ボディーランゲージを読む方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事には:感情のシグナルを読み取る関係性を示すサインを読み取る好意のシグナルを読み取る支配のサインを読み取るボディーランゲージを理解する48 出典

人と人とのコミュニケーションでは、伝えようとする真意や意図の最大6割までが非言語コミュニケーションを通して伝えられるため、ボディーランゲージを理解すると相手との関係を深められるようになります。[1] 人がボディーランゲージを通して送るシグナルをキャッチし、そのシグナルの意味を読み取ることはとても役立つ能力です。誰かと話すとき、これまでよりも注意深く気を配るようにすると相手のボディーランゲージを読み取れるようになり、練習を続けるうちに意識せずに自然にできるようになります。

1
感情のシグナルを読み取る

  1. 1
    泣きに注目する ほとんどの文化圏で、感情が爆発した結果として人は泣くと考えられています。また、悲しみや苦悩のサインと捉えられることが多いのですが、幸福で感極まって泣くこともあります。さらに、笑いやユーモアが涙を誘発することもあります。このように泣くという行為には種類があるので、泣いている原因や涙の意味を的確に捉えるには、これ以外のシグナルも探してみましょう。[2]
    • 同情してもらいたいときや人を騙したいときに、意図的に感情を操作して泣くこともあります。これは「ワニの涙」と呼ばれる行為で、ワニが餌を呼び寄せるために「涙を流す」という言い伝えに由来する西洋の言語表現です。[3]
  2. 2
    怒りや脅しのサインを見つける 脅しのサインには、眉毛を釣り上げる、目を見開く、口を開く、口がへの字に曲がるなどがあります。[4]
    • 両腕を固く組むことは怒りのサインとしてよく知られています。これは相手に心を閉ざしている印しです。[5]
  3. 3
    不安のサインを探す 人は不安を感じると、まばたきの回数が増え、顔の筋肉がせわしなく動き、唇が一文字になります。[6]
    • 不安を感じている人は手を安定できず、そわそわと動かしてみたり、意味のない動作をします。[7]
    • 無意識につま先を踏み鳴らす、貧乏ゆすりをすることも、不安を表す行為と言えます。[8]
  4. 4
    狼狽の表情を見つける きまり悪さのサインは、目をそらす、視線を離す、顔を背ける、あからさまな作り笑いをするなどです。[9]
    • うつむいて視線を下に動かす人がいたら、その人は恥ずかしいか、内気か、気後れしているかのどれかでしょう。また、人は落ち込んでいるときや感情を隠そうとするときにも、うつむく傾向があります。そのまま地面をじっと見つめている場合、人は不快感を感じ、頭の中でその不快感に思いを巡らせていることが多々あります。
  5. 5
    プライドを示す兆候に気付く かすかな微笑み、頭を軽く後ろにそらす、両手を腰に当てるなどが、プライドを示すサインです。[10]

