メイクブラシは、定期的に洗うことが大切です。定期的に洗うと、メイクの色が混ざらないだけでなく、ニキビの原因となるバクテリアを除去することができます。幸い、簡単にブラシを洗うことができます。

方法 1 の 3:
石けんと水を使う

  1. 1
    どれくらいの頻度で洗うべきかを知っておきましょう。メイクブラシを清潔に保つと、ブラシを洗う際に、多くの時間と労力を省くことができます。ファンデーションブラシやパウダーブラシのような頻繁に使うブラシは、あまり使わないブラシよりこまめに洗う必要があります。ブラシごとの洗浄頻度は次の通りです。[1]
    • ファンデーションおよびパウダーブラシ:週に1回
    • アイシャドウやコンシーラー用のブラシ:2週間に1回
    • その他のブラシ:月に1回
    専門家情報
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    ブラシを洗う頻度は、使用する化粧品の種類にも左右されます。 認定美容師、ローラ・マーティンさんからのアドバイスです。「リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っている場合は、それに使うブラシを毎日洗いましょう」

  2. 2
    ブラシの毛の部分を流水(ぬるま湯)で洗います。ブラシの毛を束ねている接着剤が劣化するので、ブラシの柄の留め金の内側を濡らさないように気を付けましょう。ブラシに付着した化粧品がほとんどなくなるまで、流水で毛をしっかりすすぎます。流水をあてる際は、必ず毛を下に向けます。柄の留め金の内側に水が入り込むと、ブラシの劣化につながります。
    • ブラシが傷むので、熱湯を使うのはやめましょう。
    • 毛の中心部にも水があたるように、毛を分けて動かしながら洗いましょう。
  3. 3
    ブラシを浸して洗う場合は、小さなボウルやコップに水を溜めましょう。およそ50mlのぬるま湯が必要です。ブラシの毛が傷むので、熱湯を使うのはやめましょう。
    • 石けんを毛に直接つけてもかまいません。ブラシがひどく汚れている場合は、このほうが洗いやすいでしょう。
  4. 4
    ブラシを浸して洗う場合は、溜めたぬるま湯にベビーシャンプーを加えます。小さじ1杯のベビーシャンプーをぬるま湯に注ぎ、泡を立てないようにそっと混ぜましょう。[2]
    • ベビーシャンプーがなければ、代わりに液体タイプのカスティール石けんを使います。[3]
  5. 5
    ブラシを石けん水に浸してくるくる回します。石けん水がブラシの柄にまで浸透しないように、毛先半分だけが水に浸るようにしてブラシで円を描きましょう。
    • ボウルを使わない場合は、指を使って毛に石けんを含ませます。
  6. 6
    ブラシをボウルの石けん水から取り出します。指で毛をやさしく揉んで石けん水を浸み込ませ、化粧品や汚れをほぐします。
  7. 7
    流水(ぬるま湯)で毛をすすぎます。すすいだ水が完全に透き通るまで、流水の下で毛を揉みながらすすぎましょう。ブラシの柄を濡らさないように注意します。
    • きれいになるまで、洗浄とすすぎを何回か繰り返す必要があるかもしれません。すすいだ水がひどく濁っている場合は、ブラシをもう一度洗いましょう。
    • 毛をすすいだ水が透き通るまでは、ブラシが完全にきれいになったとは言えません。
  8. 8
    タオルで軽く乾かします。タオルで優しく水分を落としましょう。濡れた毛をタオルで包み、指でそっと絞ります。[4]
  9. 9
    毛の形を整えます。毛が変形した場合は形を整える必要があります。指を使って、毛をまっすぐに伸ばす、広げる、引っ張るなどして、元の形に戻しましょう。
  10. 10
    ブラシを乾かします。白かびが発生するので、タオルの上に寝かせて乾かすのはやめましょう。毛の部分が端からはみ出すように、テーブルの上にブラシを置いて乾かします。[5]
  11. 11
    毛をほぐします。毛が完全に乾いたら、少しほぐしましょう。これでいつでもブラシを使うことができます。
    広告

