交際相手がいる場合、その相手が日ごろどのように人とメッセージのやり取りをしているか、様子が分かるはずです。メッセージを送る頻度が増えたり、特定の相手とばかりやりとりをしていたりすると、浮気を疑う気持ちが芽生えるのではないでしょうか(それは当然のことです)。この記事では、相手の行動が行き過ぎたものであるかどうかを判断する基準が分かります。

方法 1 の 6:
他の人とメッセージを送り合うのは浮気になるか

  1. 1
    特別な感情を持った関係になれば、浮気になります。1日に数回、友達や同僚にメッセージを送るのは、恐らく問題ないでしょう。その関係は友人関係や健全な関係の領域を越えるものではありません。毎日のようにメッセージを送り合う仲になり、実際の恋人よりもメッセージの相手の方に感情的に依存し始めると問題です。[1] [2]
    • 例えば、「君だけが僕のことを理解してくれる」「今日の君はすごく綺麗だ」「愛しているよ」といったメッセージは、一線を越えていると判断できます。
    • 性的な内容のメッセージを送っている場合も問題があります。
    広告

方法 2 の 6:
交際相手が他の人とメッセージをやり取りしていたらどうするか

  1. 1
    交際相手に、2人の関係性を聞きます。誰かほかの人とメッセージのやり取りをしているからといって、それが必ずしも浮気とは限りません。メッセージの相手がただの友達や知り合いの場合もあります。しかし、コソコソしたり、メッセージの中身をあなたに見られないようにしたりする場合は、要注意です。[3]
    • 誰にでもプライバシーを守る権利があり、交際相手の電話は100%いつでも見せてもらえるものではありません。 しかし、安心するために会話の中身を見せてほしいとお願いするのは問題ありません。

方法 3 の 6:
メッセージが原因で関係が壊れることがあるか

  1. 1
    場合によっては別れるカップルもいます。残念ながら、メッセージによる浮気は手軽にできます。夜中に家を抜け出したり、残業を装ったりするのに比べて、メッセージのやり取りは家でくつろぎながらでもできます。メッセージのやり取りは必ずしも悪いことではありませんが、浮気のきっかけを簡単に作ってしまいます。[4]
    • メッセージのやり取りや心の浮気なら、肉体的な浮気ほど問題ではないと考える人もいます。しかし、どちらをされても傷つくのは変わらないため、いかなる浮気に対してもあなたが耐える必要はありません。
    広告

方法 4 の 6:
何を浮気と判断するか

  1. 1
    それはあなたとあなたの相手次第です。カップルの関係はそれぞれ異なり、浮気の判断基準も違います。肉体関係を持たない限り、異性と遊ぶのを許容する人もいれば、ただ2人で遊ぶだけで浮気だという人もいます。交際相手とじっくり話し、許せることとそうではないことの線引きについて、お互いに納得できる考えをまとめましょう。[5]
    • 多くの人の場合、1日に1、2回のメッセージのやり取りであれば気にしませんが、毎日朝から晩までやり取りするのは問題だと考えます。
    • あなたか、あなたの交際相手のいずれかが、あなたのメッセージの送り相手に関する話を避けたり、交際相手に隠して2人のプライベートな話を詳細に誰かにメッセージしたりするのは、恐らく許容範囲を越えています。[6]

方法 5 の 6:
心の浮気とは何か

  1. 1
    それは交際相手以外と心のつながりを築くことです。そのような相手は、例え肉体関係を持たなくても、友達以上の存在であると言えます。誰かと心の絆を構築すると、その相手に対しては自分の気持ちに素直になれたり、交際相手にも隠していることを言えたりします。[7]
  2. 2
    心の浮気は友人関係以上のものです。交際相手の他に友達を持つことは重要(そして健全)です。あなたやあなたの交際相手に親しい友達がいても、全く問題ではありません。それがより親密で感情的な結びつきに発展し、恋愛関係に近づいた場合に浮気の領域に至ります。[8]
    • 例えば、友達に1週間に1、2回メッセージを送ったり、1か月に数回遊んだりするのは通常です。
    • 特別な相手になると、毎日メッセージを送ったり、交際相手との時間を犠牲にしてでも、できるだけ会う頻度を増やそうとしたりします。
    広告

方法 6 の 6:
何を浮気の兆候と判断するか

  1. 1
    電話を隠したがります。電話にパスワードを設定したり、電話を貸してほしいとお願いすると嫌がったりするでしょう。突然電話を隠したがるようになった場合、あなたに見られたくない何かがあるのかもしれません。それだけで浮気の確証は得られませんが、かなり危険信号です。[9]
  2. 2
    相手と時々連絡が取れなくなります。電話が電池切れだった、会議中だったなど、あなたにも嘘だとわかる言い訳をしてくるかもしれません。交際相手と連絡が取れなくなる時間がある場合、その間に何かいかがわしいことをしている可能性があります。そのようなことが1週間に複数回起こるようだと、より疑惑が増します。[10]
  3. 3
    あなたとの親密度が下がります。これは感情的にも肉体的にも言えます。会話が減った、あるいはセックスの頻度が減ったと感じる場合、交際相手は別のところで欲求を満たしている可能性があります。100%浮気だとは言い切れませんが(他のことが理由の可能性もあります)、危険信号です。[11]
    • うつになると口数が減ったりセックスへの欲求が減ったりします。そのほかの兆候がない場合は、浮気を疑って責める前に相手の様子を確かめましょう。
    広告

ポイント

  • 相手が浮気をしているようであれば、話し合いの場を持ちましょう。そうすることで全てが明るみに出て、あなたが次にとるべき行動を考えられるようになります。
広告

関連記事

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
女の子が自分に気があるかどうかを見極める女の子が自分に気があるかどうかを見極める
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
女性に愛撫する女性に愛撫する
彼女との電話の会話を続ける彼女との電話の会話を続ける
フレンチキスをする
彼氏の気を引く彼氏の気を引く
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
彼氏を信頼する彼氏を信頼する
心の浮気を見抜く心の浮気を見抜く
彼が本当に愛してくれているか知る彼が本当に愛してくれているか知る
彼に許してもらう彼に許してもらう
いい彼氏になるいい彼氏になる
広告

このwikiHow記事について

Tara Vossenkemper, PhD, LPC
共著者 ::
Tara Vossenkemper, PhD, LPC
wikiHow共著者の一人、Tara Vossenkemper, PhD, LPCがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 99 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告