PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ベーキングパウダーは膨張剤(生地を膨らませるもの)であり、焼き菓子によく使われています。賞味期限が切れていたり古くなったベーキングパウダーでは、新鮮なものが起こすような化学反応が起きません。そのため、パンやクッキーなどの焼き菓子が膨らまない可能性があります。正しく保存すれば1年以上持ちますが、今あるものがまだ良い状態か判断できない場合は、料理に加える前に鮮度を確認してみましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
ベーキングパウダーを調べる

  1. 1
    水道水を沸かす 電子ケトルに水道水を最低ラインまで入れましょう。ベーキングパウダーを調べるには1/2カップ(100ml)のお湯しか必要ありませんが、過熱しないように最低ラインまで水を入れます。電子ケトルのスイッチを入れ、お湯を沸かしましょう。[1]
    • 必要以上のお湯を沸かさないようにしましょう。余分なお湯を沸かすのはエネルギーの無駄遣いです。
  2. 2
    ベーキングパウダーをボウルに入れる ベーキングパウダーを小さじ1(4g)量り、耐熱ボウルまたはグラス、皿などに入れます。沸騰した湯をベーキングパウダーにかけるため、高熱に耐える容器を使うことが大切です。
    • 同様の方法で重曹の効力を調べることができます。[2]
  3. 3
    お湯を量って注ぐ お湯が沸騰したら、1/2カップの軽量カップに注ぎます。そして計量カップのお湯をゆっくりベーキングパウダーにかけましょう。
    • ベーキングパウダーではなく重曹を調べる場合は、重曹にかける前に、ホワイトビネガー小さじ1をお湯に加えましょう。良い状態であれば、酢に含まれる酸が重層に反応して活性化します。[3]
  4. 4
    泡立ちを注意深く観察する 新鮮で使用に適しているベーキングパウダーは、お湯をかけた瞬間にシュワシュワと発泡し始めます。シュワシュワと音が出ていればベーキングパウダーが新鮮であるため、料理の発泡剤として使うことができます。
    • ベーキングパウダーがよく泡立つほど新鮮です。[4]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
ベーキングパウダーの代用品を探す

  1. 1
    重曹にクリームタータを混ぜる 実はベーキングパウダーは重曹と乾燥した酸を合わせたものなので、家庭にあるものが新鮮ではなく困ったときには自分で作ることができます。ベーキングパウダー大さじ1(15g)を作るには、重曹小さじ1(4g)とクリームタータ小さじ2(7g)を混ぜましょう。
    • ベーキングパウダーを大量に作る場合は、重曹とクリームタータを1:2の割合で混ぜ合わせ、余ったものは密閉できる容器で保管しましょう。[5]
  2. 2
    重曹にバターミルクを合わせる 他の種類の酸として、バターミルクを重層に加えてベーキングパウダーにすることができます。その方法でベーキングパウダーを作るには、重曹小さじ1/2(2g)とバターミルク1/2カップ(100ml)を混ぜ合わせましょう。[6] この代用方法は、以下のようなバターミルクを使うレシピに最適です。
    • ホットケーキ
    • マフィン
    • ビスケット
    • ワッフル
    • 揚げ物のパン粉や衣用生地
    • ドーナツ
  3. 3
    重曹にレモン汁や酢を混ぜる レモン汁と酢は両方とも酸を含んでおり、重曹を活性化させてベーキングパウダーへと変えます。この代用品を作るには、重曹小さじ1/4(1g)とレモン汁か酢小さじ1(5ml)を合わせます。これはベーキングパウダー小さじ1(4g)の代わりになります。[7]
    • 重曹と液体でベーキングパウダーを作る場合、レシピに記載されている液体を、加えた液体分ほど減らしましょう。例えば、レモン汁と重曹でベーキングパウダー小さじ2を作った場合、レシピに記載されている牛乳の量を小さじ2ほど減らしましょう。[8]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
ベーキングパウダーを保存する

  1. 1
    密閉できる容器でベーキングパウダーを保存する ベーキングパウダーは、適切に保管すると18ヶ月以上持ちます。ベーキングパウダーを保存する上で最も大切なことの1つは、酸素が入り込まない密閉容器での保管です。適しているのは以下の容器です。
    • メイソンジャー
    • ぴったりと閉まる蓋があるガラスやプラスチックの容器
    • 密封する蓋のついた金属やセラミックの調味料保存容器
  2. 2
    乾燥した場所で保管し、保存期間を伸ばす ベーキングパウダーに湿気が混ざると、塊ができたり、効果が弱くなってしまいます。食糧庫や食器棚などの湿気が入らない乾燥した場所で保管すると、保存期間を伸ばすことができます。ジメジメした地下室、シンクの下などの水漏れしやすい場所での保管は避けましょう。
    • 空気に含まれている湿気は水やイーストなどの物質を含んでおり、ベーキングパウダーの化学成分を変化させます。そして最終的に、湿気にさらされたベーキングパウダーは使い物にならなくなります。
  3. 3
    涼しい場所で保管する ベーキングパウダーの使用期限を延ばす別の方法は、熱を避けて保存することです。[9] 特に十分乾燥していない場所で保管していた場合、高温のためベーキングパウダーが活性化することがあります。オーブンの近くにはない食糧庫や食器棚が保存場所に最適です。
    広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
チーズを溶かすチーズを溶かす
牛乳からバターミルクを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 574 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告