PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ミュースリ(ミューズリー)は、ドイツ語で未調理のロールドオーツ(燕麦の押し麦)にドライフルーツ、ナッツ、種子、そしてシリアルパフやシリアルフレークを混ぜ合わせたグラノラミックスを指します。ボリュームがあってヘルシーな朝食となり、ミルクやヨーグルトによく合います。ミュースリのさまざまな食べ方を学んで日常の食事に取り入れましょう。また、自家製ミュースリも作って楽しみましょう。[1]

方法 1
方法 1 の 2:
基本的な食べ方

  1. 1
    ミュースリをシリアルのように楽しむ ミュースリは世界中でシリアルの一種として親しまれています。最も基本的で一般的な食べ方は、半カップほどの牛乳を同量のミュースリにかける方法です。
    • 牛乳の代わりに、好みのプレーンヨーグルト(甘味を加える場合は味付き)を試して、腸内環境を整えるとともに、違った風味と食感を楽しみましょう。
    • 加熱した牛乳をミュースリに注いで数分おくと、オートミールのように柔らかくなります。または、耐熱容器に冷たい牛乳とミュースリを入れて、電子レンジで加熱する手もあります。
    • シリアルと同様に、そのままでスナックとして食べることもできます。グラノラのようにスナックとして楽しみましょう。
  2. 2
    生または冷凍の果物のスライスを加える ミュースリを華やかにするには、好みの生の果物約1/4カップを細かく切って加えましょう。または、冷凍の果物を加えると、冷たいおやつになります。ミュースリとの相性が良い果物は次のとおりです。
    • スライスしたバナナ
    • ブルーベリー、ブラックベリー、またはラズベリー
    • キウイフルーツ
    • イチゴ 種の歯ごたえが酸味のきいたアクセントになります。
    • ポークラインズ(ポークスクラッチング、豚の皮を揚げたもの)うま味のきいたミュースリになります。
    • 細かく切ったリンゴ
    • 細かく切ったナシ
    • スライスしたマンゴー
    • ライチ ミュースリと特に相性が良く、さわやかな酸味を加えます。
    • ザクロの種
  3. 3
    ドライフルーツを試す ドライフルーツやドライベリーはすでにミュースリに含まれている場合がありますが、市販のものにさらに加えたり、手作りのミュースリに入れたりしてみましょう。次のドライフルーツがおいしさを引き立てます。
    • クランベリー
    • アプリコット
    • ゴジベリー(クコの実)
    • レーズンまたはサルタナレーズン
    • カシス
  4. 4
    ミュースリを一晩浸ける ミュースリを牛乳やヨーグルトなどに一晩浸すと、一味違った食感になります。同量の牛乳とミュースリをボウルに入れてラップまたは蓋を被せ、冷蔵庫に一晩入れます。ミュースリを冷たいオートミールのようにして楽しむことができます。
    • ココナツミルクとも相性が良く、ミュースリにやさしい甘味とほのかな風味を加えます。ココナッツミルクがあまり好みでない場合は、少量の牛乳を加えると食べやすくなります。
  5. 5
    ミュースリをスムージーに加える シリアルよりもスムージーが好みであれば、ミュースリをスムージーに混ぜたり、トッピングにしたりして楽しみましょう。ミュースリはスムージーにもよく合い、口当たりの良い栄養豊富な飲み物になります。以下のシンプルなミックスを試してみましょう。
    • 冷凍イチゴまたは好みの冷凍フルーツ 一握り
    • ヨーグルトまたはケフィール 半カップ
    • ココナッツシュレッド 半カップ
    • ミュースリ 大さじ2杯
  6. 6
    アップルソースを混ぜる 乳製品を受け付けない場合や、違う食感や風味のミュースリを試したい場合は、アップルソースを使うとよいでしょう。無加糖の天然アップルソース、または熟しすぎたリンゴを煮てミュースリに混ぜ、ヘルシーに仕上げましょう。
  7. 7
    ミュースリをお粥状に調理する お粥状のミュースリは、好む人もいれば、そうでない人もいます。未調理のオーツ麦には、調理済みのオートミールやグラノラにはない食感と栄養効果がありますが、ミュースリを調理してお粥状にして楽しむこともできます。
    • 出来上がりのミュースリの量に見合う牛乳と水を鍋で沸騰させ、半分量のミュースリを鍋に入れます。例えば、出来上がりのミュースリを1カップにする場合は、牛乳と水をそれぞれ半カップ、そして未調理のミュースリを半カップ使います。
    • 火を弱め、蓋をして好みの柔らかさになるまで10~15分加熱します。この間、鍋を時々かき混ぜましょう。出来上がったミュースリを気の向くままに楽しみましょう。
  8. 8
    コーヒーまたはオレンジジュースに浸す 意外に思うかもしれませんが、乳糖を含まないレシピとして、オレンジジュース、アップルジュース、またはコーヒーを使うこともできます。このボウルひとつで完全な朝食となります。思いがけないおいしさに驚くかもしれません。[2]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
自家製ミュースリを作る

