ホットドッグは時間をかけず簡単に作れるおいしい夕食のメニューです。使うものは水を入れた鍋とソーセージだけです。水に味付けをしたり、茹でたソーセージを炒めたりすることでより風味を加えることができます。茹であがったソーセージをパンに挟み、お好みの調味料をかけて完成です。

  • コンロ調理の準備時間 4分
  • 調理時間 6分
  • 合計所要時間 10分

材料

  • ソーセージ
  • ホットドッグ用のパン
  • チリコンカンとチーズ、玉ねぎ、マスタード、ケチャップ、刻んだピクルスなど調味料や薬味

方法 1 の 3:
ソーセージをコンロで茹でる

  1. 1
    大きめの鍋で水がグラグラ煮立つまで沸かします。茹でるソーセージが全て入る大きさの鍋を使いましょう。ソーセージを入れてから吹きこぼれないように、水は鍋の上部に5センチほどのゆとりができる量を入れます。
  2. 2
    鍋にソーセージを入れます。一本ずつ丁寧に滑り込ませます。ソーセージを全て一気に落とし入れると、お湯が跳ねてかかることもあり危険です。
  3. 3
    6分間ソーセージを茹でます。市販のソーセージは調理済みではありますが、しっかり熱を通すことでよりおいしくなります。6分の茹で時間でソーセージは中まで熱々になりますが、皮が裂けてしまうほどの時間ではありません。ソーセージは皮が裂けると風味が大きく損なわれるため、注意します。
    • ソーセージの量が多い場合は1、2分長めに茹でる必要があるかもしれません。全てのソーセージをお湯から上げる前に1本を取り出してみて茹で具合をみます。
    • ソーセージが1本か2本だけなら、6分の茹で時間は要らないかもしれません。5分茹でたところで1本取り出してみて、お好みの熱さに達しているかどうかみます。まだのようなら、鍋に戻します。
  4. 4
    ソーセージを火からあげて水を切ります。トングで一本ずつ、水を振り落としながら取り出しましょう。もしくは、鍋のお湯ごとソーセージをざるにあけて水を切ります。[1]
    • もしおかわりの2本目も用意できるようにたくさん茹でているなら、その分は鍋のお湯の中に残しておきます。使っていた熱いコンロから鍋を下ろして蓋をしておけば、中のソーセージを食べるときまで熱く保つことができるでしょう。
    • たくさんの人に振る舞うために多くのソーセージを保温しておくには、ソーセージを全部取り出すまでごく弱火にかけ続けておきます。
    広告

方法 2 の 3:
ソーセージを電子レンジで茹でる

  1. 1
    電子レンジ対応のボウルを水で半分満たします。ボウルは、調理するソーセージが全て収まる大きさのものを選びます。ガラスでもプラスチック製でも電子レンジ対応のものなら問題ありません。
  2. 2
    包丁でソーセージに切り込みを入れます。これは電子レンジの中でソーセージが破裂するのを防ぐためです。一本一本縦に皮を切っておきます。
  3. 3
    電子レンジの高温設定で1分調理します。1分加熱した後で、ソーセージのうち一本の先を切ってみて中まで熱が通っているか確認しましょう。まだ加熱が必要なようなら、しっかり熱くなるまでさらに30秒ずつ電子レンジにかけます。
    • もっと加熱すべきかどうかはソーセージの見た目の様子からも判断できます。皮に皺ができて色も濃くなっていれば、加熱は十分でしょう。
    • 調理するソーセージの量が多い場合、1、2分は追加加熱が必要です。
  4. 4
    ソーセージの水を切ります。フォークでお湯からソーセージをあげてペーパータオルで水気を吸い取ります。
    広告

方法 3 の 3:
さらに風味付けをする

  1. 1
    ソーセージを茹でる前に鍋の水に味をつけましょう。茹でたソーセージはそれだけでおいしいものですが、スパイスを加えて、より味にアクセントをつけることができます。ソーセージの塩味を増すには小さじ1/2の塩を加えましょう。鍋に火をつける前に、以下のスパイスを一つでも複数でも加えて、さらに味をアレンジできます。
    • ガーリックパウダー 小さじ1/2
    • オレガノやバジルなどが入ったハーブミックス 小さじ1/2
    • カイエンペッパー 小さじ1/4
  2. 2
    水にビールを注ぎましょう。ビールはソーセージのおいしいジューシーな肉の風味を引き出します。スポーツ観戦中に食べるため、もしくはビール好きの大人たちに振る舞うために、何本も調理するというときはこの方法が特にうってつけです。350㏄程度の水を同容量のビール一缶分に代えたら、あとは通常通りお湯を沸かして調理します。
    • 違う種類のビールを試してみるのも面白いでしょう。ペールエールと、それより色も味も濃いようなビールとでは、まったく違った味に仕上がります。
    • この方法はどんなソーセージでも使えますが、牛肉100%のソーセージは特に向いていておいしく仕上がります。
  3. 3
    鍋の水ににんにくをひとかけ加えましょう。沸かしているお湯の中ににんにくを一片か二片入れると、その土由来の風味がソーセージに加わります。皮を剥く必要もなく、一片か二片をそのまま鍋に落とし入れるだけでいいのです。
  4. 4
    茹でた後のソーセージを炒めましょう。パリッとしたソーセージに仕上げるなら、茹でてからサッと炒めるのが一番です。中強火でフライパンを熱し、少量のオリーブ油をひきます。ソーセージは包丁で縦半分に切り分けます。油が温まったら切った面を下にして入れ、こんがり色がついてパリッとするまで炒めましょう。
  5. 5
    お好みの材料をかけて仕上げます。ソーセージをどう調理したかに関わらず、最後に後乗せする調味料や薬味が味の決め手になります。ソーセージをパンに挟んだらお好みでトッピングを乗せましょう。トッピングの例として以下のようなものがあります。
    • チリコンカン
    • 細切りチーズ
    • ケチャップとマスタード
    • 生、もしくは炒めた刻み玉ねぎ
    • 炒めたマッシュルーム
    • 刻んだピクルス
    広告

ポイント

  • パンがふやけてしまうのを防ぐには、挟む前にソーセージをペーパータオルで乾かします。
  • 一般的にソーセージの味を引き出すにはグリルやグリルパンでの調理が向きますが、調理方法の選択は好みの問題でしょう。
  • にんにく、スパイス、あるいはビールで風味付けしたお湯で下茹でし、冷ましたソーセージを使って、自家製のアメリカンドッグを作ってみましょう。

広告

注意事項

  • ソーセージをお湯から取り出す際はトングの使用が確実です。ソーセージをしっかり掴みづらい道具を使う場合、ソーセージが落ちてお湯が跳ねると火傷の危険があり、注意が必要です。
  • 鍋に水を入れすぎると吹きこぼれる恐れがあるため、量に気を付けましょう。
広告

必要なもの

  • 中型の鍋
  • コンロ
  • トング
  • ソーセージ
  • ホットドッグ用のパン
  • 調味料やトッピング

関連記事

How to

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する

How to

クリームチーズを柔らかくする

How to

生卵とゆで卵を見分ける

How to

スパゲティーソースにとろみをつける

How to

パパイヤの種を食べる

How to

牛乳からバターミルクを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

フライドポテトを温め直す

How to

ハーブ漬けオリーブオイルを作る

How to

ピニャータを作る

How to

ケンタッキーフライドチキンの味を再現する

How to

バナナスムージーを作る

How to

スイカを切る

How to

電気圧力鍋でフライドチキンを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,552回アクセスされました。
カテゴリ: レシピ
このページは 2,552 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告