ペーパーバッグウエストパンツを着こなす方法

共同執筆者 Tannya Bernadette

この記事には:自分に似合うスタイルを選ぶ適したトップスを見つけるアクセサリーを選ぶ10 出典

ペーパーバッグウエストパンツはゆったりしていて快適です。その一方で、職場から、学校、お使い、夜の外出時にも着ることができるので、1着持っているととても便利です。ただし、ウエスト周りがラッフル状になっていて膨らみもあるので、着こなしにはコツがあります。ゆったりとしたボトムスに対して、トップスはより体にぴったりとして着丈の短いものを選びましょう。全体のバランスが良くなるだけでなく、腰回りのデザインが際立つようになります。また、控え目なアクセサリーを合わせて体型を綺麗に見せましょう。

パート 1
自分に似合うスタイルを選ぶ

  1. 1
    自分の体型に合っているのか考える ペーパーバッグウェストパンツは着心地がとても良い一方で、体のどの部位を際立たせたいのか、あるいは隠したいのかによっては適さないこともあります。「砂時計」や「洋ナシ」体型の人に特に着こなしやすいでしょう。[1]
    • 体の中央部分ががっしりとしていたり、くびれがあまりない人は、ペーパーバッグウェストパンツは避けるべきかもしれません。例えば、「リンゴ」体型や「四角」体型とは相性が悪い傾向があります。
  2. 2
    小柄な人はクロップドタイプの裾を選ぶ 身長が低めの人がペーパーバッグウェストパンツを履くと、ボリュームがありすぎて不釣り合いに見えてしまうことがあります。このような場合は、足首までの長さのクロップドタイプのものを選ぶことで調整しましょう。[2]
    • ペーパーバッグウェストのカプリパンツも小柄な人によく似合います。
    • 脚の自然な曲線に合わせて、足元に向かって徐々に細くなっている形状のクロップドパンツやカプリパンツを選びましょう。
    • 背は低いけれでもカプリパンツが好きではないという人は、ペーパーバッグウェストショーツやスカートを選びましょう。このような工夫をすることで自分の体型をより綺麗に見せることができるでしょう。
  3. 3
    プラスサイズの人はフレアタイプの裾を選ぶ 服のサイズが大きめで、ペーパーバッグウェストによって腰回りが大きく見えてしまうことが心配であれば、裾がフレアタイプになったパンツを選びましょう。裾にボリュームが加わることで、全体的なバランスが良くなり、腰回りが目立たなくなります。[3]
    • フレアタイプのペーパーバッグウエストパンツを履く際は、ヒールのある靴を合わせることで身長を高く見せましょう。
    • 小柄な体型には、こうしたフレアタイプは合わないこともあります。ストレートな形状の方が適しているかもしれません。

パート 2
適したトップスを見つける

  1. 1
    体にぴったりしたトップスを選ぶ ペーパーバッグウェストパンツはゆったりとしていて体全体の見た目を膨張させてしまう傾向があるので、体にぴったりしたトップスで引き締めることが大切です。こうすることでバランスが良くなり体型が綺麗に見えるでしょう。[4]
    • 気取らないカジュアルな場では、ぴったりとしたTシャツを合わせましょう。
    • ぴったりとしたブラウスを合わせると、よりお洒落になり職場にも適した服装になります。
    • ぴったりとしたセーターを合わせると、パンツの裾の形状次第でカジュアル着にも仕事着にもなります。
  2. 2
    トップスの裾をパンツにしまう トップスがピッタリとしている場合でも、パンツのウェスト部分に裾がかかっているとバランスの悪い見た目になってしまうことがあります。トップスの裾はパンツの中にしまいこみ、ウェスト部分のデザインを際立たせ、腰回りをより細く見せましょう。[5]
    • トップスの裾をしまう着方があまり好きでないという人は、ボディスーツ(レオタードのようにトップスとパンツがつながって1つになっているもの)と合わせると、自然にトップスの裾がボトムスの内側に隠れます。
  3. 3
    ショート丈のトップスと合わせる ショート丈のトップスもまた、ペーパーバッグウェストパンツに似合います。一般的に着丈がウエストよりも高い位置になっているので、ペーパーバッグウェストのデザインを際立たせ、着ぶくれした印象も与えません。[6]
    • ショート丈のトップスであれば、よりゆったりとした着心地のものを選んでも良いでしょう。着丈が短い分、生地が多くなっても腰回りのデザインの邪魔になりません。
  4. 4
    細身の服を重ね着する 上着やカーディガン、ジャケットをペーパーバッグウェストパンツと合わせる時は、着ぶくれした見た目にならないよう細身のものを選ぶようにしましょう。ボーイフレンドタイプのジャケットやカーディガンはゆったりした作りになっているので避けましょう。[7]
    • 上から重ねる衣服の丈にも注意しましょう。腰の高さで重なってしまわないよう短い丈のもの、あるいは太ももの中段まで届く長さのものが適しています。
    専門家情報
    Tannya Bernadette

