PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、各ブラウザ(モバイルブラウザを含む)でポップアップを一括ブロックする方法を解説します。「Google Chrome」や「Firefox」、「Microsoft Edge」、「Internet Explorer」、「Safari」では、設定からポップアップをブロックすることが可能です。また、「iPhone」や「Android」でポップアップ広告を一括ブロックするときは、スマートフォンアプリをダウンロードしましょう。各ブラウザのポップアップブロック機能を有効にしてもポップアップをブロックしきれない場合は、広告ブロック拡張機能をブラウザにインストールすることもできます。ただし、ポップアップによっては安全だったりブロックできなかったりすることもあるので注意しましょう。

方法 1 の 11:
デスクトップ版「Google Chrome」を使用する

  1. 1
    「Google Chrome」
    Android7chrome.pngというタイトルの画像
    を開く 
    赤、黄、緑、青の4色からなる球体のようなアイコンのことです。
  2. 2
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をクリックする ドロップダウンメニューの下部にあります。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、詳細設定をクリックする ページの一番下にあります。 詳細設定をクリックすると、「設定」ページが展開して、さらにオプションが表示されます。
  5. 5
    画面を下にスクロールして、サイトの設定をクリックする 「プライバシーとセキュリティ」セクションの下部にあります。
  6. 6
    画面を下にスクロールして、ポップアップとリダイレクトをクリックする メニューの下部付近にあります。
  7. 7
    「許可」という青色のスイッチ
    Android7switchon.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    メニューの上部付近にあります。クリックすると、スイッチが灰色に変わります。これで、「Google Chrome」におけるポップアップ広告の一括ブロックは完了です。
    • このスイッチが灰色の場合は、すでにポップアップがブロックされています。
    • 各サイトのポップアップを個別にブロックするときは、「ブロック」セクションの下部にある追加をクリックしてから、ポップアップをブロックしたいサイトのURLを入力します。
    • 特定のサイトにおけるポップアップを許可するときは、許可をクリックしてから、ポップアップを表示させたいサイトのURLを入力します。
    広告

方法 2 の 11:
モバイル版「Google Chrome」を使用する

  1. 1
    「Google Chrome」
    Android7chrome.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「Google Chrome」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、赤、黄、緑、青の4色からなる球体のようなアイコンのことです。
  2. 2
    をタップする 画面の右上にあります。タップすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をタップする ドロップダウンメニューの下部付近にあります。
  4. 4
    コンテンツの設定をタップする 「設定」ページの中央付近にあります。
    • Androidの場合は、サイトの設定をタップしましょう。
  5. 5
    ポップアップのブロックをタップする 画面の上部付近にあります。
    • Androidの場合は、画面の下部にあるポップアップをタップしましょう。
  6. 6
    「ポップアップのブロック」という白色のスイッチをタップする 画面の上部付近にあります。タップすると、スイッチが青色に変わり、ポップアップがブロックされるようになります。
    広告

方法 3 の 11:
デスクトップ版「Firefox」を使用する

  1. 1
    「Firefox」を開く 青い地球のアイコンにオレンジ色のキツネが巻き付いているようなアイコンのことです。
  2. 2
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 3
    オプションをクリックする メニューの中央付近にあります。
    • Macの場合は、設定をクリックしましょう。
  4. 4
    プライバシーとセキュリティタブをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  5. 5
    「許可設定」セクションまでスクロールする ページの下部付近にあります。
  6. 6
    「ポップアップウィンドウをブロックする」のチェックボックスをクリックする 「許可設定」セクションの下部にあります。
    • このチェックボックスにチェックが入っている場合は、すでにポップアップウィンドウがブロックされています。
    • 上記の設定に例外サイトを追加するときは、チェックボックスの右側にある許可サイト...をクリックしてから、ウェブサイトのアドレスを入力して、許可をクリックしましょう。
    広告

方法 4 の 11:
iPhone版「Firefox」を使用する

  1. 1
    「Firefox」を開く 「Firefox」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、青い地球にオレンジ色のキツネが巻き付いているようなアイコンのことです。
  2. 2
    をタップする 画面の右下にあります。タップすると、メニューが表示されます。
  3. 3
    環境設定をタップする メニューの下部付近にあります。
  4. 4
    「ポップアップをブロック」という白色のスイッチ
    Iphoneswitchofficon.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    スイッチが青色に変われば、「Firefox」におけるポップアップ広告の一括ブロックは完了です。
    広告

