ホウ砂なしでふわふわスライムを作る方法

ふわふわスライムはその名の通り、やわらかなふわふわ触感のスライムで、つぶしたり、つついたりして遊べます。ふわふわスライムは材料をそろえて手作りできますが、ホウ砂を材料に含む作り方が多いでしょう。[1]問題は、ホウ砂がなかなか手に入りにくいことです。しかしホウ砂を用意できなくてもスライムを作る方法があるのです。家庭にある材料だけでふわふわスライムを手作りしましょう。シェービングクリームを好きなだけ入れてみましょう🤗

材料

  • 液体のり もしくは溶かしたスティックのり 100g 
  • 温水 100g
  • シェービングフォーム 
  • 食紅 (なくてもよい)
  • ローション (なくてもよい)
  • 洗濯用洗剤 

ステップ

  1. 1
    ボウルにのりを入れます。[2]
  2. 2
    のりに温水を混ぜ合わせます。緩くなりすぎないよう、水の量には注意しましょう。
  3. 3
    お好みで食用色素を加え、ムラなく混ぜます。特に発色の強い場合、まずは2滴程度加えて様子をみましょう。食用色素が多すぎると手に色が移ります。
  4. 4
    シェービングフォームを加えて混ぜ合わせましょう。全体が混ざると、まるでマシュマロクリームのような質感になります。
  5. 5
    ローションを数滴加えると、伸びの良いスライムになります。
  6. 6
    洗濯用液体洗剤を数回に分けて加えましょう。一度にすべて入れると、スライムが固まってしまう恐れがあります。
  7. 7
    スライムを練りましょう。スライムが固まってきてボウルの中で混ぜられなくなってきたら、ベタつきが少なくなるまで手でこねます。[3]
  8. 8
    スライムで遊びましょう!密閉容器に入れて保管します。[4]
    広告

ポイント

  • スライムは常に涼しいところで保管します。
  • スライムは密閉容器で保管しましょう。
  • できあがったスライムが緩すぎるときは、生理食塩水もしくはコンタクトの洗浄液を加えましょう。
  • シェービングクリームやフォームがない場合、ヘアムースで代用できます。
  • ラメなどを加えてキラキラのスライムにすることもできます。ラメやビーズ入りのスライムにするなら、活性剤(今回は洗濯用洗剤)を混ぜる前に加えましょう。 スライムが固まってからでは上手く混ざらず、飛び散って散らかるでしょう。

広告

注意事項

  • ふわふわスライムがベタつく場合、洗濯用洗剤が足りていないかもしれません。服やカーペットにくっつきやすいため注意しましょう。
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告