  1. 1
    ビルヒャー=ベンナーのオリジナルレシピを試す ミュースリは、スイス人医師であるマクシミリアン・ビルヒャー=ベンナーが考案した健康食です。現代のほとんどのミュースリには、果物よりもオーツ麦が多く使われていますが、オリジナルのミュースリにはより多くの果物とナッツが含まれていました。健康的なオリジナルレシピの材料と割合は次のとおりです。[3]
    • ロールドオーツ 大さじ1杯(大さじ2~3杯の水に浸す)
    • レモン汁 大さじ1杯
    • 生クリーム 大さじ1杯
    • 酸味のある大きめのリンゴ 1個(すりおろして食べる直前に混ぜる)
    • 砕いたヘーゼルナッツまたはアーモンド 大さじ1杯(トッピング用)
  2. 2
    好みで甘味を加える 基本的なミュースリの味が物足りないと感じる人もいます。少し甘味を加えたければ、少量の糖分を足して好みの味に仕上げましょう。ただし、甘さは控えめにしましょう。次の材料が、ミュースリに甘味やほのかな風味を加えます。
    • ハチミツ
    • 糖蜜(モラセス)
    • ブラウンシュガー
    • シナモン
    • トーステッドココナッツ
    • レモン汁
    • アガベシロップ
    • メープルシロップ
    • ナツメグ
  3. 3
    ミュースリを軽くローストする 少し歯ごたえのあるミュースリが好みであれば、クッキングシートの上にミュースリを広げ、160度のオーブンで約30分、またはきつね色になるまでローストします。少量のココナツオイルまたはバターを加えると、こんがりと焼き色がつきます。[4]
  4. 4
    ミュースリバーを作る ミュースリをバー状に形成して、便利な行動食を作りましょう。ミュースリと大さじ数杯のピーナッツバターまたは好みのナッツバターを、つなぎとして混ぜ合わせます。そして、好みのドライフルーツ、ナッツ、シリアルなどを加えてみましょう。[5]
    • 天板にミュースリを広げて約2cmの厚さに押し固め、冷蔵庫でよく冷やしましょう。バー状に切り分けて冷蔵庫で保存しておくと、手軽なスナックになります。
    • つなぎとして、溶かしたバターやハチミツを使ってもよいでしょう。天板に押し広げ、冷蔵庫に入れて固めましょう。
  5. 5
    ミュースリを焼き菓子の生地に加える ロールドオーツやオートミールを使うレシピに、ミュースリを代用することができます。クッキー、マフィン、パンケーキに少量のミュースリを加えると、さらに健康的で風味豊かに仕上がります。オートミールを使う次の焼き菓子のレシピに、ミュースリを代用してみましょう。
    • クッキー
    • パンケーキ
    • ケーキ
    • マフィン
    広告

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
シチューにとろみをつける
たくさん食べるたくさん食べる
スパゲティーソースにとろみをつける
生アーモンドをローストする
生卵とゆで卵を見分ける
ローズマリーオイルを作るローズマリーオイルを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
バサ(白身の淡水魚)の調理バサ(白身の淡水魚)の調理
ロックキャンディを作る
缶詰のマッシュルームをおいしく食べる缶詰のマッシュルームをおいしく食べる
クラフト・マカロニ・アンド・チーズを作るクラフト・マカロニ・アンド・チーズを作る
ガーリックバターソースを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,672回アクセスされました。
カテゴリ: レシピ
このページは 1,672 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告