メッセージで男性とおしゃべりをしていても、以前ほど彼が乗り気ではないように思えることはありませんか?あなたからのメッセージが多すぎると感じると、彼は引いてしまい、熱心にやり取りしようとしなくなるかもしれません。では、メッセージを送るのをやめれば、彼はまた関心を持ってくれるようになるのでしょうか?この記事では、彼を再び惹きつけるための効果的な方法を紹介します。彼が暇さえあればあなたに連絡してくるようになるよう、あなたにできるあらゆることを学んでいきましょう。

1
メッセージの頻度を減らす

  1. 連絡を絶つよりも頻度を減らすほうが、彼も寂しさを感じるはずです。彼の気を引くために、メッセージを送るのを完全にやめてしまう必要はありません。ただ連絡する頻度を減らしましょう。毎日ではなく、週に1、2回にすることで、彼の心にも少し余裕が生まれます。メッセージの頻度が減れば、彼はあなたの近況を知りたいと思い、おしゃべりしたくなるはずです。[1]
    • メッセージを送るのを完全にやめてしまうと、あなたのほうが心変わりをして、もう自分に興味がなくなったのだと彼は思うかもしれません。
    広告

2
返信が来てから次のメッセージを送る

  1. 立て続けにメッセージを送ると、返信をせがんでいると思われるかもしれません。相手が返信してこなくても、どこにいるのか、メッセージを見たのかを聞きたくなる衝動は抑えましょう。ただ忙しくてスマホをチェックできていない可能性もあります。彼に返事をする時間をあげましょう。彼から返信が来ても、すぐに返事をする必要はありません。[2]
    • 彼のメッセージが来てから返信するまでの間に、待たされたのと同じくらいの時間をおいてみましょう。彼はもっと頻繁にやり取りしたいと思うようになるはずです。
    • 特に知り合ったばかりなら、常にメッセージのやり取りをするのではなく、間隔をあけたほうが、魅力的に映るでしょう。
    • 確認のメッセージが1通を超えると、必死になっていると思われるだけでなく、相手が話したいと思っていない場合に、迷惑になる可能性もあります。

3
彼のほうから連絡させる

  1. 彼にすべてを委ね、彼のほうから動かなければならない状況にします。いつもあなたからの連絡でやり取りが始まるのなら、連絡が来るのを待ってみましょう。あなたがあいさつもご機嫌伺いもしてこないと気づいたら、彼はあなたとのやり取りがいかに楽しかったかに気づき、恋しくなってメッセージを送ってくるようになるはずです。[3]
    広告

4
いくつかのメッセージを既読スルーする

  1. こうした予測不可能な行動をとることで、彼はあなたから連絡をもらったとき、より喜びを感じるようになるでしょう。彼からのメッセージが一刻を争うような内容ではないなら、返信せずに読むだけにします。スマホをマナーモードにしたり、電源を切ったりして、スマホをチェックしたり、彼に連絡したりしたくなる誘惑に駆られないようにしましょう。彼はあなたの気を引きたくて、再度メッセージを送ってくるかもしれません。[4]
    • 後日、忙しかったと返事をすれば、完全に無視したと思われることもないでしょう。

5
返信の中身を曖昧にする

  1. 彼はあなたのことをもっと知りたいと思い、やり取りを続けたくなるはずです。男性は、ちょっとミステリアスな態度を好むものなので、あなたがしていることを事細かに伝えないようにしましょう。あなたがしていることについてはざっくりと説明するにとどめ、続きが気になる形で終わらせるようにします。彼は「もっと教えてほしい」と言ってくるはずです。[5]
    • 「この週末は、友達と遊んですっごく楽しかったの。めちゃくちゃすごいことが起こってね……」
    • 「やっほー!私はとっても元気だよ。極秘のプロジェクトに取り組んでいて、すごくワクワクしてるの😊」
    • 「続きを聞きたいなら、そのうち一緒に出かけたときにね😉」
    広告

6
気に入ったメッセージには好意的に反応する

  1. 好意的な反応をすることで、あなたにどんなメッセージを送るべきかを彼に教えることができます。メッセージにあまり心がこもっていないなら、彼はあなたのために労力を割いていないということです。その場合、返信しなければと思う必要もありません。彼が心のこもったメッセージを送ってきて、あなたに対して心からの興味を示してきたら、情熱的な返信で応え、あなたがどんなやり取りを望んでいるのかを伝えましょう。[6]
    • あなたが話題にした楽しかった日のことを質問してきた場合:「聞いてくれてありがとう!😊友達とハイキングに出かけてすごく楽しかったの!でもあなたが一緒だったらもっと楽しかったかもね😏」
    • 自分がどうしているかメッセージで伝えてきた場合:「あなたから連絡が来てすごくうれしい!あなたも元気そうでよかった🙂」
    • 彼が計画したロマンチックなデートに誘われた場合:「すっごく素敵!!🥰ぜひ行きたい!」

