ペットの死を受け入れる方法

共同執筆者 Adam Dorsay, PsyD

この記事には:悲しみを段階的に受け入れていく周囲の支えを得る追悼する14 出典

ペットを飼っている人にとってペットの死とは動物の死以上の喪失感を意味するでしょう。親友の死でもあり、日常生活のパートナーを失うこと同等の悲しみを伴うかもしれません。飼い猫や飼い犬の死と向き合うのは簡単なことではありません。[1]複数の段階を経て悲しみを受け入れ、家族や友達の支えを得ながら前に進む必要があるでしょう。また、感謝の気持ちを込めて追悼することで自分の感情と向き合い、大切なペットを敬意をこめて送り出しましょう。

1
悲しみを段階的に受け入れていく

  1. 1
    悲しみかたは人それぞれ異なるということを理解する 悲しみとはとても強力な感情で、その処理はしばしば段階的に行われます。また、人それぞれ処理の仕方や必要とする時間も異なります。数週間で立ち直ることのできる人もいれば、数か月、1年といった期間を必要とする人もいるでしょう。その悲しみ方に「普通」の方法というものは存在しません。ペットの死という体験から生じる深い悲しみを感じる時間を自分に与えましょう。この過程は死を受け入れるうえで重要です。[2][3]
    • 心の痛みを無視しようとする人もいるかもしれませんが、これは何も良い結果を生みだしません。気持ちや感情を心に溜め込むのではなく、段階的に処理をしていき徐々に傷を癒していった方が健全です。全ての段階を踏まず部分的に経験するのみだったとしても、徐々に処理しているということに意味があります。悲しみを隠したり孤独感を抑制することなく感じるままの状態になることを自分に許しましょう。
  2. 2
    罪悪感は持たないようにする 罪悪感や責任感が悲しみの早い段階で生じるかもしれません。「もしこうしていたら」や「あの時こうしてさえいれば」といった考え方はできる限り避けましょう。どんどん落ち込み、喪失感を乗り越えることが難しくなります。[4]
    • あなたのせいでペットが死んだのではありません。あなたにできることはありませんでした。生き物の存在を超越した力を信じている人は祈り、話しかけ、自分の心の中に残っている罪悪感を克服しましょう。
    専門家情報
    Adam Dorsay, PsyD

    Adam Dorsay, PsyD

    心理学者、TEDxスピーカー
    認定心理学者のアダム・ドーセイ医師は、カリフォルニア州サンノゼ市の個人クリニックにて、成功意欲や責任感の強い大人を対象としたカウンセリングを専門的に行っています。クライアントがストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を手に入れることができるようサポートを行っています。また2016年にTEDx talkで行った「男性と感情」についての講演は多くの人々に視聴されています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム、「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、現在はDigital Ocean(クラウドコンピューティング企業)のコンサルタントとして、同企業のSafety Teamの補佐を行っています。2008年に臨床心理学の博士号を取得。
    Adam Dorsay, PsyD
    Adam Dorsay, PsyD
    心理学者、TEDxスピーカー

    楽しかったことを思い出してみましょう。 例えば飼い犬を亡くした時は、この愛犬のおかげでどれほどの素晴らしい出会いがあったのかということについて考えてみましょう。思い出すこともペットを送り出す方法となります。

  3. 3
    拒絶状態を乗り越える 拒絶もまた早い段階で訪れる感情です。つまり、「ペットはまだ生きている」と考えてしまうのです。例えば、帰宅時に出迎えてくれる存在がいなくなったという現実、あるいは夜にエサを用意する必要がなくなってしまった現実が受け入れられなくなっています。まだどこかで生きているかもしれない、と考えるのではなく、現実の状況を直視しなければなりません。ペットの死の拒絶は、死を受け入れ向き合っていく妨げとなります。[5]
  4. 4
    健全な方法で怒りを吐き出す 怒りを処理することもまた悲しみの受容における多いな要素です。例えば、飼い猫を殺した運転手、あるいは致命的となった病、命を救えなかった獣医などに向けられます。こうした怒りは正当なものであるように感じられるかもしれませんが、いつまでも抱えていると長期的に見ても好ましくありません。悲しみから自分を解放し心を癒すのではなく悲しみに縛られたような状態になってしまうので、受容をより困難なものにします。[6]
    • 例えば、家族や友達の支えに頼ったり、セルフケアを最優先させて自分が楽しめることを行いましょう。ハイキング、創作活動、あるいは仲の友達と過ごすといったことを試してみましょう。破壊的で辛い行為でなく、健全かつ効果的に怒りを発散させることのできるアクティビティを考えてみましょう。
  5. 5
    悲しみは偽らないようにしつつ鬱にならないよう気をつける 悲しみには鬱もつきものです。鬱の状態になると、自分の感情に対して何もできないような無力さに苛まれます。ペットの死による悲しさを認識することは健全かつ大切な過程である一方で、鬱になると精神が衰弱するだけでなく、孤独で疎外されたような気持ちになってしまいます。[7]
    • 友達や家族に頼り、楽しみながら忙しく過ごし、何らかの創作的な方法でペットを追悼することで鬱の状態を回避しましょう。悲しみが鬱に変わってしまわないよう意識的に自分の気持ちに向き合いましょう。

