ポークチョップは素早く簡単に作れるうえに美味しいので、忙しい週日のディナーや特別なイベントでの食事にも最適です。また、豚肉は様々な料理に使えるので、忙しいスケジュールや食事制限にも対応できます。ポークチョップをオーブンで焼く方法は最も簡単な調理法の1つで、肉が柔らかくジューシーに焼きあがります。フライパンで焼くとより風味豊かにできあがるうえ、調理時間も短く調理後の掃除も簡単です。肉焼き器やグリルで調理すると脂肪が落ち、肉汁を閉じ込めるのでジューシーでボリュームある主菜になります。

材料

オーブンで焼くポークチョップ

  • 骨付きまたは骨なし厚切り豚ロース肉(厚さ2.5cm)
  • オリーブオイル又はキャノーラオイル 大さじ1杯
  • 塩、コショウ、好みの調味料 適宜

グリルポークチョップ

  • 骨付きまたは骨なし厚切り豚ロース肉(厚さ2.5cm)
  • 水 1~2リットル
  • 糖蜜又は黒砂糖
  • 塩、コショウ、ニンニク、クローブ、レモンの皮、好みのホールスパイス

フライパンで焼くポークチョップ

  • 骨付きまたは骨なし厚切り豚ロース肉(厚さ2.5cm)
  • 全卵(大きめのもの)3個
  • 小麦粉 240g
  • オリーブオイル又はキャノーラオイル 大さじ2杯
  • パン粉(好みに応じて)
  • バター(好みに応じて)
  • 塩、コショウ、好みの調味料

方法 1 の 3:
オーブンで焼くポークチョップ

  1. 1
    オーブンを200~250℃で予熱します。中まで火が通るように、骨なしロース肉は200℃、より厚みのある骨付きロース肉は250℃に設定します。[1]
    • オーブンにコンベクション機能(庫内のファンで対流を起こし、熱を循環させる機能)があれば、普通に焼くよりそちらを使います。コンベクション機能は、熱を循環させるのでポークチョップを均等に加熱でき、早く焼きあがります。
    • 冷凍保存した肉を使う場合は、調理を始める前に完全に解凍しておきましょう。
  2. 2
    肉に下味をつけます。オーブンを予熱している間にレシピに合うハーブ、スパイス、調味料で下味をつけましょう。豚肉を大きめの皿に乗せ、みじん切りのニンニク、粉チーズ、オレガノ、赤唐辛子フレークなどを振りかけます。シンプルに、粗塩と粗びき黒コショウで下味をつける方法もあります。[2]
    • 振りかけた調味料がしっかりつくように、油大さじ1杯を刷毛や手で肉に塗りましょう。
  3. 3
    天板に肉を乗せます。肉同士の間を少し開け、天板全体に広げて乗せましょう。調理中肉の間を空気が循環するスペースが必要です。[3]
    • 肉が密集していると、加熱に時間がかかります。
    • 下味を付けた時肉に油を塗っていない場合は、肉がこびりつかないように、この時点でオリーブオイル又はキャノーラオイルを天板に少量塗りましょう。
  4. 4
    片面を10~15分間焼きます。天板をオーブン中段に入れ、調理時間をタイマーで設定します。こうすると何分加熱したか忘れる心配がありません。10分ほど経つと、肉の周囲に薄く焼き色が付き始めるでしょう。[4]
    • ポークチョップを焼く際の大まかな目安は、厚さ1㎝につき調理時間7分です。
    • 特に厚みのある骨付き肉の場合は、片面2~5分間ずつ長く焼きましょう。
  5. 5
    肉を裏返して、さらに10~15分間焼きます。注意しながらオーブン中段から天板を途中まで引き出し、フォークやトングで肉を裏返します。天板をオーブンに戻し、きつね色に焼き色が付き、肉汁で肉がきらきらするまで焼きましょう。[5]
    • 片面を焼いた時にある程度火が通っているので、裏返した後はそれほど長く焼く必要はありません。
    • 安全のため、熱いオーブンから取り出す際は断熱効果のあるオーブンミトンを必ず使いましょう。
  6. 6
    肉内部の温度が63℃になるまで焼きます。肉の焼け具合を確認するには、肉用温度計が最適です。温度計の先端を肉の厚い部分(通常は中心部分)に刺して30秒待ち、正確な温度を確認します。豚肉を安全に食べるためには、内部温度が少なくとも63℃になるまで加熱する必要があります。[6]
    • 豚肉を調理する際は注意が必要です。外側が焼けていても、中まで十分火が通っていないことがあります。
  7. 7
    オーブンから取り出したポークチョップを温かいうちにいただきます。シナモンアップル、マッシュポテト、ピラフなどポークチョップの伝統的な付け合わせを添えていただきましょう。グリルしたアスパラガスやブロッコリーを蒸して添えると、カロリーを抑えられます。[7]
    • 新鮮なパセリ数本やローズマリー1本を添えるとカロリーを増すことなく、深みある味わいを楽しめます。
    • 残ったポークチョップは冷蔵庫で3~4日間保存できます。オーブン中火で加熱してからいただきましょう。[8]
    広告

