正しい商品を使えば、誰でもメイクを美しく仕上げることができます。まず、洗顔と保湿で肌を整えましょう。次に、ファンデーションとパウダーで滑らかで均一な肌を作ります。最後に、チーク、アイシャドウ、アイライナー、口紅で顔立ちを引き立てましょう。

パート 1 の 3:
光沢感のある肌を作る

  1. 1
    洗顔する 顔を洗って、不要な皮脂や洗い残したメイクを落としましょう。弱酸性か刺激の少ない洗顔料を使うと、乾燥から肌を守り炎症を抑えることができます。[1] 以下を参考にして、肌質に合った洗顔料を選びましょう。
    • 乾燥肌には、保湿力の高いクリームタイプの洗顔料を使いましょう。
    • 普通肌には、角質除去剤や粒子を含まない洗顔料を使いましょう。
    • 油脂肌には、オイルベースの洗顔料を使うと皮脂の分泌を抑えることができます。洗顔後にはトナーで肌を整え、週に2回は角質落としをしましょう。
  2. 2
    保湿する 洗顔後は、必ず保湿をしましょう。保湿剤の種類は様々です。例えば、屋外にいることが多い場合は、日焼け止め効果のある保湿剤で紫外線から肌を守りましょう。他には以下のような保湿剤があります。
    • 油脂肌には、オイルフリーでジェルタイプの保湿剤が良いでしょう。肌を柔らかくして皮脂の分泌を抑える効果があります。
    • 乾燥肌には、軽い付け心地のクリームタイプの保湿剤が良いでしょう。[2]
    • ニキビ肌には、サリチル酸を含む保湿剤が良いでしょう。
  3. 3
    下地を塗る 下地(プライマー)はファンデーションの土台となり、毛穴を埋めて肌を滑らかにする効果があります。頬、額、顎に少量乗せて、指先かファンデーションブラシで肌に伸ばしましょう。[3] 色付きの下地を使うと、肌の色を均一に整えることができます。
    • くすんだ肌には、薄いピンクの下地で肌に健康的な輝きを与えましょう。
    • 血色の悪い肌には、薄い紫色の下地で不健康な色味をカバーしましょう。
    • 赤みやニキビのある肌には、緑色の下地で赤みをカバーしましょう。[4]
  4. 4
    ファンデーションを塗る ファンデーションは肌の色を均一に整え、美しい輝きを与えます。頬、額、顎、鼻筋に少量乗せましょう。軽い仕上がりにしたい場合は、指先を使って顔の外側に向かって伸ばしましょう。カバー力が欲しい場合は、濡らしたメイクスポンジを使って肌になじませましょう。[5]
    • ファンデーションは肌の色に合った色を選びましょう。顎と首に乗せて、自然光の下で素肌の色となじむファンデーションが良いでしょう。[6]
    • 首と顔の色が違う場合は、首の色に合わせてファンデーションを選びましょう。顔の色に合わせると、首の色との差がはっきりと出て仮面をかぶったような仕上がりになってしまいます。[7]
  5. 5
    コンシーラーを使う コンシーラーで、ニキビ、赤みのある部分、クマなどをカバーします。乾燥肌の人はスティックタイプのコンシーラーを選びましょう。油脂肌の人はリキッドコンシーラーを使った方がよいでしょう。[8]
    • コンシーラーは、指先、綿棒、またはブラシでなじませましょう。[9]
    • コンシーラーはファンデーションの色と合わせましょう。できれば同じブランドで合わせて、確実に色が合うようにしましょう。
    専門家情報

    「肌の色を修正するコンシーラーはファンデーションを塗る前に、肌の色のコンシーラーはファンデーションの上から塗りましょう」

    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師
  6. 6
    ルースパウダーを乗せる ルースパウダーはファンデーションをセットし、余分な皮脂を吸収する効果があります。無色を選びましょう。大きめの柔らかいブラシで、顔全体に薄く伸ばします。目や口の周辺も忘れずになじませ、厚塗りにならないように注意しましょう。
    • 自然に仕上げたい場合は、プレストパウダーよりルースパウダーが良いでしょう。[10]
    広告

