メッセージでの会話を上手に終わらせる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

頻繁にメッセージで連絡を取り合う人にとっても、やり取りをする際のマナーを取り入れることは必ずしも簡単ではありません。失礼のないようにメールのやり取りを終えたい、またはグループチャットから退出したい場合、方法がいくつかあります。丁寧に一言断ってから退出する、後で話す予定を立てる、今は忙しくて話している時間がないことを伝えることで、誰の気持ちを傷つけることもなく会話を終えることができるでしょう。

方法 1 の 3:
失礼のないように会話を終える

  1. 1
    今からやることがあると伝えて席を外す メッセージを何通かやり取りした後は、「今からジムに行くところなんだ。連絡くれてありがとう!」のように伝えて会話を終えましょう。相手は、少しの間あなたからの返信がないだろうと感じ取ってくれるでしょう。[1]
    • 連絡している相手によって、返信内容を変えましょう。同僚と話している場合は、「今から夕食を作るんだ。また月曜日にオフィスでね!」のように伝えてもいいでしょう。
  2. 2
    今話せない理由を伝える 会話を終えるために、「今は仕事中だから、また後で話そう!」と言うだけでいい時もあります。たいていの人は、本当の理由を伝えれば分かってくれます。[2]
    • 例えば、家にいる時には「玄関に誰か来たみたい。また後で話そう!」と言えます。
    • 車に乗るときには「運転中だから、また後で!」と簡単なメッセージを送ることができます。
    • 自分の予定や今話せない理由について嘘をつくことは避けましょう。大半の場合、相手はあなたが正直でないと気付きますし、それで機嫌を損ねてしまう可能性があります。
  3. 3
    夜遅い場合は、もう寝ると伝える 寝るために会話を終えることに関しては、たいていの人が理解してくれます。疲れてきたなと感じたら、相手にもうすぐ寝ることを伝えましょう。話している間に寝てしまうと失礼に思われるかもしれないので、避けた方がいいですね![3]
    • 次にいつ話せるか分かっている場合は「もう寝なきゃ……また明日ね!」のように伝えることができます。
    • 頻繁に連絡することが難しい相手の場合は「すごく眠くなってきたから、今週末にまた話そう!」と伝えて、数日後に電話やビデオ電話をする予定を立てることもできます。
  4. 4
    状況に合っていれば絵文字を1、2個送る 相手が普段よく会う人であれば、次に会うまで会話を保留にしておくために、絵文字を使うのはとても良い方法です。ただ、送信ボタンを押す前に、相手のメッセージへの返信に適した絵文字かどうかの確認を忘れないようにしましょう。[4]
    • 例えば、ルームメートから「夕食にピザを買って帰るね!」とメッセージが来たら、「目がハート」の絵文字や「いいね」の絵文字を返信として送って、メッセージを読んだことと楽しみにしている気持ちを伝えましょう。
    • 友達や家族から「今ヒマ?」や「後で話せる?」とメッセージが来たら、自分の返答に応じて「いいね」または「よくないね」の絵文字で返信することができます。
    • 会話が始まる前に終わらせたい時には良い方法です。言葉で返事をしていないので、相手もあなたの返信に返事をしないといけないと思わなくてすむでしょう。
  5. 5
    何も言うことがなければ、返信をせずに待つ 長時間連絡を取り合っていて何も伝えることがない場合は、すぐに返信をせずに待ちましょう。既読無視をしていると思われないように、15~30分以内で何か伝えたいことがないかを考えます。[5]
    • 何も言うことがない場合は、後で話す予定を立てるか、今は忙しいと伝えて会話を終えましょう。
    • 受信したメッセージにはすぐに返信しないといけないと焦る必要はありません。何も言うことが思いつかない場合は、伝えたくなるような重要なことや面白いことを思いつくまで待つのが得策な場合もあるのです。
    広告

