メッセージやメールはコミュニケーションの手段として広く使用されていますが、文のニュアンスに関して混乱が生じるかもしれません。読み手は書き手のボディーランゲージを読むことができないため、意図を伝えそこなわないように、自分がどんな気持ちかをはっきりと表現することがとても大切です。幸い、メッセージを2、3か所変えるだけで混乱を防ぐことができます。本記事では、さまざな感情の場合の書き方のポイントと例文とを紹介します。

1
気持ちを具体的に示す

  1. 読み手が混乱しないように、気持ちを正直に表します。どのような気持ちかを相手に隠そうとしないで、恐れず率直に言いましょう。読み手に正確に伝えられるように、少し時間をとって自分の感情を思案しましょう。
    • 例えば、幸せな気持ちを示すには、「よかったね!私も嬉しいよ」「それは素晴らしい!」
    • 深刻な話をしているなら、「ちょっと動揺しているの」「近頃、少し気分が落ち込んでる」
    • インターネットで「感情のチャート」(「感情の輪」とも呼ぶ)を探してみましょう。感情を表す言葉がいろいろ見つかります。例えば、「良い」という代わりに「喜ぶ」「幸運だ」「感謝する」などが使えます。
    広告

2
特定の気持ちになる原因を言う

  1. 書き手の気分の原因を読み手が知れば、理解しやすくなるかもしれません。あなたの気持ちを1言だけで答えると、読み手は会話を続ける糸口がつかめません。自分がなぜそのように感じているのかを解明するのは少し面倒かもしれませんが、可能な限り原因を見つけましょう。
    • 例えば、デートが楽しみなら、「今夜一緒にご飯を食べるのが楽しみで、すごくワクワクしてる!」
    • 仕事でついておらず腹を立てているなら、「今日は本当に長い1日だったから、ちょっとイライラしている」

3
自分の感情を丁寧に説明する

  1. 短いメッセージは受動攻撃的な印象を与えがちです。「調子はいいよ」や「元気です」などの短文では、あなたが実際にどう感じているかを伝えるには不十分です。自分の気持ちについてもう少し詳しく説明して、読み手の誤解を防ぎましょう。説明的な言葉を加えてあなたの感情をもう少し正確に表現しましょう。[1]
    • 「調子はいい」と言うより「素晴らしい1日だったから、気分は最高だよ!」のように言うとよいでしょう。
    • 「悲しい」という代わりに「近頃なかなか大変な状況で、少しへこんでいるの」と言うとよいでしょう。
    広告

4
句読点を使う

  1. 句読点の位置は読み手がメッセージのニュアンスをどう解釈するかに影響します。長めの文に句点をつけるのは構いませんが、短い1言文に句点をつけるとメッセージが消極的に受け取られる可能性があるため、使用を控えます。何かに対して興奮や心からの情熱があることを示したい場合は、感嘆符を使ってみましょう。メッセージのスタイルは人それぞれなので、他の人のメッセージに目を通して句読点の使い方を学びましょう。[2]
    • 以下のように使うことができます。「わあ、それマジすごい!!本当によかったね!」
    • 例えば、句点なしで「オーケー」とすると素っ気ないようですが、「オーケー。」とするともっときつい感じを与えます。
    • 感嘆符を濫用してすべての文末につけないように気をつけましょう。

5
絵文字を加える

  1. 使用してある絵文字から書き手の気持ちを瞬時に読み取ることができます。メッセージを多少変えてもよいなら、メッセージの中に小さな顔文字や絵文字を足してみましょう。山ほどある絵文字から自分の気持ちに合うものを見つけます。ただし、自分の気持ちを語るのに絵文字だけに頼ったり絵文字を使いすぎたりしないように気をつけましょう。
    • 楽しい場合は😄、 😊または😀を使いましょう。
    • ふざけた雰囲気を伝えるには😋、😜や🤪を使いましょう。
    • 悲しいときは😕、☹️または😢を使いましょう。
    • 怒っている場合は😡、😠または🤬を使いましょう。
    広告

6
大文字は重要度を示す(英文)

  1. 英文の場合、単語をこのように(LIKE THIS)大文字にすると興奮や怒りを伝えることができます。全部を大文字にすると書き手が怒鳴っているような印象を与える可能性があるため、強調する単語を1、2語選びます。どの単語を選ぶかはメッセージの内容次第ですが、その時の気分をよく表している単語を選びましょう。
    • 例えば、怒っている場合、「WHY would you do THAT! 😡(いったいどうして、そんなことをするのよ!)」
    • 興奮していることを示したければ、「OMG YAY! That’s so amazing!(わあ、やったー!ほんとにすごい!)」

