メイクをしたことがない人にとって、様々なメイク製品や道具は恐怖でしかないかもしれません。でも、心配はいりません。この記事では、メイクの仕方を順を追って説明します。コツさえつかめば、メイクなんて朝飯前です。

パート 1 の 3:
ベースを作る

  1. 1
    メイクを落とす メイクをするには、まず肌を清潔な状態にしておきましょう。[1] 落としきれていないメイクが肌に残っている場合や、既にメイクをしている場合は一度きれいに落しましょう。化粧直しをする場合を除き、メイクを重ねると厚塗りになり、清潔な肌に施したメイクに比べて不自然な仕上がりになります。また、メイクをしっかり落とすと毛穴詰まりや炎症の予防にもつながります。質の良いクレンジングや刺激の少ないベビーオイルを使って、洗い残しがないようにしましょう。
    • 一日の終わりに、必ずメイクを落としましょう。メイクを落とさずに寝ると、毛穴詰まりやしみ・しわの原因になります。[2]
  2. 2
    顔を洗い、保湿剤をつける 顔を洗う理由は、肌に残ったメイクを落す理由と同じです。刺激の少ない洗顔料でやさしく顔を洗いましょう。約1分間かけてマッサージをし、毛穴に潜むバクテリアや古い角質を除去します。冷水ですすいだ後、肌質に合った保湿剤で潤いを与えましょう。
  3. 3
    下地を塗る メイクを始める前に、下地を塗りましょう。下地を使うと、仕上がりがきれいになり、メイクが長持ちします。[3] 指で少量を顔全体につけましょう。化粧崩れを一日中防ぐ効果があるので、走るなどして汗をかく日やメイクが崩れそうな日は、必ず下地を使いましょう。
  4. 4
    ファンデーションを一度塗りする ファンデーションには様々な種類(リキッド、クリーム、パウダー)がありますが[4]、いずれも肌色を整え、次に続くメイクのための均一なベースを作る役割をします。一般的に塗り方は同じです。ファンデーションブラシか濡らしたメイク用スポンジで塗り、必要であれば首や耳たぶまでなじませます。ファンデーションは、必ず自分の肌色に合ったものを使いましょう。色が暗すぎても明るすぎても、仕上がりが不自然になってしまいます。自分に合った色を選ぶと、胸元や首の色とも調和し、顔だけが浮くということになりません。あごのラインと首の境界線がはっきりしていると見栄えも悪く、不自然な仕上がりになるので注意しましょう。全体的な色に統一感がないと、仕上がりにも影響を及ぼすので、ファンデーションの色選びは慎重に行いましょう。
    • しつこいシミは、コンシーラー用ブラシでファンデーションを乗せて隠しても良いでしょう。
    • リキッドファンデーションは指で塗っても良いでしょう。しかし、指についているバクテリアが肌に移り、吹き出物ができることがあるので注意しましょう。
  5. 5
    コンシーラーを塗る コンシーラーはシミや目の下のクマを隠し、肌色を均一にするために使用します。肌色より少し明るめの色を選び、色が暗い部分や顔の高い位置に使って明るさを出しましょう。コンシーラーブラシや清潔な指を使ってなじませます。使用するのは、目の下(逆三角形に)、鼻筋、あご、額の中央、上唇の上部です。赤みのある部分やにきび、シミを隠すには肌色と合ったコンシーラーを使うと効果的です。ファンデーションとの境目が出ないように、しっかりとなじませましょう。
  6. 6
    ファンデーションとコンシーラーをセットする このステップは省略しても構いません。ファンデーションとコンシーラーを長持ちさせ、よれを防止したい場合は、セッティングパウダーを使ってセットしましょう。まず、濡らしたメイク用スポンジにルースパウダーを取り、目の下に押し当てます。その後、余分なパウダーをブラシでやさしく払いましょう。顔全体には、やわらかい大きめのブラシで、無色または肌色に合ったセッティングパウダーを乗せ、セットします。セットすると皮脂やべとつきを抑えられるので、リキッドファンデーションを使用した場合、特に効果的です。 [5]
  7. 7
    ハイライトで光を与える ファンデーションで肌の色を均一にしただけでは、顔に陰影がなくのっぺりとした印象です。光と影を加えて、めりはりをつけましょう。[6]クリームまたはパウダータイプのハイライトを使って、顔の暗い部分に光を加えて明るくします。影のできやすい、目頭、眉下、上唇線の中央、頬骨の上・側面に乗せましょう。輝きのある表情と、いきいきとした印象が手に入ります。クリームタイプのハイライトは、ファンデーションとコンシーラーをセットする前に使用しましょう。
    • ハイライトで頬骨、眉下、額の順になぞり、数字の「3」を描くと仕上がりがきれいです。
    • 指または小さいハイライト用ブラシで乗せましょう。
  8. 8
    コントアリングで影をつける コントアリングは肌色より暗めのパウダーを使用し、ハイライトを引き立てます(ブロンザーとは異なるので注意しましょう)。小さく見せたい部分、または深みを持たせたい部分に使用します。頬骨下のくぼみと鼻筋の側面、顎の下に入れましょう。[7]生え際近くに入れると、額が小さく見えます。コントアリングは影を自由に操れるので、顔を細長く見せたり、素肌のような自然な影を再現したりできます。コントアリングの後に、ブロンザーを使って顔に血色感を与えましょう。ブロンザーは、コントアリングをした部分に大きめのブロンザー用ブラシでさっと乗せます。
  9. 9
    チークを乗せる ベースメイクの最後はチークです。人の頬には元々色がありますが、この色には個人差があります。笑ったときに丸くなる位置に、大きめのブラシでチークを乗せます。自然な血色を与えるのに十分な量を乗せ、つけすぎには注意しましょう。
  10. 10
    眉毛を書く 眉毛が十分にある場合は、このステップを割愛しても構いません。眉毛が薄い、またはまばらな場合は書きましょう。地毛に近い色のブローペンシル、ブローパウダーまたはブロウジェルを選びましょう。毛を一本一本書き足すように、短いストロークで眉毛の輪郭を整えます。その後、同じ動きで眉毛全体を埋めましょう。眉毛の毛流れに沿って書き、無色か色のついた眉マスカラでセットします。眉マスカラは、色を長持ちさせるのに効果的です。 [8]
    広告

