ホットドッグ用のソーセージを調理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

誰にでもホットドッグのソーセージを調理するお気に入りの方法があります。ソーセージは色々な方法で調理でき、茹でても、炒めても、グリルで焼いても、オーブンでローストしても美味しく仕上がります。マスタードとケチャップの昔ながらの組み合わせで味を付けても、もっと工夫してタマネギやレリッシュ(ピクルスの一種)、他の様々なトッピングを加えてもよいでしょう。この記事では、ホットドッグのソーセージの焼き方、茹で方、電子レンジでの温め方、オーブンでの焼き方を紹介します。

  • 準備時間 13~17分
  • 調理時間 2~3分 
  • 合計時間 15~20分

材料

  • ホットドッグ用のソーセージとパン
  • ケチャップやマスタード、レリッシュ、ランチドレッシングなどの調味料
  • 刻みタマネギ、チリコンカン、おろしたチーズ、レタス、とうがらし、トマトソース等のトッピング

方法 1 の 5:
ソーセージを直火で焼く

  1. 1
    グリルに火を付ける ソーセージを直火で焼くと燻したような良い味になるので、これが 一番良い方法だと考える人も多くいます。炭火やガス、薪焼き等どんなタイプのグリルでも出来るので、早速火をつけましょう。[1]
    • グリルを温めている間にホットドッグ用のパンと調味料を用意します。ソーセージはグリルから出して温かい間に食べるのが一番です。
    • グリルの片側は高温に、もう片側はそれより少し温度が低くなるようにしましょう。グリルの片側に炭を少し高く積むことで、温度差を出せます。ガスグリルを使う場合は、器具のつまみを使って熱を調節し、美味しくソーセージを焼きましょう。
  2. 2
    グリルの温度が低い側にソーセージを置く 斜めに焼き目をつけるため、角度をつけて並べましょう。
  3. 3
    片側1分ずつソーセージを加熱する ソーセージはすでに調理されているものなので、ここではしっかり調理するのではなく、良い焼き色をつけ、焦げないように加熱します。
    • 全面に均等にいい焼き目がつくまでソーセージを返し続けましょう。
    • 温まっているのに焼き目がつかない場合は、グリルの温度が高い方に移します。素早く焼いて、少し焼き目がついたら皿に移します。
  4. 4
    ホットドッグを仕上げる ホットドッグをパンに挟み、マスタードやケチャップ、レリッシュ、タマネギ、トマト、チーズ、ザワークラフト等を好みで盛り付けて完成です。[2]
    広告

方法 2 の 5:
ソーセージを茹でる

  1. 1
    大きな鍋にソーセージが十分浸かるところまで水を入れる ソーセージ4本に対しては、水5カップ(約1リットル)で十分でしょう。鍋の縁から水面まで少なくとも何センチか余裕ができるように十分大きい鍋を使うようにします。
  2. 2
    水を沸騰させる 鍋をコンロの上に置き、強火で加熱します。調理を始める前によく沸騰させるようにしましょう。
  3. 3
    熱湯にソーセージをに入れる お湯が沸騰したら、トングでソーセージを一つずつそっと入れます。
  4. 4
    ソーセージを茹でる 弱火にし、3分から6分程で好きな茹で加減に仕上げます。[3]
    • しっとりと柔らかく仕上げるには、短めに3分から4分程茹でます。
    • パリッと仕上げるには、長めに5分から6分程茹でます。
  5. 5
    ソーセージを取り出し仕上げる ソーセージを茹で終わったら、お湯から取り出して、パンに挟む前にキッチンペーパーで優しく水気を取りましょう。マスタードやケチャップ、レリッシュ、タマネギ、トマト、チーズ、ザワークラフト等を好きな組み合わせで盛り付けて出来上がりです。[4]
    広告

方法 3 の 5:
電子レンジでソーセージを温める

  1. 1
    電子レンジで使用可能なボウルにソーセージを入れる 金属製ではない、プラスチックもしくはガラスのボウルを使いましょう。ソーセージが余裕を持って入るよう十分深さのあるボウルを使用します。
  2. 2
    ソーセージが隠れるまで水を加える 吹きこぼれる可能性があるので、縁から水面まで2.5cm程度は空けるようにします。
  3. 3
    ソーセージを加熱する ボウルを電子レンジに入れましょう。レンジの扉を閉め、強で2、3分加熱します。[5]大きなソーセージは、少し長めに加熱する必要があるかもしれません。
  4. 4
    ソーセージをレンジから取り出し水気を切る 取り出した時に熱で破裂している可能性があるので、30秒ほど冷まし乾かします。
  5. 5
    ホットドッグを仕上げる ソーセージの水気がとれたら、パンに挟み完成です。この方法で手早くホットドッグを作り、シンプルにマスタードとケチャップを合わせれば、移動中でも手軽に取れる食事として最適です。
    広告