7
文字を重ねて強調する(英文)

  1. 英文の場合、1語の中で同じ文字を繰り返して注意を引くことができます。読み手は伸ばした言葉から書き手の感情を読み取ろうとするかもしれません。そこで、メッセージの中のどこかで自分の気持ちを明確に言いましょう。ただし、このテクニックを濫用すると読みづらくなるため、気をつけましょう。
    • 例えば、あなたが誰かを待っている間に不安になったら、「I am soooo boooored.(すごく、ひま)」「This is taking foreverrrrr.(ずっと待ってるんだよ)」
    • 興奮しているなら、「Yessss!! That’s such good news!(やったー!いいニュースだ!)」
    • 何かに興味があるなら、「I dunno about that. Are you suuuuure?(それ、知らない。ほんとう?)」
    広告

8
笑っている場合は、「笑」「(笑)」「w」などを使う

  1. クスクス笑いを入れると会話を気軽な雰囲気に保てます。笑いが入ると、書き手が深刻な会話をしたいわけではないことが伝わります。「(笑)」や「w」の1文字メッセージを送るよりも、自分の気持ちをもう少し詳しく書いた文に挿入します。[3]
    • 例えば、次のように言えます。「今日はずっと忙しいけど、まあまあ頑張ってる笑!」「(笑)いつもいいこと言うね😊 」

9
トーンインディケーターを文末に入れる(英文)

  1. 英語のメッセージではトーンインディケーター(tone indicator)と言って、ニュアンスを示すために「/文字」の組み合わせを文末に入れます。トーンインディケーターを入れると、メッセージの意図を素早く伝えることができます。読み手は書き手の声が聞こえないので、このマークによって頭の中で読むときの調子を知らせます。トーンインディケーターには以下のようなものがあります。[4]
    • /j  冗談:I’m so mad you took the last cookie /j(クッキーの最後の1枚を取ったね。怒ってるぞ)
    • /s  皮肉:Wow, work was the most fun I’ve ever had /s(ああ、仕事がこれまでの人生で一番楽しいことだったなんてね)
    • /srs  本気:I could just break down in tears rn /srs(まじで今にも大泣きしそう)
    広告

10
送信前に再読する

  1. 使用している単語の感情が本当の気持ちと一致するようにします。メッセージ全体にさっと目を通して、意図が明確に伝わるかを考えます。メッセージの調子とあなたが本当に言おうとしている感情を比べ、両者が一致しているか確認します。必要であれば、送信前に文を修正して明確にしましょう。
    • 例えば、本当は「うー!今週末用事ができたから、予定変更について相談させて」と言いたいところを「話があるの」とだけ送ると、読み手は何事かと心配になるかもしれません。

11
真剣な話は電話または対面でする

  1. 対面の方が、よりよく自分の気持ちを表現したり相手の感情を読んだりできます。上記のテクニックを全部試してもなお書き手の本当の気持ちはどうなのだろうと混乱する人がいるかもしれません。メッセージで会話しようと努力するより、会って話せないか尋ねましょう。相手はあなたの声を聞いて表情を見ることができるので、あなたがどんな気持ちなのかがわかるでしょう。
    • 相手に会うことができない場合は、電話やビデオ通話を通せば話しやすくなります。
    広告

ポイント

  • 書き手に悪意はないという前提でメッセージを読みましょう。相手の気持ちがよくわからなければ、質問しましょう。
広告

このwikiHow記事について

Mark Rosenfeld
共著者 ::
デートコーチ、リレーションシップ・コーチ
この記事の共著者 : Mark Rosenfeld. マーク・ローゼンフェルドは、2015年に「Make Him Yours」を設立し、現在ではオーストラリアの女性向けデート・リレーションシップコーチの第一人者と言われています。素晴らしい相手を見つけ、相手を惹きつけ、関係を維持することのサポートを専門としています。その業績は、Style Magazine、Thought Catalog、Elite Daily、News.com.au、The Good Men Projectなどで紹介されました。デート動画は6000万回以上再生され、著書「彼をあなたのものにー今のデートを形勢逆転」は発売と同時にアマゾンのベストセラーとなりました。
このページは 305 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告