PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

発言は学校や職場で周囲からの尊敬を勝ち取るための方法の1つです。その一方で、特に言うべきことや役立ちそうなことが思い浮かばないという状況に陥ることもあり、意外に難しいものです。そこで、まずは質問したり、すでに話し合われている内容について掘り下げるなどして貢献することから始めましょう。必ず発言する、と目標を設定し、言いたいことを事前に準備しておくと尚良いでしょう。また、発言する方法は、ミーティングの種類によって変わるという点も覚えておきましょう。誰でも発言できるような自由なミーティングもあれば、挙手をする必要があるミーティング、あるいは自分の順番になるまで待つ必要があるミーティングもあります。どのような場面においても言えることですが、気持ちを穏やかにして緊張を鎮め、体をいたわって万全の状態でのぞみましょう。

方法 1 の 4:
意義のある発言を考える

  1. 1
    論点をいくつか用意しておく 何を言いたいか事前に考えておくと、より自信をもって発言できるようになります。いくつかの質問や共有できそうな考えを書き出しておきましょう。このメモを持参してミーティングに参加し、折を見て発言しましょう。
  2. 2
    1人目の発言者になる 発言しつつ、あまり深入りせずに済ませたいという場合は、冒頭に1人目の発言者として何か述べてみましょう。初めに発言するということは、あまり話す内容に気を遣ったり疑心暗鬼に陥らなくて済むということを意味しています。発言のタイミングを先延ばしするのではなく、真っ先に発言して議論を作りましょう。[1]
    • 「まず私の考えから述べて議論を始めさせて頂きたいと思います」と発言してみましょう。
  3. 3
    自信を持って話す 自信を示すために大声を出したり、他人を遮る必要はありません。意義のある内容を延べましょう。自信がなくても、発言内容と話し方に自信を滲ませましょう。はっきりと話し、「えーと」「えー」といった間を満たすための言葉(フィラー)の使用は控えましょう。[2]
    • 「はっきりとは言えないのですが」や「くだらないことかもしれませんが」といった表現を加えて自分の発言内容の価値を自ら下げることもやめましょう。不確かな時でも、それを見せないようにすることが大切です。[3]
  4. 4
    専門知識を活かす そのミーティングで話し合われる内容で、特に個人的に関わりが深い点や貢献できる点がないか考えてみましょう。他の参加者よりも自分が若いという場合、それを強みに変えて若者市場や若者の視点について意見を述べることができるでしょう。[4]
    • 周囲とは異なる生い立ち、民族や文化的な背景、あるいは学歴の持ち主かもしれません。こうした点を強みに変えて、新たな視点を提供しましょう。
  5. 5
    簡潔に話す 自分の声を届け論点を理解してもらうために長々と話す必要はありません。明確に、そして長くならずに簡潔にまとめて話しましょう。時間がかかる発言ではなく記憶に残る発言を目指しましょう。少し時間をかけて意見や考えを整理し、分かりやすく効果的な方法で伝えることを目標としましょう。[5]
    • 例えば、「私が考えるには」や「ちょっと考えがあるのですが」といった表現をはさまずに、単刀直入に述べましょう。
    広告