方法 5 の 11:
Android版「Firefox」を使用する

  1. 1
    「Firefox」を開く 「Firefox」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、青い地球にオレンジ色のキツネが巻き付いているようなアイコンのことです。
  2. 2
    検索バーをタップする 画面の上部にあります。
  3. 3
    設定ページに移動する about:configと入力してから、検索または Returnキーをタップします。
    • 検索バーに文字が入力されている場合は、その文字を削除してから、about:configと入力しましょう。
  4. 4
    「検索」のテキストフィールドをタップする 画面上部の検索バーの下にあります。
  5. 5
    ポップアップブロッカーを検索する dom.disable_open_during_loadと入力して、 dom.disable_open_during_loadオプションが表示されるのを待ちます。
  6. 6
    ポップアップブロック機能を選択する 「dom.disable_open_during_load」セクションをタップして展開すると、ポップアップブロック機能の値が画面の左側に表示されます。この時、値は「true」になっているはずです。
    • 値が「false」の場合は、すでにポップアップがブロックされています。
  7. 7
    切り替えをタップする ポップアップブロック機能のセクションの右下にあります。クリックすると、ポップアップブロック機能の値が「true」から「false」に変わり、ポップアップブロック機能が有効になります。
    • ポップアップブロック機能を有効にしても、すべてのポップアップがブロックされるわけではありません。
    広告

方法 6 の 11:
「Microsoft Edge」を使用する

  1. 1
    「Microsoft Edge」を開く 「e」のような青色または白色のアイコンのことです。
  2. 2
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 3
    設定をクリックする メニューの下部付近にあります。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、詳細設定を表示をクリックする メニューの下部付近にあります。
  5. 5
    「ポップアップをブロックする」という白色のスイッチ
    Windows10switchoff.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    スイッチが青色に変わります。これで、「Microsoft Edge」におけるポップアップの一括ブロックは完了です。
    広告

方法 7 の 11:
「Internet Explorer」を使用する

  1. 1
    「Internet Explorer」を開く 水色の「e」に黄色い帯が巻かれているようなアイコンのことです。
  2. 2
    「設定」
    IE11settings.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    ウィンドウの右上にある歯車の形をしたアイコンのことです。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    インターネットオプションをクリックする ドロップダウンメニューの上部付近にあります。
  4. 4
    プライバシータブをクリックする 「インターネットオプション」ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    「ポップアップブロックを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れる 「インターネットオプション」ウィンドウの「ポップアップブロック」セクションにあります。
    • このチェックボックスにチェックが入っている場合は、すでにポップアップウィンドウがブロックされています。
  6. 6
    OKをクリックする 「Internet Explorer」で表示されるポップアップウィンドウが一括ブロックされるようになります。
    • 各サイトのポップアップを個別にブロックするときは、チェックボックスの右側にある設定をクリックしてから、ウェブサイトのアドレスを入力して、追加をクリックしましょう。
    広告

方法 8 の 11:
デスクトップ版「Safari」を使用する

  1. 1
    「Safari」を開く コンパスの形をした青色のアイコンのことです。
  2. 2
    Safariをクリックする メニューバーの左上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    環境設定...をクリックする ドロップダウンメニューの上部付近にあります。
  4. 4
    セキュリティタブをクリックする 「環境設定」ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    「ポップアップウィンドウを開かない」のチェックボックスにチェックを入れる 「Webコンテンツ」セクションにあります。チェックを入れると、「Safari」で表示されるポップアップブロックはほとんどブロックされるようになります。
    • 「Safari」では、各サイトのポップアップを個別にブロックすることができません。
    広告

方法 9 の 11:
モバイル版「Safari」を使用する

  1. 1
    「設定」
    Iphonesettingsappicon.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「設定」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、歯車の付いた灰色のアイコンのことです。
  2. 2
    画面を下にスクロールして、Safariをタップする 「設定」ページの中央付近にあります。
  3. 3
    「一般」セクションまでスクロールする 「Safari」ページの中央付近にあります。
  4. 4
    「ポップアップブロック」という白色のスイッチ
    Iphoneswitchofficon.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    「一般」セクションにあります。タップすると、スイッチが緑色に変わり、「Safari」ブラウザで表示されるポップアップがブロックされるようになります。
    • このスイッチが緑色の場合、すでにポップアップがブロックされています。
    広告

