ボソボソと話すのを止めてはっきりと話す方法

この記事には:姿勢をよくするボソボソ声になる要因に対処するはっきりと話す練習するはっきりと話す

ボソボソと話すと声が小さいため、相手がうまく聞き取ることができず、何を言っているのか聞き返されることがよくあります。既にボソボソ声で話すのを止める方法を知っているにもかかわらず、そのような話し方が悪癖になっている場合があります。誰かと電話で話したときに、電波状況が悪かったり、相手の声が聞きづらかったりする場合に、無意識のうちに大きな声ではっきりと話そうとしたことがあるかもしれません。この記事で紹介する方法を実践し、大きな声ではっきりと話すことを意識して習慣づけるようにしましょう。

パート 1
姿勢をよくする

  1. 1
    真っすぐに立つ たとえ緊張していても、姿勢をよくすることで、自信を持っているという印象を与えやすくなります。また、姿勢をよくすると、気道を確保しやすくなるため、しっかりと呼吸できるようになります。
    • まっすぐな姿勢で座れるように、楽に座りましょう。お腹を引っ込めて、背筋を伸ばして座ります。

パート 2
ボソボソ声になる要因に対処する

  1. 1
    緊張しないようにする 自信がなかったり、緊張したりすると、早口になってしまいがちです。緊張していないふりをしてみましょう。すると、通常の速さで話せるようになります。
  2. 2
    言い間違いを恐れない 言い間違いは誰でもするものです。言い間違えた場合は、訂正をするか、そのまま話し続けるようにしましょう。言い間違いに対処するのは、ひとつの技術であり、それに長けている人もいます。言い間違いにうまく対処できなくても、対処方法を習得することで克服できるということを自覚しましょう。

パート 3
はっきりと話す練習する

  1. 1
    聞く ラジオやテレビのアナウンサーなどのように話すのが上手な人の話を聞いてみましょう。単語の発音や話す速度などに注意して聞くようにします。
  2. 2
    練習する テープレコーダーやマイク付きのパソコンで自分が話すのを録音し、録音した音声を聞いてみます。声が小さくなるなどして、聞き取りづらい箇所がないかを確認しましょう。
    • 各単語を正しく、ゆっくりと声に出して発音しましょう。ボソボソ声になったら、再度その文章を声に出して読み上げます。
    • いくつかの母音は口をしっかりと開けて発音する練習をしましょう。
  3. 3
    1日最低10分間は声に出して発音する練習をする
  4. 4
    練習用の文章を読み上げて録音する 練習として、早口言葉などを録音しましょう。録音した音声を再生して、発音と発声の問題点を確認します。練習を繰り返して、気づいた問題点の改善に取り組みます。

パート 4
はっきりと話す

  1. 1
    口をしっかりと開けて話す  口をしっかりと開けずに話すと、あまり大きな声を出すことができません。
  2. 2
    はっきりと発音する  「t」や「b」などの破裂音を発音する際には、しっかりと息の流れを止めるようにしましょう(※英語の場合)。母音と子音の区別をつけて発音します。
  3. 3
    ゆっくりと話す 早口で話すのは、緊張した場合によく発生する症状です。早口で話しても、聞き取りやすくなることはありません。
  4. 4
    声量を上げて話す ほんの少しだけでも、声を大きくして話すようにしてみましょう。そうすることで、自然と呼吸量が増え、落ち着いた速度で明瞭に話すようになるかもしれません。
  5. 5
    抑揚をつけて話す 質問を投げかける場合には語尾を上げ(※英語の場合)、意見を述べる場合には語尾を下げます。また、強調すべき音節や単語に注意を払います。小さな子供に読み聞かせをするように、誇張気味に抑揚をつけてみましょう。
  6. 6
    横隔膜を使って発声する 腹筋を使って呼吸を安定させながら、話しましょう。そうすることで、それ以上声量が上がらないとしても、より明瞭に話せるようになります。肋骨のすぐ下、胃袋の上に手をあてて話をしてみると、筋肉が動くのを感じるはずです。
  7. 7
    歌う 人前で歌う必要はありませんが、浴室や車内などで、1人で歌ってみましょう。声を鍛えてうまく使えるようになります。また、息づかいや呼吸、明瞭な発音、言い回しなどの練習にもなります。
  8. 8
    大声を出す  金切り声を出す、悲鳴を上げる、または甲高い声で叫ぶのではなく、大声を出しましょう。通常の高さの声を保ちながら、どこまで大きな声が出せるかを確かめます。スポーツの試合を応援したり、大音量の音楽の中で話したりするのは、大声を出す練習をする機会です。あるいは、ドアを閉めるだけでも大声を出せる環境になるかもしれません。大声を出しながら、呼吸や息づかいをどれだけうまくコントロールできているかに注意を払いましょう。

ポイント

  • 自信を持ちましょう。少なくとも、話している内容にしっかりと自信を持ち、それが聞き手にはっきりと伝わるようにします。
  • 自分の話し方を自覚しましょう。ときどき自分の話を録音して、どのように話しているのかを確認しましょう。
  • 話しをする前に、落ち着いて自信を持った状態になると、うまく話しやすくなります。興奮した状態になると、早口になってしまい、はっきりと話せなくなる場合があります。気持ちを落ち着けて、伝えたいことを考え、ゆっくりと話をするようにしてみましょう。
  • 緊張や不安を感じた場合は、はっきりと話すことは聞き手への礼儀であると考えてみましょう。
  • 自分が文章を読み上げるのを友達に聞いてもらい、良い点と悪い点について指摘してもらいましょう。
  • 話をしている相手よりも大きな声で話すことを心掛けましょう。
  • うまく発することができない言葉を見つけて、通常の話すペースでその言葉を発することができるようになるまで、はっきりと声に出して繰り返し練習しましょう。
  • まず考えてから、話すようにしましょう。
  • 話す声が小さすぎて、相手から「聞こえなかったので、大きな声で話してもらえませんか?」と言われることが日常的にある場合は、大きな声で話す練習をするとよいでしょう。相手に電話をして、相手が聞こえるようになるまで声を大きくします。普段の話し声が大きくなり、相手に聞こえる声で話す習慣がつくまで、誰かと個人的に話をするときには、大きな声で話す練習をしましょう。

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Stop Mumbling and Speak Clearly, Français: arrêter de marmonner et parler clairement, Italiano: Smettere di Borbottare e Parlare Chiaramente, Español: dejar de murmurar y empezar a hablar claramente, Deutsch: Die Aussprache verbessern, Русский: перестать мямлить и начать говорить отчетливо, Português: Parar de Murmurar e Falar Claramente, Bahasa Indonesia: Menghilangkan Kebiasaan Bergumam, Nederlands: Stoppen met mompelen en duidelijk spreken, العربية: التوقف عن الغمغمة والتحدث بوضوح, 中文: 避免咬字不清, ไทย: หยุดนิสัยชอบพูดแบบพึมพำและพูดออกมาให้ชัดเจนขึ้น, 한국어: 중얼거리지 않고 명료하게 말하는 법, हिन्दी: बड़बड़ाना बंद करके स्पष्ट बोलें

このページは 90 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?