方法 2 の 3:
グリルポークチョップ

  1. 1
    豚肉を浸けて、水分を閉じ込めます。大きめの容器に温水1~2リットルを入れ、好みに応じた量の糖蜜又は黒砂糖を加えます。塩、コショウの実、クローブの実、ニンニク、八角、レモンの皮、辛みのあるスパイスなどを加えよく混ぜます。豚肉を入れ、冷蔵庫で1~12時間浸け込みます。[9]
    • 肉を1晩浸けておくと風味を最大限引き出せます。
    • 直火で強く加熱すると豚肉はパサつきがちです。肉を浸け込むと肉汁を閉じ込めることができるので、焼きあがりで失敗するリスクが減るでしょう。[10]
  2. 2
    グリルに火をつけます。グリル片面のバーナーや炭に火をつけます。グリル上に温度の異なる場所を作ると、焼き加減を調整しやすくなります。[11]
    • 豚肉を乗せる前にグリルの鉄板をグリルブラシなどでこすって、こびりついた焦げやねばねばした汚れを落とします。
    • 炭火焼きグリルを使う際、液体燃料を使うと火をつけるのが簡単です。ただし、使いすぎると肉の風味に影響するので気を付けましょう。
  3. 3
    蓋をせずに5~7分間焼きます。グリルの温度が高い場所に、肉同士を3~5㎝離して乗せます。肉の裏面が直火でカリカリになるように焼きましょう。ミートフォークで肉の端を持ち上げて焼け具合を時々確認します。濃い茶色の焼き色とグリルの焼き目が付くように焼きましょう。[12]
    • グリルで焼く際は蓋をしないのがポイントです。蓋をすると肉の周囲の温度が上がり、焼きあがりが硬くなってしまいます。[13]
  4. 4
    肉を裏返し、さらに3~5分焼きます。ミートフォークやトングで肉を裏返し、グリルの温度が高い場所で焼きます。数分で両面が同じ焼き色と硬さになるでしょう。[14]
    • 裏返した後は、通常2~3分間又はそれより短い時間で焼けます。
    • 裏返すと早く焼き色がつくので、焦げないように気を付けて見ておきましょう。
  5. 5
    グリルの温度が低い場所に肉を移動します。肉の表面においしそうな焼き色がついたら、バーナーの火や炭火が直接当たらない場所に移動します。ここからは、直火が当たらない場所の温度で十分中まで火を通すことができ、また、焦げる心配もありません。[15]
    • グリルの温度が高い場所の近くに乗せた肉が他の肉より早く焼きあがるようなら、一番遠くに乗せた肉と場所を替えて、肉の温度が均等になるように調節します。
  6. 6
    グリルで加熱を続けて焼きあげます。この時点でグリルの蓋をして肉周囲の温度を上げましょう。これ以降焼きあがるまでは肉を刺したり、押したり、位置を替えたりするのは控えます。肉汁が透き通りグリルの焼き目が付いたら、火からおろし大きめの皿に盛って粗熱を取ります。[16]
    • 焼きあがったポークチョップを切ると、身は白く中央が少しピンク色になっているはずです。[17]
    • 肉に完全に火が通っているか心配なら、肉用温度計で内部温度が63℃かそれ以上になっているか確認しましょう。
  7. 7
    グリルからおろしたポークチョップを温かいうちにいただきます。グリルポークチョップはステーキのように食べられます。好みのバーベキューソースや塩・コショウで味付けしていただきましょう。ソテーしたアスパラガス、ミックスグリーンサラダ、マッシュルームの赤ワイン煮、サワークリームやベーコンを乗せたベイクドポテトなどを添えるとボリュームたっぷりの食事になるでしょう。[18]
    • チミチュリ(アルゼンチン発祥のソース)やホースラディッシュクリームは、グリルポークチョップの調味料として人気があります。[19]
    • 残ったポークチョップはオーブンやフライパンで数分加熱していただきます。3~4日中に食べきりましょう。
    広告

