古いホワイトボードは捨てずに取っておきましょう。マーカーで書いたものが消えにくくなったり、跡が残りやすくなったりしたホワイトボードを綺麗にする方法を紹介します。ホワイトボードを完璧な状態に戻すのは難しいですが、簡単な方法であっという間に、書いたり消したりしやすくなるでしょう。

方法 1 の 2:
ホワイトボードを再生させる

  1. 1
    ブラシを使ったり、たたいたり掃除機で吸ったりして、イレーザーに付着しているマーカーのかすを取り除きましょう。実は問題の多くが、イレーザーの汚れが発端になっています。イレーザーに残ったマーカーのかすをたたき落としたら、掃除機の吸い込み口を付けて可能な限りかすを取り除きましょう。そうすると、より効果的にイレーザーが機能するようになるでしょう。[1]
  2. 2
    ホワイトボードイレーザーでホワイトボードをこすります。頑固な跡があれば無理をする必要はありませんが、この方法でできる限りの汚れを落としましょう。単に、できる限り綺麗にすることが目的です。
  3. 3
    ホワイトボードクリーナーとキッチンペーパーでホワイトボードを拭きましょう。ホワイトボードクリーナーが無ければ、濡らした布巾でも問題ありません。ホワイトボードクリーナーの代わりに他の製品を使うと、必要なコーティングがはがれてマーカーが落ちなくなる原因となる可能性があります。
    • キッチンペーパーにかすやほこりが付かなくなるまで拭き続けましょう。
    • 必ず柔らかい布かキッチンペーパーを使いましょう。たわしや研磨パッドの使用は絶対にやめましょう。
  4. 4
    ホワイトボード全体に軽くWD-40をスプレーします。WD-40は、ホワイトボードをなめらかに保つ軽潤滑油です。これにより、マーカーで書いたインクが乾いてこびりつくことが無くなります。多少ホワイトボードがすべりやすくなるかもしれませんが、大きな問題はないでしょう。[2]
  5. 5
    吹きかけたWD-40を清潔な布巾でホワイトボード全体に延ばしましょう。最後に、キッチンペーパーで空拭きします。ホワイトボードは油で少々すべりやすくなりますが、油がどこかにたまったり目立ったりすることはないでしょう。円を描くように拭くと、ホワイトボードが均等にコーティングされます。
  6. 6
    ホワイトボードの一角で小さく試し書きをしましょう。ホワイトボード用マーカーで数か所に試し書きをして、10~15分間置いてから消しましょう。ホワイトボードが修復可能な範囲であり、スプレーもうまくいっていれば、乾燥させた後でもしっかりと消すことができるでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
ホワイトボードを綺麗に保つ

