ベーコンを調理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 17 出典

この記事には:コンロで焼くオーブンで調理する電子レンジで調理するお好みに調理する記事のサマリー

朝のベーコンが焼けた香りほど良いものはありません。ベーコンを調理するにはいくつか方法があります。フライパンを使って昔ながらの方法で焼いてもよいですし、急いでいる場合はオーブンで焼いたり電子レンジで調理したりすることもできます。調理中は熱くなった油に注意し、食べる前はキッチンペーパーの上にベーコンを置いて油を吸わせましょう。

1
コンロで焼く

  1. 1
    調理する5~6分前にベーコンを冷蔵庫から取り出しましょう。ベーコンを焼く前に室温に戻しておくと、どの部分も同じ時間で均等に焼くことができます。冷蔵庫からベーコンを何枚か取り出し、キッチンカウンターに5~6分置いてから調理を始めましょう。[1]
    • 熱したフライパンに冷たいベーコンを入れると、適切に油が出ず表面が焦げてしまいます。
  2. 2
    冷たいフライパンや鉄板にベーコンを並べましょう。1枚1枚を平らに置き、均等に焼けるよう端が重さならないようにします。必要に応じて、1パッケージ全てを焼くようにしましょう。通常はフライパンにベーコンを敷き詰めて焼くのが一番です。1度に1~2枚だけを焼くと、焦げる原因にもなります。[2]
    • 鉄のフライパン、フッ素樹脂加工が施されたフライパン、鉄板などを使うとうまく焼くことができますが、手持ちのものを使って問題ありません。
  3. 3
    ベーコンが音を立て始めるまで中火で熱しましょう。フライパンは数分で温まり、ベーコンから油が出始めます。この油によってベーコンがうまく焼けるため、油が出るまで必ず待ちましょう。ベーコンがジュージューと音を立て、ゆっくり割れるような音がし始めたら油が出ている合図です。[3]
  4. 4
    10~12分間ベーコンを焼きましょう。ジュージューと音が聞こえたら、キッチンタイマーをスタートさせます。調理中はフライパンのベーコンには触れないようにします。カリッとして反り始めたらベーコンを裏返しましょう。

    ヒント: 油が跳ねて飛び散るのを防ぐため、フライパンにメッシュ状の蓋を被せます。この種の蓋は、大型のホームセンターなどで購入できます

  5. 5
    ベーコンを裏返してカリカリになるまで7~8分焼きましょう。トングを使ってベーコンを裏返し、焼き続けます。裏返した後は動かす必要はありません。お好みの硬さになるまで、あと7~8分焼きましょう。[4]
    • ベーコンの噛みごたえを残したいなら、焼くのは6~7分にしましょう。
    • さらにカリカリしたければ、9~10分焼くとよいでしょう。
  6. 6
    トングでベーコンを取り、キッチンペーパーで油を吸わせましょう。キッチンペーパーを何枚か重ね、大きな皿に置きます。焼いたベーコンをその上に乗せ、食べる前に油を吸わせます。キッチンタオルをもう一枚使ってベーコンの余分な油も拭き取りましょう。
    • 油を吸わせている間にベーコンを冷ますこともできます。フライパンから取り出したばかりのベーコンは非常に熱くなっています。

2
オーブンで調理する

  1. 1
    オーブンを204℃に予熱しましょう。天板の上側に十分スペースを確保し、天板をオーブンの中段に掛けるようにします。必要に応じて、天板を真ん中に掛けられるように調整しましょう。[5]
    • この時、ベーコンを冷蔵庫から出して室温に戻し始めましょう。
  2. 2
    高さのある天板にアルミホイルを敷きましょう。アルミホイルを一枚切って、天板全体に広げます。周りの高くなっている部分にも巻き付けましょう。[6]
    • このようにして天板から油が流れ出ないようにします。油が流れ出ると、火が付くことがあります。
  3. 3
    天板にベーコンを平らに並べましょう。くっつかない程度に近づけてベーコンを置きます。ベーコンが天板の上で平らに置かれているようにしましょう。[7]
    • ベーコンは調理中に縮むため、隙間なく並べて大丈夫です。
  4. 4
    予熱したオーブンで15~20分ベーコンを焼きましょう。天板をオーブンに入れ、扉を閉じます。調理中はベーコンを裏返す必要はありません。最終的に平らに、均等に焼き上がります。[8]
    • さらにカリカリにしたい場合は、合計で20~22分焼きましょう。
  5. 5
    キッチンペーパーを2~3枚重ね、その上で数分間油を吸わせましょう。キッチンペーパーを何枚か重ね、平らな場所に置きます。トングを使ってキッチンペーパーの上にベーコンを移し、油を吸わせましょう。[9]
    • ベーコンを熱くなった天板に乗せたまま冷まさないようにしましょう。天板に乗せたままにすると、ベーコンに1~2分余分に火が入り、焦げることもあります。
    • キッチンペーパーで油を吸わせると、ベーコンをカリカリのまま保つことができます。

