電話番号を教えてもらうことで、連絡を取り合ったり、問い合わせをしたり、仕事相手とビジネス上のパートナーシップを築いたりしやすくなります。ただ、問題はどのように電話番号を聞くかです。この記事を参考に、相手への敬意を忘れず、誠実かつ自信に満ちた態度で尋ねれば、電話番号を教えてもらえる可能性は高まるでしょう。メールのやり取りだけの関係から、電話で話せる関係へとスムーズに移行し、仕事上の人脈を築いていけるようになりましょう。

方法 1
方法 1 の 10:
仕事向けのメールアドレスを使用する

  1. 1
    電話番号を知りたい理由が何であれ、信頼できる人だと思ってもらえるようにしましょう。メールアドレスをいくつか持っている場合は、より一般に受け入れられやすいものを使うようにします。仲の良い友人なら気にしないかもしれませんが、あなたのことをよく知らない人からは、誤解されてしまうこともあるかもしれません。[1]
    • 礼儀正しく、仕事上の知り合いに連絡先を聞く場合、「coolguy69@gmail.com」よりも「あなたの名前@gmail.com」の方が、印象が良くなるでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 10:
単刀直入に聞く

  1. 1
    メールの最初の数行で電話番号を聞くようにします。番号を聞くまでに何段落もかけて、尋ねたいことを匂わせるよりも、早い段階で聞きたいことを聞いてしまったほうがよいでしょう。最初の1、2行で親しみやすく丁寧な挨拶をしてから、今後の交流のために電話番号を交換しないかと尋ねてみます。[2] 例文は以下の通りです。
    • 「田中さん、お疲れ様です。問い合わせに対するご回答ならびに、洞察に満ちたアドバイスをいただきありがとうございました。連絡先のリストに田中さんの電話番号を追加しておきたいのですが、いかがでしょうか?」
    • 「ご返信ありがとうございます!この業界で新たな知り合いが増え、とてもうれしく思っております。今後も連絡を取り合えるよう、電話番号を教えていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

方法 3
方法 3 の 10:
電話番号を知りたい理由を伝える

  1. 1
    納得できる理由があれば、相手も番号を教えやすくなります。スケジュール調整のために電話番号を交換しておきたいなど、わかりやすい理由を示せば、前向きな返事をもらえるはずです。[3] また、進捗状況の報告や緊急時の迅速な連絡のために、電話番号を知りたいと伝えてもよいでしょう。[4]
    • 「電話番号を交換しておいたほうが、このプロジェクトは進めやすいと思います!連絡の取れる番号を教えてもらえますか?」
    • 「これから数日間あまりパソコンを開けないので、メッセージや電話で進捗の連絡ができるよう、番号を交換しておきましょう」
    広告

方法 4
方法 4 の 10:
電話のほうが都合が良いと伝える

  1. 1
    デリケートな話題や複雑な話の場合は、電話で話したほうがよいでしょう。メールの返信を待つよりも、リアルタイムで話せたほうが、話も通じやすいはずです。また、電話番号を聞くことで、仕事上のつながりを築きたいという、あなたの本気度を相手に示すこともできるでしょう。[5]
    • 「電話でもっと詳しく相談しましょう! 連絡の取れる番号を教えてもらえますか?」
    • 「メールを共有するよりも、チーム全体で電話会議をしたほうが早いと思います。電話番号を教えてもらっても構いませんか?」

方法 5
方法 5 の 10:
実際に会う予定を立てる

  1. 1
    電話番号を知っていると調整がしやすいと伝えましょう。緊急事態が発生したときや、実際に会う際の詳細を確認したいときのために、電話番号を交換しておくのは自然なことです。実際に会う予定が決まったときに電話番号を聞けば、相手も番号教えることに抵抗を感じないでしょう。
    • 「木曜日のコーヒーミーティングのために私の番号を教えておくので、何かあったら連絡をもらえると助かります。あなたの番号も教えてもらって構いませんか?」
    • 「来週のランチを楽しみにしています!何か変更があった場合の連絡先を教えてもらえますか?」
    広告

方法 6
方法 6 の 10:
まず自分の電話番号を教える

  1. 1
    あなたが誠実で信頼できる相手だと示すために、先に自分から番号を教えましょう。相手がいつでもメッセージを送ったり、電話をかけたりできるようにし、歓迎の姿勢を見せましょう。連絡するかどうかは相手が自分で決められますし、オープンに電話番号を教えたことで、相手の目にはあなたが信用できる人物として映るはずです。
    • 「もしよければ(555)-555-5555まで、電話かメッセージでご連絡をいただけますか?電話でさらに詳しくお話できればと思います。ご連絡をお待ちしております!」
    • 「ご質問やご不明な点があれば、電話にてお問い合わせいただければと思います!私の連絡先は(555)-555-5555です」
    • 「このプロジェクトについて、あなたの専門的な意見を伺いたいと思っています。お時間があれば、(555)-555-5555までお電話をいただけますでしょうか」