2
関係性を示すサインを読み取る

  1. 1
    近接学的・触覚学的査定をする、つまり距離と接触が示すものを読み解く これは二者間の親密さをはっきりと伝える方法の一つです。互いの身体の距離が近いこと、身体の一部を触ることは、好意、愛情、恋愛感情を表すシグナルです。[11]
    • 親密な関係にあるカップルが求めるパーソナルスペースは、他人との間に求める個人空間よりも狭いものです。[12]
    • 必要なパーソナルスペースの広さは文化によってまちまちです。ある国では「近い」とされる個人空間であっても、他の国では「遠い」とみなされることがあると覚えておきましょう。
  2. 2
    相手の目を読む 興味をそそられる楽しい会話をしていると、人は会話時間の最大8割まで相手の顔に視線を向けることが研究で明らかになっています。その間ずっと相手の目を見つめているわけではなく、目を見たあとで視線を鼻や唇に動かし、再び目に戻る動きを繰り返します。時々テーブルに視線を落とすこともありますが、必ず相手の目に戻ります。[13]
    • 会話中に相手が視線を上に向けたあとで右側を見る場合は、その会話に飽きていて、相手の意識の中ではすでにその会話を終えているサインです。[14]
    • 瞳孔が大きく開くのは現在の状況に興味を持っている印しです。しかし、アルコールなど、瞳孔を開かせる効果を持つ外部の要因がたくさんあることも覚えておきましょう。[15]
    • 相手と視線を合わせる行為は、大抵の場合、うそ偽りのないことを表します。しつこく目を合わせたり、攻撃的な眼差しをする場合には、相手は伝えたいメッセージをはっきりと意識していることを示しています。一方、相手を騙そうとする場合、アイコンタクトを避けている(これはうそをついているときのサインとして広く知られています)と思わせないように、視線を向ける位置をずらすことがあります。[16] とは言え、うそをつくときの視線の動きは人それぞれで、様々なバリエーションがあることを意識しながら相手のサインを判断しましょう。
  3. 3
    相手の姿勢を見る 首や頭の後ろに腕を置いているのであれば、相手は今話していることを受け入れている、またはリラックスした状態で話をしているサインです。
    • 腕や足をきつく閉じている姿勢は、相手に対して同意できない、相手を受け入れられないサインです。一般的に言って、そのような姿勢の人は精神的にも、感情的にも、肉体的にも、他の人を締め出して、自分の殻に閉じこもっている、というシグナルを発しています。[17]
    • 交渉人のボディーランゲージを検証するために、ビデオ撮影された2,000本の交渉例を検証した結果、交渉中に参加者の一人でも足を組んでいると交渉が決裂することがわかりました。[18]

3
好意のシグナルを読み取る

  1. 1
    アイコンタクトを査定する 相手の目を見つめる行為の最中に1分間に6〜10回まばたきする場合には、見つめる相手に好意を示しているサインです。[19][20]
    • ウィンクも好意のサインです。しかし、これも文化によって異なることを覚えておきましょう。アジアの一部の文化圏ではウィンクを嫌い、無作法とみなします。[21]
  2. 2
    特徴的な表情を見つける 微笑みは一番わかりやすい好意のサインです。ただ、作り笑いと本物の笑顔を見極める能力は鍛えておきましょう。作り笑いの場合には目が笑っていないのが明らかなので、本物の笑顔ではないと簡単に見破れるでしょう。本物の笑顔は必ず目の周りに細かいシワが出現します(カラスの足跡と呼ばれます)。しかし作り笑いの目の周りにカラスの足跡はありません。[22][23]
    • 眉毛を全体的に上げる仕草も好意のサインと言われています。[24]
  3. 3
    相手の姿勢、身ぶり、構えを判断する 互いに好意を持っているとき、両者とも相手との距離を縮めようとするのが普通です。相手に身体を近づけて寄り添うことも一つの方法ですが、ダイレクトに相手を触ることもあります。腕を軽く叩いたり、撫でたりするのも好意のサインと言えるでしょう。
    • 好意を持つ相手につま先が向いている、顔や身体が向いていることも好意を示すシグナルです。[25]
    • 手のひらが上を向いていることも相手に恋愛感情を持っているサインと言えます。手のひらが上に向くことは気持ちがオープンになっている状態を表します。[26]
  4. 4
    ジェンダーによって好意の表し方が異なることを知る 男性と女性では好意を示すボディーランゲージに差異があります。
    • 男性の場合、興味のある相手に積極的に接し、上半身を向ける傾向があります。一方、女性の場合、好意を受け取ったサインとして、上半身を相手から離して後ろに傾けます。[27]
    • 相手に興味を持った男性が、両腕を頭の上に上げて90度の角度で肘を曲げて、頭上で腕を組むことがあります。[28]
    • 女性が好意を示す場合、両手を広げて、顎から腰の間の一点に両手を置くことがあります。[29]