3
電子レンジで調理する

  1. 1
    電子レンジで使用できる皿にキッチンペーパーを3~4枚敷きましょう。キッチンペーパーは、調理中に出るベーコンの油を吸い取ります。お皿に直接ベーコンを乗せて調理した場合は、油にまみれたゴムのようなベーコンになってしまいます。[10]
  2. 2
    お皿にベーコンを乗せ、キッチンペーパー1~2枚を被せましょう。ベーコンは重なっていなければ、隙間なく並べて問題ありません。キッチンペーパーをもう一枚使ってベーコンの上に置き、油が飛び散るのを防ぎましょう。[11]
  3. 3
    ベーコン1枚ごとに1分、高温で焼きましょう。電子レンジの扉を閉めて、調理時間を設定します。例えば、ベーコンを4枚調理する場合は4分に設定します。ベーコンを裏返したり、何か手を加えたりする必要はありません。[12]
  4. 4
    お好みの硬さになるまで30秒ずつ調理を続けましょう。ベーコンの状態を確認し、さらにカリカリにしたければ30秒ずつ焼き時間を追加して調理を続けます。ベーコンは火から下ろした後も少しの間火が入り続けるため、お好みの硬さになる前に取り出すことを覚えておきましょう。[13]
  5. 5
    ベーコンを別のお皿に移して冷ましましょう。ベーコンは冷めるにつれてキッチンペーパーとくっついてしまうため、すぐにキッチンペーパーから離すようにします。お皿の油を切るのではなく、トングを使ってベーコンを別のお皿に移します。数分置いて冷ましてから食べましょう。[14]
    • ベーコンを調理中にキッチンペーパーが余分な油を吸い取ります。そのため油を切らなければと考える必要はありません。

4
お好みに調理する

  1. 1
    メープルシロップに漬け込みましょう。ボウルにベーコンを数枚入れ、本物のメープルシロップで浸します。ボウルを覆い、30分間冷蔵庫に入れてからお好みに調理しましょう。[15]
    • 砂糖をカラメルにすると後片付けが大変かもしれませんが、その価値があるくらいベーコンが美味しくなります。
  2. 2
    調理前にブラウンシュガーをベーコンに塗りましょう。ベーコンを室温になるまで置き、ブラウンシュガー(濃い色のものでも薄い色のものでも可)を両面に塗り込みます。4~5分おいてからいつもの方法で調理をします。[16]
  3. 3
    ベーコンチップを作るには、フライパンに大さじ1~2杯(15~30ml)の水を入れましょう。フライパンにベーコンと水を入れてからコンロで焼き始めます。水は調理中に蒸発し、細かいカリカリのベーコンチップが簡単に出来上がります。ベーコンチップはサラダやベイクドポテト、またキャセロールによく合います。[17]

ポイント

  • ベーコンがなかなか噛み切れない場合は、もう少し焼く必要があります。
  • 調理中はそばを離れないようにしましょう。案外早く焼けてしまいます。

注意事項

  • フライパンにひずみが出ないように、冷やしてから洗いましょう。
  • 熱くなったベーコンを裏返す際やお皿に移す際に、指でつままないようにしましょう。

出典

  1. https://www.artofmanliness.com/articles/mastering-man-food-how-to-cook-bacon-properly/
  2. https://www.artofmanliness.com/articles/mastering-man-food-how-to-cook-bacon-properly/
  3. https://www.artofmanliness.com/articles/mastering-man-food-how-to-cook-bacon-properly/
  4. https://www.artofmanliness.com/articles/mastering-man-food-how-to-cook-bacon-properly/
  5. https://www.thekitchn.com/how-to-cook-bacon-three-easy-methods-tips-from-the-kitchn-96372
  6. https://www.thekitchn.com/how-to-cook-bacon-three-easy-methods-tips-from-the-kitchn-96372
  7. https://www.thekitchn.com/how-to-cook-bacon-three-easy-methods-tips-from-the-kitchn-96372
  8. https://www.thekitchn.com/how-to-cook-bacon-three-easy-methods-tips-from-the-kitchn-96372
  9. http://www.thekitchn.com/how-to-cook-bacon-three-easy-methods-tips-from-the-kitchn-96372
続きを 表示する… (8)

記事のサマリーX

ベーコンを調理するには、まずコンロを使う方法があります。調理する5、6分前に、ベーコンを冷蔵庫から出し、常温で少し温めておきます。次に、冷たいままのフライパンにベーコンを平らにして、できるだけ多く並べます。弱火~中火で加熱し、7、8分経ったら、または丸まってきたら裏返します。ベーコンがカリカリになるまで、7、8分おきに裏返しましょう。調理したベーコンはペーパータオルにのせ、油をきって冷まします。盛り付けて、おいしく食べましょう! ベーコンをオーブンや電子レンジで調理する方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 朝食

他言語版:

English: Cook Bacon, Français: faire cuire du bacon, Italiano: Cuocere il Bacon, Español: cocinar tocino, Deutsch: Speck braten, Português: Preparar Bacon, Русский: готовить бекон, Bahasa Indonesia: Memasak Bacon, Nederlands: Bacon bereiden, العربية: طهي اللحم المقدد

このページは 58 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?