方法 3 の 3:
フライパンで焼くポークチョップ

  1. 1
    豚肉が平らになるように叩きます。キッチンカウンターや丈夫なまな板の上に豚肉を並べ、肉たたきで肉を叩きます。肉を裏返して裏側も叩きましょう。端の脂身の部分を含めて肉全体を均等に叩きます。叩き終わると、厚みが1㎝くらいになるでしょう。
    • しっかり叩くと肉が柔らかくなり表面積が大きくなるので、フライパンで調理しても焦げることなく早く火が通ります。
    • 豚肉を食品用ラップフィルムやワックスペーパーで覆い、めん棒で伸ばして平らにする方法もあります。[20]
  2. 2
    好みに応じて衣をつけます。サクッとしたポークチョップが好みなら、フライパンで焼く前に衣をつけましょう。ボウルを2個用意し、1つには溶き卵を、もう1つには風味のついた小麦粉ミックスを用意します。豚肉全体に薄く小麦粉ミックスをつけ、溶き卵に浸します。再度小麦粉ミックスをつけて厚い衣をつけます。[21]
    • 衣をつけた豚肉に塩、黒コショウ、カイエンヌペッパー、パプリカ、好みのスパイスミックスなどで味付けします。[22]
    • 小麦粉ミックスと溶き卵をつけた後、再度小麦粉ミックスをつける代わりにパン粉をつけると、よりサクサクに歯ごたえよく焼きあがります。
  3. 3
    大きめのフライパンに大さじ2杯の油を熱します。フライパンに油を入れてから、火をつけ中火で加熱します。肉がこびりつかないように、油が熱くなったらフライパンを傾けて端にも油を広げます。[23]
    • フライパンに0.5~1.3cmの油があると適切に加熱できます。
    • 油にバター1かけを加えると風味と塩気が増します。[24]
  4. 4
    肉を入れ3~4分間焼きます。この時点で油がパチパチするくらい熱くなっているので、肉を入れる際、油があまりはねないように気を付けましょう。肉の裏側に茶色い焼き色が付き始めるまで焼きます。この間はあまり肉を動かさないようにします。[25]
    • 大勢の食事を用意する場合は、一度に数枚ずつ肉を焼きましょう。
    専門家情報
    Vanna Tran

    Vanna Tran

    料理家
    家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。
    Vanna Tran
    Vanna Tran
    料理家

    熟練の料理家ヴァナ・トラン氏からのアドバイス:「肉を同時に複数枚焼く場合は、一度に焼く枚数が多すぎると、きつね色にサクッと焼き上げるのが難しくなります」

  5. 5
    肉を裏返し、さらに2~3分間焼きます。長めのトングかミートフォークを使って肉を裏返します。表面がきつね色になり、サクッとするまでさらに焼きましょう。衣をつけたポークチョップはおいしそうな黄金色に焼きあがります。[26]
    • 衣をつけた肉の焼け具合がわからなければ、肉用温度計で肉中心部分の温度が63~70 °Cになっているか確認しましょう。[27]
    • 焦げないように注意深く見ておきましょう。裏返してからは、それほど時間がかからずに焼きあがります。
  6. 6
    ポークチョップに主食を添えていただきます。黄金色にサクッと焼きあがったポークチョップに、バターの風味たっぷりのマッシュポテトやいんげんとベーコンのソテーを添えていただきます。ポークチョップの油っぽさを相殺する軽めの付け合わせを添えるなら、蒸した季節の野菜、サラダ、切って塩を振った完熟トマトなどが適しています。[28]
    • マカロニチーズ、コーンブレッドマフィン、カラードグリーンなどアメリカ南部風の付け合わせも焼いたポークチョップによく合います。[29]
    • 衣をつけたポークチョップは、再加熱するとべちゃっとしてしまいます。このような料理は作りたての温かいうちに食べきってしまいましょう。
    広告