方法 2 の 3:
油性の化粧品を落とす

  1. 1
    ブラシを確認します。クリームタイプの化粧品に使ったブラシは、石けんと水だけでは汚れを落としきれません。特に、長期間ブラシに付着していた汚れをほぐすためには、オイルを使う必要があります。
  2. 2
    キッチンペーパーにオイルを少量たらします。折りたたんだキッチンペーパーにオイルを少量たらしましょう。軽めのオリーブオイルやアーモンドオイルを使うことができます。[6] オイルを含ませた部分にブラシをあて、円を描くように動かします。ブラシをオイルに浸けるのはやめましょう。[7] キッチンペーパーの上で、ブラシをそっと前後に動かして汚れをほぐします。
  3. 3
    ブラシの毛を流水(ぬるま湯)ですすぎます。必ずブラシの先を下に向けて流水にあてましょう。毛の根元を濡らさないように注意します。留め金が錆びたり中の接着剤の粘着力が弱くなったりする場合があります。汚れがほとんどなくなるまで、流水で毛をすすぎましょう。
    • 熱で毛が劣化する恐れがあるので、熱湯を使うのはやめましょう。
  4. 4
    手のひらにベビーシャンプーを出します。ベビーシャンプーがなければ、代わりに液体タイプのカスティール石けんを使いましょう。
    • 再度使う必要があるかもしれないので、石けんを近くに置いておきます。多くの場合、ブラシを複数回洗う必要があります。
  5. 5
    手のひらでブラシをくるくる回します。手のひらに出したシャンプーを毛に含ませます。円を描くようにブラシをそっと動かしましょう。手のひらに毛をあてたまま動かすと、シャンプーが汚れてくるのがわかるでしょう。これは、毛から汚れが染み出しているからです。
  6. 6
    流水(ぬるま湯)でブラシをすすぎます。指で毛をやさしく揉みながらシャンプーを流します。繰り返しますが、毛とブラシの柄の境目を濡らさないようにしましょう。水が透き通るまですすぎ続けます。
    • ブラシがひどく汚れている場合は、複数回洗う必要があるかもしれません。すすいだ水が濁っているようなら、再度石けんでブラシを洗ってから再びすすぎましょう。ブラシをすすいだ水がきれいになるまで、洗浄とすすぎを繰り返します。
  7. 7
    毛を軽く乾かし、必要に応じて形を整えます。水が濁らなくなったらすすぐのをやめて、タオルで毛をそっと包みます。指で余分な水分を絞りましょう。タオルを取り外し、必要であれば毛の形を整えます。毛をそっと押したり、広げたり、1か所にまとめたりして整えます。できるだけ元の形に近づくように整えましょう。
  8. 8
    ブラシを横にして乾かします。白カビが発生するので、ブラシをタオルの上で乾かすのはやめましょう。代わりに、ブラシの毛の部分が端からはみ出すように、テーブルや台の上にブラシの柄を寝かせて置きます。
  9. 9
    毛をほぐします。ふわっとした柔らかいブラシは、乾いた後でも部分的に毛がくっついてしまうことがあります。このような場合は、ブラシを手に持ち毛を素早く弾いてほぐしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
ブラシを手入れして清潔に保つ

  1. 1
    ブラシを立てて乾かさないようにします。水分が柄の部分に浸透し、錆びたり腐ったりすることがあります。さらに、毛を固定している接着剤が劣化することもあります。[8]
    • 完全に乾いたブラシは、立てて保管しても安心です。
  2. 2
    ドライヤーやアイロンをブラシに使うのはやめましょう。ドライヤーやアイロンで高熱をあてると繊維が傷みます。これは、クロテンやらくだなどの天然の毛であっても同様です。メイクブラシは人毛よりも傷みやすいので注意しましょう。[9]
  3. 3
    風通しの良い場所で乾かします。浴室などの締め切った場所でブラシを乾かすと、毛に十分な空気が行き渡らず、白カビが発生することがあります。その結果、気持ち悪いことに毛がカビ臭くなってしまいます。[10]
  4. 4
    ブラシを正しく保管します。ブラシが乾いたら、コップに立てるか横に寝かせて保管しましょう。毛が曲がるので、毛先を下に向けて保管するのはやめましょう。[11]
    • ブラシをバッグに入れて持ち運ぶ場合は、化粧ブラシケースやブラシ専用のポーチなどに収納したうえでバッグに入れましょう。
  5. 5
    ブラシを殺菌しましょう。ブラシを乾かす前や洗う前に酢水で殺菌します。毛が乾けば酢の強烈なにおいは消えるので心配はいりません。小さいボウルかコップに水と酢を2対1の割合で混ぜます。ブラシの毛と柄の境目を濡らさないように注意しながら、ブラシを酢水の中でくるくる回します。きれいな水ですすいでから乾かしましょう。[12]
    広告

ポイント

  • ベビー用おしり拭きやコットンは、ブラシや化粧入れを拭くのに便利です。
  • メイクブラシの手入れに、メイク落としシートを使うこともできます。
  • できれば、ブラシは吊り干ししましょう。大型の洗濯クリップや洗濯ばさみで挟んで吊るします。
  • 食器用洗剤、アーモンドオイル、オリーブオイル、酢を含んだオイル、角質除去剤など、強い香りや残留物を残す洗浄剤を使うのは避けましょう。ブラシの劣化につながります。
  • 楽にブラシを洗うために、メイクブラシ洗浄洗濯機を購入する方法もあります。高価なものですが、これを使うとブラシの洗浄が簡単です。[13]

広告

注意事項

  • 特にパウダー用ブラシの場合、ブラシが完全に乾いてから使いましょう。少し湿っているだけでも、メイクが台無しになってしまいます。
  • ブラシを熱で乾かすのはやめましょう。自然乾燥します。
  • ブラシを水に浸けるのは避けましょう。柄の接着剤が劣化します。
広告

必要なもの

  • ベビーシャンプーまたは液体タイプのカスティール石けん
  • 軽めのオリーブオイルまたはアーモンドオイル(汚れのひどいブラシを洗う場合)
  • タオル

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

片方の眉を上げる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

眼鏡を調整する

How to

血管を浮き上がらせる

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

ローズウォーターを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

鼻を細く見せる

How to

顔の赤みを取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む40人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,505回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 1,505 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告