方法 7
方法 7 の 10:
自信に満ちた口調で提案する

  1. 1
    相手を動かしつつも、要求はしないことがポイントです。丁寧な言葉遣いを心がけ、番号を聞く際は、質問ではなく提案として伝えましょう。「番号を教えてもらえますか?」 ではなく「番号を交換しよう」と言うようにします。自信に満ちたメッセージで相手を動かし、電話番号を聞き出すことができるでしょう。[6]
    • 「今日はお会いできてうれしかったです。時々連絡を取り合えるように、番号を交換しましょう!私の番号は(555)-555-5555です」
    • 「このイベントの手配を進めるなら電話のほうが早いと思います。私の番号は(555)-555-5555です。今日の午後ならいつでも電話に出られます」
    広告

方法 8
方法 8 の 10:
感謝を伝える

  1. 1
    電話番号を聞く際は礼儀正しい態度を心がけましょう。そのほうが教えてもらえる確率も上がります。番号を聞くときには「よろしくお願いします」の一言を添え、相手が番号を教えてくれたら、改めてお礼の言葉を伝えるようにしましょう。相手の協力や意欲に対する感謝を伝えることには、仕事のつながりを生み出す驚くほどの効果があります![7]
    • 「もっと詳しく打ち合わせをしたいので、電話番号を送っていただけますか?よろしくお願いいたします!」
    • 「もっと詳しく打ち合わせをしたいので、電話番号を送っていただけますか?よろしくお願いいたします!」
    • 番号を教えてもらったら、「ありがとうございます!明日の午前中にお電話しても大丈夫でしょうか?」などと続けましょう。

方法 9
方法 9 の 10:
送信する前にメールを再度チェックする

  1. 1
    相手が嫌な気持ちになるようなことを書いていないか確認しましょう。自分では完璧だと思っていても、あなたをよく知らない人が読んだときに、図々しい要求をしてきたと受け取られるような文章になっている場合もあります。メールでは口調や表情、ボディーランゲージなどから得られる、重要な情報を伝え合うことができません。相手の立場や反応を考慮しながら、メールの校正を行いましょう。[8]
    広告

方法 10
方法 10 の 10:
断られても相手を尊重する

  1. 1
    いずれは電話番号を教えてもらえるかもしれませんが、それは相手が決めることです。あなたがこのことを問題視したり、強く迫ったりすることで、完全に連絡を絶たれる危険性もあります。今後もメールで連絡を取り合うことに潔く同意し、番号の交換については、自然と相手の気持ちが変わるのを待ちましょう。あなたの好意的な態度に相手も感謝するはずです!
    • 「それなら大丈夫です!メールで連絡を取り合うほうがよければ、それで構いませんよ」
    • 「問題ありません。了解しました。気が変わったときには教えていただけますか?」

関連記事

NASAで働くNASAで働く
有名人と繋がる有名人と繋がる
昇給の割合(%)を計算する昇給の割合(%)を計算する
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
プリント基板から金を取り出すプリント基板から金を取り出す
メールで指導教員に推薦状を依頼するメールで指導教員に推薦状を依頼する
メールでフィードバックを依頼するメールでフィードバックを依頼する
ホワイトボードを綺麗にするホワイトボードを綺麗にする
Google Docsを使ってパンフレットを作るGoogle Docsを使ってパンフレットを作る
宇宙飛行士になる宇宙飛行士になる
仮病で仕事を休む仮病で仕事を休む
勉強と仕事を両立する勉強と仕事を両立する
ストリッパーになるストリッパーになる
仕事を早く見つける仕事を早く見つける
広告

このwikiHow記事について

Imad Jbara
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Imad Jbara. イマッド・ジバラはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介、サポート係の派遣、個別コーチング、そして週末ブートキャンプを提供している会社「NYC Wingwoman LLC」のデートコーチです。男女問わず100人を超えるクライアントを抱え、信頼性のあるコミュニケーション能力をもとに、クライアントのデート活動の改善に取り組んでいます。マサチューセッツ州立大学ダートマス校にて心理学の学士号を取得。
このページは 164 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告