ポイント

  • 寒すぎて屋外で調理できない場合は、肉焼き器を使うとグリルと同じ味や硬さに焼きあがります。
  • 豚肉は他の肉に比べて肉の密度が高く乾燥しているので、どのように調理するにしても、適切な手順で本来の肉汁を閉じ込めたり、水分を補填したりする必要があります。

広告

注意事項

  • サルモネラ中毒や旋毛虫症の危険があるので、内部の温度が63°C に満たない豚肉を食べるのは安全ではありません。
広告

必要なもの

  • オーブン
  • ノンスティック加工の大きめのフライパン
  • ガスまたは炭火焼き用グリル
  • ベーキングトレー
  • ミートフォーク
  • 金属製のトング
  • 肉用温度計
  • 肉叩き又はめん棒
  • グリルブラシ
  • ボウル
  • 大きめの皿

References

  1. https://www.rachaelrayshow.com/recipes/25195_how_long_do_i_bake_pork_chops/
  2. https://thestayathomechef.com/easy-baked-pork-chops/
  3. http://www.foodnetwork.com/recipes/food-network-kitchen/baked-pork-chop-3631185
  4. https://thestayathomechef.com/easy-baked-pork-chops/
  5. https://www.rachaelrayshow.com/recipes/25195_how_long_do_i_bake_pork_chops/
  6. https://www.foodsafety.gov/keep/charts/mintemp.html
  7. http://www.recipetineats.com/oven-baked-pork-chops-with-potatoes/
  8. https://www.foodsafety.gov/blog/meatinrefrig.html
  9. http://dish.allrecipes.com/how-to-cook-pork-chops/
  10. https://blog.williams-sonoma.com/how-to-grill-pork-chops/
  11. http://www.seriouseats.com/2012/06/how-to-grill-pork-chops.html
  12. http://www.geniuskitchen.com/recipe/easy-grilled-broiled-pork-chops-224852
  13. http://www.geniuskitchen.com/recipe/best-grilled-pork-chops-27210
  14. http://www.geniuskitchen.com/recipe/best-grilled-pork-chops-27210
  15. http://www.seriouseats.com/2012/06/how-to-grill-pork-chops.html
  16. http://www.seriouseats.com/2012/06/how-to-grill-pork-chops.html
  17. http://foodchannel.com/2011/pork-little-bit-pink-perfectly-fine
  18. https://www.thekitchn.com/15-sides-to-serve-with-perfectly-cooked-pork-chops-236797
  19. http://www.foodnetwork.com/recipes/food-network-kitchen/pork-chops-with-smashed-potatoes-and-chimichurri-sauce-recipe-1973718
  20. http://www.bhg.com/recipes/how-to/cooking-basics/how-to-fry-pork-chops/
  21. http://www.seriouseats.com/2016/10/how-to-make-fried-breaded-pork-chops.html
  22. http://www.geniuskitchen.com/recipe/old-fashioned-pan-fried-pork-chops-422866
  23. http://www.bhg.com/recipes/how-to/cooking-basics/how-to-fry-pork-chops/
  24. http://www.foodnetwork.com/recipes/ree-drummond/pan-fried-pork-chops-recipe-1989074
  25. http://www.geniuskitchen.com/recipe/old-fashioned-pan-fried-pork-chops-422866
  26. http://www.foodnetwork.com/recipes/ree-drummond/pan-fried-pork-chops-recipe-1989074
  27. http://www.bhg.com/recipes/how-to/cooking-basics/how-to-fry-pork-chops/
  28. https://spicysouthernkitchen.com/southern-fried-pork-chops/
  29. https://www.southernliving.com/food/classic-southern-comfort-food-side-dish-recipes


関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

オートミールを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

シチューにとろみをつける

How to

フロスティングを作る

How to

圧力鍋を使う

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

自家製ワインを造る
広告

このwikiHow記事について

VT
共著者 ::
Vanna Tran
料理家
wikiHowコミュニティーの信頼できる共著者の一人、Vanna Tranがこの記事を共著しています。家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。 この記事は16,249回アクセスされました。
このページは 16,249 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告