マグロステーキを作る方法

この記事には:マリネの下準備グリルするフライパン調理あぶり焼き(ブロイル)オーブンで焼く出典

マグロステーキとは厚くカットした魚の切り身をオーブンなどで焼いておいしく調理した料理です。一般的には調理前に魚をマリネしますが、魚に油を塗って焼くだけの調理も可能です。これからご紹介する方法を活用して、グリル器やフライパンで焼いたり、あぶり焼きや通常のオーブン焼きなど、様々な調理法でマグロステーキをお楽しみください。

材料

4人前

  • マグロの切り身(各115g程度) 4枚
  • オリーブオイル 大さじ2 (30 ml)
  • 醤油 大さじ2(30 ml)
  • 黒糖 大さじ1(15 ml)
  • ガーリックパウダー 小さじ1/4 (1.25 ml)

1
マリネの下準備

  1. 1
    マリネの材料をすべて混ぜます。オリーブオイル、醤油、黒糖、ガーリックパウダーを小さいボールの中で混ぜます。密閉可能な大サイズのビニール袋にマリネソースを移しましょう。
    • マリネはしなくてもかまいません。マリネの手順を飛ばし、調理前のマグロの切り身にはけで直接オリーブオイル、レモン果汁、新鮮なハーブを塗るだけでもよいでしょう。ただしマリネ液につけるとマグロの奥まで味がしみ込んで、味わいのある一品に仕上がります。
    • 色々なマリネ方法を試しましょう。市販のマリネ液や自家製マリネなど、「酸」と「油」を混ぜた物ならどれも効果があります。マグロステーキにはアジア風の味付けがよく使われます。
  2. 2
    魚を洗い、水分を拭き取ります。マグロを冷たい流水で洗い流し、ペーパータオルで拭きます。
    • 魚の表面に残っているべたべたした汚いかすを取り除きましょう。
  3. 3
    マグロを最短でも15分間マリネ液に漬けます。マリネ液の入ったビニール袋にマグロを入れて密封します。袋を振ってマグロ全体に液が行き渡るようにしましょう。
    • 密封袋の中の空気はできるだけ抜き、マグロがマリネ液によく漬かるようにしましょう。
    • ネリネ液につけたマグロは冷蔵庫で保存しましょう。
    • 15分から4時間でマリネが完了します。この時間内ならお好きな時間に取り出していただけます。[1]

2
グリルする

  1. 1
    グリルの準備をします。ノンスティックスプレーでグリルラックをスプレーしましょう。
    • オリーブオイルや植物油で軽くラックに油を塗る方法もあります。どちらにしてもマグロがラック(焼き網)に貼り付かないように何らかの油で事前にコーティングする必要があります。
  2. 2
    グリルを予熱します。中火に設定しましょう。
    • 炭焼きグリルをご使用の方はグリルの底の炭の層を均等にしましょう。たくさん炭を積み上げる必要はありませんが、炭を1層以上並べてください。炭に着火したら火が落ち着くまでしばらく待ちましょう。
    • グリル器を中温から高温に設定して予熱します。数分たったら中温に下げましょう。
  3. 3
    マグロを焼きます。厚さ1.25cm毎に4−6分焼くのを目安にしてください。途中で裏返して均一に焼きましょう。
    • 炭火焼グリル器は蓋をしないでください。ガス式バーベキューグリルは蓋をしましょう。
    • マグロにフォークを刺してフレーク状になっていたら出来上がりです。中心は通常はピンク色のままです。中心までしっかり焼きたい方は少し長く焼きます。
    • 焼き時間の半分でマグロを裏返す時に残りのマリネ液をマグロにかけます。[2] この後はマグロにマリネ液をかけないようにしましょう。十分に火を通す時間がないのでマリネ液内の細菌が死滅しない恐れがあります。
  4. 4
    お好みの温度でお召し上がりください。マグロステーキは熱いまま、温かい状態もしくは室温でお召し上がりいただけます。

