特別な食事の準備、あるいは普段の夕食に一工夫を付け足したいという時は、銀食器をペーパーナプキンで包み食卓に並べてみましょう。くるくると巻いたり、折りたたんでお洒落な袋を作りその中にしまうこともできます。お好みの色や仕上げを加えて、その日の食卓を華やかに演出しましょう。

方法 1 の 2:
ペーパーナプキンをくるくると巻く

  1. 1
    銀食器とペーパーナプキンを用意する どちらも、お好きなものを用意しましょう。ペーパーナプキンは白1色、単色無地、模様つきのものなど、様々な種類から選ぶことができます。正方形で銀食器を包むことのできる十分な大きさのあるものを選ぶようにしましょう。[1]
    • 途中で破れ銀食器が落ちてしまわないよう高品質で頑丈なペーパーナプキンを探しましょう。
    • 24センチ×24センチのカクテルサイズのペーパーナプキンは避けましょう。ランチサイズやディナーサイズ(25~30センチ四方)で通常の銀食器をしまうことのできる大きさのものを選ぶことが大切です。[2]
  2. 2
    ナイフを対角線上に配置する まずナプキンをテーブルに置きましょう。次に、対角線上に、つまり斜めにナイフを配置します。ナイフの先端がナプキンの角から1.5センチ弱はみ出ているような状態になるはずです。[3]
    • ナイフの位置は重要です。包み終えた時に、食器がどの程度ナプキンの外に見えているかが決まります。あまり突き出し過ぎると落ちてしまうので注意が必要です。
  3. 3
    ナイフの上にスプーンとフォークを重ねる ナイフを配置することができたので、その上にフォーク、さらにスプーンを順に重ねて置きましょう。柄尻がそろうよう、丁寧に重ねることがポイントです。崩れてしまわないよう押さえた状態で次の手順に進みます。[4]
  4. 4
    銀食器の柄尻に近い角を銀食器に被せるように折りたたむ 銀食器がくずれないよう押さえたじょうたいで、銀食器の柄尻に近い角を銀食器に被せるように折りたたみましょう。重ねていた銀食器が崩れると、やり直しになるのでしっかりと押さえておきましょう。[5]
    • 折りたたむ余裕が残っていない場合は銀食器の位置を少し上にずらしましょう。
  5. 5
    銀食器を覆うように左右の一方の角を折りたたむ 左右いずれかの角を手に取り、反対側の角に向かって折りたたみましょう。銀食器をピッタリと包むように折りたたむ必要がありますが、きつくなりすぎないよう注意しましょう。破れてしまうと使えません。銀食器をぴったりと覆うことが出来たので次は、コロコロと巻いて整えましょう。[6]
  6. 6
    ナプキンバンドで留める ナプキンが開いて銀食器が落ちてしまうことが心配なのであれば、ナプキンバンドで留めましょう。オンラインショップと実店舗のどちらでも、幅広い種類の商品を取り扱っています。粘着性のあるものが多いので、ナプキンの上からきつく巻いて留めると、しっかりと固定できるでしょう。[7]
    • 結婚式の披露宴といった特別な行事に用いるペーパーナプキンの場合は、ナプキンバンドを特注することのできるブランドや店舗を探してみましょう。
  7. 7
    さらに飾り付けが必要な場合はリボンを結ぶ リボンや紐を結ぶと心がこもっている印象が増します。お好みで簡単に1つ結びをしても、リボン結びにしても良いでしょう。ナプキンバンドで固定し、その上から紐やリボンをバランスよく結んでみましょう。
    • 銀食器の見せ方を季節や行事に合わせましょう。例えば、卒業を祝うパーティーなのであれば、銀食器を白いペーパーナプキンで包み、最後に赤いリボンを結ぶと卒業証書のような見た目になります。
    • ペーパーナプキンで包んだ銀食器を籠にまとめて入れておくと、立食(ブッフェ)式の食事でもお洒落に見せることができます。
    広告

方法 2 の 2:
ペーパーナプキンで袋を作る

  1. 1
    お好みの色や柄の正方形のナプキンを用意する 良い飾りにもなるような袋を作りたい場合は、白1色ではなく柄や模様が含まれている装飾性の高いペーパーナプキンを用意しましょう。楽しくお洒落な印象を与えるテーブルセッティングになります。クリスマスといった特別な時期には特に幅広い種類の商品が販売されるので、選ぶ楽しみも増すでしょう。
    • 柄や模様が含まれているペーパーナプキンには、裏側は無地なっているものもあります。この折り方を試す際は、完成した時に柄のある面が表に見えているよう手順に従いましょう。
    • ナプキンの大きさに決まりはありませんが、正方形のものを選びましょう。
  2. 2
    ナプキンを広げ、柄のある面を表にして台の上に広げる ペーパーナプキンは折りたたまれた状態で販売されています。袋を作る際は、まずペーパーナプキンを開き、柄の入っている面を表にして広げましょう。この時に表と裏を逆にしてしまうと、完成した時に柄が隠れてしまうので注意しましょう。[8]
  3. 3
    ナプキンを半分に折り長方形を作る 手前から奥に向かって半分に折り長方形を作りましょう。角をぴったりと合わせましょう。折りたたまれたことでナプキンの裏面が表の状態になっているはずです。つまり、色や柄は内側に隠れています。[9]
  4. 4
    さらに半分に折り正方形にする 2つ折りにして長方形になっているペーパーナプキンを右から左にに半分に折りたたみ正方形を作ります。角や縁を丁寧に合わせて折るようにしましょう。依然としてペーパータオルの裏側が表になっているはずです。つまり、色や柄は見えません。[10]
    • 真っすぐな正方形が出来上がるよう、折り目に沿って折りたたみましょう。
  5. 5
    重なった角の一番上の層を三角形に折りたたむ 折り目が右側にあるので、重なった角が正方形の左上に位置しているはずです。この状態から一番上の層を右下(手前右側)に向かって開き、対角線上に三角形に折りたたみましょう。しっかりと折り目をつけます。この時点で柄が見えるようになります。[11]
  6. 6
    裏返し左右を折りたたむ まず左側を手に取り裏表を逆にしましょう。幅の3分の1にあたる分を右側から中央に向かって折りたたみます。次に、折った部分に重ねるように左側も幅の3分の1にあたる分を右に向かって折りたたみましょう。折り目をしっかりと押さえます。両側が重なり合った細長い長方形が出来上がっているはずです。[12]
  7. 7
    左の角を右の角に差し込む 左側の折り目を少し開くと、小さな三角形のポケットが右側の角に出来ているのが分かります。左の角を手に取り、このポケットに差し込みましょう。これによって銀食器が入れられるようになります。[13]
  8. 8
    裏返して袋の部分に銀食器を差し込む 折りたたんだペーパーナプキンを裏返すと、ぴったりとした袋が出来上がっているのが分かります。この袋にお好みの銀食器を並べて差し込みましょう。これで完成です。[14]
    • 銀食器を差し込む際は、紙が破れないよう注意しましょう。
    • 最後に色付きの紐やリボンを巻くと、さらにお洒落な印象を与えます。ただし、この折り方であれば(柄の入ったペーパーナプキンを用いている場合は特に)それ以上飾りを増やさなくても十分に美しいでしょう。
    広告

注意事項

  • ペーパーナプキンを破いたり汚してしまうことがないよう、乾いた清潔な手で折りたたみましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: グルメ・食器
このページは 17 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告