PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

蚊を引き寄せて殺すペットボトル蚊取り器を家の中や周りに置いておくと、蚊の数を簡単に減らすことができます。蚊取り器の中の液体は2週間ほど持ち、交換も簡単にできます。[1] 効果を高めるため、家の中や周りに蚊取り器をたくさん置きましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
蚊取り器の材料を準備する

  1. 1
    材料を揃える 下記のペットボトル蚊取り器の材料を全て揃えましょう。どの材料もスーパーマーケットやホームセンターで販売されているものばかりです。
    • 2リットルの空のペットボトル
    • マーカーまたはペン
    • カッター
    • 巻き尺
    • ブラウンシュガー1/4カップ
    • お湯カップ1~1・1/3
    • イースト1g
    • 計量カップ
    • テープ(ダクトテープ、セロハンテープ、電線絶縁用テープが望ましい)
  2. 2
    ペットボトルの半分の所に、マーカーで印をつける 2リットルのペットボトルの場合、蓋から10cmくらいの所に印をつけます。定規や巻き尺を使って印をつける所を測ります。
    • 巻き尺を10cm伸ばします。
    • 10cmの目盛りの所を持ったら、蓋の部分に当てます。
    • 巻き尺の先端が来た所にマーカーで印をつけます。そこが10cmの所です。
  3. 3
    蓋から10cm下の所にぐるりと一周線を引く ペットボトルを半分に切ります。正確に測る必要はありませんが、線を引いておくと切りやすくなります。蓋から10cmの所に、マーカーを使って切る際に目印となる印をつけ、ぐるりと一周線を引きます。この線に沿って切るとペットボトルを半分にすることができます。
  4. 4
    ペットボトルを半分に切る[2]  手元に注意しながら、引いた線に沿ってペットボトルを2つに切り分けます。切り分けたペットボトルはどちらも、蚊取り器を作るために使います。
    • 切り口が鋭くなっているため注意しましょう。
    • 切る時に引いた線から少しずれて、きれいに切ることができなくても問題ありません。
  5. 5
    ブラウンシュガー1/4カップを計る 計量カップを使って、ブラウンシュガーカップ1/4杯を計ります。ブラウンシュガーは次の手順でペットボトルに注ぎ入れるので、計量カップに入れたままにしておきます。
  6. 6
    水カップ1~1・1/3杯を沸かす コンロまたは電子レンジで水を沸かします。どちらでも自分の好きな方法で沸かします。蚊取り器に使うお湯は、蒸気が出る程度まで温めれば十分です。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
蚊取り器を組み立てる

  1. 1
    ペットボトルの下半分にお湯を注ぐ 熱いお湯が飛び跳ねて火傷しないよう、お湯はゆっくり注ぎましょう。
  2. 2
    ペットボトルの下半分にブラウンシュガーを入れる ペットボトルの下半分に、計量カップで計ったブラウンシュガーを慎重に注ぎ入れます。ブラウンシュガーがこぼれないよう注意しましょう。全て加えたら、計量カップをしまいます。
  3. 3
    溶液を冷やす どんなに時間がかかっても、冷えるまでそのまま置いておきましょう。冷めるまで20分程度かかります。
  4. 4
    イースト1gをペットボトルに加える かき混ぜる必要はありません。イーストは砂糖を餌にして蚊を引き寄せる炭酸ガスを出します。[3]
  5. 5
    ペットボトルの上半分を逆さまにする 逆さまにして、ペットボトルの口が下に向いた状態にします。上半分のペットボトルを逆さまにする際は、もう片方の手で下半分のペットボトルをしっかり持ちます。
  6. 6
    逆さまにした上半分のペットボトルを下半分のペットボトルの内側に重ねる[4]  切り口が同じ高さになるまで上半分のペットボトルをやさしく押し込みます。ペットボトルの口の部分が溶液に浸からないよう組み合わせます。
    • 蚊の成虫がペットボトルの口を通り、その中を飛べるだけの十分な空間を確保する必要があります。
    • ペットボトルの中に蚊が十分に飛べる空間がない場合は、溶液の量を減らします。
    • 蚊取り器に入り込んだ蚊は、窒息死または餓死します。
  7. 7
    テープで切り口を保護する テープを使って切り口の位置を合わせます。重ねた切り口がずれないよう、数カ所にテープを貼り付けます。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
蚊取り器を使う

  1. 1
    土台がしっかりした場所を選び、蚊がいる所に蚊取り器を置く 蚊が多い部屋や場所に置きます。机、カウンター、床のような土台が安定している場所に置きましょう。蚊取り器を倒してしまわないよう人が通る所は避けます。
  2. 2
    ペットボトルが蚊の死骸でいっぱいになっているか、または効果がないかを確認する しばらく置いておくと、ペットボトルの中に蚊の死骸がたくさん溜まります。蚊取り器の効力を復元させるためには容器を洗わなければいけません。あまり死骸が溜まっていなくても、イーストが砂糖を食べつくしてしまうため、溶液の蚊を引き寄せる効力はだんだんと低下していきます。一般的に、その効力は2週間程度だとされています。[5]
    • カレンダーを利用して交換時期を把握しましょう。
    • 2週間経っていなくても、ペットボトルの中に死骸がたくさん溜まっていたら溶液を交換しましょう。
  3. 3
    必要に応じてイーストと砂糖の溶液を交換する 嬉しいことに、この蚊取り器は再利用できます!テープを外して蚊取り器を解体します。ペットボトルの上半分と下半分をどちらも水洗いしてから、新しく作った蚊取り用の溶液を入れます。
    広告

必要なもの

  • 2リットルの空のペットボトル
  • マーカーまたはペン
  • カッター
  • 巻き尺
  • ブラウンシュガー1/4カップ
  • お湯1~1・1/3カップ
  • イースト1g
  • 計量カップ
  • テープ(ダクトテープ、セロハンテープ、電線絶縁用テープが望ましい)

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
鶏の性別を見分ける鶏の性別を見分ける
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む23人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,873回アクセスされました。
カテゴリ: ペット・動物
記事のサマリーX

ペットボトルを使って蚊取り器を作るには、まず2Lのペットボトルの半分のところにマーカーで印をつけます。次に、カッターナイフで印をつけたところを慎重に切ります。水240mLを電子レンジで加熱して高温にしてから、ペットボトルの下半分に注ぎます。次に、ブラウンシュガー50gをお湯に加えて溶かし、冷まします。冷めたらイースト小さじ1/2杯 (1 グラム) を入れます。イーストが砂糖を餌にして二酸化炭素を発生させ、蚊をおびき寄せます。次に、ペットボトルのキャップを外し、上半分を逆さまにして、下半分にはめ込みます。ペットボトルの飲み口が水位より上になるようにしましょう。上半分の端と下半分の端をテープで固定し、蚊が発生した場所に蚊取り器を設置します。2週間に1度、または蚊でいっぱいになったら、イースト液を交換しましょう。 蚊取り器の最も効果的な設置場所については、記事を読み進めましょう!

このページは 1,873 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告