ミリタリータイム(軍事時間)とは、米国において時間を24時間で表示する方法を指し、日本の24時制とよく似ています。ミリタリータイムは、ミリタリー(軍隊)だけではなく、警察や病院などでも使用されており、1日を24時間で表すため、より正確に時間を表せます。以下に、ミリタリータイムで時刻を表す方法を紹介します。

ステップ

  1. 1
    ミリタリータイムを理解する ミリタリータイムでは、真夜中の0000時から1日が始まります。英語でこの0時を「ゼロハンドレッド」(Zero Hundred)と呼びます。1日に1時~12時を2回繰り返すのではなく、深夜0時を0000として2359(午後11:59)まで経過した時間を表し、また翌日の0000になります。ミリタリータイムでは、時間と分をコロンで区切りません。[1]
    • たとえば、午前1時は0100、午後1時は1300と表します。数字の後ろに「hours(アワーズ・時)」が表記されることもあります。
    • 一般に使用されている24時ですが、ミリタリータイムでは、深夜の午前0時を2400もしくは24時とは表現しません。
  2. 2
    ミリタリータイムで午前0時から正午までを表記する ミリタリータイムで午前0時から正午までの切りのいい時間を表記するには、時間の前に先行ゼロを追加し、後置ゼロを2つ追加するだけです。午前1時であれば0100、午前2時は0200、午前3時は0300と続きます。2桁の時間の場合(午前10時、11時など)は、1000および1100と表記します。ほかの時間は以下のように表記します。[2]
    • 午前4時:0400
    • 午前5時:0500
    • 午前6時:0600
    • 午前7時:0700
    • 午前8時:0800
  3. 3
    ミリタリータイムで正午から深夜0時までを表記する 正午から深夜0時までの時間は数字が足されていくため、少しわかりにくくなります。ミリタリータイムでは、午後になっても1時から始まらず、1200からそのまま続けて数えます。そのため、午後1時は1300、午後2時は1400、午後3時は1500となり、翌日の深夜0時になるまで続きます。ほかの時間の表記例を以下に示します。[3]
    • 午後4時:1600
    • 午後5時:1700
    • 午後6時:1800
    • 午後10時:2200
    • 午後11時:2300
  4. 4
    ミリタリータイムの時間を英語で言う 1時ちょうどなど、切りがよく分単位がないときは、読み方はとても簡単です。最初の数字が0の場合は、「ゼロ」を言ってから、次にくる数字に「~ハンドレッド」(Hundred)を足して読みます。最初の数字が1もしくは2の場合は、前半2桁の数字を英語で読んで、「ハンドレッド」を後ろにつけます。以下に例を挙げてみます。[4]
    • 0100の場合は、「ゼロ・ワン・ハンドレッド」(Zero One Hundred)
    • 0200の場合は、「ゼロ・ツー・ハンドレッド」(Zero Two Hundred)
    • 0300の場合は、「ゼロ・スリー・ハンドレッド」(Zero Three Hundred)
    • 1100の場合は、「イレブン・ハンドレッド」(Eleven Hundred)
    • 2300の場合は、「トゥエンティスリー・ハンドレッド」(Twenty Three Hundred)
      • ミリタリータイムでは、最初にくる数字の「0」の事は、必ず「ゼロ」と呼び、ゼロの通称である「オー」は使用しません。
      • 時間のあとに「アワーズ(hours)」が表記され、読むこともあります。たとえば、0100 hoursの場合は、「ゼロ・ワン・ハンドレッド・アワーズ」と言います。
  5. 5
    ミリタリータイムの時間と分を英語で言う 時間と分を読むのは、少し難しくなりますが、コツを覚えれば簡単です。ミリタリータイムを英語で言うとき、4つの数字を前半と後半の2桁ずつに分けて読みます。たとえば、1545であれば、「フィフティーン・フォーティファイブ」(Fifteen Forty-Five)となります。ほかにも、以下のルールに気をつけましょう。
    • 数字の前に「0」が1つ以上ある場合は、すべての0をゼロと読みます。「0003」は、「ゼロ・ゼロ・ゼロ・スリー」(Zero Zero Zero Three)と読み、「0215」の場合は、「ゼロ・ツー・フィフティーン」(Zero Two Fifteen)となります。
    • 前半2桁の数字に「0」がない場合は、前半と後半の2桁ずつに分けて読みます。「1234」であれば、「トゥウェルブ・サーティフォー」(Twelve Thirty-Four)、「1444」は「フォーティーン・フォーティフォー」(Fourteen Forty-Four)と言います。
    • 最後の数字が「0」の場合は、ゼロとは読まずに、後半の2桁で読むため、「0130」のときは「ゼロ・ワン・サーティ」(Zero One Thirty)となります。
  6. 6
    ミリタリータイムを12時間制に換算する ミリタリータイムの表し方を覚えたら、12時間制に直すのは簡単でしょう。数字が1200よりも大きければ、午後を意味するため、数字から1200を引けば12時間制に変換できます。たとえば、「1400」であれば、1400から1200を引いたら200となるため、午後2時となります。「2000」の場合は、2000-1200で800となるため、午後8時となります。[5]
    • 1200よりも小さい時刻の場合は、午前0時から正午までの時間を指します。この場合は単純に、前半2桁の数字を時間、後半2桁を分に換算しましょう。
      • たとえば、「0950」は、午前9時50分もしくは9:50であり、「1130」であれば、午前11時30分もしくは11:30を表します。
  7. 7
    ミリタリータイムの一覧表
    広告

ポイント

  • 読み方は練習すれば、簡単に言えるようになります。
  • 12より大きい数字であれば、数字から12を引けば12時間制の時間に換算できます。たとえば、「2100」-12=9:00(午後)となります。
  • ミリタリータイムの時間(前半2桁)の数字から2を引くと、12時間制の時間がわかります。これには、次の簡単なルールを覚える必要があります。

前半2桁の数字から2を引いて、最初の数字から1を引きます。「13:00」-2:00=11:00となり、最初の数字から1を引いて、1:00(午後)となります。22:00以降の場合は、2桁の数字になります。「22:00」-2:00=20:00であり、最初の数字から1を引いて、10:00(午後)となります。12時間制への換算は、13:00以降にのみ必要になります。それ以前は、そのまま読みましょう(11:00は午前11時)。


広告

注意事項

  • ミリタリータイムと24時間制は似ていますがまったく同じではありません。[6] 両方とも1日を24時間で表しますが、いくつか違いがあります。ミリタリータイムでは、1357 hoursもしくは1357と表記しますが、24時間制では13:57と表記され、「hours」はつきません。[7]
広告

関連記事

How to

ガラスの傷を取る

How to

水道の水圧が低いときの対処

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

ペーパークリップで鍵を開ける

How to

トイレの水を抜く

How to

天井にフックを取り付ける

How to

施錠されたドアを開ける

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

スチールドアを塗装する

How to

レンガを掃除する

How to

タイルの床の目地を掃除する

How to

マットレスをスチームクリーナーで手入れする

How to

アクリル塗料を落とす

How to

凍結した水道管に対処する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む23人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 住宅メンテナンス
このページは 127 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告