PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

『メルカリ』はスマートフォン1台で、洋服を始めいろんなものを出品して売買できるインターネット上のフリーマーケットで、若者を中心にさまざまな人が利用をしています。価格設定は出品者の自由なので、好きな服を格安で入手できることもあります。そんなメルカリで、自分も今度、初めて物を売ってみたいと思っている人が必ずしなければいけないことは、商品の写真を多めに撮影し、服を売る場合はしっかり採寸すること、さらに商品の説明文を詳細に記入することです。

パート 1 の 3:
商品画像を用意する

  1. 1
    「出品ホーム画面」のカメラマークをタップする メルカリのホーム画面から、「出品」と下に書かれているカメラマークをタップしましょう。すると「出品ホーム画面」へと移行します。[1] 商品の画像をまだ撮影していない人は、出品ホーム画面でカメラマークの「写真を撮る」をタップしましょう。[2]
  2. 2
    写真を10枚ほど撮影する 自分が出品したいと思っている服を正面・横・裏側などさまざまな角度から撮影しましょう。画像は10枚まで掲載することができます。[3] 傷がある部分は隠さずしっかり見せると信頼の向上につながります。写真を撮るときは、商品が目立つように背景は白無地にしましょう。1枚目に載せる写真は角度をつけたりハンガーにかけたりして、買い手の購買意欲をくすぐるようなカッコ良い・かわいい写真になるように工夫しましょう。[4] 掲載する写真を選択し、「完了」をタップすると選んだ写真の登録ができます。
  3. 3
    「アルバム」から商品画像を読み込む すでに画像を用意している人は、出品ホーム画面から「アルバム」をタップします。するとスマホ内のカメラロールに保存された画像を読み込めますので、商品の画像を選んで読み込みましょう。[5] スマホのメルカリアプリの設定で、写真の読み込みをONにしていないと読み込みはできませんので、必ずスマホ本体の設定からメルカリアプリが写真を読み込めるようになっているかどうかを確認しておきましょう。
    • メルカリをスマホからではなくPC上のウェブサイトから利用するときは、写真をPCに取り込んで、「出品」ボタンをクリックしましょう。[6]
  4. 4
    本・CD・ゲームはバーコードから撮影前に商品情報を読み込む メルカリは洋服以外にもさまざまな商品を出品できますが、本やCD、ゲームに関しては、それらについているバーコードを撮影するとその商品の情報が自動で読み込まれるという、便利な機能がついています。メルカリのカメラを起動したら、まずバーコードをかざしましょう。商品名や価格の情報が読み込まれます。[7] その後で写真を撮影しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
商品の概要を入力する

  1. 1
    商品をしっかり採寸する 商品画像の撮影・登録が終わったら、次は商品名や商品の説明の入力、カテゴリーの選択など商品の概要を入力していきます。自分の出品した服が売れるかどうかは、しっかり採寸されているかどうかが重要なので、必ずメジャーを使って採寸をしましょう。トップスは、アウターやTシャツも基本的に肩幅・着丈・身幅・袖丈の長さを測ります。シャツを出品する場合は、衿周りの長さも測りましょう。[8]
    • ボトムスを測るには、パンツもスカートもウエストを1周分した長さを出すことが必要です。パンツに関しては股上と股下の長さを測り、スカートはヒップを一周してその長さを計測、さらに裾までの総丈を出しましょう。[9]
    • スニーカー・ブーツ・パンプスなど、どのシューズ類も底幅とソールの長さの計測が必要です。パンプスとブーツはさらにヒールの高さの計測も必須です。ブーツの場合は全体の高さと足をいれる筒周りの長さも計測しましょう。 [10]
    • キャップとハット、ニット帽は高さを測るほか、頭周りが何センチくらいかを1周して計測します。キャップとハットに関してはつばの長さも合わせて計測しましょう。 
    • バッグは、横幅・縦高・持ち手の長さ、さらに「マチ」と呼ばれるバッグの厚みがどれくらいあるかを計測しましょう。[11]
  2. 2
    テンプレートを使って商品名と説明を書く 商品の採寸が終わったら、商品名と説明文を入力していきます。商品名にはブランド名・型番・色など検索に引っかかりそうな情報を、合計で40文字以内になるように記入しましょう。[12] 商品の説明には先ほど採寸した各所の長さを記入し、素材やどれくらい着ているかなどの状態をなるべく詳しく記入します。メルカリには説明文のテンプレート機能がありますので、はじめての人はこれを使いましょう。テンプレートを使えば、○○になっている箇所を埋めて文章を軽くアレンジするだけで説明文の入力を手軽に終わらせられます。
  3. 3
    「商品カテゴリー」と「状態」を選ぶ 商品説明文が完成したら、商品の種類を「カテゴリー」から選択します。カテゴリーは2段階になっていて、大カテゴリーで服(メンズ・レディース)、インテリア、おもちゃなど、商品区分を選択できます。小カテゴリーでは、例えばメンズの服の中のTシャツかボトムスか、その商品区分の中のさらなる区分を選ぶことができます。ここを間違えてしまうと、自分の出したスカートがなぜかトップスのカテゴリーに出現する、という事態になってしまいかねませんのでご注意を。
    • 「状態」からは、出品者が商品をどれだけ使っているかを選べます。「新品」から「全体的に状態が悪い」まで細分化されていますので、自分の出品するアイテムの使用感を正確に選びましょう。[13]
    広告