パート 2 の 3:
アイメイクをする

  1. 1
    アイシャドウプライマーを塗る[9] アイシャドウプライマーは割愛しても構いませんが、使うとアイシャドウが長持ちします。プライマーを使わないと、メイクをしてから数時間後にアイシャドウの色が薄くなったり、皮脂を含んで二重まぶたの溝に溜まったりすることがあります。アイシャドウプライマーは指でまぶたにたたくようにして乗せ、まつ毛の際から目のくぼみの上まで伸ばしましょう。最後にパウダーでセットすると、アイシャドウを乗せたときになじみやすくなります。
  2. 2
    アイシャドウを塗る アイシャドウを塗る方法は様々です。一番基本的でシンプルな方法は、まぶた全体に単色のアイシャドウを塗ることです。アイシャドウブラシを(しっかり色を載せたい場合は指を)使ってまぶたの中央から色を乗せます。まつ毛の際から塗り、外側(目頭、目のくぼみ、目尻)に向かってぼかしましょう。肌の色と自然になじませ、色の境界線をつくらないように注意します。目元に目力を与えたければ、暗めのマットな色で、目尻のまつ毛の際から、目のくぼみの目尻側3分の1まで「C」を描きます。最後に、ラメが入った明るめのアイシャドウを、目頭から中央部分に乗せ、他の色となじませましょう。
    • アイシャドウを塗る位置に注意しましょう。濃いメイクをする場合は別ですが、中心色は眉下まで塗ってはいけません。目尻側も、色を乗せるのはまぶたの上までにとどめ、眉尻まで色を乗せないようにしましょう。
    • 明るい色のアイシャドウで、眉骨にハイライトを乗せても良いでしょう。眉骨は眉の下と目のくぼみの間にあります。クリームやベージュなど、ナチュラルな色を選びましょう。色白の方は白いアイシャドウを使っても良いでしょう。または、肌色より少し明るめのヌードカラーを選んでも良いでしょう。質感は問いません。マットでも、落ち着いたラメが入っているタイプでも良いでしょう。
    • 下まぶたにアイシャドウをなじませても良いでしょう。下まつ毛に沿って、目尻から乗せてきれいになじませましょう。
    • アイシャドウを数色組み合わせる場合は、必ず色の境目が出ないようになじませましょう。
  3. 3
    アイライナーを塗る アイライナーを引くと、まつ毛を濃く見せることができます。そのため、地毛に近い色のアイライナーを選び、まつ毛と合わせましょう。髪を明るくしている場合は、茶色でも良いでしょう。[10]目元にめりはりを持たせる場合はアイライナーペンシルを使い、つやのある滑らかな目元に仕上げる場合はクリーム・リキッドアイライナーを使いましょう。アイライナーは、まつ毛の根元に沿って隙間を埋めるように点を書きます。その点が最終的につながり、線になるように書きましょう。お好みで、アイライナーを目尻よりもやや長めに引いて跳ね上げるのも良いでしょう。あるいは、シンプルに目頭から目尻のまつ毛に沿って書くだけでも構いません。
    • 下まぶたにもアイライナーを引く場合は、まつ毛の際に控えめに引きましょう。あまり濃く引くと、上まぶたにだけラインを引いた時よりも目元が暗くなり、やや不自然な仕上がりになります。
    • 慣れてきたら、粘膜にもアイライナーを引いてみましょう。
  4. 4
    マスカラで目元を仕上げる アイメイクは、少量のマスカラで仕上げましょう。マスカラはどのような目元にしたいかで種類を使い分けましょう。まつ毛が短い場合は、長さを出すタイプのマスカラを選びましょう。まつ毛が少ない場合は、ボリュームアップタイプを選びましょう。ブラシ部分を容器に一度入れてから、容器の淵かティッシュでブラシについた余分なマスカラ液を軽く拭き取りましょう。目線はまっすぐ前に向け、下から上に引き上げるように上まつげに塗ります。目頭側から目尻にかけて二度塗りして、乾かします。お好みで、下まつ毛にも塗りましょう。[11]
    • マスカラを塗るときは、ブラシを軽く左右に揺らしながら、まつ毛に押しあてましょう。この方法で、まつ毛の下面だけではなく、全体にマスカラを塗ることができます。
    • ブラシを容器に出し入れしすぎると、容器に空気が入るのでやめましょう。
    • 重ね塗りは二度までにしましょう。塗りすぎるとまつ毛が不自然に濃くなり、厚塗り感が出ます。
    • まつ毛を濃く見せたい場合は、二度目にマスカラを塗る前に、ベビーパウダーをまつ毛に振りかけましょう。まつ毛に長さとボリュームが出ます。
    広告