4
支配のサインを読み取る

  1. 1
    アイコンタクトに気付く アイコンタクトは相手への支配を示す第一の手段と動作学でも認められています。支配力を強めようとする人は、相手の顔に視線を向けて見据えながら、相手を値踏みします。また、相手が視線をそらすまでは視線をそらさない傾向があります。[30]
    • 自分の支配力を確認したいのであれば、コンスタントに視線を合わすだけで相手を十分に怯えさせると覚えておきましょう。[31]
  2. 2
    表情を査定する 支配力を示したい人というのは、笑顔を控え、厳しい表情をしたり、唇を引き結んで、真剣なコミュニケーションを促します。[32]
  3. 3
    身振りや構えを判断する 身振りでも支配を示すことができます。他の人たちを指差して、大きな身振りでコミュニケーションすることは、相手に自分のステータスを示す一つの方法です。それに加えて、落ち着き払って実際よりも大きな構えをすることも、自分の支配力を示す方法となります。[33]
    • 支配力を持つ人は力強く握手します。彼らは自分の手を上にして、手のひらが下を向くように差し出します。力強く握手しながら、自分が上だということを示すためにしばらく手を離さないでしょう。[34]
  4. 4
    相手のパーソナルスペースを判断する ステータスのある人たちは、自分よりも格下の人間との間に広めの空間を保ちます。彼らの個人空間の広さは自身の支配力と、その場を支配することに長けていることを表すためのものです。[35] 言い換えれば、外側へ広げるポーズは支配力と業績を示すものと言えます。[36]
    • 支配力は座位と立位の関係でも表されます。前方に立つポーズは支配力の強さを表します。[37]
    • 猫背にならずに、背筋を真っ直ぐに伸ばし、両肩を力強く広げた姿勢は自信を表します。それに反して、前かがみやうなだれた姿勢は自信のなさを表します。[38]
    • 支配力を持つ人は、グループの前方から指揮し、一番前を歩き、最初に部屋に入ります。彼らは一番前にいることが好きなのです。[39]
  5. 5
    相手がいつ、どのように触るかに注意する 接触という点で見ると、ステータスが上の人は自分の立場に自信を持っている分だけ、相手に触る機会が多いでしょう。一般的に言って、片方のステータスが上という格差のある状況において、格上の人は格下の人に頻繁に触ります。[40]
    • 両者のステータスが同じ場合、互いに似通ったやり方や回数で接触しながらコミュニケーションを図ります。[41]

5
ボディーランゲージを理解する

  1. 1
    ボディーランゲージを読み取るのは複雑な作業と知る 非言語行動というのは人の個性に由来するため、表現方法が千差万別です。[42] 相手のサインからメッセージを読み取る場合には、全体像を考慮した上で行う必要があるため、ときにはボディーランゲージを簡単に読み取れないこともあります。例えば、一つのサインであっても、妻とケンカしてしまった、仕事で昇格した、早くランチに行きたくて仕方ないと、状況によって異なる場合もあります。
    • 他の人のボディーランゲージを解釈するときには、相手の個性、社会的要因、話すときのクセ、ボディーランゲージを発している状況を可能な限り考慮することが重要です。こういう情報が常にあるとは限りませんが、得られる情報をできる限り考慮するとボディーランゲージが読み取りやすくなります。人間は複雑にできています。身体を使った自己表現が複雑であっても驚くに値しないでしょう。
    • ボディーランゲージを読み取ることと、好きなテレビ番組を見ることを比較してみましょう。よくよく考えると、一つのシーンを正しく理解するために、その番組の冒頭からの話を記憶した上で、そのシーンを見ていることに気付くはずです。また、同じ番組の過去のエピソード、キャラクターの変遷、プロットも覚えているはずです。つまり、ボディーランゲージを読み取るときも、これと同じように、全体像を意識しながら行うことが大切なのです。
  2. 2
    個性を勘定に入れることを忘れない ボディーランゲージを読み取るとき、万人に当てはまる定義は存在しません。特定の人のボディーランゲージを正確に読み取るための労力を惜しまないのであれば、しばらくの間、相手を「研究する」ことになるでしょう。一人に当てはまるサインやシグナルが他の人にも当てはまるとは限りません。
    • 例えば、うそをつく場合、視線をそらす人がいる一方で、うそがばれないように普段以上に騙す相手の目を見つめる人もいます。
  3. 3
    文化によってボディーランゲージが異なることを知る ボディーランゲージで表される感情や表情が伝えるメッセージは、文化によって異なる意味を持つ場合があります。
    • 例えば、フィンランドの文化では、目を合わせることは親しみやすさを表すサインです。一方、日本の文化では、同じボディーランゲージが相手への怒りを表すサインと考えられています。[43]
    • 他の例を挙げると、西洋文化圏では一緒にいて居心地良いときに、相手に身体を近づけて、顔と身体を相手と平行になるように向けます。[44]
    • 特定の障碍を持つ人にはユニークなボディーランゲージがあります。例えば、自閉症の人の場合、相手の話を聞くときは相手の目を見ないで、落ち着きなくそわそわします。
    • 文化によって肉体的な表現が示す感情の意味合いが異なるのですが、文化が違っていても同じ感情を表す普遍的なサインやシグナルがあることも、幾つかの研究で明らかになっています。これは支配と服従を表すコミュニケーションに顕著です。例えば、身をかがめる低い姿勢はたいてい服従を表します。[45]
  4. 4
    非言語の表現手段による違いを理解して意識する 非言語の表現手段は言葉を使わずにメッセージやサインを伝える方法です。非言語の表現手段の中で重要なものは、動作学(アイコンタクト、表情、ボディーランゲージ)と、触覚学(触ること)、近接学(パーソナルスペース)です。言い換えると、伝達手段がメッセージの意味を決定するということです。 [46]
    • 一般的に読みやすい順番は、まず表情で、そのあとでボディーランゲージを読み取り、最後にパーソナルスペースとタッチの意味を読み取ります。[47]
    • 一つの表現手段にも複数のやり方や意味合いがあります。例えば、表情の中にも意味が読み取り難いものがあり、人は不快感を表す表情よりも快感を表す表情を上手く読み取ることができるようです。また、怒り、悲しみ、恐怖、嫌悪感よりも、幸福、満足、興奮を簡単に読み取れるという研究結果もあります。[48]