2
周囲の支えを得る

  1. 1
    家族や友達に自分の気持ちを共有する 悲しみを自分の心の中に留めておくのではなく、恐れずに家族や親しい友達に打ち明けましょう。「ちょっと家に寄ろうか?」と言われた時は、誰とも話したい気分ではなかったとしても「イエス」と答えましょう。同情的な友達と一緒に他愛のないことを話しているだけでも、孤独感や疎外感が和らぎます。家族にも連絡をし、これまでよりも頻繁に顔を合わせるようにしましょう。あなたを慰め、楽しかった思い出をよみがえらせ、悲しみに向き合っていけるよう優しい気持ちで接してくれるでしょう。[8]
    • ペットの死と向き合うことの辛さを理解できない人もいます。「そんなに悲しいことなの?ただのペットなのに」といった言葉をかける人もいるかもしれません。家族や友達も、人間の死と同じように悲しいということが理解できず、あなたが必要としていた言葉をかけることができないかもしれません。このような状況に遭遇しても、あまり気にし過ぎないようにしましょう。ペットを飼った経験があれば、あなたとペットとの深い繋がりを理解できるかもしれません。
    専門家情報
    Adam Dorsay, PsyD

    Adam Dorsay, PsyD

    心理学者、TEDxスピーカー
    認定心理学者のアダム・ドーセイ医師は、カリフォルニア州サンノゼ市の個人クリニックにて、成功意欲や責任感の強い大人を対象としたカウンセリングを専門的に行っています。クライアントがストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を手に入れることができるようサポートを行っています。また2016年にTEDx talkで行った「男性と感情」についての講演は多くの人々に視聴されています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム、「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、現在はDigital Ocean(クラウドコンピューティング企業)のコンサルタントとして、同企業のSafety Teamの補佐を行っています。2008年に臨床心理学の博士号を取得。
    Adam Dorsay, PsyD
    Adam Dorsay, PsyD
    心理学者、TEDxスピーカー

    自分とペットがいかに強い絆で結ばれていたのかを思い出してみましょう。ペットを亡くした時、深く悲しんでいる自分を恥ずかしく思い、周囲に辛さを打ち明けられない人もいます。恥ずべきことだと考えるのではなく、ペットがいたことで自分の人生がいかに素晴らしいものになったか自問してみましょう。そして、ペットが自分に与えてくれた喜びについて考えてみましょう。

  2. 2
    同じようにペットの死を経験している友達と話す あなたの悲しみやペットを失う辛さを知っている家族や友達を探してみましょう。こうした人とペットとの思い出を語り合いましょう。ペットの死を経験した飼い主同士の間に生じる相互理解や繋がりを感じることができるでしょう。[9]
    • オンラインのサポートグループや掲示板などでペットを亡くした飼い主が語り合っている場があるかもしれません。悲しみを乗り越えていく過程で飼い主仲間からの支えが重要な要素となることもあります。
  3. 3
    社交的になり忙しく過ごすことでセルフケアを行う 気持ちが沈んでいる時、セルフケアはとても大切です。心身の状態が改善します。深い悲しみの中に沈んでしまわないよう、社交的に振舞って人との関わりを持ち、複数の人数で行うアクティビティに参加するなどして忙しく過ごすことで、自分の精神的欲求を満たしましょう。例えば、絵画、アート、ランニングなどのサークルに参加してみましょう。あるいは、トレーニングを行うグループに参加して定期的に運動をすることで気分を高め、鬱を防ぎましょう。[10]
    • 自分一人でセルフケアを行うこともできます。マッサージや長めの入浴などで自分を甘やかしましょう。一人の時間を過ごして読書をするなど、心を落ち着かせ肩の力を抜けるようなことを行いましょう。ただし、大きな悲しみを抱えている時は、自分一人で過ごす時間が増えすぎないように注意することも大切です。孤独感や疎外感が膨らんでしまうかもしれません。自分一人で過ごす時間と誰かと一緒に過ごす時間のバランスをとり、辛い状況下での心身の健康に気を配りましょう。
  4. 4
    必要に応じてセラピスト(悲哀療法士)と話す 悲しみに圧倒され、家族や友達と話していても動揺して気持ちが沈んだ状態が続くこともあります。自分の無力さを痛感し日常的な生活を送ることまで難しくなってしまった時は、医師に相談し専門のセラピストを紹介してもらうべきかもしれません。あるいは、同様の経験をしている家族や友達に優れた療法士を紹介してもらっても良いでしょう。

