メイクを落とす方法

共同執筆者 Luca Buzas

長い一日の終わりに疲れ切っているときや、真夜中にパーティーから帰った週末の夜は、メイクを落とさずにベッドに倒れこんでしまいたい衝動に駆られるでしょう。一日くらいメイクを落とさずに寝ても、大したことではないと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。メイクをしたまま寝ると、まつ毛が乾いて傷み、毛穴が詰まり、吹き出物の原因になります。この記事でご紹介する、簡単なメイク落としのルーティーンに沿って、時間をかけずにメイクを落とし、清潔で健康な肌と共に朝を迎えましょう。

方法 1 の 3:
アイメイクを落とす

  1. 1
    アイメイクリムーバーをコットンに浸す ほとんどのアイメイクは、液体が二層に分かれているタイプのアイメイクリムーバーで落とせるでしょう。この二層タイプのリムーバーは、オイルベースの部分がメイクを溶かし、ウォーターベースの部分がやさしく滑らかにメイクを落とす働きをします。濃いアイメイクを落とすのに、最適です。このタイプのリムーバーは分離しやすいので、使用前は必ずよく振りましょう。[1]
    • ウォータープルーフマスカラやアイライナーを使用した日、または落ちにくいアイメイクをした日は、オイルベースの洗顔料を使いましょう。ウォータープルーフのメイクも溶かすので、肌やまつ毛を擦ったり引っ張ったりしてメイクを落とす必要がありません。[2]
    • 非常に敏感な肌には、クレンジングウォーターを使いましょう。軽いメイクやリキッドアイライナーを落とすことができます。[3]
  2. 2
    閉じた目の上にコットンを20秒置く この時、コットンをやさしく押し付けるようにしましょう。絶対に擦ってはいけません。コットンの位置を動かさず、リムーバーをメイクに浸透させると、最小限の摩擦で簡単にメイクを拭き取ることができます。[4]
  3. 3
    下向きにやさしくメイクを拭き取る[5] 目元の敏感な皮膚を乱暴に扱うと、しわが出来ます。コットンをやさしく肌に押し付けるようにしながら、何度か拭き取りましょう。
    • アイメイクを落とす際は、コットンを下方向に動かし、空いている方の手の指先で眉毛を押さえ、軽く引き上げましょう。目元の皮膚を強く引っ張ることなく、アイメイクを落とすことができます。
  4. 4
    コットンを裏返して汚れの付いていない面で、上方向に拭き取る この方法で、まつ毛の下側のマスカラを落とすことができます。[6]
    • 落ちにくいマスカラがまつ毛に残っている場合は、汚れの付いていないスクリューブラシでまつ毛をとかしましょう。[7]
    広告

方法 2 の 3:
ファンデーションとチークを落とす

  1. 1
    乾燥肌には、500円玉大の洗顔料を使う 指を円を描くように動かしてマッサージをしながら、45秒ほどかけて洗顔料を生え際を含めた顔全体に広げましょう。[8]
    • 髪を高い位置で結んでヘアバンドやピンを使い、髪が顔にかからないようにします。
    • 持ちが良いファンデーション、またはリキッドファンデーションは、洗顔料を使う前にメイク落としで落としておくと良いでしょう。[9]
    • 優しい洗い心地のオイルベース、またはウォーターベースのメイク落としを使いましょう。または、天然のメイク落としであるココナッツオイルを用いても良いでしょう。ココナッツオイルは、水溶性のものを使うとすすぎ残しがありません。[10]
    • 脂性肌や吹き出物が出やすい肌質で、且つ摩擦に敏感でない肌の場合、メイク落としシートを試してみましょう。メイクを落としながら、やさしく肌の角質を除去することができます。[11]
    • メイク落としシートの代わりに、赤ちゃん用のおしり拭きを使ってはいけません。おしり拭きは、赤ちゃんの肌をきれいにするもので、メイクを浮かせて落とすものではありません。[12]
  2. 2
    濡らした顔用スポンジ、洗顔タオル、綿ボールを使って顔を拭く 大体のファンデーションやチークが落ちるはずです。スポンジなどに、落ちた汚れが付着しているでしょう。[13]
    • 髪の生え際、顎の下、耳の周りなどの汚れも落としましょう。[14]
  3. 3
    メイクが完全に落ちない場合は、コールドクリームを使う 生え際に吹き出物がある、または(チアリーダーや俳優などのように)かなり濃いメイクをした場合、厚めにコールドクリームを塗って数分置きましょう。
    • ぬるま湯を含ませた洗顔タオルでコールドクリームを拭き取ると、しつこいメイクもコールドクリームと共に簡単に落ちるでしょう。[15]
    専門家情報
    Luca Buzas