方法 10 の 11:
iPhone版「Adblock Plus」を使用する

  1. 1
    「Adblock Plus」をダウンロードする 「App Store」アプリを開いて、次の操作を行います。
    • 検索をタップします。
    • 検索バーをタップします。
    • adblockと入力して、検索をタップします。
    • 「Adblock Plus for Safari (ABP)」という見出しの右側にある入手をタップします。
    • プロンプトが表示されたら、Touch IDまたはApple IDのパスワードを入力します。
  2. 2
    「Adblock Plus」を開く 「App Store」で開くをタップするか、「Adblock Plus」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、アメリカの一時停止標識のような赤色のアイコンのことです。
  3. 3
    Get Started (Got it)をタップする 画面の下部付近にあります。
  4. 4
    導入を完了する 「Next」を3回タップしてから、画面の下部にあるAwesome!をタップします。
  5. 5
    Enable Adblockをタップする 画面の下部にある白色のボタンのことです。
  6. 6
    プロンプトが表示されたら、許可をタップする これで、「Adblock Plus」からiPhoneの仮想プライベートネットワーク(VPN)構成を作成できるようになります。
    • VPN構成は、広告やポップアップが表示されないようにするものです。
  7. 7
    Touch IDまたはApple IDのパスワードを入力する プロンプトが表示されたら、Touch IDで指紋認証を行うか、Apple IDのログインパスワードを入力します。
  8. 8
    VPN接続が完了するまで待つ 画面の左上(Wi-Fiインジケーターのすぐ右)に「VPN」というラベルの付いた小さなアイコンが表示されたら、次の手順に進みましょう。
  9. 9
    ブラウザのポップアップが表示されなくなる 「Adblock Plus」のVPNによって、通常のアプリ(モバイルブラウザを含む)ではほとんどの広告がスキップされるようになり、不要なポップアップも表示されなくなります。
    • VPNを無効にするときは、設定アプリを開いてから、画面の下部付近にある「VPN」という緑色のスイッチをタップしましょう。
    広告

方法 11 の 11:
Android版「Braveブラウザ」を使用する

  1. 1
    「Braveブラウザ」のアプリをダウンロードする このアプリはブラウザとして使用しなければなりませんが、ポップアップを含むほとんどの広告がブロックされるようにデフォルトで設定されています。Google Playストアアプリを開いたら、次の操作を行いましょう。
    • 検索バーをタップします。
    • braveと入力します。
    • Brave Browser: ファーストAdBlockerをタップします。
    • インストールをタップします。
    • プロンプトが表示されたら、同意するをタップします。
  2. 2
    「Braveブラウザ」を開く 「Google Playストア」で開くをタップするか、「Braveブラウザ」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、ライオンのようなオレンジ色と白色の2色からなるアイコンことです。
  3. 3
    ブラウザのポップアップが表示されなくなる 「Braveブラウザ」は他のブラウザと同じように使用することが可能で、デフォルトでは、ポップアップを含むそれ以降の広告がブロックされるようになります。
    広告

ポイント

  • サイトによっては、ポップアップブロック機能を有効にしたとき(リンクされている画像を開こうとしたときなど)に、ポップアップページを開いてよいか許可を求められることがあります。
広告

注意事項

  • ポップアップを無効にすると、特定のリンクを開いたり、一部のサイトから通知を受け取ったりすることができなくなってしまいます。
広告

関連記事

Googleに問い合わせをするGoogleに問い合わせをする
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
ページリダイレクトをブロックするページリダイレクトをブロックする
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
画像のURLを取得する画像のURLを取得する
YouTube動画の年齢制限を回避するYouTube動画の年齢制限を回避する
リンクをコピーアンドペーストするリンクをコピーアンドペーストする
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する
Google Chromeの背景を変更するGoogle Chromeの背景を変更する
GoogleドキュメントをダウンロードするGoogleドキュメントをダウンロードする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: インターネット
このページは 555 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告