PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ボディミストをつけるとリフレッシュした気持ちになることができ、香水やコロンのような強い香りの印象を与えることもありません。男性は、胸や首元、脇の下にボディミストをつけましょう。女性は、脈が感じられる場所や洋服、髪にボディミストをつけるといいでしょう。香りを長く保ちたい場合は、シャワーの後に体につけるか、香りの重ねづけを行います。

方法 1
方法 1 の 3:
男性のボディミストのつけ方

  1. 1
    シャツを脱ぐ 男性用のボディミストは通常、デオドラント効果も兼ね備えています。そのため、服につけるよりも、体に直接つけた方が効果的です。[1]
  2. 2
    上半身に吹きかける ミストのボトルを体から15cmほど離して持ちます。脇の下や胸、首元にミストを吹きかけます。各部に吹きかける時間は2~3秒に留めましょう。[2]
    • 広範囲に吹きかけたい場合は、ミストのボトルを体から20cmほど離して持ちましょう。
  3. 3
    ミストは1日に1回つける 通常、たいていのボディミストには強めの香りが付いています。そのため身につける回数は1日に1回に留め、自分だけでなく周りの人も香りを負担に感じないようにしましょう。ボディミストの使い過ぎは体に悪影響を及ぼす可能性があるため、つけ過ぎには気を付けます。[3]
    • スポーツなど、運動で汗をかく予定がある場合は例外です。その際は、体を動かした後にもう一度ミストをつけ直しましょう。

方法 2
方法 2 の 3:
女性のボディミストのつけ方

  1. 1
    脈が感じられる部分につける ボディミストのボトルを体から10cmほど離して持ちます。1カ所につきミストを1回吹きかけましょう。ミストをつけたら、こすらないようにします。代わりに、ミストが肌に吸収されて乾くのを待ちましょう。[4]
    • 脈が感じられる場所には、手首、ひじの内側、首の前側、ひざの裏、胸の谷間などがあります。
  2. 2
    服に吹きかける 脈が感じられる場所につけた後に行いましょう。つける際は、ボディミストを体(服)から20cmほど離して持ちます。トップスとボトムスにそれぞれ1~2回吹きかけます。[5]
    • 服に吹きかける代わりに、空中に吹きかけて、その下をさっと通ることでも服に香りをつけられます。
  3. 3
    髪につける 髪には直接吹きかけないようにしましょう。代わりに、自分より上の空中に向かって1~2回吹きかけます。ミストの下に素早く移動して、髪に軽く香りが残るようにしましょう。[6]

方法 3
方法 3 の 3:
ボディミストを使うコツ

  1. 1
    好きな香りを選ぶ 自分のスタイルや好みに合った香りを選びましょう。まず人気の香りを試し、自分の好みかどうかを確認します。その後に同じ様な香りで作られた別の種類の香りにも挑戦してみましょう。
    • 女性は甘いフローラル系やムスク系の香りを好む傾向にあります。
    • 男性はウッド系やスパイシー系の香りを好む傾向にあります。
  2. 2
    シャワーの後にボディミストをつける 清潔な体にボディミストをつけると、香りが残りやすく長持ちします。シャワーの後にタオルで体を軽く拭き、軽く湿った体にボディミストを吹きかけましょう。
  3. 3
    香りを重ねる 香りを重ねるとボディミストの香りが長持ちしやすくなります。シャワーを浴びる際に、ボディミストと似た香りのボディジェルを使いましょう。シャワー後には、ボディミストと似た香りのボディローションを体にぬります。ボディローションが乾いたら、ボディミストを吹きかけましょう。
    • 例えば、ボディミストがバニラ、ラベンダー、ミントの香りを含む場合、これらの香りのボディソープやボディローションを選んで使いましょう。
    • もし似た香りのボディソープやボディローションが見つからない場合は、無香料のものを使いましょう。
    • ボディミストの中には、同じ香りのボディソープやボディローションがセットになっているものもあります。

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 318 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?