ベンツの鍵の電池を交換する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 12 出典

この記事には:自分の鍵の型を確認するクロームキーの電池を交換するスマートキーの電池を交換する鍵の管理をする

メルセデス・ベンツの鍵の電池が切れてしまったら笑い事ではありません。電池を交換するまで、遠隔で開錠したり、非常時に防犯ブザーを始動させたりできないからです。いずれのベンツの鍵も同じ型の電池(CR 2025)を使用していますが、必要な個数や交換方法はモデルによって異なります。電池交換をする前に、自分の鍵を他のモデルと比較して、鍵を傷つけたり誤った手順に従うことのないようにしましょう。

パート 1
自分の鍵の型を確認する

  1. 1
    クロームキーとスマートキーを見分けましょう。クロームキーとスマートキーは見た目が似ていますが、クロームキーはベンツの新型車に導入されています。クロームキーは縁が金属なのに対し、スマートキーは全体がプラスチックです。どちらの鍵も機能にはあまり違いがありませんが、電池交換の方法は異なります。
  2. 2
    最新のクロームキーは赤い三角形のボタンで見分けます。最近のクロームキーには、赤い三角形のパニックボタンが付いていて、ボタンには大文字で「PANIC」と書かれています。最新のクロームキーには、CR 2025型の電池が1個必要です。ケースを開ける前に用意しましょう。[1]
  3. 3
    古いクロームキーには丸いパニックボタンがあります。クロームキーの電池交換の方法はいずれも同じですが、古いモデルにはCR2025型電池が2個必要です。新しいモデルとは異なり、古いクロームキーには丸いパニックボタンがあり、白字で「PANIC」と書かれています。[2]
  4. 4
    スマートキーはプラスチックの縁で見分けます。新しいスマートキーも古いスマートキーも黒いプラスチックの縁がついています。どのスマートキーも電池交換の方法は同じですが、新しいスマートキーには古いクロームキーと同様の赤いパニックボタンが付いています。初期モデルのスマートキーにはこれがありません。[3]
    • スマートキーにはCR 2025型の電池が2個必要です。
    • 初期モデルのスマートキーにはパニックボタンがありません。

パート 2
クロームキーの電池を交換する

  1. 1
    クロームキーの下部にあるつまみを引きます。つまみは小さい四角形で銀色の塗装がされています。つまみを引くと鍵が取り外せるようになるので、鍵を引き抜きます。[4]
  2. 2
    鍵を差込口に入れます。鍵を取り外すと、ケースの底にわずかな隙間があります。片側にはくぼみがあり、もう片側は平らで細い形状をしています。鍵を細い方に差し込んで締め金を外し、カバーを緩めます。[5]
  3. 3
    緩んだカバーをキーケースの脇から外します。鍵を奥まで差し込むと、キーケースからカバーが簡単に外れます。カバーが外れると中に電池があります。古い電池を取り出して、適切に処分しましょう。[6]
    • カバーが外れない場合は鍵をより深く押し込みます。
  4. 4
    CR 2025型電池を入れ替えます。電池ケースをよく確認し、正しい向きで入れるようにしましょう。電池収納部に電池を入れたら、カバーを閉じて鍵をキーケースの中に戻します。
    • 紛失しないように、鍵はすぐにキーケース内に戻しましょう。

パート 3
スマートキーの電池を交換する

  1. 1
    キーケースの下部の掛け金を引きます。掛け金は黒い四角形で、キーケースの底の部分にあります。鍵がケースから外れます。掛け金を引きながら、もう片方の手で鍵を持ち、紛失しないようにします。[7]
  2. 2
    開口部に平行に鍵を差し込みます。鍵を外すと、キーケースの下部に細長い穴が現れます。キーケースを横にし、この開口部に鍵を差し込みます。鍵を完全に奥まで差し込み、電池収納部のカバーを開けます。[8]
  3. 3
    電池収納部を持ち上げてキーケースから出します。掛け金が外れると、電池収納部の端が僅かに外に出てきます。それをつまんでキーケースからゆっくり引き抜きます。引き抜くと、電池が2個入っています。[9]
  4. 4
    CR 2025型電池を交換します。古い電池を取り出して、新しい電池2個を入れます。電池収納部をキーケース内に戻し、カチッという音がするまで押し込みます。鍵も穴に真っすぐ入れて元に戻します。

パート 4
鍵の管理をする

  1. 1
    鍵を保護するためにキーカバーを購入しましょう。ベンツの鍵、特に古いモデルのものは壊れやすく、落としたり破損したりすると使えなくなることがあります。カバーを付けて落下や傷から鍵を守りましょう。
    • より丈夫なシリコンのカバーが推奨されています。[10]
  2. 2
    電池はリチウム電池を用いましょう。電池には金額によって様々な金属が使われています。より安い電池もあるかもしれませんが、リチウム電池CR 2025型は長持ちするので、長期的には最も経済的です。[11]
    • 鍵の電池交換を頻繁に行いたくない場合はリチウム電池を選びましょう。
  3. 3
    鍵を紛失したときのために追跡アプリを使いましょう。ベンツの鍵の交換費用は高額です。その災難を防ぐため、紛失防止タグを鍵やキーホルダーに付け、対応するアプリをダウンロードしましょう。人気の紛失防止タグには以下のようなものがあります。[12]
    • BiKN
    • TrackR pixel
    • Cobra Tag
    • MAMORIO
    • Swift Finder
    • Stick'n'Find
    • Tile
    • FIND
  4. 4
    反応が弱くなったと感じたら電池を交換しましょう。電池交換の頻度は金属のタイプと鍵を使う頻度によります。目安としては、ボタンを押しても反応しなかったり、たまにしか反応しない場合は換え時です。
    • 緊急事態や不自由な思いを避けるために、反応が弱くなったと感じたらすぐに交換しましょう。
  5. 5
    必要によってはベンツのディーラーで新しい鍵を購入しましょう。数年経つと、電池を交換しても鍵が使えなくことがあります。鍵は2~3年ごとか、新しい電池でも反応しなくなったら交換しましょう。
    • 通常、ベンツのディーラーは、別のディーラーで購入した車でも鍵の交換に対応してくれます。

ポイント

  • 電池交換をする前に保険やディーラーの情報を確認しましょう。無料で、もしくは安く電池交換をしてくれる場合があります。
  • 購入する前に電池がCR 2025型であることを確認しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 自動車

他言語版:

English: Change a Mercedes Key Battery, Español: cambiarle las baterías a una llave de Mercedes, Français: changer les piles d'une clé de Mercedes

このページは 42 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?