ペットボトルロケットを作る方法

2 方法:ペットボトル1本型ロケットと発射台の製作ペットボトル2本型ロケットと発射台の製作

ペットボトルロケットを作って、楽しく遊びましょう。作り方は簡単です。家にある材料を再利用して製作できます。

1
ペットボトル1本型ロケットと発射台の製作

  1. 1
    ロケット先端部を作ります。紙を巻いて円錐形にします。色や柄のついた紙を使って、自由にデザインしましょう。[1]
    • 色画用紙なら丈夫で見た目もきれいです。
  2. 2
    円錐をビニールテープで巻きましょう。耐久性と防水性が上がります。
    • カラフルにしたいときは、カラービニールテープを使いましょう。
    • もっと派手にしたければ、ボトル(ロケット胴体)に色を塗ったり、絵やロゴを入れたりしましょう。
  3. 3
    円錐をボトルの底に接着剤またはビニールテープで取り付けます。
    • なるべく真っすぐに合わせて、しっかり取り付けましょう。[2]
  4. 4
    薄手のボール紙を切って、三角形を3、4個作ります。これはロケットの羽です。この部分でロケットを立たせるので、正確な直角三角形を作りましょう。
    • 羽の材料にはボール紙や画用紙、書類フォルダーなどの硬い紙を使用しましょう。
    • 羽をロケット下部に合わせます。
    • 羽をロケット胴体に取り付け易くするため、羽の端を折り曲げて「のりしろ」を作りましょう。のりしろにテープまたは接着剤を付けます。
    • 羽の底辺とロケット底面を揃えると、ロケットが自立できます。
  5. 5
    おもりを付けます。おもりにはどんな材料でも使えますが、ロケットを遠くまで飛ばすためには、ある程度の重量が必要です。
    • おもりに粘土を使いましょう。柔らかくて自由に成型でき、小石やビー玉のようにロケット着陸時にバラバラとこぼれることもありません。[3]
    • 120~125mlほどの粘土をボトルの口の外側に丸く付けます。
    • 取れないように、上からビニールテープで覆いましょう。
  6. 6
    ボトルに水を入れます。水1リットルを入れましょう。[4]
  7. 7
    コルクに小さい穴を開けます。穴の大きさは、自転車用空気入れのバルブの口金と同じにしましょう。
  8. 8
    ボトルの口にコルクを詰めます。きつくねじ込むためにプライヤーを使用するとよいでしょう。
  9. 9
    空気入れのバルブの針状口金(空気針)をコルクの穴に刺します。コルクにしっかり刺さっているか確認しましょう。
  10. 10
    ロケットを立てます。ボトルの首を持って、空気入れに繋ぎましょう。このとき、ロケットを自分の方に向けないようにしましょう。
  11. 11
    ロケットを発射します。広い屋外で行いましょう。ロケットは速く高く飛びます。発射前に邪魔になる物をどけておき、周囲の人に合図しましょう。以下のようにして発射します。[5]
    • ボトルの首を押さえて空気を入れます。ボトル内部の空気圧が高まってコルクがこれ以上持ちこたえられなくなると、ロケットが飛び出します。[6]
    • ペットボトルロケットを飛ばします。ロケットが離陸するとき水があたりに噴出するので、多少濡れるのは覚悟しましょう。
    • 空気を入れている最中は、まだ発射しそうになくてもロケットに近づいてはいけません。怪我をする恐れがあります。[7]

