PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ベーコンは美味しいおつまみや軽食として、食事のもう一品としても重宝します。ただ、長い間冷凍庫に保存したベーコンは、解凍に時間がかかります。そこで、迅速に解凍できるテクニックを試してみましょう。電子レンジを使う方法や水に浸す方法でベーコンを解凍すると、ベーコン約500gを1時間以内で解凍できます。

方法 1
方法 1 の 2:
電子レンジで解凍する

  1. 1
    電子レンジ対応の皿にキッチンペーパーを敷いてベーコンを並べる 電子レンジ対応の皿にキッチンペーパーを敷きます。皿が大きい場合は、キッチンペーパーを2枚使い、皿が完全に隠れるようにしましょう。キッチンペーパーはベーコンから出る余分な脂を吸収する役割を担います。ベーコンをパックから取り出し、キッチンペーパーの上に並べましょう。[1]
    • ベーコンをできるだけ広げて並べると解凍時間が短縮できます。ベーコン同士が固着している場合は、2分程自然解凍させると、1枚ずつ剥がしやすくなります。
  2. 2
    キッチンペーパーをベーコンにかぶせる ベーコンは脂肪の含有量が多いため、電子レンジ庫内で脂が飛び散る恐れがあります。ベーコンの上にキッチンペーパーをかぶせることで、脂を吸収し、電子レンジが汚れるのを防ぎます。[2]
    • 普通のキッチンペーパーを使います。キッチンペーパーはスーパーなどで入手可能でしょう。
  3. 3
    電子レンジの「肉解凍」ボタンを押す 電子レンジにベーコンの重量を入力する必要があれば、パックに記載の内容量を確認して、正しい重量を入力しましょう。電子レンジは、この重量を基に解凍時間を計算します。自動解凍機能付きの電子レンジなら、「肉解凍」ボタンの後に「スタート」ボタンを押せば、ベーコンの解凍時間を自動的に設定します。[3]
    • 購入時のパックが手元にない場合は、キッチンスケールでベーコンの重さを計りましょう。
    • 電子レンジでのベーコンの解凍時間は15分以内でしょう。
  4. 4
    解凍後すぐにベーコンを調理する 解凍が終了したら、皿をゆっくりと取り出し、キッチンペーパーをベーコンから外します。細菌の増殖や食中毒を防ぐため、ベーコンはすぐに加熱しましょう。フライパンで炒めたり、オーブンで焼いたり、電子レンジで調理したりと色々な調理方法で楽しみましょう。[4]
  5. 5
    調理済みベーコンを冷蔵庫で保存する 調理したベーコンは冷蔵庫で5日間保存可能です。密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。ベーコンの味に違和感を感じたら、食べるのを中止しましょう。[5]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
冷水で解凍する

  1. 1
    ベーコンを防水の保存袋に入れ密閉する(ベーコンが開封済みの場合) 購入時のパックが開封済みもしくは破損している場合は、水や細菌の侵入による品質劣化を防ぐため、防水の保存袋にベーコンを移し替えましょう。ジップロックの保存袋はチャックの開閉が簡単で使いやすいでしょう。[6]
    • 密閉できる防水の保存袋をスーパーなどで購入します。
    • ベーコンのパックに損傷がなければ、ベーコンはそのままパックに入れておきましょう。
  2. 2
    ベーコンを冷水に浸す 台所のシンク、もしくは、大きいボウルに水道水を溜めます。そこへ、水が浸入しないよう密閉したベーコンを浸水させましょう。[7]
    • 1時間以内に食器洗いなどシンクを使用する必要がある場合は、シンクで解凍するのはやめましょう。
  3. 3
    ベーコンが解凍するまで30分毎に水を交換する 暖かい地域では特に、時間が経つと水温が上昇してきます。そのため、30分毎に水を交換すると、解凍時間が短縮できます。ベーコンが柔らかくなったら解凍完了です。
    • ベーコン約500gの冷水解凍の目安は約1時間です。[8]
  4. 4
    オーブン、フライパン、電子レンジでベーコンを調理する 細菌の繁殖を防ぐため、解凍したらすぐに加熱しましょう。ベーコンを半解凍のまま調理しても、安全性に問題はありません。お好みの方法でベーコンを料理しましょう。[9]
  5. 5
    調理済みベーコンを冷蔵庫で保存する 調理したベーコンは冷蔵庫で5日間保存可能です。調理したら、密閉容器に入れて保存しましょう。においに違和感を感じたら、食べないようにしましょう。[10]
    • さらに日持ちさせたい場合は、調理したベーコンを密閉容器に入れて冷凍庫で保存すると、約3か月保存可能です。上記で紹介した解凍方法でベーコンを解凍しましょう。
    広告

必要なもの

電子レンジで解凍する場合

  • キッチンペーパー
  • 電子レンジ対応皿
  • 電子レンジ
  • キッチンスケール(オプション)
  • 密閉容器(残ったベーコンの保存用)

冷水で解凍する場合

  • 大きいボウル、もしくは、台所のシンク
  • 密閉可能な保存袋
  • 密閉容器(残ったベーコンの保存用)

関連記事

傷んだ鶏肉を見分ける
豚肉に火が通ったか確認する
鶏肉料理を温め直す鶏肉料理を温め直す
ソーセージを解凍する
ロティサリーチキンを温め直す
ステーキを温め直す
豚肉を柔らかくする豚肉を柔らかくする
鹿肉を調理する鹿肉を調理する
鶏肉を柔らかくする最高の方法
角切りの牛肉を調理する
ソーセージをオーブンで焼く
冷凍ハンバーガーパティの解凍冷凍ハンバーガーパティの解凍
豚すね肉を調理する最高の方法
オーブンでスペアリブを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,697回アクセスされました。
カテゴリ: 肉・加工肉・デリ
このページは 3,697 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告