方法 2 の 4:
会話に貢献する

  1. 1
    良い考えに賛同する 画期的な考えや常識を覆すような意見がなくてもミーティングで発言することはできます。誰かの意見に賛成したり、アイデアを承認あるいは賞賛するという方法もあります。理解された、褒められた、と実感すると誰でも嬉しくなるものなので、こうした一言を述べるだけでも大きな違いが生まれます。[6]
    • 例えば、「〇〇さんの考えはとても良いと思います」や「〇〇さん、それはとても的を射た案で、すぐにでも着手して良いのではないのでしょうか」といったように発言できます。
  2. 2
    質問する 分かりづらかった点についてもう少し説明を求めることも発言になります。考えをさらに広げてもらったり、別の角度から説明してもらったりすることができます。質問することで、論点をさらに掘り下げたり、理解をより深めることができるでしょう。自分も話し合いに加わり貢献できるようになります。[7]
    • 「もう少し説明して頂けますか?」や「それはどのような意味ですか」といった質問を投げかけてみましょう。
  3. 3
    既に出ている内容を利用する 斬新な案を思いつかなくてもミーティングに貢献することはできます。「全員これには賛成のようですね、では先に進みましょう」という内容でも発言になります。誰かの発言内容に何かを付け加えたい時は「〇〇さんの述べた内容に付け加えたい点があります」と言ってみましょう。[8]
    • 「〇〇さん、何か言おうとしていませんでした?」というのも発言です。
    広告

方法 3 の 4:
積極的に参加する

  1. 1
    ミーティングの最中はメモを取る メモを取ると相づちを打ちやすくなり、自信も高まります。また、メモを取っているという姿勢から、仮に発言していなくても、関心を持って参加しているということが周囲に伝わります。また、ミーティングの内容を思い出しやすくなるという効果もあります。
  2. 2
    目標を設定する 発言しようと思いつつも上手くできないという人は目標を設定しましょう。例えば、1回のミーティングで少なくとも1度は発言する、あるいは1週間に1度はコメントを残せるようになる、と決めましょう。会話の途切れ目や間が生じるのを待ち、飛び込みましょう。慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、少しずつ自然に感じられるようになるでしょう。じきに自分の意見を難なく述べられるようになっているでしょう。[9]
  3. 3
    ボディーランゲージに気を配る 下を向いて目を合わさない、体を背けている、メモを黙々と書いている、あるいは緊張した様子を見せている、といった状態だと、周囲からあまり相手にされなくなるかもしれません。手は、ポケットにしまったり前で腕を組む代わりに身振り手振りに使いましょう。立っている場合は、両足は肩幅程度に開いた状態で真っすぐの向け、体を少し前に倒しましょう。自信があり、率先して参加している印象を与える姿勢です。
    • 自信がないとしても、体を使って上手に周囲を騙し、注意を引きましょう。
  4. 4
    挙手する 挙手はどのような形式の会話の場でも最も簡単に参加する方法です。発言するタイミングが分からず困っている時は挙手しましょう。何か言いたいことがあり、次に話したいという姿勢が周囲に伝わります。特に、別の参加者が発言している最中で、その内容に付け加えたり意見したいという時は、さっと手を挙げて、話し合いに付け加えたいことがあるということを示唆しましょう。[10]
    • 挙手をし、誰かと目を合わせ意志を示しましょう。
  5. 5
    次のステップを引き受ける 今後さらに調査を続ける必要があったり、新たに行動する必要がある案件が提示されたときは、率先してその役を引き受けましょう。次のミーティングまでに、さらに詳細が必要な案件があれば、準備する役を引き受けましょう。時間をかけて準備ができるだけでなく、必然的に次回のミーティングで発言し参加することになります。[11]
    • 次回までに必要な作業を引き受け、結果を提示しましょう。万全な状態で参加でき、パワーポイントあるいは配布資料なども用意できているでしょう。
    広告

