PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ウエストを測りたいのにメジャーが手元にないという時でも、焦る必要はありません。紐、定規、お札、コピー用紙、または自分の手を使えば、すぐにでも正確にウエストを測ることができます。

方法 1 の 2:
紐でウエストを測る

  1. 1
    服を脱ぐかまくり上げる 厚みのある服や下着を着たままだと正確に測れないので、何も着ていない状態でウエストを測るのが理想的です。[1]
  2. 2
    正確なウエストの位置を確かめる ウエストの正確な位置は胸郭と腰の間です。鏡に映して見ると、上体のやや細くなっている部分で、だいたいは臍のすぐ上です。[2]
    • ウエストの位置が分かりにくい場合は、体を片側に少し曲げてみましょう。その時にできる皺の位置が、あなたの自然なウエストラインです。
  3. 3
    ウエストの周りに紐を巻く 正確なウエストの位置が分かったら、紐を1本用意して腰に巻きましょう。床と平行になるように真っすぐ持ち、きつすぎない程度に体にぴったり密着させます。[3]
    • 紐がない場合は、デンタルフロスなどの糸や毛糸を使うこともできます。
    • お腹をへこませないようにします。へこませると正確なウエストが測れません。
  4. 4
    息を吐いた時の紐の長さに印をつける ウエストに紐を巻いたら、紐の交わる部分を指でつまむか、切りましょう。息を吐くとお腹が若干膨らむので、ウエストを測る際は、息を吸うのではなく吐きます。[4]
    • ハサミがない場合は、油性マジックで紐の交わる部分に印をつけます。
  5. 5
    物差しや定規で紐の長さを測る 紐を平らに真っすぐ伸ばし、定規や物差しで長さを測りましょう。定規を使う場合、1回だけでは全長を測れないかもしれません。その時は、定規の最後のメモリの位置に指を置き、定規を動かしてそこからまた測るという具合に、数回ずらして測る必要があります。[5]
    • 紐の長さを測る時は、完全に真っすぐ伸ばして定規の横に並べましょう。そうしないと、実際のウエストよりもやや短い測定結果になってしまいます。
    広告

方法 2 の 2:
家にあるものを使って測る

  1. 1
    千円札をウエストに巻きつけて枚数に15をかける 千円札は全て、縦が7.6センチ、横が15センチです。千円札を数枚テープでつなぎ合わせてウエスト周りに巻きつけましょう。必要な枚数に15をかければ、おおよそのウエストを測ることができます。[6]
    • 例えば、ウエストに巻きつけるのに4枚の千円札が必要なら、ウエストの長さは、4に15をかけて60センチということになります。
    • ウエストに巻きつけた最後の千円札が、最初の千円札と重なった場合は、半分か3つに折ってその長さを出します。最後の千円札を半分に折った場合、その長さは7.5センチ、3つに折った場合は、5センチということになります。[7]
  2. 2
    A4のコピー用紙を使ってウエストを測る A4コピー用紙の寸法は、縦が29.7センチ、横が21センチです。横の寸法(21センチ)を用いると、整数なので計算しやすいでしょう。コピー用紙の端をテープでつなぎ合わせてウエストに巻きつけます。必要なコピー用紙の枚数に21をかければ、おおよそのウエストを測ることができます。[8]
    • 必ず、JIS規格に則ったA4のコピー用紙を使いましょう。A4のコピー用紙よりも寸法が長い、または短い場合、上記の計算方法ではウエストの正確な長さを出すことができません。
    • A4のコピー用紙をつなげて腰に巻きつけた時、最後の1枚が長すぎる場合は、半分か3つに折って長さを出します。A4コピー用紙の横の寸法(21センチ)を用いる場合、半分は10.5センチ、3分の1は7センチです。この数字を最後に足せば、ウエストを測ることができます。
  3. 3
    手でおおよそのウエストを測る 手のひらをいっぱいに広げた時の親指の先から小指の先までの長さは、成人でだいたい20センチ前後です。また、人差し指の先から第一関節までの長さは、人によりますが約2~2.5センチです。こうした知識があれば、手や指を使ってウエストを測ることもできます。[9]
    • 紐を使ってウエストを測った場合で、定規が手元にないときは、手で紐の長さを測ることができます。最初の手の位置に印をつけたら、手をずらし、また印をつけてずらすという行程を繰り返して全長を測りましょう。
    • ただし、この方法で測った長さは正確ではないこと、背の高さや低さによって手の大きさが異なることを念頭に置きましょう。したがって、自分の手のひらの幅を予め測ってから、ウエストを測定する必要があるでしょう。
    広告

必要なもの

  • 紐、デンタルフロス、毛糸
  • ハサミ
  • 油性マジック
  • 定規または物差し
  • 千円札
  • テープ
  • A4のコピー用紙

関連記事

2週間で10キロ痩せる2週間で10キロ痩せる
10日間で5kg痩せる10日間で5kg痩せる
手術なしで二重を手に入れる手術なしで二重を手に入れる
肌を厚くする肌を厚くする
ミントの葉からオイルを抽出する
自傷跡を隠す自傷跡を隠す
1日のスケジュールに従って行動する1日のスケジュールに従って行動する
自然に痩せる自然に痩せる
アニメ中毒を克服するアニメ中毒を克服する
自然に体重を落とす自然に体重を落とす
肌を黒く焼く肌を黒く焼く
大きな胸を小さく見せる大きな胸を小さく見せる
顔の肌を滑らかにする顔の肌を滑らかにする
自傷行為による傷跡を消す自傷行為による傷跡を消す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は6,179回アクセスされました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 6,179 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告