3
追悼する

  1. 1
    ペットのための葬儀を行う 葬儀が悲しみと向き合い乗り越えていくための健全な手段となることもあります。小規模でささやかに旅立ってしまったペット一生をたたえても、より大がかりなものにしてもよいでしょう。ペットの葬儀を不適切ととらえる人もいますが、ペットの飼い主であったあなた自信が正しいと思えることを実行し、悲しみを解放していきましょう。[11]
    専門家情報
    Adam Dorsay, PsyD

    Adam Dorsay, PsyD

    心理学者、TEDxスピーカー
    認定心理学者のアダム・ドーセイ医師は、カリフォルニア州サンノゼ市の個人クリニックにて、成功意欲や責任感の強い大人を対象としたカウンセリングを専門的に行っています。クライアントがストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を手に入れることができるようサポートを行っています。また2016年にTEDx talkで行った「男性と感情」についての講演は多くの人々に視聴されています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム、「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、現在はDigital Ocean(クラウドコンピューティング企業)のコンサルタントとして、同企業のSafety Teamの補佐を行っています。2008年に臨床心理学の博士号を取得。
    Adam Dorsay, PsyD
    Adam Dorsay, PsyD
    心理学者、TEDxスピーカー

    ペットは飼い主に色々なことを教えてくれます。 認定心理学者アダム・ドーセイ医師からのアドバイスです。「米国では、悲しみとの向き合い方が分からないという人が多くいます。死について話すことは不適切であると考えられていることも少なくないため、あまり語り合うこともありません。ペットは自らの命を通して死や悲しみ方を私たちに教えてくれます。死や埋葬という側面について考えさせられることもありますが、いかにして追悼し命の大切さを理解するかも教えてくれるのです」

  2. 2
    ペットを思い出させるものを作る 例えば、ペットを追悼して植樹をしたり、写真を集めてアルバムにしたり、墓石を作ってみましょう。このように思い出を形として残すことで、ペットの命をたたえ、悲しみを乗り越えていきましょう。[12]
  3. 3
    追悼として動物保護団体に寄付をする 旅立ったペットをたたえて動物保護団体に寄付を行うのも良いでしょう。感謝を込めてペットにお返しをすることができるだけでなく、助けを必要としている飼い主とそのペットの支えとなることができます。また、誰かの支えや助けとなるという前向きな手段でペットを追悼しているので、自分の誇りにもなります。[13]
  4. 4
    他のペットに面倒を見る ペットが死んでしまうと他のペットのことに気が回らなくなってしまうかもしれませんが、必要な世話を怠らないようにしましょう。残されたペットもまた、恐らく仲間の死を悲しんでいるでしょう。同じ家で仲良く暮らしていたのであれば尚更です。また、生きているペットに寄り添うことが喪失感と向き合い悲しみを乗り越えるきっかけを作るかもしれません。残されたペットに愛情を注ぎ世話をすることが死んでしまったペットへの弔いになると考えても良いでしょう。[14]
  5. 5
    新たなペットを迎えることを検討する 新しいペットを迎えることも検討してみましょう。新たなペットを死んだペットの代わりとして考えるのではなく、ペットの飼い主としての人生の新たな門出にするのだと考えましょう。愛情を注ぎ世話を必要としている存在がいることで、ペットの死という辛い経験から前に進めるようになるかもしれません。
    • 「死んでしまったペットを裏切ることになるから」という理由で新たなペットを迎えることにためらいを感じる人もいます。新たなペットを迎える心の準備ができるまで時間がかかるかもしれませんが、悲しみを癒す健全な手段となる可能性もあります。また、ペットが待っている家に再び帰れるようになるという事実に喜びを感じられるかもしれません。

記事の情報

この記事はAdam Dorsay, PsyDが共著しています。 認定心理学者のアダム・ドーセイ医師は、カリフォルニア州サンノゼ市の個人クリニックにて、成功意欲や責任感の強い大人を対象としたカウンセリングを専門的に行っています。クライアントがストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を手に入れることができるようサポートを行っています。また2016年にTEDx talkで行った「男性と感情」についての講演は多くの人々に視聴されています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム、「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、現在はDigital Ocean(クラウドコンピューティング企業)のコンサルタントとして、同企業のSafety Teamの補佐を行っています。2008年に臨床心理学の博士号を取得。

他言語版:

English: Cope After the Death of a Pet, Español: superar la muerte de una mascota, Italiano: Affrontare la Morte di un Animale Domestico, Português: Lidar com a Morte de um Animal de Estimação, Русский: смириться со смертью питомца, Deutsch: Mit dem Tod eines geliebten Haustiers fertigwerden, Français: surmonter la mort d'un animal de compagnie, Bahasa Indonesia: Tabah Menghadapi Berpulangnya Hewan Peliharaan, Nederlands: Omgaan met het overlijden van je huisdier, Tiếng Việt: Sống tiếp sau khi thú cưng qua đời, العربية: التعايش مع فقدان حيوانك الأليف, 中文: 面对宠物的离世

このページは 71 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?