注意事項

  • ボディーランゲージだけで人を判断しないようにしましょう。相手のステータス、感情、自分との関係性を表すのはボディーランゲージだけではないことを忘れないようにしましょう。

出典

  1. Greene, J. O., & Burleson, B. R. (Eds.). (2003). Handbook of communication and social interaction skills. Psychology Press.
  2. http://www.psychologistworld.com/bodylanguage/eyes.php
  3. http://www.psychologistworld.com/bodylanguage/eyes.php
  4. Tipples, J. (2007). Wide eyes and an open mouth enhance facial threat.Cognition and Emotion, 21(3), 535-557.
  5. https://www.psychologytoday.com/blog/fulfillment-any-age/201206/the-ultimate-guide-body-language
  6. Harrigan, J. A., & O'Connell, D. M. (1996). How do you look when feeling anxious? Facial displays of anxiety. Personality and Individual Differences,21(2), 205-212.
  7. https://www.psychologytoday.com/blog/fulfillment-any-age/201206/the-ultimate-guide-body-language
  8. https://www.psychologytoday.com/blog/fulfillment-any-age/201206/the-ultimate-guide-body-language
  9. Greene, J. O., & Burleson, B. R. (Eds.). (2003). Handbook of communication and social interaction skills. Psychology Press.
続きを 表示する… (39)

記事の情報

wikiHow共著者の一人、Paul Chernyak, LPCがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

カテゴリ: 社交 | 人間関係

他言語版:

English: Read Body Language, Français: lire le langage du corps, Español: entender el lenguaje corporal, Português: Ler Linguagem Corporal, Italiano: Leggere il Linguaggio del Corpo, Deutsch: Körpersprache lesen, Русский: понять язык тела, 中文: 解读身体语言, Čeština: Jak se naučit číst řeč těla, Bahasa Indonesia: Membaca Bahasa Tubuh, Nederlands: Lichaamstaal lezen, العربية: قراءة لغة الجسد, हिन्दी: किसी के शारीरिक हाव भाव (बॉडी लेंग्वेज) को समझें, ไทย: อ่านภาษากาย, Tiếng Việt: Đọc Ngôn ngữ Cơ thể

このページは 1,622 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?