3
フライパン調理

  1. 1
    フライパン(大)に油を敷いて火にかけます。大さじ2(30ml)のオリーブオイルをフライパンに入れ、中〜高温で数分加熱します。
    • 油が十分に熱していることを確認しましょう。水を数滴落としてすぐに蒸発するようなら準備完了です。「火が燃え上がる危険性があるので気をつけてください」
    • 植物油など他の油も使用可能です。
  2. 2
    マグロの切身を焼きます。熱した油の上にマグロを置き、6−9分焼きます。
    • 油の上にマグロを置くとすぐにジュージューと音を立てます。もしジュージューといわないときはマグロを一旦フライパンから出し、油だけを火にかけてください。油を十分に熱してからマグロを入れて焼くと、マグロのうまみが内部に閉じ込められます。
    • 3−5分経過したらマグロを裏返します。両側を均等に焼きます。
    • プライパンの蓋はしないでください。
    • フォークで刺したときにほろほろとしたフレーク状になったら出来上がりですが、中心はピンク色のままです。中までしっかり焼きたい方は焼き時間を増やして、お好みの焼き加減に仕上げましょう。
  3. 3
    お好みの温度でお召し上がりください。調理後すぐにお召し上がりいただくか、室温まで冷ますかはお好み次第です。

4
あぶり焼き(ブロイル)

  1. 1
    ブロイラー(あぶり焼き器)を予熱します。ラック(焼き網)にノンスティックスプレーをかけて準備します。
    • 5−10分予熱しましょう。
    • ブロイラーに「高温」「低温」設定がある場合は「高温」に設定して予熱します。
    • ラックにスプレーをかけるかけないかはご自由ですが、マグロがラックに付いてしまうのを防ぐ役目があるので、そうするべきでしょう。。
  2. 2
    マグロをブロイラーパンに載せます。一列に均等に並べます。
  3. 3
    片面を3分ずつあぶり焼きにします。[3] 3分経ったらマグロを裏返してブロイラーに戻し、さらに3分もしくは仕上がるまで待ちます。
    • ブロイラーパンはオーブンの一番上に設置します。上から約10cmの辺りがよいでしょう。
    • フォークで刺してフレーク状になればマグロステーキは完成ですが、中心はピンク色をしています。半生状態のマグロが嫌だという方は1−2分焼き時間を増やしましょう。
  4. 4
    焼き終えたらいただきます。すぐに食べずに数分冷ますか、さらに長く冷まして室温まで下げてからテーブルに並べてもかまいません。

5
オーブンで焼く

  1. 1
    オーブンを230℃で予熱します。ベーキングシートにオイルをスプレーします。
    • ベーキングシートにアルミホイルかオーブンシートを敷くことでも代用できます。
  2. 2
    用意しておいたベーキングシートにマグロを移します。マグロは均等に均等に並べましょう。
  3. 3
    いい焼き色がつくまで調理します。1、25cmの厚さごとに4−6分焼くというのを目安にして焼き時間を決めます。
    • 魚はフォークで刺した時にフレーク状になると調理完了と考えられていますが、中心はピンク色のままです。中心までしっかりと火を通したい方は焼き時間を数分追加しましょう。
    • オーブンで焼くときはマグロを裏返す必要はありません。
  4. 4
    温かいうちに、もしくは室温に冷ましてからテーブルに出しましょう。焼き上がってすぐか室温に下げてからお召し上がりください。

必要なもの

  • ボール(小)
  • 泡立て器
  • 密封可能なビニール袋
  • ペーパータオル
  • グリル器
  • フライパン
  • オーブン
  • 冷蔵庫
  • ベーキングシート
  • グリル皿
  • ノンスティッククッキングスプレー、アルミホイル、オーブンシート
  • 耐熱性のフライ返し(平らなもの)
  • フォーク

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Cook Tuna Steak, Italiano: Cucinare un Trancio di Tonno, Español: cocinar filetes de atún, Français: faire cuire un steak de thon, Português: Cozinhar Filés de Atum, Deutsch: Thunfischsteak zubereiten, Русский: приготовить стейк из тунца, Nederlands: Tonijnsteak bereiden, 中文: 做金枪鱼排, Bahasa Indonesia: Memasak Steak Tuna, Čeština: Jak připravit steak z tuňáka, ไทย: ปรุงทูน่าสเต๊ก, العربية: طهي ستيك التونة, Tiếng Việt: Chế biến bít tết cá ngừ, 한국어: 참치 스테이크 만드는 방법

このページは 5,238 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?