方法 2 の 3:
好きな人との会話を終える

  1. 1
    かわいいメッセージや絵文字を使って、思わせぶりな雰囲気で会話を終える 好きな人とのメッセージを終える場合は、重くせずにかわいく終えましょう!「キスする顔」の絵文字や「目がハート」の絵文字を使って、話せなくても相手のことを思っていることを伝えましょう。[6]
    • 寝る前には「おやすみ。また明日話せるのが楽しみ!」「よく寝てね!」のように伝えましょう。
    • 話す時間ができた時に、別の内容で会話をしたい場合は、「今は話す時間がないんだけど、ドレイクの新しいアルバムどう思う?後で話そう!」のように伝えてみましょう。
  2. 2
    後で直接会うもしくは電話で話す予定を立てる いつも連絡を取り合っている人に少しの間返信ができない場合は、後ほど話す予定を立てましょう。具体的な予定を伝えることで、あなたからいつ連絡が来るか分かるようにしておきましょう。[7]
    • 学校に通っている場合は、相手に朝のうちに「今日は一日中授業があるけれど、4時半には終わるの。5時に待ち合わせしてディナーはどう?」と伝えておきましょう。
  3. 3
    デートの相手には、素敵な時間をありがとうと伝える 好きな人とデートをした後にすぐ連絡をせずに待つというのはもう古いのです。デートの後に連絡を取り合っている場合は、今夜はありがとうと伝え、また近々出かけようと提案して会話を終えましょう。[8]
    • 例えば、「今夜はすごく楽しかった!ありがとう。今度はいつにしようか?」のように連絡をすることができます。
    • 相手が自分のことを好きだと自信がある場合は、もっと大胆に攻めてみましょう。「今夜あなたの夢を見られたらいいな!」と言ってみてもいいかもしれません。
  4. 4
    相手に興味がない場合は、会話を簡潔に終える あなたに好意を寄せる相手との会話はデリケートなものです。フレンドリーかつ直接的な返信をしましょう。相手と会話をしたくないのであれば、興味がないことを伝えて会話を終わらせましょう。[9]
    • 例えば、出かけようと誘われたら「あなたは良い人だけれど、そういう風に見ていないの」と伝えることができます。
    • 会話を続けようと提案したり、「また後で」と言ったりしないようにしましょう。誤解を招く可能性があります。
    • 相手を断った後に危険を感じたら、信頼できる人に相談をしましょう。相手が脅しや変な行動をしてきた場合は、速やかに警察に連絡をしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
「iMessage」のグループから退出する

  1. 1
    グループから退出する 突然会話を中断する前に、他のメンバーに自分が退出することを伝えるメッセージを送りましょう。理由は伝えなくても構いませんが、同じグループに招待されたり、今後別のグループに入れられたりすることを避けることができます。[10]
    • 「このグループから抜けるね。メッセージが多すぎて携帯の動作が遅くなっているんだ!」というように伝えてもいいでしょう。
  2. 2
    「メッセージ」アプリを開く 「メッセージ」アプリを見つけます。通常画面下方にあり、緑色の正方形の中に吹き出しマークがあるようなアイコンです。メッセージのチャットをスクロールしていき、退出したいグループを探しましょう。[11]
    • グループに参加している人の名前やグループ名を探しましょう。グループの作成者によりますが、メッセージの内容に基づいてグループ名を付けている可能性があります。
    • チャットを見つけられない場合は、メッセージアプリの検索機能を使い、参加者の名前を打って探してみましょう。
  3. 3
    チャット右上の「i」をタップする 円の中に「i」があるマークをタップすると、メッセージの情報ページが表示され、グループの参加者や共有した写真などを見ることができます。情報ページに行くと、画面上部に「詳細」と表示されます。[12]
    • 「i」のアイコンが見つけられない場合は、一度アプリを終了してもう一度開くと表示されます。
  4. 4
    情報メニューにある「このチャットを離れる」を選択する グループ参加者の名前と位置情報の共有のオプションの下に、「このチャットを離れる」と赤字で表示されたバーがあるはずです。バーをタップし、画面下方から出てくるボタンをタップしましょう。[13]
    • ボタンが表示されない場合は、グループのメンバーの中に「iMessage」を持っていない人がいるため、チャットが「iMessage」ではないと考えられます。iPhoneでは、「iMessage」のグループチャットから退出することのみが可能です。
    • バーが灰色になっている場合は、グループの参加者が3人しかいないことを表しています。3人のグループから抜ける場合は、自分の代わりにグループに参加する人を追加する必要があります。
  5. 5
    「通知を非表示」をオンにして、通知表示をせずにグループに残る 「通知を非表示」機能ではグループチャットからの通知をオフにしつつ、会話を確認して時間のある時に返信することが可能です。「このチャットを離れる」のバーのすぐ上にある「通知を非表示」のスイッチを灰色から緑色に切り替えましょう。[14]
    • グループからの通知を受け取りたい場合は、スイッチを元の位置に戻しましょう。
    • これにより特定のチャットの通知のみ非表示になります。デバイス全てにおいて通知を受信したくない場合はデバイス全体の「通知を非表示」機能をオンにすることもできます。
    広告

ポイント

  • メッセージを送信する前には必ず読み返しましょう。上司などの重要な人物とのやり取りでは特に気をつけます。タイプミスで恥ずかしい思いをしなくて済みますよ!
  • 受信するメッセージ全てに返信をしなくてはいけないと気負わないようにしましょう。通常、早急に対応する必要があるメッセージにだけ返信をします。そうでないメッセージへの返信は少し待ってもいいのです。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 125 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告