誰かと面と向かって話すことができないとき、メッセージは連絡を取るための便利な手段です。しかし、ときには会話がうまく続くかない場合もあります。まだ話していたいけれど会話が行き詰まってしまったら、話題を変えたり、前の話題に戻ったりすると、再び話が弾むかもしれません。何て言ったらよいのかわからなくても心配はいりません。話を盛り上げる方法はたくさんあります。

ここでは、会話が途切れたときに使える、13の効果的な方法を紹介します。

1
「最近、どうしてる?」

  1. おなじみの便利な質問をしてみましょう。簡単な質問ですが、人は自分のことを話す機会はあまりないものです。あなたが相手の近況に興味を持っていることを知らせましょう。相手も打ち解けて話してくれることが期待できます。相手が何か面白そうなことを始めていたり、困難に立ち向かっていることを打ち明けてくれるかもしれません。相手の返事が何であれ、関連する質問をして話を広げましょう。それでも会話が弾まない場合は、他の話題に移りましょう。[1]
    • 相手が具体的に話せるように、「はい」や「いいえ」で答える質問ではなく、オープンエンドの質問をしましょう。例えば、「今日は良い日だった?」ではなく、「今日は何をしたの?」と尋ねるとよいでしょう。
    広告

2
「もっと聞かせて」

  1. 以前の話を深掘りしましょう。相手が既に話した話題に戻るのは、会話を弾ませる効果的な方法です。相手がその話に興味があることがわかっているため、詳細を聞き出しましょう。そうすると、あなたは聞き上手となり、話し相手に興味を示すことで、あなたもより興味深い人間となります。[2]
    • 「夕食は結局何にしたの?美味しかった?」などと尋ねるとよいでしょう。
    • 「聞こうと思っていたんだけど、来週末に旅行を計画してるって言ってたよね。どこに行くの?」などと質問してもよいでしょう。

3
「最近、何を観てるの?」

  1. お勧めを聞いて、会話を盛り上げましょう。次の話題が思い当たらないときは、相手が読んでいる本、観ているもの、聴いている音楽について尋ねてみましょう。馴染みのないものがあったら、詳しく教えてもらいましょう。[3]
    • 相手が多くの時間を家でテレビを観たり、本を読んだり、ポッドキャストを聴いたりして過ごしている場合、この質問は特に有効です。「ポッドキャストを試したいと思っているんだけど、何から始めたらいい?」などと尋ねてみましょう。または、「ドラマを一気見したいんだけど、何かお勧めはある?」と尋ねてもよいでしょう。
    広告

4
「〇〇についてどう思う?」

  1. 相手の意見を聞いて、会話を盛り上げましょう。大抵の人は自分の意見を共有することを好みます。この機会に、相手の意見を聞き出せる質問をしてみましょう。政治や宗教などのデリケートな話題は、議論になってしまうことがあり、メッセージでは真意が伝わらないこともあるため、避けたほうがよいでしょう。念のため、軽い話題を選ぶとよいでしょう。[4]
    • 「あなたの素直な意見を聞かせて。正直に言ってね。ワッフル、パンケーキ、それかフレンチトースト?正しい答えはひとつよ」などでもよいでしょう。

5
「今日、〇〇を発見したよ」

  1. 自分のことを少し話して、会話をリードしましょう。常に相手が自分のことを話すように仕向ける必要はありません。質問ばかりすると、相手は尋問されているように感じるかもしれません。話題を変えたい場合は、最近の面白い出来事について話すとよいでしょう。うまくいけば会話が再開され、相手がその話に関する質問をしてくるでしょう。[5]
    • 例えば、学校で習った興味深いこと、笑える話、または3日続けて虹を見た話などをしてもよいでしょう。
    • 特別なことがなければ、身の回りで起こっていることを話しましょう。例えば、あなたの妹が犬を紫に染めてしまった、または新しい隣人が引っ越して来たなどの話でもよいでしょう。
    • 思いがけない話題で盛り上がることもあります。ためらわずに、思いついたことを話してみましょう。
    広告

6
「あなたの〇〇素敵ね」

  1. 相手を褒めて喜ばせましょう。相手を褒めると、会話もうまく進むでしょう。会話が行き詰まったら、相手の好ましい点を褒めるとよいでしょう。ちょっとした褒め言葉でも、相手が打ち解けるきっかけとなります。[6]
    • 例えば、「私が落ち込んでいるとき、あなたはいつも気分を盛り上げてくれる。感謝してる!」または「あなたの素敵な笑顔を見たい!」などと言って、相手を褒めてもよいでしょう。[7]
    • 「先日来ていた素敵なジャケットを、どこで買ったのか聞こうと思っていたの。とても似合ってたわ」と、相手の持ち物を褒めることもできます。

7
「聞いて驚くよ」

  1. 続きが気になる言い方で、相手の興味をそそりましょう。相手を話に惹き付けるには、多少の刺激が必要な場合もあります。あなたが次に何を話すのかを期待させることで、相手の興味をそそりましょう。ただし、相手をがっかりさせないように、面白い話であることが重要です。[8]
    • 興味深い話がある場合は、「今日、職場で強烈なことが起こったよ」または「私が誰に会ったか、聞いて驚くわよ!」などと言いましょう。
    • あなたが、相手のことを考えていることを知らせるのも効果的です。例えば、相手が好きなレストランで食事をしているとき、「今、私はどこにいるでしょう!」などと言うこともできます(テイクアウトをお土産にほしいか聞けば、印象アップにつながります)。
    広告