7
自分自身や他の人との付き合いに意識を向ける

  1. 2人の関係以外の人生の時間を大切にすることで、彼はあなたともっとおしゃべりをしたくなるでしょう。趣味に時間を費やし、彼以外の他の人とも関係を築いていくことで、最高の自分になっていきましょう。あなたが本当におもしろい日々を送っていると知れば、彼ももっとあなたのことを知りたくなるはずです。[7]
    • 彼から遊ぼう、何かしようと誘われたときの返信例:「へえ!それも楽しそうだけど、今日は親友とボランティアに行く予定があるんだ。でも、近いうちにまた会おうね!🙂」
    • 常にメッセージのやり取りをしていると、彼は、あなたが日々楽しく刺激的なことをたくさんして過ごしているとは思えないかもしれません。
    広告

8
SNSに近況を投稿する

  1. あなたがいかに刺激的な日々を送っているかを知れば、彼もあなたと話したくなるでしょう。最近した最も楽しかったことをステータスに書いたり、写真を投稿したりします。彼があなたをフォローしていれば、自分が逃しているものに気づいて、あなたにもっと時間とエネルギーを注ぎたくなるはずです。[8]
    • 旅行中の様子、友達と過ごしているところ、情熱を注いだプロジェクトが完了したことなどについて投稿しましょう。あるいは、単に写りの良い自撮り写真などを投稿してもよいでしょう。

9
他の男性と軽くイチャついてみる

  1. 競争相手がいると思ったら、彼も頻繁に連絡を取ってくるようになるはずです。彼以外の人のSNSの投稿に何でもないイチャついたコメントをしてみたり、他の男性を褒めたりしてみましょう。あなたが別の男性に惹かれていると思ったら、あなたの時間を注ぐ価値が自分にあると示すために、彼も積極的になってくれるかもしれません。[9]
    • 他の人と一緒に写真を撮って、SNSでシェアしてもよいでしょう。
    • 他の人とイチャつく作戦は、彼に「もう自分には興味がないんだな」と思われてしまう可能性があるので、やや危険です。あまりやり過ぎないように気をつけましょう。
    広告

10
つながりを感じられなくなったら気持ちを切り替える

  1. やり取りをしなくなり、彼との間に強い絆などなかったと気づく場合もあるでしょう。彼と少し距離を置くことで、自分が2人の関係に本当は何を求めているのかに気づくことができます。彼から全く連絡がなかったり、やり取りをしなくなって彼への気持ちが変わったりした場合は、気持ちを切り替え、他の人とやり取りを始めましょう。[10]
    • あなたと話したいと思っている人はたくさんいるはずです。恐れずに前に踏み出しましょう!

11
自分らしさを貫く

  1. メッセージのやり取りの仕方がどうであれ、彼はあなたを好きになってくれるはずです。本気で彼の気を引きたいと思っていても、自分の価値観に反することをしたり、彼のために自分の性格をまるごと変えてしまったりしたら、彼に本当のあなたを知るチャンスを与えていないことになります。[11]
    広告

関連記事

女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
友達に利用されているかどうかを知る友達に利用されているかどうかを知る
キスの絵文字が送られてきた場合に返信するキスの絵文字が送られてきた場合に返信する
自尊心の低い人を助ける自尊心の低い人を助ける
いじめられている人を助けるいじめられている人を助ける
Instagramで好きな男の子に話しかけるInstagramで好きな男の子に話しかける
友人に嫉妬されているかを知る友人に嫉妬されているかを知る
親友を失ったことを乗り越える親友を失ったことを乗り越える
生理中の女の子をメッセージで慰める生理中の女の子をメッセージで慰める
最高の親友になる最高の親友になる
人の信頼を取り戻すために説得する人の信頼を取り戻すために説得する
目の絵文字が送られてきた場合に返信する目の絵文字が送られてきた場合に返信する
信頼できない友人と縁を切る信頼できない友人と縁を切る
親友を取り戻す親友を取り戻す最高の方法
広告

このwikiHow記事について

Lisa Shield
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Lisa Shield. リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
このページは 28 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告