方法 4 の 4:
緊張を制御する

  1. 1
    言いたいことを準備しておく ミーティングで提案する案件や考えを事前に準備しておきましょう。案を書き出しておくと、言いたかったことを忘れることもありません。ノートを持参し、言おうと思っていたことを自信を持って述べましょう。事例も用意し、さらに他の参加者からの質問も想定しておきましょう。[12]
    • 例えば、生産性を高める方法について話し合うミーティングであれば、気が散りにくくなる案をいくつか考えておきましょう。
  2. 2
    ミーティング前のストレスを受け入れる 緊張していることに問題はありません。緊張していないふりをする代わりに、緊張感も受けいれ、最善をつくすために準備を行いましょう。緊張したりストレスを感じるのは自然なことです。こうした感情も取り込んで、ワクワクした感情に変えてしまうこともできます。[13]
    • 「少しドキドキしているけれど、このドキドキもプレゼンのエネルギーに変えられる」と自分に言い聞かせましょう。
    • 不快な感情も受け入れる練習をすると、徐々にこうした感情が弱まっていくでしょう。
  3. 3
    負の感情に向き合う 負の感情に向き合うことも大切です。負の感情は恐れを膨らませる要因にもなるためです。自分を疑ったり、自分が述べる内容は他人が述べる内容よりも劣っていると感じるかもしれません。自分の能力について後ろ向きの考えに苛まれてしまった時は、はね返す努力をしましょう。「もし~~だったらどうしよう」という考えや、自己批判、さらに間違えることに対する恐れを認識し、挑みましょう。最悪の事態が実際に起きたらどうするのか考えてみましょう。自分に対して批判的になっている時は、この批判を裏付ける証拠があるのか自問し、より前向きな考えと置き換えることができないか考えてみましょう。[14]
    • 例えば、「きっと失敗するに決まってる」と思っているのであれば、「緊張していたけど上手くいったことが前にもあったな。もう一度同じことをやり遂げるにはどうしたら良いかな」と考えてみましょう。
  4. 4
    深呼吸をする 胸ではなく横隔膜から息をして体の緊張をほぐしましょう。楽な姿勢になり、一方の手を腹部にあてます。鼻から息を吸います。この時に腹部にあてている手が動くのが分かるでしょう。口から息を吐きます。腹部から空気が出ていっているのが分かるはずです。気持ちが落ち着いてくるまで、この動きを3~10回繰り替えshましょう。[15]
    • リラクゼーション法を取り入れて神経を落ち着けさせましょう。瞑想するとストレスが和らぎます。リラックス効果のあるアクティビティもまた、ストレスを健全に発散させる方法として有効で、定期的に行うと効果が高まります。[16]
  5. 5
    体をいたわる 大きなミーティングを控え不安な気持ちになっている時は自分の体をいたわりながら、当日に備えましょう。前夜は充分な睡眠をとり、すっきりとした気持ちで目覚めましょう。健康的な食事を心がけ、カフェインの摂取量を制限しましょう。カフェインといった興奮誘発剤は不安を強めることがあるためです。自分の体をいたわることで、大切な日を快適な気持ちで迎えることが大切です。[17]
    • 普段から毎日コーヒーを飲んでいるという人は、単純にその日のコーヒーを断ってしまうと禁断症状が出る可能性があります。その一方で、普段以上の量のカフェインを摂取するのも得策ではありません。
    広告

関連記事

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
男性から好意を持たれているか知る男性から好意を持たれているか知る
落ち込んでいる彼女を慰める落ち込んでいる彼女を慰める
陰口を叩く人に対処する陰口を叩く人に対処する
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
車椅子を利用している人と接する車椅子を利用している人と接する
失礼な人に対処する失礼な人に対処する
より良い人になるより良い人になる
人の感情を認識する人の感情を認識する
好きな男性に自分の存在をアピールする好きな男性に自分の存在をアピールする
馬鹿にされたとき言い返す馬鹿にされたとき言い返す
冗談に対応する冗談に対応する
ウインクをするウインクをする
存在感を消す存在感を消す
広告

このwikiHow記事について

Amber Rosenberg, PCC
共著者 ::
キャリアコーチ
この記事の共著者 : Amber Rosenberg, PCC. アンバー・ローゼンバーグはサンフランシスコ・ベイエリアに拠点をおく認定コーチ(PCC)です。「Pacific Life Coach」経営者として、20年以上にわたり、一般企業、テクノロジー企業、そして非営利団体を対象としたコーチングを行っています。コーチトレーニング協会にて専門教育を修了。国際コーチ連盟会員。
カテゴリ: 社交関係
このページは 210 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告