8
「子供の頃、〇〇した?」

  1. 子供の頃の話を聞いて、相手のことをもっと知りましょう。相手のことはそれほどよく知らないけれど、互いに気心が知れている場合は、どのような子供時代を過ごしたかを尋ねるのもよいでしょう。家族生活の様子から現在大切なことまで、相手のことをよく知ることができるはずです。ただし、子供の頃の記憶は様々な感情と結びついていることもあるため、相手が敏感になっているようであれば、詮索するのは控えましょう。[9]
    • 「子供の頃に好きだったディズニーのプリンセスは誰?」または「子供の頃、祭日に何か特別なことをしていた?」など、気軽な質問をするとよいでしょう。

9
「〇〇のこと覚えてる?」

  1. うちわのジョークやネタで盛り上がりましょう。ふたりに共通の笑える思い出話をして、相手を笑顔にしましょう。あなたと長年の友人が共有する昔のジョークや、前の週末にデートしたときの、ウエイターの面白い言動でもよいでしょう。この場合、お互いに面白いと思う話をすることが大切です。相手にとって恥ずかしいことを笑い話にすると、不愉快に思うかもしれません。[10]
    • 何も思いつかない場合は、代わりに面白い画像ネタ(ミーム)を送ってみましょう![11]
    広告

10
「ちょっと思ったんだけど」

  1. 頭に浮かんだことをそのまま話しましょう。話が面白いかを心配する必要はありません。思いついたことを話してみましょう。自分に規制をしなければ、思いもよらない楽しい話を思いつくかもしれません。またそれによって、相手があなたの独自の面白さに共鳴するかもわかるでしょう。[12]
    • 「どうして人間は紫色の髪に進化しないのか、ちょうど考えていたところだよ」または「数学のクラスでいつもマスタードのような匂いがするの気づいてた?」などと言ってもよいでしょう。

11
「ビデオチャットする時間はある?」

  1. 電話をして気分を変えましょう。メッセージでは物足りないと思ったら、相手が電話やビデオ通話に興味があるか尋ねてみましょう。これらの方法では微妙なニュアンスも伝わりやすいため、メッセージでは話せない込み入った会話をしたい場合に便利です。[13]
    • 相手が忙しくて話せないと言った場合は、メッセージの会話が続かなくなったことも納得できるでしょう。
    広告

12
何もしない

  1. 返信するのを少し待ってみましょう。会話の勢いがなくなってきたら、相手は忙しいか、メッセージのやりとりに飽きてしまったのかもしれません。または、他のことに気を取られている可能性もあります。ひっきりなしにメッセージを送るのではなく、相手に時間を与えて、会話を先導するか、少し休むかを相手に任せましょう。[14]
    • メッセージを完全に終了する必要はありません。また、きっちり17分30秒返事をしないなど、ウェイティングゲームにしてもいけません。何か他にすることを探し、相手がまだ話す気分でいるかを見極めましょう。

13
「またね!」

  1. 潮時だと感じたら、会話を終わらせましょう。返事が短かくなったり、メッセージの間隔が長くなってきたら、相手はメッセージのやりとりを終わらせたいのかもしれません。返事を待つのではなく、「じゃあ、またね!」と会話を終わらせましょう。こうすると、2、3日後にまた新鮮な会話ができるでしょう。[15]
    • メッセージでの会話が常に盛り上がらない場合は、相手との相性が良くないのかもしれません。それでも問題はありません。すべての人があなたに興味があるわけではないのです。あなたとの会話を楽しむ人達にエネルギーを注ぎましょう![16]
    広告

ポイント

  • メッセージを始める前に、話のアイデアをいくつか書き出しましょう。そうすると、会話が途切れがちになったときに、すぐに話題を変えることができます。[17]
広告

関連記事

げっぷするげっぷする
壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
他者に依存しない他者に依存しない
復讐する復讐する
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
愛着スタイルが拒絶回避型のパートナーに対処する愛着スタイルが拒絶回避型のパートナーに対処する
既読無視をする人の心理は?返信が来ないときの対処既読無視をする人の心理とは?返信が来ないときの対処法
打ちのめされる前に敵を見分ける打ちのめされる前に敵を見分ける方法
海外でのパイナップルの絵文字の意味を知る日本と違う!海外でのパイナップルの絵文字の意味と使い方
キスマークを見分けるキスマークを見分ける方法8選
見下した態度を取る人に対処する人を見下す態度とは?見下す人の特徴と心理、対処法
遠距離恋愛中の彼を元気づける遠距離恋愛中の彼を元気づける方法 
広告

このwikiHow記事について

Julia McCurley
共著者 ::
公認マッチメーカー
この記事の共著者 : Julia McCurley. 公認マッチメーカーのジュリア・マカーリーは、リレーションシップ・コーチでもあり、オースティンのプレミア結婚相談所「Something More」のCEOです。オースティンで12年以上、何百人もの独身者の婚活を支援してきました。そのブログは、Huffington Post、Good Men Project、SheKnows、Emlovz、The Dating Truthなどに掲載されています。また、初の著書「ゲームセット・マッチ—ラブ・ゲームの勝ち方、ベテラン仲人がお教えします」を出版しました。ピュージェット・サウンド大学にてビジネス学とコミュニケーション学の学士号を、マッチメイキング・インスティテュートでマスター・エグゼクティブ・マッチメーカー資格を取得。 この記事は2,580回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 2,580 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告