ベージュのカーディガンを着ると、キュートで親しみやすい雰囲気になったりさりげなくおしゃれに見えたりするかもしれません。ベージュのカーディガンはどんな服にも合わせやすく、カジュアルにも華やかにも着こなすことができます。様々な色や柄、素材とベージュのカーディガンを組み合わせ、素敵なコーディネートで出かけましょう。

方法 1
方法 1 の 10:
トラディショナルなコーディネートとして、ライトウォッシュジーンズを合わせる

  1. 1
    シンプルながらもシックな普段着です。カーディガンのボタンを留めて、ハイウエストのライトウォッシュジーンズを穿きましょう。カーディガンの丈を短く見せたければ、前をジーンズの中に入れましょう。[1]
    • カーディガンを使った今どきのおしゃれなコーディネートです。
    • ライトウォッシュジーンズを合わせると、カーディガンのベージュがより明るく引き立つでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 10:
黒い服と組み合わせてカーディガンを目立たせる

  1. 1
    黒いトップスに合わせるとベージュが引き立ちます。黒いシャツと黒いボトムスを着て、ベージュのカーディガンを目立たせましょう。[2]
    • ふんわりしたブラウスとスカートを合わせると通勤着にぴったりです。ブランドTシャツとダメージジーンズを合わせると、コンサートや友達と出かける時に最適なコーディネートになるでしょう。
    • 黒い靴を合わせて全体をまとめましょう。

方法 3
方法 3 の 10:
ベージュと別のニュートラルカラーを組み合わせる[3]

  1. 1
    ファッション性が高いモノトーンコーディネートです。オートミール色やキャラメル色のパンツやスカートにベージュのカーディガンを合わせましょう。[4]
    • ベージュとベージュを組み合わせると少しくどいので、ベージュのカーディガンより少し薄い、または濃いニュートラルカラーを選びましょう。
    • 茶色のブーツとハンドバッグを合わせて、モノトーンコーディネートを完成させましょう。
    • もしくは、アクセントとして、ピンク色、赤色、緑色の靴やアクセサリーを合わせても良いでしょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 10:
アニマル柄を合わせる

  1. 1
    ベージュのカーディガンにレオパード柄やチーター柄を合わせると活動的な印象になります。アニマル柄のブラウスやワンピースを着て、その上にベージュのカーディガンを重ねましょう。[5]

方法 5
方法 5 の 10:
スカーフでアクセントをつける

  1. 1
    ベージュのカーディガンを着るとぼんやりとした印象になる場合は、色でアクセントをつけましょう。ベージュのカーディガンを着たら、明るい色のスカーフやアスコットタイで首元を飾って肌の色を引き立たせます。[7]
    • 赤色や紫色などのベリーカラーは、ベージュとの相性が抜群です。
    • マッシュルームグリーンなどの灰色がかった色もベージュに合います。色調に多少のコントラストがありますが、お互いの色を引き立て合う組み合わせなのできれいにまとまって上品に見えるでしょう。[8]
    • イヤリングやネックレス、サングラスなどの色をアクセントとして使っても良いでしょう。
    広告

方法 6
方法 6 の 10:
ボタンダウンシャツを合わせる

  1. 1
    上品にもカジュアルにも着こなすことができるビジネスカジュアルなコーディネートです。鮮やかな色のボタンダウンシャツを着て、その上にカーディガンを重ねましょう。[9]
    • ビジネスカジュアルにまとめるには、上品なパンツを合わせましょう。ジーンズを穿いてカジュアルに着こなしても良いでしょう。
    • カーディガンの袖の下からボタンダウンシャツの袖が少し見えるようにすると、手首にアクセントがついて華やかに見えるでしょう。

方法 7
方法 7 の 10:
寒い日にはカーディガンの上にコートを着る

  1. 1
    冬には、薄手のカーディガンだけでは寒いかもしれません。カーディガンの上にロングコートやトレンチコートを着て、シックにまとめましょう。[10]
    • ニュートラルカラーのコートを合わせると落ち着いた印象に、鮮やかな色のコートを合わせると活動的な印象になるでしょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 10:
細いベルトでウエストをはっきりさせる[11]

  1. 1
    大きめのカーディガンを着ると、体形がはっきりしなくなることもあります。カーディガンの上に細いベルトを巻き、ウエストのくびれを強調しましょう。[12]
    • ベージュのカーディガンには茶色のベルトが最適です。
    • このコーディネートにはスカートとストッキングを合わせて、ビジネスカジュアルにまとめましょう。

方法 9
方法 9 の 10:
ベージュの靴を履いて全体をまとめる

  1. 1
    他の色の服をいくつも組み合わせた場合は、カーディガンと靴の色を揃えましょう。ベージュのカーディガンと同じ色の靴を履くと、全体がまとまります。[13]
    • 底が平らなパンプスやミュールを合わせるとカジュアルに、ハイヒールやブーツを合わせると上品に見えるでしょう。
    • ベージュの靴がなければ、ベージュのアクセントがついている靴を履きましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 10:
金のアクセサリーを合わせる

  1. 1
    ベージュのカーディガンには、温かみのある金色のアクセサリーがよく合います。ネックレス、イヤリング、ブレスレット、指輪など、金のアクセサリーを身につけましょう。[14]
    • 大ぶりのネックレスをつけると、カーディガンのボタンの細かい部分が引き立つでしょう。
    • 身につけるアクセサリーの色とベルトのバックルの色、ハンドバッグの金具の色を揃えましょう。

ポイント

  • 肌の色がクールトーンの場合は寒色系のベージュを選び、肌の色がウォームトーンの場合は暖色系のベージュを選びましょう。
広告

関連記事

ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
防犯タグを外す防犯タグを外す
噛んだファスナーを直す
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
縮んだ服を伸ばす
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
スウェットシャツを縮ませるスウェットシャツを縮ませる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
広告

出典

  1. https://www.whowhatwear.com/fall-cardigan-outfits-2018/slide4
  2. https://womens-fashion.lovetoknow.com/Womens_Cardigan_Sweaters
  3. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  4. https://www.whowhatwear.com/fall-cardigan-outfits-2018/slide19
  5. https://www.youtube.com/watch?v=ZFcY6ZMM7OY&feature=youtu.be&t=360
  6. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  7. https://www.youtube.com/watch?v=ZFcY6ZMM7OY&feature=youtu.be&t=407
  8. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  9. https://www.youtube.com/watch?v=qIuvS0-u178&feature=youtu.be&t=116

このwikiHow記事について

Dina Scherer
共著者 ::
ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー
この記事の共著者 : Dina Scherer. イメージスタイリスト、ワードローブスタイリストのディナ・シェラーは、ニューヨーク市を拠点とする「Modnitsa Styling」の創設者です。カラー分析、スタイル開発、クローゼットの再編成、パーソナルショッピングを専門とし、経験は10年以上。クライアントのパーソナルスタイルの向上と、ライフスタイルに合ったワードローブ作りのお手伝いをしています。ファッション工科大学にて、広告・マーケティング、ファッション・マーチャンダイジングの学位と、イメージ・コンサルティング学の修了証を取得。
カテゴリ: 衣服
このページは 163 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告