メガネの洗浄方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

一般的に、メガネはそれほど安くはないため、しっかりと手入れをして、良い状態を保つことが重要です。幸いなことに、メガネの洗浄は、短時間でかつ簡単にできます。メガネを洗うのに最もよい方法は、お湯と食器用洗剤で洗うことです(流し台に行き、泡立てながらメガネを洗いましょう)。外出時には、スプレークリーナーやウェットシートなどで手入れをしましょう。メガネの洗浄を日課とすることで、クリアな視界を維持することができ、また、メガネの見た目も新しくきれいな状態を保つことができます。

方法 1 の 3:
お湯と食器用洗剤を利用する

  1. 1
    メガネを洗浄する前に手を洗う 石鹸とお湯で手を20秒間洗います。石鹸は、洗い流した後にヌルヌル感が残らないものを使いましょう。洗浄後に、ホコリ、油分、手垢などの汚れが手に付着していないことを確認してから、メガネの洗浄に取り掛かります。[1]
  2. 2
    お湯でメガネをすすぐ 蛇口から適量のお湯を出してメガネをすすぎます。メガネを動かしながらすすぎ、レンズの表裏、フレームやつるなどにお湯がかかるようにします。[2]
    • 熱湯は、レンズ、レンズの保護コーティング、フレームなどに良くありません。必ず、熱湯ではなくお湯を使いましょう。
  3. 3
    指先を使って、レンズの上で食器用洗剤を丁寧に泡立てる 少量の食器用洗剤を各レンズに垂らします。洗剤は、すすいだ後にヌルヌル感が残らないものを選びましょう。指先を使って、両方のレンズの上で優しく円を描くように洗剤を泡立て、フレーム、つるへと泡立てた洗剤を行き渡らせます。[3]
  4. 4
    綿棒または柔らかい歯ブラシで鼻パッドを掃除する 鼻パッドとその周辺のフレームの隙間を優しく擦ります。歯ブラシを用いる場合は、必ず毛先の柔らかいものを選びましょう。[4]
    • 毛先の柔らかい歯ブラシを利用したとしても、レンズを傷つけないように気をつけましょう。レンズとフレームの隙間にゴミやホコリが溜まっている場合は、綿棒を使ってほぐしましょう。
  5. 5
    洗剤を洗い流す 再びメガネを蛇口の下に持って行き、水で洗剤の泡を洗い流します。すすぎ残した洗剤は汚れの原因となるため、洗剤が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。[5]
  6. 6
    水を切って、レンズがきれいになっていることを確認する 蛇口の水を止め、注意深くメガネを振って、水を切ります。メガネがきれいになっているかを確認して、まだ汚れが残っている場合は、再度洗浄しましょう。[6]
  7. 7
    マイクロファイバークロスでメガネを拭く マイクロファイバークロスでレンズの両面を覆います。指先で優しく円を描くようにレンズに残った水分を拭き取り、同様にもう一方のレンズの水分も拭き取ります。続いて、鼻パッド、フレーム、つるに残った水分を拭き取り、磨きましょう。[7]
    広告

方法 2 の 3:
外出時にメガネを洗浄する

  1. 1
    メガネにメガネクリーナーをたっぷりと吹きかける スプレー式のメガネクリーナーは、薬局やメガネ販売店などで購入できます。流し台と食器用洗剤を利用できない状況にいる場合は、メガネクリーナーを大量に吹き付けて、レンズに付着したホコリやゴミを洗い落とします。[8]
    • メガネ販売店によっては、スプレー式のメガネクリーナーを試供品として提供してくれるかもしれません。
    • レンズに反射防止コーティングがされている場合は、必ず、反射防止コーティング対応のメガネクリーナーを使用しましょう。
  2. 2
    マイクロファイバークロスでクリーナーを拭き取る メガネにクリーナーを吹き付けた後は、クリーナーを丁寧に拭き取ります。マイクロファイバークロスでレンズの両面を覆います。指先で優しく円を描くようにして、レンズに付着しているクリーナーを拭き取ります。続いて、フレームとつるもクロスで拭き上げます。[9]
  3. 3
    使い捨てのメガネ専用ウェットシートでレンズを拭く 外出時には、メガネ専用のウェットシートを利用してもよいでしょう。レンズにそっと息を吹きかけて、ホコリやゴミを取り除き、ウェットシートで優しく円を描くようにレンズを拭きます。拭いた後は、マイクロファイバークロスで、残った水分を拭き取ります。[10]
    • 必ず、メガネ専用と表記されているウェットシートを利用しましょう。レンズに反射防止コーティングがされている場合は、ウェットシートが反射防止コーティングに対応しているかを確認しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
メガネを適切に取り扱う

  1. 1
    毎朝、また必要に応じてメガネを洗浄する メガネの洗浄を朝の日課のひとつとしましょう。1日を通して、メガネの状態に気を配り、必要に応じて手入れをしましょう。[11]
    • メガネをきれいで汚れがない状態に維持することで、レンズに傷がつきにくくなります。
  2. 2
    メガネをかけないときは、ハードケースにしまう メガネをハンドバッグやカバンにそのまま入れたり、表面が硬いところにレンズ面を向けて置いたりせずに、かけないときは、ハードケースにしまいましょう。ケースが大きすぎると、中でメガネが動いてしまい、傷ついたりや破損したりする恐れがあるため、メガネのサイズに合ったケースを選びましょう。[12]
  3. 3
    こまめにマイクロファイバークロスを洗う マイクロファイバークロスは油分、ゴミ、ホコリなどを吸着します。そのため、2、3回使用したら洗濯しなければなりません。クロスによっては洗濯機で洗うことができるものもあります。クロスの洗濯方法を確認して、それにしたがって洗いましょう。[13]
    • クロスが洗濯機で洗うことができない、あるいは洗濯機で洗えるかどうか分からない場合は、食器用洗剤で手洗いして絞り、干して自然乾燥させましょう。[14]
  4. 4
    シャツ、ティッシュ、ペーパータオルなどでメガネを拭かない シャツ、ティッシュ、ペーパータオルなどは細かい繊維を含んでおり、この繊維がレンズを傷つける可能性があります。また、レンズが乾いている状態で拭くことも傷の原因となることに注意しましょう。[15]
    • メガネに息を吹きかけて、シャツで拭く方法は便利に思えますが、簡単にレンズを傷つけてしまいます。
    広告

注意事項

  • 熱湯、アセトン、唾液、家庭用ガラスクリーナー、その他強力な洗剤をメガネの洗浄に使わないようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 1,221 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告