メイク用スポンジを洗う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:液体石鹸で洗う固形石鹸で洗うスポンジを保管し、取り替える9 出典

ビューティブレンダーなどのメイク用スポンジは、抗菌性が高い上に繰り返し使えるので、一般的な使い捨てのパフと比べて環境にやさしいスポンジです。繰り返し使えますが、他のメイク道具と同じように定期的に洗う必要があります。毎日または週に一度、液体石鹸か固形石鹸で洗いましょう。

1
液体石鹸で洗う

  1. 1
    ぬるま湯で湿らせる 石鹸の泡を浸透させるために、スポンジを湿らせておきましょう。流水(ぬるま湯)でスポンジを洗ったら、絞って余分な水分を取り除きます。
    • スポンジは水を含ませすぎず、湿らせる程度にしましょう。[1]
  2. 2
    液体石鹸で洗う 液体石鹸はベビーシャンプーや食器用洗剤などから、低刺激のものを選びましょう。スポンジに少量つけて、指で揉みこみましょう。スポンジが液体石鹸を吸収したら、流水(ぬるま湯)ですすぎ、絞って余分な水分を取り除きましょう。絞った時にスポンジから出る水に濁りがなくなるまで、この工程を繰り返します。
    • 繰り返し使えるメイク用スポンジは吸水性が高いので、メイクも奥まで入り込んでいます。全ての汚れを除去するには、この工程を何度か繰り返す必要があるでしょう。
    • 指で液体石鹸をスポンジに揉みこむ代わりに、手のひらに液体石鹸を乗せ、スポンジを両手で転がすようにしても良いでしょう。
    • 中には、専用に作られた液体石鹸と共に購入できるものもあります。刺激の少ないベビーシャンプーや食器用洗剤で代用しても良いでしょう。[2]
  3. 3
    乾かす スポンジがきれいになったら、余分な水をすべて絞りしょう。タオルで包んで絞ると、更に水分を取り除くことができます。スポンジがほぼ乾いた状態になるまで、水分を絞り出しましょう。必要であれば、スポンジを一晩置いて乾かしても良いでしょう。スポンジは乾くと元の大きさに縮みます。[3]

2
固形石鹸で洗う

  1. 1
    スポンジと固形石鹸を湿らせる スポンジを流水(ぬるま湯)にさらして濡らします。石鹸は香料を含まない低刺激なものを選びましょう。石鹸も同じく流水(ぬるま湯)にさらしてから両手で包んで、指と手のひらが泡で覆われるまで泡立たせましょう。
    • 中には、専用に作られた固形石鹸と共に購入できるものもあります。香料を含まない低刺激の固形石鹸で代用しても、スポンジを傷めることなく洗うことができます。[4]
  2. 2
    泡を揉み込みすすぐ スポンジに石鹸の泡を揉み込みましょう。スポンジが泡を吸収したら、流水(ぬるま湯)でよくすすぎ、絞って水分を取り除きます。絞った時にスポンジから出る水に濁りがなくなるまで、この工程を繰り返しましょう。
    • 石鹸にスポンジを直接こすり付けても良いでしょう。
    • スポンジに含まれた石鹸は、すすいで完全に落としましょう。[5]
  3. 3
    自然乾燥させる 汚れと石鹸が落ちたら、スポンジを絞って水分を取り除きます。洗面台に乾いたタオルを敷き、吸収性のある面を下にしてスポンジを置きましょう。スポンジが元の大きさまで縮んだら、スポンジが乾いたサインです。[6]

3
スポンジを保管し、取り替える

  1. 1
    スポンジは個別に保管する メイク用スポンジをきちんと保管すると、劣化を抑えて長持ちさせることができます。また、スポンジ内部でバクテリアが繁殖するのを防ぐので、吹き出物の予防にもつながります。
    • 涼しく風通しが良く、明るい場所でスポンジを保管しましょう。引き出しの中、洗面所の棚、ポーチの中での保管は避けましょう。
    • 新鮮な空気や殺菌作用のある光に触れることができる、洗面所の清潔な石鹸受けの上で保管すると良いでしょう。
    • 持ち歩く場合は、スポンジのみをメッシュタイプのポーチに入れましょう。スポンジは吸水性が高く柔らかいので、他のメイク道具、尖ったもの、さらには細菌もいっぱいのポーチには入れてはいけません。[7]
  2. 2
    スポンジを洗い、取り替えることで、吹き出物を予防する 繰り返し使うことのできるメイク用スポンジは抗菌性が高いものもあり、何度も使えるように作られています。しかし、きちんと手入れをしなかったり、頻繁に取り替えなかったりすると、バクテリアが付着して劣化します。
    • 週に一度は洗い、吹き出物ができやすい人は使用する度に洗いましょう。
    • スポンジは3~4ヶ月毎に取り替えましょう。[8]
  3. 3
    一般的なスポンジは、使用する度に捨てる 一般的なスポンジやパフは、繰り返し洗って使うことはできません。こういったスポンジは炎症や吹き出物の原因になるバクテリアの住みかになります。一度使用したら必ず捨て、洗って再使用してはいけません。
    • 繰り返し使えるメイクスポンジには、抗菌性のあるスポンジかビューティブレンダーなどが該当します。[9]

ポイント

  • 扇風機を使うと、洗ったスポンジをさらに早く乾かすことができます。
  • スポンジの汚れが完全に落ちるまで、繰り返し洗いましょう。

注意事項

  • 食器用洗剤にアレルギーのある場合は、使用しないで下さい。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: メイク | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Clean Makeup Sponges, Español: limpiar esponjas de maquillaje, Italiano: Lavare le Spugnette per il Makeup, Русский: очищать спонжи для макияжа, Português: Limpar as Esponjas de Maquiagem, Deutsch: Makeup Schwämmchen reinigen, Bahasa Indonesia: Membersihkan Spons Rias, Français: laver des éponges à maquillage, Nederlands: Een make upspons schoonmaken, العربية: تنظيف إسفنجات الماكياج

このページは 910 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?