パート 3 の 3:
配送に関する事柄を入力する

  1. 1
    「送料」を負担するか着払いにするか決める 商品の概要を入れ終わったら、次は配送関係の物事を決めていきます。送料を出品者が負担するか、着払い(購入者が負担する)か、どちらかを選びましょう。送料を出品者が負担してあげるとお客が付きやすくなります。
  2. 2
    「配送方法」を決める 送料を決めたら、次は配送方法を選びます。いろいろな配送方法がありますが、はじめて出品する人は「らくらくメルカリ便」を利用しましょう。宛名を書く必要もなく、送料は全国一律で最大69%オフとなり、対応サイズも幅広くて匿名での配送も可能です。「配送方法」の画面で「らくらくメルカリ便」を選択しておけば、売れた後は郵便局に商品を持ち込むだけで発送ができます。[14]
  3. 3
    「発送元の地域」と「配送までの日数」を選ぶ 配送方法を決めたら、「発送元の地域」から、自分が発送する都道府県を選択します。これを正確に選択したら、次は購入者の元に何日で届くかを記入しましょう。「1~2日」「2~3日」「4~7日」の3つの選択から選べます。期間が短い方がもちろん購入者からの印象は良くなります。
  4. 4
    「販売価格」を決めて「出品する」を押す ここまで来れば残すはあと1つだけです。商品を売り出す価格を決めましょう。メルカリは販売価格の10%を手数料として出品者の手にする金額から引きます。価格設定に悩んだ場合は、類似品や自分の出品する物と同じブランドの商品をメルカリ内外で検索して、他の出品者がどのような価格を付けているかを調べましょう。価格を入力したら、「出品する」をタップすると出品完了となり、自分の物がメルカリ上の売り物として表示されるようになります。[15]
    広告

ポイント

  • メルカリでは自分の自己紹介分をプロフィールとして表示できます。買い手が安心して購入できるように、自己紹介文は必ず書きましょう。最大1000文字まで記入できますので、挨拶と自己紹介のほか、どんな商品を売っているか、発送方法、値引き交渉は可能か、喫煙しているか、部屋にペットはいるか、など買い手の判断基準となる情報を簡潔に載せましょう。[16]
  • トップスを採寸するとき、肩幅と身幅を正確に出すには、「縫い目から縫い目」の長さを測りましょう。
  • 着丈は「衿の下からすそまで」の長さ、袖丈は「肩の縫い目のトップから袖の先端まで」を測ります。
  • ボトムスのウエストはトップの端から端までを測り、出た数値を2倍すると正確な値が出ます。
  • 股上は「ボトムスのトップから付け根まで」、股下は「股の付け根から裾の先端まで」を測りましょう。
  • カメラの設定や撮影した部屋の照明の具合で元の色とは大幅に変わって見えることもありますので、買い手がわかりやすいように、肉眼で見たときの正確な色を書いてあげましょう。[17]
広告

注意事項

  • メルカリには「評価」という機能があり、出品者は購入者から常に評価されるので、誠実な対応を心がけましょう。[18]
  • 傷や汚れの状態は説明文に正確に記載しましょう。商品の「状態」を選ぶときも嘘をついてはいけません。購入者が悲しむことにもなり、出品者としての評価も落ちてしまいます。[19]
広告

関連記事

限界費用を計算する限界費用を計算する
エグゼクティブサマリーを書くエグゼクティブサマリーを書く
ビットコインをペーパーウォレットに保管するビットコインをペーパーウォレットに保管する
将来お金持ちになる将来お金持ちになる
若くしてお金持ちになる若くしてお金持ちになる
簡単にお金を稼ぐ簡単にお金を稼ぐ
割引額を計算する割引額を計算する
お金持ちになるお金持ちになる
浪費をやめる浪費をやめる
お金を稼ぐお金を稼ぐ
ジェフ・ベゾスに連絡を取るジェフ・ベゾスに連絡を取る
オンライン上でお金を稼ぐオンライン上でお金を稼ぐ
お金を貯めるお金を貯める
ビットコインを購入するビットコインを購入する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 271 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告