PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

好きな男性(や男の子)をデートに誘いたい場合、メッセージを送るのはお互いに気楽で良い方法です。メッセージでデートに誘うのにあたり、気をつけるべきポイントがあります。しばらくメッセージのやり取りをしてから、デートに誘いましょう。メッセージの中身も重要なので、時間をかけて文章を作りましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
会話を始める

  1. 1
    挨拶を送ります。デートに誘う前に雰囲気をほぐしましょう。簡単な挨拶を送って会話を始めます。相手に初めてメッセージを送る場合、まずは自分が誰なのか、どうやって知り合ったかを思い出してもらいましょう。そして、連絡を取りたいと思っていたことを伝えます。以前にもメッセージのやり取りをしたことのある相手の場合、普段通り挨拶します。[1]
    • 誰もがいつでもすぐに返事を返せるわけではありません。そのため、最初のメッセージでデートに誘ってしまうと、返事を待つ間とても緊張することになります。まずしばらく会話をして、相手が電話に注意を向けている状況を作りましょう。
    • 既に会話ができている相手だと、デートの誘いが成功する可能性が高まります。唐突に誘ってしまうと、相手は不意を衝かれて断るかもしれません。
    • 例えば、「こんにちは、○○です。先週末のパーティーは楽しかったね。△△君に会えて嬉しかったよ」などとメッセージを送ってみましょう。簡単な内容ですが、ただ「元気?」などと送るよりもずっと効果的です。
  2. 2
    会話の中で、相手が何に興味があるのか見出しましょう。メッセージのやり取りをしばらく続けて、会話の様子を見ます。毎回短い返信だったり、返信に時間がかかるようであれば、あなたに興味が無いのかもしれません。相手から良い返事をもらえる見込みが分からない状態で、直球勝負でデートに誘うのは避けましょう。[2]
    • 唐突過ぎず、かつ会話が盛り下がってくる前のタイミングを見計らってデートに誘いましょう。4~5往復くらい順調に会話が進んだら、誘うのに良いタイミングです。
    • それほど興味が無さそうでも、勇気を出してデートに誘ってみても問題ありません。ただし、断られることを覚悟して誘いましょう。
  3. 3
    気があることを匂わせて、相手の反応を見ます。メッセージのやり取りの中で、普通の会話よりも少し好意が伝わるような内容を送ってみましょう。相手もそれに乗ってきたら、デートの誘いも受けてくれる可能性が高いことを意味します。あなたの好意に対し、無視したり拒絶してきたりした場合、デートに誘うのは避けましょう。[3]
    • 例えば、「家に一人でいても気が滅入っちゃう。あなたが一緒だったらいいのに」などと送ってみます。相手が「そうだね」などと同意してくれたら、脈があります。
  4. 4
    相手が自分に興味を持ってくれているようであれば、デートに誘います。会話が上手く弾んで、あなたが示した好意にも相手が反応してくれたら、さらに一歩踏み込むタイミングです。相手がどのような返事をしてくるか、心配し過ぎてはいけません。メッセージを打って、一通り見直したら、ためらわずに送りましょう。
    • 「△△君、あなたのことが気になっているの。よかったら今週末デートしない?」などと送ります。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
メッセージを工夫する