パート 3 の 3:
口紅を塗る

  1. 1
    唇の下地を作る リップクリーム、リップ用プライマーまたはトップコートを使うと、口紅やリップグロスの色が長持ちし、発色が良くなります。また、唇は保湿しておきましょう。質の良いリップクリームや軟膏を塗って、唇の乾燥を防ぎましょう。
  2. 2
    リップライナーを使う 唇または口紅の色に合わせたリップライナーで、唇の輪郭を取りましょう。[12]先を細く削ったリップライナーで、自然の形に合わせて唇を縁取りします。さらに内側もリップライナーで埋めると、唇の色や質感が均一になり、グロスや口紅が塗りやすくなります。
  3. 3
    口紅・リップグロスをブラシで塗るか直塗りする リップライナーで色を埋めた唇にお好みの口紅またはリップグロスを重ねます。自然に仕上げたい場合は、ヌードカラーを選びましょう。大胆なメイクをしたいときは、鮮やかな色を選ぶと良いでしょう。唇の中央から塗り始め、外側にぼかします。塗りすぎたりはみ出したりしないように注意しながら、唇の端までしっかりと塗りましょう。口に人差し指を入れてすばやく引き抜くと、余分な口紅が指につき、歯に口紅がつきにくくなります。
    専門家情報
    Melissa Jannes
    Melissa Jannes
    エステティシャン、ブラジリアンワックス講師

    口紅によって顔全体の雰囲気が全く変わります。お気に入りの色を選び、口紅をつけるだけで、簡単でシンプルなメイクの仕上がりです。実際に手間をかけずとも、結構な努力をしたかのように見えます。

  4. 4
    仕上げをする 唇を仕上げたら、メイク完成です。顔全体を見て、色が滲んでいないか、アイシャドウが粉飛びしていないかなどの最終確認をします。アイシャドウの粉飛びは、やわらかいブラシでさっと刷き取りましょう。失敗した部分には、綿棒の先にクレンジング剤をつけて修正しましょう。[13]
    • メイクが完成したら、最後にセッティングスプレーでセットしましょう。ボトルを顔から20~30センチほど離して顔全体に4、5回吹きかけると、メイクが長持ちします。
    広告