    Luca Buzas

    メイクアップアーティスト
    ルカ・ブザスはロサンゼルスを拠点にメイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト、そしてクリエイティブコーディネーターとして活躍しています。写真撮影、映画、コマーシャル、ウェブコンテンツ関係を中心に7年以上の経験があり、Champion、Gillete、The North Faceからの依頼では、マジック・ジョンソン、ジュリア・マイケルズ、クリス・ヘムズワーズなどの有名人を担当。モダール・インターナショナル学院ハンガリー校にてクローゼットスタイリングの学士号を取得しました。
    Luca Buzas
    Luca Buzas
    メイクアップアーティスト

    敏感肌の人はココナッツオイルを使ってみましょう。メイク落とし剤は効果的ですが、肌が大変敏感な人もいます。ココナッツオイルにはメイク落としと肌の保湿を同時にする効果があります。

    広告

方法 3 の 3:
口紅を落とす

  1. 1
    指でワセリンを厚めに唇に乗せる ワセリンはたっぷり乗せましょう。一度で口紅が落とせるだけではなく、唇を保湿する効果もあります。[16]
    • たっぷり使った後すぐ落とすので、このステップで使用する商品は、高価でなくても構いません。安価なドラックストアの商品で十分です。[17]
    • ワセリンの前にオリーブオイルかココナッツオイルを塗る方法もありますが、唇に乗せるには多少取り扱いが面倒でしょう。
  2. 2
    5分置いてワセリンを浸透させる ワセリンに含まれる油分が口紅の油分を溶かすので、口紅を効果的に落とすことができます。ワセリンに含まれる油分は、水分とは違い、唇の油分を弾かずに引き出します。[18]
  3. 3
    コットンを数秒押し付ける コットンを小さい円を描くように動かし、唇を拭きましょう。コットンを大きく動かすと、顔全体にワセリンがついてしまいます。[19]
  4. 4
    コットンをはがし、ワセリンと口紅を拭き取る 完全ではなくとも、大体の口紅が落ちてコットンについているでしょう。[20]
    • 口紅が落ち切っていない場合は、このステップを繰り返しましょう。唇に残っている口紅を乱暴に擦って取ろうとすると、唇が荒れてしまいます。[21]
  5. 5
    唇の角質を取り、保湿する 角質を除去すると、唇に残った色や皮を取り除くことができます。[22] 唇は保湿すると、柔らかく健康的になり、翌朝に口紅を塗りやすくなります。[23]
    • 唇専用の角質除去剤や、濡らした清潔な歯ブラシ[24]、または黒砂糖と蜂蜜を混ぜたものを使っても良いでしょう。
    • やさしく円を描くようにして、唇の角質を除去しましょう。繰り返しになりますが、唇は乱暴に扱うと皮が剥け荒れてしまいます。[25]
    広告

ポイント

  • 目が非常に敏感な場合は、購入前にメイクアップリムーバーのpH値を調べましょう。涙に含まれるpH値は6.9~7.5なので、pH値の近いリムーバーを使うと刺激が少ないでしょう。[26]
  • 目元の皮膚は、顔の他の部分に比べて薄くて敏感です。目元のメイクを落とす際は、やさしく効果的に落とすことができる、目元専用に作られたリムーバーを使うことが大切です。[27]
  • ウォータープルーフのマスカラを落とす際は、ティーツリーオイルを配合したメイク落としシートを使いましょう。

