ホースクランプ(ホースバンド)は多種多様なホースの接続に使われており、種類も豊富です。ボートのエンジンホースを外す場合でも洗濯機の排水ホースバンドを交換する場合でも、手順は非常にシンプルです。適切な工具を使用して少し手間をかければ、ホースクランプを簡単に外すことができるでしょう。ここでは、様々な種類のホースクランプを外す方法に関する一般的な疑問と回答を紹介します。

方法 1 の 5:
ホースクリップ(ばね式ホースクランプ)を外す方法は?

  1. 1
    ホースクランププライヤーを使う プライヤーを開き、ホースクリップの2つのつまみを挟みましょう。プライヤーを握ってクリップを緩め、ホースから外します。[1]
    • ホースクリップは、中央に穴が開いた金属製の輪のような形をしており、2つのつまみが付いています。このつまみを挟むとクリップが緩みます。
    • ホースクリップは、自動車のゴム製クーラントホースに使われていることがあります。
    • 様々な大きさのホースクリップを外せるように、ワイヤー式ホースクランププライヤーを購入すると良いでしょう。ネットショップなどで4千円前後で販売されています。
    広告

方法 2 の 5:
カシメ式のホースクランプを外す方法は?

  1. 1
    ラジアスエンドミルかニッパーで切り落とす ニッパーの先端を開き、クランプから突き出ている金属部分に刃をあてます。ニッパーを握って突起部分を切り落とし、ホースクランプを外しましょう。[2]
    • カシメ式のホースクランプは、金属製の輪に角ばった金属製の突起部分があるクランプで、突起部分は空洞です。ホースクランプをホースに圧着すると、この突起部分の働きによって張力が生じます。
    • ニッパーの代わりに、切断工具を取り付けたロータリーツールで突起部分を切断しても良いでしょう。
    • カシメ式のホースクランプは、使い捨てホースクランプとも呼ばれています。

方法 3 の 5:
SharkBite継手を外す方法は?

  1. 1
    SharkBite切断クリップでスライドさせて外す SharkBite継手が取り付けられているパイプの直径(ミリメートル単位)に対応するSharkBite切断クリップを使いましょう。継手のすぐ上でクリップをパイプに取り付け、継手の切断リングにクリップを押し付けながらパイプを反対方向へ引っ張ります。
    • SharkBite継手は真鍮製のねじ込み式配管継手です。内側にはプラスチック製の部品があり、それがパイプの内側に入ります。SharkBite継手は、様々な種類の配管によく使われています。
    • 架橋ポリエチレン管はその他の継手で接続できないため、SharkBite継手が使われることもあります。
    • 切断リングとは、SharkBite継手の内側に取り付けられている可動式の輪の部分で、その外側には固定された金属製の輪があります。
    • 35~55㎜のSharkBite継手を外す場合は、切断クリップを時計回りに回転させる必要があります。
    広告

方法 4 の 5:
ねじ式ホースクランプを外す方法は?

  1. 1
    マイナスドライバーかソケットレンチでボルトを緩める ねじ式ホースクランプにはドライバーを差し込める溝があり、ボルトの頭も表に出ているので、どちらを使ってもかまいません。いずれかの工具でボルトを反時計回りに回して緩め、ホースから外しましょう。[3]
    • ねじ式ホースクランプは、金属製の輪の1か所にボルトの差し込み口が付いているクランプで、ボルトの頭は表に出ています。このボルトでクランプを締めたり緩めたりします。
    • マイナスドライバービットやソケットを取り付けた電動ドリルでクランプを外しても良いでしょう。

方法 5 の 5:
洗濯機用ホースバンドを外す方法は?

  1. 1
    ウォーターポンププライヤーを使う ウォーターポンププライヤーでホースバンドの突起部分を挟み、しっかりと握ってバンドを開きましょう。プライヤーを握ったまま、洗濯機の背面からホースを引き抜いて外します。ホースバンドを排水ホースの端に向かってスライドさせて抜きましょう。[4]
    • 洗濯機の排水ホースバンドが壊れた場合や錆びた場合は、外して交換する必要があります。
    • 洗濯機の排水ホースに新しいホースバンドを取り付ける際は、この手順を逆に行いましょう。
    広告

関連記事

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす手に付着したシリコンコーキング剤を落とす
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
ドア蝶番の芯棒を外すドア蝶番の芯棒を外す
トイレの水を抜くトイレの水を抜く
水道の水圧が低いときの対処水道の水圧が低いときの対処
ステンレスのキズを補修するステンレスのキズを補修する
ペーパークリップで鍵を開ける
天井にフックを取り付ける天井にフックを取り付ける
マットレスをスチームクリーナーで手入れするマットレスをスチームクリーナーで手入れする
施錠されたドアを開ける
アクリル塗料を落とす
サイフォンの仕組みを用いて水を移すサイフォンの仕組みを用いて水を移す
レンガを掃除する
スチールドアを塗装するスチールドアを塗装する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 住宅メンテナンス
このページは 207 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告