足側の端から約40cmのところで、シーツの片側を持ちます。シーツを持ち上げて、マットレスの角から45度の角度を作るようにしてマットレスの上でたたみます。
    • たたんだ部分をそのまま押さえながら、ベッドの横に垂れているシーツをマットレスの下に折り込みましょう。きれいな仕上がりになるように、できる限りきっちりと行います。
    • 次にマットレスの上で折っていたシーツを下ろします。シーツを緩めに仕上げたい場合はここで終了します。折り込んでぴったりさせたい場合は、垂れているシーツをすべてマットレスの下に入れましょう。[2]
    • 反対側のシーツも同じようにしましょう。
  5. 5
    羽毛布団または掛布団を上に掛けましょう。アッパーシーツのセットが終わったら、毛布、羽毛布団、掛布団などを上に掛けます。
    • 羽毛布団はベッドの両側から垂れる長さが同じになるよう、ベッドに偏りなく広げましょう。
    • 羽毛布団、掛布団、毛布の端が、ベッドの頭側のシーツの端から約15cmのところに来るようにします。
  6. 6
    アッパーシーツを折り返しましょう。アッパーシーツの頭側の端を持ち、羽毛布団や毛布、掛布団の端の部分に合わせて折り返します。シーツの柄が表から見えるようになりましたね。
    • 毛布や薄い掛布団を使っている場合はシーツと一緒に折りたたむこともできます。そうすればシーツの縁が隠れて見えなくなります。羽毛布団は厚みがあるため折りたためません。
    • お好みで、一緒にたたんだ毛布とシーツをマットレスの下に入れ込むと、すっきりときれいに整ったベッドに仕上がります。これは米国の軍隊で取り入れられている方法です。[3]
  7. 7
    枕をふわふわにしましょう。枕をベッドに戻す前に、空気を含ませてふわふわにしましょう。枕の両端を手で持ち、押したり引いたりして空気を含ませます。アコーディオンを弾く時のような動作です。[4]
    • 枕カバーのしわをなくし、掛布団とベッドボードの間を埋めるようにして、枕を寝かせて置きましょう。
    • クイーンサイズのベッドで枕が2つ以上ある場合は、2つを並べて置いた後、3つ目からをその上に重ねます。
  8. 8
    仕上げをしましょう。ベッドメイキングの完成まであと少しです。
    • 仕上げには、飾りのクッションなどがあれば、並べた枕に立てかけるようにしておきましょう。
    • ベッドの装飾用(あるいは寒さ対策用)の毛布、キルト、スローなどがある場合は、半分に折りたたんでベッドの足側に偏りなく被せましょう。
    広告

パート 2 の 2:
習慣をつける

  1. 1
    毎朝ベッドを整えましょう。毎朝ベッドを整えるのは簡単なのにメリットのある習慣です。
    • 毎朝ベッドメイキングに2分を費やすだけで、寝室がきれいに見え、落ち着きのある部屋になります。毎晩整えられたベッドの滑らかなシーツの間に入ることが、どんなに気持ちよいか想像してみましょう。
    • 信じがたいかもしれませんが、毎日ベッドを整えると実際に幸福度が上がります。[5]
  2. 2
    1~2週間ごとにシーツを洗いましょう。どれくらいの頻度でシーツを洗うべきかということに対しては様々な意見があります。答えは、1~2週間に1度です。[6]
    • 1~2週間ごとに洗えるとよいですが、1か月ほど使い続けても大丈夫でしょう。しかし寝室で不快な臭いがするのに気が付けば、その理由は明らかです。
    • 羽毛布団、掛布団、毛布など、体に直接触れていないものは、3か月に1度くらいの頻度で洗うとよいでしょう。[7]
  3. 3
    羽毛布団のカバーをつける簡単な方法を覚えましょう。羽毛布団を使っている人であれば、カバーをつける作業が非常に厄介なことをお分かりでしょう。しかし、この作業を簡単にする裏技があります。
    • カバーを裏返し、両手を中に入れて内側から角の部分をひとつずつつかみます。そして、つかんだカバーの角を羽毛布団の角に合わせ、布団と一緒に持ちましょう。
    • カバーと布団の角を合わせてしっかりと持ち、カバーがひっくり返って布団に被さるまでよく振りましょう。最後に羽毛布団の端をカバーの中へ押し込み、ファスナーやボタンでカバーを閉じましょう。
    • 方法としては以上ですが、コツとしては辛抱強く取り組むこと、家族や友人の手を借りることが挙げられます。
  4. 4
    ベッドパッドを使いましょう。ベッドパッドを使っていない場合は購入するとよいでしょう。お使いのベッドの大きさに合うものを選ぶようにします。
    • ベッドパッドはマットレスとボックスシーツの間に敷くものです。マットレスを汚れから守り、ベッドの厚みが増すため、さらなる心地よさが得られます。
    広告

ポイント

  • 左右に偏りがないようにしましょう。
  • ベッドを整え終わったら掛布団のしわを伸ばしましょう。よれなどがなくなり、できる限り滑らかな状態になります。
  • シーツがマットレスの角でたるみなく折り込まれているようにします。
  • 朝気分が乗らなくてもベッドは毎日整えるか、あるいはシーツやカバーを外して寝具を空気に触れさせましょう。朝のルーティーンにこの作業を加えると、早起きしやすくなるというよい習慣につながります。
  • ベッドメイキングを始める前にシーツの交換が必要かどうか確認しましょう。
  • クイーンサイズのベッドを使用している場合、枕を角に置くと部屋が大きく見えます。
  • 最後に枕をベッドの上に置けば完成です。
  • さらなる心地よさを追及するなら、形状記憶マットレスを使用しましょう。
  • ベッドメイクを自分の好きなスタイルで仕上げてみましょう。
  • シーツ、毛布、枕カバーを毎週日曜日に洗いましょう。こうすることでベッドをいつもすっきり清潔に保ち、快適に眠ることができる環境を整えます。
  • 予算が許すならサテンの枕カバーを購入しましょう。冷却感があるだけでなく、肌や髪にまとわりつかずさらっとしています。
  • 細菌の増殖を防ぐために枕カバーは2日ごとに交換しましょう。こうすれば細菌と肌との接触を予防できます。細菌が肌に触れると、人によっては吹き出物やニキビの原因になることがあります。[8]

広告

注意事項

  • 夏の時期は、ベッドの上に何枚もの毛布や厚い毛布を置くのはやめましょう。暑さにもよりますが、薄い毛布を1~2枚を使うか、あるいはシーツだけで十分でしょう。
広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ガラスの傷を取る

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

木に防水加工をする

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

ヒューズをチェックする

How to

毛羽立ちや毛玉を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

絵画を壁に掛ける
広告

このwikiHow記事について

Melissa Maker
共著者 ::
Clean My Space設立者
この記事の共著者 : Melissa Maker. メリッサ・マーカーはハウスクリーニングをテーマに扱ったYouTubeとブログ、「CleanMySpace」の司会兼編集者です。YouTubeチャンネル、そしてブログの登録者は1億人を超えています。プロのハウスクリーナーとして10年以上の経験があり、CleanMySpaceを通じてハウスクリーニングに関するあらゆる秘訣を配信していています。 この記事は2,860回アクセスされました。
このページは 2,860 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告