広告

注意事項

  • 目の中にオイルベースのメイク落としが入ると、一時的に視界がぼやけるので注意しましょう。[28]
  • 目元のメイクを落とす際に、綿ボールを使ってはいけません。柔らかすぎるので、繊維がはがれて目の中に入って取れなくなることがあります。また、洗顔タオルも目元の皮膚には刺激が強すぎるので、目元への使用を控えましょう。[29]
広告

必要なもの

  • ゴム、ピンまたは布製のヘアバンド
  • コットン
  • アイメイクリムーバー
  • メイク落とし
  • 洗顔料
  • 顔用保湿剤
  • ワセリン
  • 洗顔タオル、綿ボール、顔用スポンジ
  1. http://www.refinery29.com/how-to-remove-eye-makeup
  2. http://stylecaster.com/beauty-high/how-to-take-off-your-makeup/#ixzz3gduwplXN
  3. http://beauty.about.com/od/makeuptrickstips/qt/removemakeup.htm
  4. http://www.allure.com/beauty-trends/how-to/2013/how-to-remove-your-makeup
  5. http://www.allure.com/beauty-trends/how-to/2013/how-to-remove-your-makeup
  6. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/removing-makeup/p120962/page7
  7. Read more: http://stylecaster.com/beauty-high/remove-long-last-lipstick/#ixzz3gdwIMSJJ
  8. http://stylecaster.com/beauty-high/remove-long-last-lipstick/#ixzz3gdwIMSJJ
  9. http://colinsbeautypages.co.uk/colin-solves-your-problems-15-removing-make-up-from-dry-skin/
  10. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/removing-makeup/p120932/page4
  11. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/removing-makeup/p120932/page4
  12. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/removing-makeup/p120932/page4
  13. Read more: http://stylecaster.com/beauty-high/remove-long-last-lipstick/#ixzz3gdwIMSJJ
  14. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/removing-makeup/p120932/page4
  15. http://www.gurl.com/2013/05/29/how-to-remove-lipstick/#9
  16. http://www.gurl.com/2013/05/29/how-to-remove-lipstick/#9
  17. http://www.refinery29.com/how-to-remove-eye-makeup
  18. http://www.refinery29.com/how-to-remove-eye-makeup
  19. http://www.allure.com/beauty-trends/blogs/daily-beauty-reporter/2015/03/coconut-oil-makeup-remover.html
  20. http://www.allure.com/beauty-trends/how-to/2013/how-to-remove-your-makeup

このwikiHow記事について

メイクアップアーティスト
この記事はLuca Buzasが共著しています。 ルカ・ブザスはロサンゼルスを拠点にメイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト、そしてクリエイティブコーディネーターとして活躍しています。写真撮影、映画、コマーシャル、ウェブコンテンツ関係を中心に7年以上の経験があり、Champion、Gillete、The North Faceからの依頼では、マジック・ジョンソン、ジュリア・マイケルズ、クリス・ヘムズワーズなどの有名人を担当。モダール・インターナショナル学院ハンガリー校にてクローゼットスタイリングの学士号を取得しました。
カテゴリ: メイク
記事のサマリーX

メイクを落とすには、化粧落としを染みこませた化粧用コットンで、閉じた目の上を20秒ほど押さえます。次に、下に向かってアイメイクを優しく拭いてから、上向きにも軽く拭き取ります。アイメイクを落としてから、毎日使っている洗顔料で乾燥した肌を円を描くようにマッサージします。そして、濡らしたフェイシャルスポンジか綿球で洗顔料を拭き取り、肌を軽く押さえて水気をとりましょう! 化粧落としの選び方のヒントについては、記事を読み進めましょう!

このページは 594 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告