ポリエステルは、縮みにくく耐久性のある素材です。乾燥機を使う場合はうれしい特質ですが、大きすぎるポリエステル製のシャツを買ってしまったときは困りものです。しかし、手間隙さえ掛ければ、ポリエステル製の服を縮めることは可能です。少しだけ縮めたい場合は洗濯機と乾燥機を使い、大幅に縮めたい場合はアイロンを使いましょう。

方法 1 の 2:
洗濯と乾燥

  1. 1
    服を裏返しにする ポリエステル製の服を縮めるためには、高温で洗うことが大切です。しかし、高温で洗うと色落ちします。そのため、洗濯前に服を裏返しにして色落ちを防ぎましょう。[1]
    • 一度に多くの服を洗うのは避けましょう。裏返しにすることで色落ちは抑えられますが、色移りすることがあります。
  2. 2
    高温のお湯で洗う 洗濯機の温度を最高温に、運転時間は最長に設定します。高温のお湯は冷水よりもポリエステル製の服を縮める効果が高いので、必ず洗濯もすすぎも高温で行いましょう。[2]
    • 洗濯用洗剤を入れる必要はありませんが、入れても服を縮める過程で影響はありません。服を縮めると同時に洗浄したい場合のみ、洗濯用洗剤を使いましょう。[3]
  3. 3
    すぐに乾燥機に移す 乾燥機の温度を最高温に、運転時間は最長に設定しましょう。高熱はポリエステル製の服を縮めるのに非常に効果的です。
  4. 4
    縮みを確認する 服を乾燥機から出して、熱を取りましょう。より縮めたい場合は、洗濯と乾燥を繰り返しましょう。[4]
    • 洗濯・乾燥を繰り返すほど、色落ちするので注意しましょう。
    • この方法は数回に止めましょう。大幅に縮まない場合は、アイロンを使いましょう。
    広告

方法 2 の 2:
アイロンを使う

  1. 1
    高温のお湯で洗う 洗濯機の温度を最高温に、運転時間は最長に設定します。洗濯・すすぎ共に高温に設定します。[5]
  2. 2
    アイロンをかける 洗い終わったらすぐに洗濯機から取り出し、アイロン台に移動します。色落ちを防ぐために、必ず服は裏返しのままにしましょう。[6]
  3. 3
    当て布を乗せる 必ず服全体に当て布をしましょう。アイロンの熱による服の傷みを防止できます。
  4. 4
    低温から中温でアイロンをかける 低温でアイロンをかけると、ポリエステルが硬くなりません。服が完全に乾くまで、アイロンをかけ続けます。
    • スチーム機能を使うのは避けましょう。ポリエステルを縮めるには、服を乾燥させる必要があります。通常の設定でアイロンをかけましょう。
  5. 5
    縮みを確かめる アイロンを何度もかけてはいけません。ポリエステル製の服は、アイロンを繰り返しかけると生地が傷み、色落ちします。[7] 洗濯・乾燥とアイロンを2回以上繰り返したのであれば、それ以上は縮まないはずです。
    広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

タトゥーシールをはがす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

お酒の臭いを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

えくぼを自然に作る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

衣類のカビ臭さをなくす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は44,299回アクセスされました。
このページは 44,299 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告