  1. 1
    ホワイトボードを消すときは、すり減らしたり傷をつけたりするように拭いてはいけません。ホワイトボードのはじく性質がインクを落としやすくし、テフロンのような綺麗なコーティングによってインクが染みつかないようになっています。しかし、コーティングが傷つくとインクが内部に染み透ってしまい、ホワイトボードをだめにしてしまいます。必ず柔らかい清潔な布巾を使いましょう。
    • テープやのりなどの接着剤も、はがすときにコーティングを傷つけることがあります。[3]
  2. 2
    1週間の終わりに、ホワイトボードクリーナーと乾いたタオルで掃除し、綺麗な状態を保ちましょう。そもそもホワイトボードが修復の必要な状態にならないようにするには、定期的な掃除が重要です。書いた跡が染みつく前に、ホワイトボードクリーナーを軽くスプレーし布で拭き取れば、何年もホワイトボードを綺麗に保てるでしょう。
    • 書いたものを24時間以上放置すると「ゴースト」のような跡が残ってしまう危険性があります。
    • かなり頑固な跡でも、少量のプロピルアルコールを使って落とすことができます。プロピルアルコールを塗ってから拭き取ります。ホワイトボードの上で乾燥させないようにしましょう。[4]
  3. 3
    「ゴースト」のような跡や消えないマーカーの跡は、黒のホワイトボード用マーカーで上から完全に塗りつぶし、素早く拭き取ります。乾燥する前のマーカーのインクにはインクを液状にする化学物質が含まれるため、消し跡や消えない跡を一時的にゆるませることができます。素早く行い、清潔な乾いたイレーザーで拭き取って跡を消しましょう。
    • 作業が遅いと、黒いマーカーが乾いて残り、目的を果たせなくなります。
    • この方法を使えば、気になる部分の跡を消すことができます。跡がインクで完全に塗りつぶされていることを確認してから消しましょう。[5]
  4. 4
    脱脂剤、石鹸、ホワイトボード用以外のクリーナーの使用はやめましょう。たいていの石鹸は、非水溶性の油やつやを落として、頑固な跡や化学物質にも効き目があります。しかし、ホワイトボードのつやは、書いたインクが完全に乾かないようにするためにあるものです。必要なものまで除去することがないよう、ホワイトボード用以外のクリーナーの使用は絶対にやめましょう。
    • ピンチのときには変性アルコールを使うと水よりも強い効き目があり、もともとのコーティングを壊す心配もありません。
  5. 5
    濡れた布巾を使ったあとは、乾いたものでホワイトボードを拭きましょう。ホワイトボードは自然乾燥をさせないようにします。1日の終わりにホワイトボードを濡れた布巾で拭く場合は、キッチンペーパーと清潔な布巾で水気を拭き取って乾かしましょう。この習慣でホワイトボードが長持ちするでしょう。
  6. 6
    ホワイトボードイレーザーは定期的に掃除をし、ほこりやマーカーのかすがたまらないように予防しましょう。キッチンペーパーに汚れを移します。洗う必要がある場合は、柔らかい布巾を湿らせてイレーザーを拭き、インクのかすなどの除去ができますが、濡らさないように気を付けましょう。ホワイトボードをなめらかで綺麗に保つには、イレーザーの汚れやかすは最小限にとどめるべきです。
  7. 7
    新しいホワイトボードに換える前に、ホワイトボード再生コートで何度も修復することができます。強いクリーナーによってコーティング効果が無くなった場合や、WD-40をより頻繁に使うべき状態になったら、ホワイトボードは寿命を迎えているということになります。再生コートもまだ使えますが、おそらく新品のホワイトボードを買うのが良いでしょう。
    • WD-40を使えばホワイトボードが再生しますが、 書き味にむらが出るようになるかもしれません。使えなくなるほどではありませんが、知っておくべき点でしょう。
    広告

ポイント

  • ホワイトボードの製造業者が出しているクリーナーやホワイトボード再生コートなどの商品は、カーワックスと似ています。
  • 残っている古い跡は、上から新しいマーカーで塗ってからホワイトボードイレーザーで消すと除去ができます。
  • 新しいホワイトボードには、ラノリンを含む赤ちゃん用おしりふきを使うとよいでしょう。良いコンディションに保つことができます。
  • WD-40は、インクが染みて乾燥しているホワイトボードの穴にも入り込むため、除去がより簡単になります。

広告

必要なもの

  • WD-40
  • ホワイトボードクリーナー
  • 布巾
  • ホワイトボードイレーザー
  • キッチンペーパー

関連記事

How to

Microsoft Wordでパンフレットを作る

How to

メールで指導教員に推薦状を依頼する

How to

NASAで働く

How to

昇給の割合(%)を計算する

How to

宇宙飛行士になる

How to

Google Docsを使ってパンフレットを作る

How to

勉強と仕事を両立する

How to

仕事を早く見つける

How to

ストリッパーになる

How to

仮病で仕事を休む

How to

採用面接を断る

How to

モデルになる

How to

コンセプトペーパー(企画書)を書く

How to

在宅勤務社員の研修を行う
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,854回アクセスされました。
カテゴリ: 仕事 | 掃除
このページは 4,854 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告