ボングをきれいにする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 12 出典

この記事には:基本のクリーニングを行う洗いにくい場所としつこい汚れをきれいにするボングの手入れをする

汚れたボングほど、良質の煙の味を損なうものはありません。幸いなことに、ボングを日常的に、または大掃除のようにきれいにする簡単で信頼できる方法がいくつかあります。ボングを清潔に保つために、基本的なクリーニングを行い、落ちにくい部分やしつこい汚れを取って、手入れをしましょう。

1
基本のクリーニングを行う

  1. 1
    道具を集めます。ボングを洗う前に、道具を集めます。必要なものは、シンクか洗面器、粗塩、米、重曹、消毒用アルコール、酢、その他の洗剤、清潔な水、ゴム手袋などです。[1]
  2. 2
    ボングを空にしてすすぎ、温かいお湯を入れます。ゴム手袋を着用してボングをできるだけ空にします。古くなった水を捨てて、残っているタバコを取り除きます。そして温かいお湯でよくすすぎ、固形物を取り除きます。最後に、お湯をボングの途中まで入れます。[2]
  3. 3
    ボングを分解します。個々の部品を洗えるように分解します。パイプとマウスピースを含む可動部品を全て外します。分解しながら、欠けたり割れたりしていないかどうかをチェックします。再度ボングを使用する前に、損傷している部品を取り換える必要があります。[3]
  4. 4
    ボングに粗塩と消毒用アルコールを加えます。次に、研磨剤とクリーナーをボングの基部に入れます。通常、粗塩とイソプロピルアルコールが最も効果的ですが、酢と米または重曹を使用することもできます。
    • 代わりに、液体のパイプクリーナーなどを使用しても良いでしょう。その場合は塩を入れません。クリーナーを注ぎ、手順通りに進めます。
  5. 5
    穴をふさいでボングを振ります。研磨剤やクリーナーが飛び散って周りを汚さないように、手のひらや指を使ってボングの穴をふさぎます。できるだけ綺麗になるように、5分ほど振りましょう。
  6. 6
    すすいで、繰り返します。洗浄液をシンクに捨て、きれいな水でよくすすぎ流します。必要なだけクリーニングの手順を繰り返しますが、通常は1回で十分です。[4]

2
洗いにくい場所としつこい汚れをきれいにする

  1. 1
    食器用洗剤を入れたお湯にボングを浸します。ボングがひどく汚れている場合は、シンクや洗面器、バスタブなどに食器用洗剤を入れたお湯を満たし、ボングを漬けておくのが最善の方法かもしれません。洗う前に1時間か2時間ボングを浸しておきます。[5]
    • 食器用洗剤は控えめに使いましょう。あまり多く使うと、次にタバコを吸う時の数回は不快な石鹸の後味が出てしまうかもしれません。
  2. 2
    小さな部品はビニール袋でつけおき洗いをします。ボングの小さな部品をすべて、再封可能な袋に大さじ1杯ほどの粗塩と一緒に入れ、部品がすべて浸るくらいの消毒用アルコールで満たします。袋を数秒間振ってから、部品を数分間浸します。次に、きれいな水で洗い流します。[6]
  3. 3
    綿棒やパイプクリーニングブラシを使用します。プラスチックの綿棒か、パイプクリーニングブラシを使用して、ヤニや水垢のような落としにくい汚れのたまるボングの隅や割れ目をこすります。こする前に、少量の消毒用アルコールに浸します。[7]
  4. 4
    レモン汁で水垢を取り除きます。ボング内部の水垢を簡単に取り除くには、お湯とレモン汁を基部に入れて振ります。その後、冷水で洗い流します。[8]

3
ボングの手入れをする

  1. 1
    ろ過された水を使用します。水道水やろ過されていない湧水のミネラルは、ボングに水垢を形成することがあります。これを防ぐためには、喫煙時には必ずろ過水を使用します。また、ボングを洗うときはろ過水を使用するか、少なくともクリーニング後にろ過水で洗い流すと良いでしょう。[9]
  2. 2
    ボングの水は毎日交換しましょう。毎日水を交換すれば、しない時よりボングはずっときれいになります。古い水をボングに入れっぱなしにしておくと、カビが生えることもあります。それだけでもかなり汚いですが、カビはシミにもなり、ボングのクリーニングがより大変になります。[10]
  3. 3
    ボングは週に一度は洗いましょう。これはカビを生やさないためのもう1つの方法であり、カビが生えなければシミにもなりません。ボングをきれいに保つために、少なくとも週に1回は簡単なクリーニングを行いましょう。[11]
  4. 4
    ボングをボングバッグやハードケースに保管します。ボングはガラスでできているため、注意しないと簡単に欠けたり割れたりします。ボングを保管および移動するときは、壊れないように保護バッグやケースに入れておくようにしましょう。[12]

ポイント

  • 哺乳瓶用のブラシ、乳首用ブラシ、または綿棒を使用すると、届きにくい場所のヤニを取り除くこともできます。

注意事項

  • クリーナーは可燃性のものが多いので、喫煙中は絶対に使用してはいけません。
  • シンクでボングを洗浄する際には気を付けましょう。ヤニがシンクに付いて取れなくなることもあります。

必要なもの

  • ゴム手袋
  • きれいな水
  • 再封可能なビニール袋
  • クリーナー:イソプロピルアルコール、酢、パイプクリーナーなど
  • 研磨剤:粗塩、生の米、重曹など
  • タオル
  • パイプクリーニングブラシ、綿棒など
  • 食器用洗剤
  • ボウル、洗面器、シンクなど、すべての部品を浸せるもの

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 趣味・DIY

他言語版:

English: Clean a Bong, Español: limpiar un bong, Français: nettoyer un bong, Português: Limpar um Bong, 中文: 清洗水烟筒, Русский: помыть бонг, Deutsch: Eine Bong sauber machen, Nederlands: Een bong schoonmaken, Bahasa Indonesia: Membersihkan Sebuah Bong, Čeština: Jak vyčistit bong

このページは 304 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?