ポイント

  • メイクアップの濃さやスタイルは、自分の好みに合わせましょう。自分の顔は自分が一番良く分かっているはずです。時間をかけて色々と試してみましょう。メイクアップとは、顔を彩る芸術です。試行錯誤を重ねると、自分に一番合ったメイクが分かります。
  • メイクブラシは最低でも月1回、できれば月2回は洗いましょう。
  • 生き生きとした表情を作りたい場合は、目頭に明るい色のアイシャドウを塗りましょう。
  • 目を大きく見せたい場合は、目のくぼみに暗めの色のアイシャドウを乗せましょう。
  • インパクトを持たせるのは1か所か、多くても2か所にしましょう。大胆で強い色の口紅に、太いアイライナーと明るい色のチークを合わせるのはやめましょう。代わりに、アイメイクとリップメイクを薄めにするか、チークやベースメイクを控えめにしましょう。厚塗りは控え、シンプルメイクを心がけましょう。
  • 適度に明るい自然光の下でメイクをすると、きれいに仕上がります。
  • 下まぶたの皮膚は刺激してはいけません。腫れやしわの原因になります。
  • 外出前に、化粧台とは照明の異なる場所で鏡を見て、仕上がりを確認しましょう。
  • メイクをする前に、バイシンなどの充血用目薬をさしましょう。目が輝きを放ち、より白く生き生きと見えます。また、一日中目の潤いを保ち、メイクによる目の乾燥を防ぐ効果も期待できます。
  • コンシーラーやファンデーションの色選びの際は、首や胸元に色を乗せて試しましょう。顔と顔周りの色を近づけることができます。手や腕は顔と色が少し違うので、注意しましょう。化粧品専門店やメイクアップカウンターで、プロに色を選んでもらっても良いでしょう。
  • より自然に見せたいときは、ティッシュで唇を押さえましょう。余分な口紅やリップグロスを抑えることができます。

広告

注意事項

  • メイクブラシとスポンジにはバクテリアと皮脂がつきやすく、吹き出物の原因になります。石鹸と水で洗って、一晩乾かしましょう。
広告

必要なもの

  • 適度に明るい自然光
  • メイクブラシ
  • メイク用スポンジ
  • マスカラ
  • アイライナー
  • 下地
  • ファンデーションまたは色つきの保湿剤
  • コンシーラー
  • パウダー (ルースまたはプレストタイプ)
  • アイシャドウ
  • 口紅
  • リップクリーム
  • リップグロス
  • 保湿剤

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

全身をマッサージする

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む350人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,602回アクセスされました。
記事のサマリーX

メイクをする前には、まず肌に軽めの保湿剤か日焼け止めを塗り、さらに下地を重ねます。こうすることで肌を保護し、メイクを長持ちさせます。次にメイク用のブラシかスポンジ、あるいは軽く湿らせたビューティーブレンダーでファンデーションを軽く塗ります。それから、コンシーラーでシミや目立つ吹き出物を隠します。グリーン系のコンシーラーを使うと気になる赤みを隠すことができ、肌の色より明るめのコンシーラーは、目の下のクマを明るく見せます。頬骨、鼻、あごのラインを強調するには、コントアリングというテクニックを使用するとよいでしょう。こめかみ、頬のくぼみ、鼻の両脇にブロンザーを塗り、頬骨、鼻のてっぺん、あごの先にハイライターを塗ります。さらに色味を加えるには、頬の高い部分にチークを上に払うような動きで塗るとよいでしょう。眉毛は、まずブラシを優しく、外向きに短く動かしながら整えます。眉の外側の端をアイブロウジェルやパウダー、アイブロウペンシルなどで強調し、自然なラインを際立たたせます。最後に透明なアイブロウジェルで仕上がりをそのままキープします。アイメイクは、まずコンシーラーかアイメイク用下地を軽く塗るところから始めます。次にブラシか指で円を描くようにアイシャドーを軽く塗ります。瞼の中心から始め、目じりに向かって外側に伸ばしていきます。次に手をしっかり固定し、リキッドアイライナーかペンシルアイライナーで上まつ毛の生え際に沿ってアイラインを入れます。より華やかに仕上げたい場合は、アイラインの目じり側の端を斜め上にはねる様に描きます。よりシャープに仕上げたい場合は、ペンシルアイライナーで描いた上下のアイラインの端、目じりの周りを綿棒や指先でぼかします。また、日中用のメイクでは、白いアイライナーを目の際に沿って入れると、目を大きく見せることができます。仕上げにマスカラを1、2回塗ればアイメイクの完成です。最後に、お気に入りの口紅かリップグロスを塗って、メイクを仕上げましょう! メイクのヒントをさらに詳しく知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 1,602 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告