パート 2 の 3:
顔立ちを引き立てる

  1. 1
    眉毛を埋める 髪の色に近い色のアイブローペンシルで眉毛を埋めましょう。短いストロークで、少しずつ細かい毛を再現するように描き足します。次に、乾いたブラシで眉毛とペンシルの色をなじませましょう。形の整った濃い眉毛の方は、このステップを省略しても構いません。[11]
    • 仕上げに色付きのアイブローマスカラまたはアイブロージェルで眉毛をとかして形を整え、眉毛の存在感を高めましょう。[12]
    • 髪の色に合わせたアイブローセットを購入しても良いでしょう。一般的なセットには、アイブローペンシル、ブラシ、マスカラまたはジェルなどが含まれます。
  2. 2
    チークを乗せる チークブラシで頬の高い位置にチークを乗せましょう。ブラシをこめかみまで滑らせて、色をなじませます。チークと肌の色の境目をぼかして、自然な血色を演出しましょう。チークの色は以下を参考にして、肌の色に合った色を選びましょう
    • 色白の人は、ベビーピンクかピーチカラーを選びましょう。
    • 肌色が標準の人は、アプリコットカラー(淡い黄赤)かモーブカラー(薄く灰色がかった紫)を選びましょう。
    • 色黒の人は、オレンジ系のピーチカラーかローズピンクを選びましょう。[13]
  3. 3
    アイシャドウを塗る シンプルな仕上がりにするには、まぶたのくぼみに暗めの色を乗せてから、まぶた全体になじませましょう。次に輝きのある明るめの色をまぶたの中央に乗せます。[14] 色持ちの良い高品質なアイシャドウを使いましょう。また、肌や目の色に合わせてアイシャドウの色を選ぶことも大切です。
    • 黒や茶色の目にはどんな色のアイシャドウでも似合いますが、鮮やかな紫が良いでしょう。青のカラーコンタクトには、ピンクやコーラルカラーが合います。緑のコンタクトには、えんじ色やアプリコットカラーなどの赤みのある色が良いでしょう。
    • 肌のベースカラーに合った色を選びましょう。ブルーベースの人は寒色を使い、イエローベースの人は暖色を使いましょう。[15]
  4. 4
    アイライナーを引く アイライナーで目を強調しましょう。まず、滲みにくく色持ちの良い高品質なアイライナーで細くラインを引きます。左右の目を見て、対称になるように必要であれば書き足しましょう。[16] アイライナーの様々な引き方をご紹介します。
    • まつ毛に沿って細い線を引くと、まつ毛が濃く見えます。
    • 大胆なキャットアイは、リキッドアイライナーを使って引きましょう。[17]
    • 明るいターコイズやゴールドのアイライナーを引いて、色で遊んでみても良いでしょう。
  5. 5
    マスカラを塗る 目線は正面に向けたまま頭を後ろに反るようにすると、まつ毛が上まぶたから離れるのでマスカラが塗りやすくなります。マスカラのブラシをまつ毛の生え際に押し当て、まつ毛の間に入れるようにして左右に動かしましょう。最後にブラシをまつ毛の毛先まで引き上げ、全体をコーティングします。[18]
    • 自然な仕上がりにする場合は、ダークブラウンのマスカラを塗りましょう。より濃く大胆な目元にする場合は、黒のマスカラを使いましょう。
    • 一度マスカラを塗った後、乾いてから二度塗りをしてまつ毛の存在感を高めましょう。
  6. 6
    口紅かリップグロスを塗る 口紅とリップグロスは明るい色を選んで、唇を強調しましょう。唇の色を濃く見せたい場合は口紅を、軽やかで輝きのある唇にしたい場合はグロスを使いましょう。口紅やグロスを塗る前に、リップペンシルで唇を縁取っておくと色が滲みません。
    • 口紅の色が歯に付かないように、人差し指を口の中に入れて口をすぼめ、そのまま指を引き抜きましょう。この方法で、唇の内側に付いた口紅を落とすことができます。
    • 口紅はリップブラシで塗ると、細部まで塗りやすいだけではなく、色も長続きします。[19]
    広告