  1. 1
    メッセージは簡潔にします。誰かのことを好きになると、相手に言いたいことを考え込みすぎてしまいがちです。長いメッセージを打ち、その中でデートに誘っても、相手は質問を読み飛ばしてしまうかもしれません。メッセージは要点を絞って短くしましょう。デートを誘う一文はそれだけで完結させます。
    • 次のようなとりとめのない文は悪い例です。「ずっと家にいるのに飽きてしまったから、今週末何をするか考えたんだけど、よかったら一緒に出掛けない?あまりやることは無いけど、一緒に遊べたらいいなと思って。もしできたらなんだけど…」
    • 学校の友達を誘う場合、10代の男の子はとりとめの無い文章よりも簡潔なメッセージの方が返信してくれます。「今週末一緒に出掛けない?」などと書いて送りましょう。
    • 同僚を誘いたい場合、「職場では二人きりで話す機会がなかなか無いよね。明日の終業後、よかったら飲みに行かない?」などと伝えましょう。
  2. 2
    直球でデートに誘います。遠回しな表現や曖昧な表現でデートに誘おうとしても、相手に伝わらないかもしれません。メッセージを送る際は、彼と出かけたいということを伝え、誘いに乗ってくれるか聞きます。デートに誘っていると相手に伝わることが大事です。[4]
    • 最近デートしていないんだけど、あなたも似たようなかんじじゃない?よかったら一緒に遊ぼうよ。きっと楽しいよ」などというのは良くない例です。「よかったら私とデートしない?」などと伝えましょう。
    • これは既に友達として親しい相手をデートに誘う際には特に重要です。男女のデートとして出かけたいということを相手にきちんと理解させましょう。「しょっちゅう遊びに行く間柄だけど、デートとして今度のパーティーに私と行ってくれない?」などと誘いましょう。
  3. 3
    何か特定の目的を作ってデートに誘いましょう。誰かをデートに誘う際、「いつかデートしない?」などと聞いても効果的ではありません。いつなのか、何をするのかといったことが含まれていないためです。一緒に楽しめることを考え、相手を誘いましょう。また、何回か誘うと成功しやすくなります。[5]
    • 例えば、週末にパーティーがあることを伝え、一緒に行かないか誘います。あるいは、自分の家の近くに新しくできたイタリアンレストランに水曜日に行かないか、などと誘います。
    • 可能性はいくらでもあり、あなたの誘いを相手が断ることもあり得ます。それでも、何か特定の目的をもって相手を誘う方が、漠然と出かけたいと誘うよりも効果的です。
    • これは出会ったばかりの相手を誘う場合に重要です。具体的な計画を立てて誘うことで、相手がどんなデートが好きなのか把握てきます。「私はホッケーが好きで、今週末の試合のチケットを持っているんだけど、よかったらデートで観に行かない?」などと誘いましょう。
  4. 4
    正しい文法を使い、文章を完結させましょう。スマートフォンでも、略語や分かりづらい崩し言葉を使うことはよくあります。デートの誘いでは、意味の通る完全な文を書くようにしましょう。わけの分からない文章では、相手をしらけさせてしまいます。[6]
    • 「おh、明日暇ならかまちょ」などというのは悪い例です。「明日よかったら一緒に出かけたいんだけど、空いてない?」などと送りましょう。
    • 送信ボタンを押す前に文章を見直して、誤字が無いか確認しましょう。送る前に再確認しないと、自動修正機能で分かりづらい文になっていることもあります。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
相手の返信を待つ

  1. 1
    返信する時間を相手に与えます。メッセージは良くも悪くも時間に縛られません。デートに誘ったら相手の返信を待ちましょう。謝りたくなったり、相手の様子を聞きたくなったりしても、追加のメッセージを送ってはいけません。辛抱強く、相手に考える時間と返信する時間を与えましょう。
    • しばらくやり取りをしていたのにすぐに返事が返ってこない場合、それが断りの意思表示の可能性もありますが、すぐに決め込んではいけません。
  2. 2
    相手の返事が来るまでは、他のことをして気を紛らわせましょう。デートに誘った相手からすぐに返事が返ってこなくても、焦ってはいけません。待っている間にすることを見つけます。電話を見つめ続けたり、数分ごとに確認するようでは、気がおかしくなってしまいます。通知音をオンにして、気を紛らわせることを見つけます。
    • ランニングに行く、シャワーを浴びる、Netflixを観る、本を読む、趣味の好きなことをする、といった方法で気を紛らわしましょう。何かに集中するほど、気持ちが楽になります。
  3. 3
    返信が無い場合は相手の様子を聞きます。返信しそびれている場合もあれば、電話の調子が悪くてメッセージが届かない場合もあります。しばらく経ってから相手がメッセージを受け取ったかどうか確認するのは問題ありません。
    • メッセージを再送するまでどのくらい待つべきか、明確な基準はありません。通常は1日経っても返事が無ければ確認の連絡をしても問題ないでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

Imad Jbara
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Imad Jbara. イマッド・ジバラはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介、サポート係の派遣、個別コーチング、そして週末ブートキャンプを提供している会社「NYC Wingwoman LLC」のデートコーチです。男女問わず100人を超えるクライアントを抱え、信頼性のあるコミュニケーション能力をもとに、クライアントのデート活動の改善に取り組んでいます。マサチューセッツ州立大学ダートマス校にて心理学の学士号を取得。
このページは 954 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告