方法 4 の 5:
ソーセージをオーブンで焼く

  1. 1
    オーブンを200度程度に予熱する この方法では、ソーセージをこんがりジューシーに仕上げられます。グリルに火を付ける面倒な手間なしに、直火焼きのソーセージに限りなく近い味に仕上げることができます。
  2. 2
    ソーセージに縦長に切り込みを入れる ソーセージは滑ることがあるので、安定した面で鋭いナイフを使って切り込みを入れます。ソーセージを完全に切ってしまわないように気をつけましょう。表面に空気の通り道として切り込みを入れるのが目的です。[6]
  3. 3
    オーブン用の天板かロースト用の天板にソーセージを乗せる ソーセージから肉汁が出てくるので、掃除がしやすいようにアルミホイルをトレイに敷くといいでしょう。
  4. 4
    ソーセージを15分加熱する ロースト用の天板をオーブンに入れ、ソーセージが徐々に丸まり、皮がこんがり色づくまで加熱します。[7]
    • ソーセージをパリッと仕上げたい場合は、オーブンブロイラーを使ってこんがり炙ります。
    • ホットドッグにチーズを乗せ、追加で数分オーブンで加熱することもできます。
  5. 5
    ホットドッグを仕上げる ソーセージをオーブンからそっと取り出し、パンの上に乗せます。オーブンで焼いたソーセージはチリコンカンとチーズと相性抜群です。チリコンカンをすくって上に乗せ、チーズを振り掛けて、フォークを添えれば完成です。
    広告

方法 5 の 5:
ソーセージを揚げ焼きにする

  1. 1
    ソーセージを細かく刻む そのまま揚げ焼きにすることもできますが、一口サイズに刻んだ方がより美味しく仕上がります。細かく刻むことで、より多くの面がこんがりパリッと焼き上がります。作りたい量に合わせて、2、3本のソーセージを取り出し、炒められる程度に小さく切り刻みます。
  2. 2
    フライパンに油を入れ加熱する フライパンをコンロに乗せ、中火で加熱します。フライパンに0.5cmから1cm程度になるよう油を加え、よく加熱しましょう。パンくずを油の中に落として、ソーセージを調理するのに十分温まったかどうか調べることができます。入れてすぐにジュージュー、パチパチと音を立てれば、油は十分に温まっています。
  3. 3
    フライパンに刻んだソーセージを入れる ジュージューと音を立てて飛び跳ねる可能性があるので、入れる時は十分に気をつけます。全てのソーセージを重ならないようにフライパンに入れ、揚げ始めましょう。入れすぎるとソーセージに均等に火が通らないので、たくさん入れすぎないようにします。
  4. 4
    刻んだソーセージを裏返す 1、2分経って片側がこんがりパリッとしてきたら、トングを使って慎重に裏返します。片側も同じように揚がるまで、もう1、2分炒めます。
    • ソーセージはすでに調理済みなので、中が生かどうか気にすることなく好きな揚げ加減に仕上げることができます。
  5. 5
    ソーセージの余分な油を切る トングを使ってキッチンペーパーを引いた皿にソーセージを移し、余分な油を切ってソーセージを少し冷ましましょう。
  6. 6
    ソーセージを仕上げる 炒めたパプリカやタマネギと合わせても、マカロニ・アンド・チーズ(茹でたマカロニとチーズを和えた北米の家庭料理)に混ぜても、そのままケチャップとマスタードをつけて食べても良いでしょう。
    広告

ポイント

  • どのようにソーセージを仕上げたいかによって、包装に記載されている調理時間を調整することができます。
  • 電子レンジで加熱する前に1cm程度の切り込みをソーセージに入れれば、美味しいソーセージの中に水蒸気が集中して爆発するのを防げます。
  • 普通のソーセージには惹かれない人は、ソーセージを使って自家製のアメリカンドッグを作ることもできます。

広告

注意事項

  • 火を使う際は十分に安全に気をつけましょう。ソーセージは棒に刺した状態にし、火傷をしないように十分気を付けます。保護者の監督が必要になる場合があります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: レシピ
このページは 20 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告