PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

マニキュアが完全に乾くには20~60分かかります。速乾性のマニキュアを薄く塗って、速乾スプレーを使うと早く乾かすことができます。他にも、ヘアドライヤー、スプレー式食用油、氷水などを使って早く乾かす方法があります。これらの方法で早くマニキュアを乾かすと、きれいに塗ったマニキュアがよれる心配なく、1日を楽しく過ごせるでしょう。

方法 1 の 2:
早く乾かす方法を使う

  1. 1
    マニキュア薄く塗り乾かして、さらに塗り重ねます。ハケからマニキュアを少ししごき落として爪に薄く塗り、これを2~3回繰り返します。塗るたびに1~3分乾かしてから塗り重ねましょう。1度に厚く塗り、さらに塗り重ねるとマニキュアが完全に乾きません。[1]
    • この方法では、塗る時間は長くかかりますが、乾かす時間をかなり短縮できます。
    • 爪に順番に塗っていき、2層目も同じ順番で塗ります。それぞれの爪を丁寧に塗ると、全ての爪を塗り終わるころには最初に塗った爪のマニキュアが乾き、2層目を塗れるでしょう。
  2. 2
    ヘアドライヤーで2~3分間風をあてて乾かす簡単な方法もあります。ヘアドライヤーを冷風設定にして爪に2~3分冷風をあてます。冷風でマニキュアが早く乾きます。[2]
    • 両手の爪に冷風をあてて、それぞれの爪に塗ったマニキュアを完全に乾かしましょう。
    • ヘアドライヤーのスイッチを入れる前に、温度設定が低温になっていることを確認しましょう。乾かす際は30㎝位離れた位置でドライヤーを使うと、塗ったマニキュアが傷つく心配がありません。
    • 高温のヘアドライヤーを爪に近づけて使うと、マニキュアが泡立ったりよれたりすることがあります。
  3. 3
    指先を氷水に1~2分間浸けます。小さめのボウルに冷水を半分ほど入れ、氷を2~5個加えます。マニキュアを塗ってから1分間自然乾燥して、指先を氷水に入れ1~2分間浸けましょう。基本的にマニキュアは温度が下がると乾くので、氷水につけると早く乾きます。[3]
    • 塗ってからすぐに氷水につけると、せっかく塗ったマニキュアが台無しになってしまうので気を付けましょう。マニキュアが乾き始めてから氷水に浸けます。
    • この方法はマニキュアを早く乾かすのに効果がありますが、手がとても冷えてしまいます。
  4. 4
    マニキュアにエアダスターを3~5秒間吹きつけます。エアダスターから冷たい圧縮された空気が勢いよく吹き出します。手から30~60㎝離して使えば、冷たすぎる心配はありません。爪に3~5秒スプレーすると、マニキュアがほとんど乾いた状態になるでしょう。吹き出す空気が冷たいので、マニキュアを乾かすのに効果的です。エアダスターの先端を爪に向けて使いましょう。[4]
    • マニキュアが乾き始めてからエアダスターを使います。塗ったばかりのマニキュアにエアダスターを使うと、せっかく塗ったマニキュアが台無しになる恐れがあります。また、うっかりマニキュアの表面を傷つけてしまう心配もあります。
    • エアダスターはホームセンターなどで取り扱っています。
  5. 5
    スプレー式食用油を吹きつけて早く乾かす方法があります。爪から13~30㎝離れた場所から、それぞれの爪にまんべんなく軽く吹きつけます。変な方法だと感じるかもしれませんが、スプレー式食用油はマニキュアを早く乾かすのに役立ちます。ただし、バター風味のスプレーを使うのは避けましょう。[5]
    • マニキュアを傷つける恐れがあるので、塗ってから1~2分待って油をスプレーしましょう。
    • 油にはキューティクルを保湿する作用もあります。
    広告

方法 2 の 2:
速乾性ネイル用品を使う

  1. 1
    速乾性のマニキュアを使います。数多くのメーカーから速乾性を謳ったマニキュアが販売されています。これらを使うと乾かす時間が短縮できます。[6]
    • 例えば、「速乾性」「乾きが早い」「スピードドライ」などと宣伝されているマニキュアを探しましょう。
  2. 2
    光沢ある速乾性のトップーコートを塗り重ねると、マニキュアを乾かすのに役立ちます。最後に塗り重ねたマニキュアが乾いてから、トップコートを薄く塗りましょう。速乾性と宣伝されているトップコートを使い、キューティクルから爪先に向かって塗ります。[7]
    • トップコートにはマニキュアが剥げるのを防ぐ働きもあります。
  3. 3
    ネイル用速乾スプレーやオイルを使って乾かす時間を短縮します。トップコートを塗った後1~3分待ってから、各爪にオイルタイプの速乾剤を1滴ずつたらしたり、速乾スプレーを爪に吹き付けたりして乾かします。さらに1~3分待ってから冷水で手を洗いましょう。これらの製品で乾かす時間が短縮できます。[8]
    • 多くのドラッグストアや美容品店で、スプレータイプの速乾剤や速乾オイルなどマニキュアを乾かすのに役立つ製品を取り扱っています。
    広告

ポイント

  • 新しいマニキュアは古いものより早く乾きます。
  • マニキュアが乾いたか確認するには、爪の隅を指先で軽く触れてみましょう。跡がつくようなら、まだ乾いていません。
  • マニキュアを塗る前に、乾くまでどれくらい時間がかかるのか確認し、どのように乾かすのかを考えて準備しておきましょう。塗ってから準備するのでは、マニキュアに傷がついてしまいます。
  • マニキュアを塗って1分間乾かしてから、上記の方法で乾かしましょう。1分間乾かすことでマニキュアが爪に定着します。
広告

関連記事

軽石を活用する軽石を活用する
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ワンピースのウエストを詰める
生理を早める生理を早める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
ジーンズについた血液のシミを落とす
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Kristin Pulaski
共著者 ::
サロン経営者、ネイル専門家
この記事の共著者 : Kristin Pulaski. クリスティン・プラスキーはブルックリン市のウイリアムバーグにて「Paintbucket」を経営するネイルアーティストです。ネイルテクニシャンの認定資格を保有し、3年以上にわたり同サロンを運営。マニキュアネイルアート、ペディキュア、ソフトジェルエクステンション、そしてウエディングや披露宴を対象としたセットサービスを提供しています。マンハッタンカレッジにて経営科学の学士号を取得。 この記事は48,613回アクセスされました。
このページは 48,613 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告