パート 3 の 3:
様々な商品を試してみる

  1. 1
    ミネラルファンデーションを使う 乾燥やニキビなどの肌トラブルがある場合は、ミネラルファンデーションを使ってみても良いでしょう。ミネラルファンデーションは毛穴を詰まらせることなく、一般的なファンデーションよりも刺激が少ないファンデーションです。しかし、ファンデーションブラシでなじませないと、仕上がりが厚塗りで粉っぽくなるので注意が必要です。
    • ブラシは小さい円を描くように動かし、ファンデーションを肌になじませましょう。
    • リキッドタイプのミネラルファンデーションは乾燥肌に最適です。油脂肌の場合は、パウダータイプが良いでしょう。[20]
  2. 2
    BBクリームを塗る BBクリームは保湿剤、下地、日焼け止め、ファンデーションの役割を果たします。オールインワンタイプなので、メイクをする時間が短縮できるのが特徴です。[21] また、ファンデーションに比べると薄づきで自然な仕上がりになります。その分、しみやそばかすがカバーできないのが難点と言えるでしょう。
    • BBクリームをファンデーションの下地として使い、傷やニキビ跡を隠しても良いでしょう。[22]
  3. 3
    コントゥアリングをする コントゥアリングは、顔の骨格を微調整できるメイク方法です。明るい色と暗い色のファンデーションを使い、顔に陰影を作り上げます。しかし、手間がかかるので普段用のメイクには向かないでしょう。
    • インターネットで検索すると、様々な海外セレブのコントゥアリング方法を紹介した記事があるので真似してみましょう。
    • コントゥアリング用の商品は、美容専門店またはインターネットで購入できます。
  4. 4
    ブロンザーを塗る ブロンザーを使うと、日焼けをしたような頬を演出できます。また、コントゥアリングとして頬骨の下に入れると、自然な影を作ることができます。丸みのある柔らかいパウダーブラシで乗せましょう。
    • ルースパウダーまたはプレストパウダータイプのブロンザーがあります。
    • 肌の色より1から2トーン暗めのブロンザーを選びましょう。[23]
  5. 5
    ハイライトを塗る ハイライトは、肌を健康的に見せて顔のチャームポイントを強調する効果があります。頬骨に沿って入れて自然な骨格を強調するのが主流ですが、額や顎に乗せて潤いのある肌を演出しても良いでしょう。
    • ハイライトは、大きめの柔らかいブラシで軽く乗せましょう。
    • シルバーではなくゴールドカラーのハイライトを選ぶと、肌に自然で明るい輝きが加わります。[24]
  6. 6
    セッティングスプレーで仕上げる セッティングスプレーでカバーしておくと、メイクが崩れず長持ちします。
  7. 7
    完成
    広告

ポイント

  • 自然光の下でメイクをすると細部まで確認でき、失敗した箇所にも気付きやすいでしょう。
  • 皮脂肌の場合は、リキッドファンデーションを塗った後にマットタイプのパウダーファンデーションでセットしましょう。皮脂を抑える効果があるので、仕上がりが滑らかになります。

広告

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

片方の眉を上げる

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

血管を浮き上がらせる

How to

眼鏡を調整する

How to

唇の角質を落とす

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

シュガーリング用ペーストを作る

How to

顔の赤みを取る

How to

目の色を自然に変える
広告

このwikiHow記事について

Frankie Sanderson
共著者 ::
メイクアップアーティスト、スタイリスト
この記事の共著者 : Frankie Sanderson. フランクリン(フランキー)・サンダーソンはワシントンD.C.を拠点にヘアスタイリング、メイクアップ、パーソナルイメージコンサルティング会社「TheStudeo」の設立者です。ハイライト、バレイヤージュ、日本式縮毛矯正、ケラチントリートメントなどのケミカルサービス、またヘアエクステンションやデザイナーカットなどを専門としています。バージニア・コモンウェルス大学にて服飾デザインの学士号を取得。ロレアル・ソーホー・アカデミー、そして TIGI、ヴィダルサスーン、レッドケン、ウェラなどのヘアケア製品メーカーにて実践教育訓練を修了。ニコール・キッドマン、リンジー・ローハン、レイチェル・マクアダムス、ティナ・フェイ、ジェーン・リンチ、そしてアリシア・キーズなど、数多くの有名人の美容相談役を務めています。
カテゴリ: メイク
このページは 796 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告