    Tannya Bernadette

    熟練スタイリスト
    ターニャ・バーナデッテは、シアトル市に拠点を置く個人向けコーディネイトサービス企業「The Closet Edit」の設立者です。10年以上ファッション業界に携わり、アン・テイラーLOFTのブランド大使、シアトルサウスサイドの公式ロックスタースタイリストとして活躍しています。芸術専門大学「The Art Institutes」にてファッションマーケティングと経営学の学士号を取得。
    Tannya Bernadette
    Tannya Bernadette
    熟練スタイリスト

    こうしたアドバイスは「ルール」ではないので、自分で色々試してみましょう。 スタイリストのTannya Bernadette氏によればペーパーバッグウェストパンツを「派手なプリントのボンバージャケット、ゆったりとしたTシャツ、大ぶりのサングラスを合わせて上手な着こなしも見たことがある」そうです。

パート 3
アクセサリーを選ぶ

  1. 1
    細いベルトを選ぶ ペーパーバッグウェストパンツには既にベルトがついているものもあります。ついていない場合は自分でベルトを合わせてウェストを強調しましょう。ただし、デザインの邪魔にならないよう細いものを選びましょう。[8]
    • 2.5~4センチの幅を目安にしましょう。
    • ロープ、リボン、あるいはチェーンといったデザイン性の高いベルトとも相性が良いでしょう。
  2. 2
    身長を高くみせる靴を合わせる ペーパーバッグウェストパンツはボリュームがあるので、実際よりも身長が短く見える傾向があります。そこで、ヒールの高い靴などで身長を加え脚を長く見せましょう。[9]
    • パンプス、ヒールのあるブーツ、ウェッジヒールなどと合わせると高さが加わります。
    • 元から身長が高い人は、フラットシューズと合わせて美しく着こなすことも可能でしょう。
  3. 3
    大ぶりのピアスをつける ペーパーバッグウェストのパンツを履くと視線がウエストに集まります。そこで、大ぶりのピアス(イヤリング)をつけることで視線を顔の方に誘導しましょう。[10]
    • 大ぶりのシャンデリアイヤリング、ドロップイヤリング、あるいはフープ型イヤリングを着用すると目を引きます。様々な色のビーズや石などを用いたデザインのものを選びましょう。
    • イヤリングをつけないのであれば、フリンジネックレスやビブネックレスといった大ぶりのネックレス、あるいは複数のネックレスを重ねて着用することで同様の効果が得られます。

記事の情報

この記事はTannya Bernadetteが共著しています。 ターニャ・バーナデッテは、シアトル市に拠点を置く個人向けコーディネイトサービス企業「The Closet Edit」の設立者です。10年以上ファッション業界に携わり、アン・テイラーLOFTのブランド大使、シアトルサウスサイドの公式ロックスタースタイリストとして活躍しています。芸術専門大学「The Art Institutes」にてファッションマーケティングと経営学の学士号を取得。

カテゴリ: 衣服

他言語版:

English: Wear Paperbag Waist Pants, Español: usar pantalones con cintura de bolsa de papel, Deutsch: Paperbag Pants tragen, Português: Usar Calças Clochard, Français: porter un pantalon « paper bag », Nederlands: Een paperbagbroek dragen

このページは 105 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?