2
ペットボトル2本型ロケットと発射台の製作

  1. 1
    1本のボトルの口側を切り離します。はさみかカッターを使いましょう。もう1本のボトルときれいに真っすぐ繋げるために、滑らかに切りましょう。[8]
    • ボトルの口側を切り落とすことで、空気力学的効率と耐久性が増します。また、端が丸いので衝撃を吸収しやすく、着地時にロケットが何かにぶつかったとしても、物体に与える損傷が少なくて済みます。
  2. 2
    もう1本のボトルはそのままにします。こちらは水と圧縮空気を入れる「燃焼室」の役割をします。これをもう1本のボトルと繋ぎ、発射台に取り付けて使用します。
  3. 3
    両方のボトルに彩色や絵を施して装飾しましょう。あるいは、好きなロゴや模様を描いて、自分らしいロケットにしましょう!
  4. 4
    切ったボトルにおもりを入れます。1本型の場合と同じように粘土を使うか、猫用トイレ砂を使いましょう。猫砂は安価で、重量があり、濡らすと固まるためこぼれません。[9]
    • 猫砂を入れるときは、切ったボトルに猫砂を1cmほど入れてから、水を加えて完全に湿らせます。さらに猫砂を5mmほど入れ、水を加えて湿らせます。
    • 猫砂を入れ過ぎないよう気をつけましょう。猫砂の一部が固まらずに残ってしまい、ロケットを発射したとき砂がバラバラこぼれると困るからです。また、猫砂が多いとロケットが重くなり過ぎ、ロケット着陸時に強く衝突して壊れる原因になります。
    • ボトル内側の水気を拭い、ビニールテープで猫砂をしっかり固定しましょう。
  5. 5
    2本のボトルをテープで繋ぎます。切っていないボトルの底に切ったボトルをかぶせて、2本を強く押して繋いだら、ビニールテープで固定しましょう。[10]
  6. 6
    薄手のボール紙を切って、三角形を3、4個作ります。これはロケットの羽なので、正確な直角三角形を作りましょう。この羽でロケットを真っすぐに支え、滑らかに飛ぶようにします。
    • 切ったボトル下部に、羽を合わせます。
    • 羽をロケット胴体に取り付け易くするため、羽の端を折り曲げて「のりしろ」を作りましょう。のりしろにテープまたは接着剤を付けます。
  7. 7
    コルクに小さい穴を開けます。穴の大きさは、自転車用空気入れのバルブの口金と同じにしましょう。
  8. 8
    切っていないボトルの口にコルクを詰めます。きつくねじ込むためにプライヤーを使用するとよいでしょう。
  9. 9
    空気入れのバルブの針状口金(空気針)をコルクの穴に刺します。コルクにしっかり刺さっているか確認しましょう。
  10. 10
    ロケットを立てます。ボトルの首を持って、空気入れに繋ぎましょう。
  11. 11
    ロケットを発射します。広い屋外で行いましょう。ロケットは速く高く飛びます。発射前に邪魔になる物をどけておき、周囲の人に合図しましょう。以下のようにして発射します。[11]
    • ボトルに空気を入れます。ボトル内部の空気圧が高まってコルクがこれ以上持ちこたえられなくなると、ロケットが飛び出します。[12] 通常、この圧力は約5500hPaです。[13]
    • ペットボトルロケットを飛ばします。ロケットが離陸するとき水があたりに噴出するので、多少濡れるのは覚悟しましょう。
    • 空気を入れている最中は注意して、まだ発射しそうになくてもロケットに近づいてはいけません。怪我をする恐れがあります。[14]

注意事項

  • 刃物や鋭い道具の扱いに注意しましょう。特に、小さなお子さんが使うときは気を付けます。
  • ロケットを飛ばすときは、周囲の人(見物人)から最低でも5m離れましょう。

必要なもの

方法1

  • ロケット用:
    • A4用紙 1枚
    • ペットボトル 1本(通常の大きさのロケットには2リットルボトルが適しているが、小さいボトルでも製作可能)
    • 羽材料(厚手の画用紙、薄手のボール紙など)
    • ビニールテープ(ロケットの装飾、部品の組み立てに使用)
    • はさみ
    • 粘土
    • 接着剤(任意)
  • 発射台用:
    • 針状口金(空気針)をつけた自転車空気入れ
    • コルク
    • 空気入れの口金の大きさのドリルビット

方法2

  • ロケット用:
    • ペットボトル 2本(2リットルボトル、または小さいボトル)
    • 羽材料
    • はさみ
    • カラーテープ
    • 粘土または猫用トイレ砂
  • 発射台用:
    • 針状口金(空気針)をつけた自転車空気入れ
    • コルク
    • 空気入れの口金の大きさのドリルビット

記事の情報

カテゴリ: 趣味・DIY

他言語版:

English: Build a Bottle Rocket, Español: hacer un cohete con una botella, Português: Construir Um Foguete de Garrafa, Italiano: Costruire una Bottiglia Razzo, Deutsch: Flaschenrakete herstellen, Nederlands: Een raket maken van een fles, Français: construire une fusée avec une bouteille en plastique, Русский: сделать ракету из бутылки, 中文: 制作可乐瓶动力火箭, Bahasa Indonesia: Membuat Roket Botol, 한국어: 병으로 로켓 만드는 방법, العربية: صنع صاروخ الزجاجة, Tiếng Việt: Làm tên lửa bằng chai nhựa, Türkçe: Şişeden Nasıl Roket Yapılır

このページは 6,240 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?