このwikiHowでは、自分に合ったEメールプロバイダーの選び方や、個人アカウントの開設方法を紹介します。自分のメールアカウントを持てば、誰か他の人にもその人のメールアドレス宛にメールの送信ができます。

パート 1 の 4:
アカウントを開設する

  1. 1
    どのEメールプロバイダーを利用するか決めましょう。Eメールプロバイダーは数多くあり、たいてい無料で登録や利用ができますが、最も人気があるのは以下の3つです。
    • 「Gmail」 — Googleのメールサービスです。Gmailに登録するとGoogleのアカウントも作成され、You Tubeや他のソーシャルメディアウェブサイト でも活用できるため便利です。
    • 「Outlook」 — Microsoft社が作ったメールサービスです。Outlookのアカウントは、 Microsoft Word(または Office 365)、Windows 10、Skype、Xbox LIVE.などのMicrosoftのサービスを使うために必要になることがあります。
    • 「Yahoo」 — Yahoo はEメール機能の提供を主とするプロバイダーで、自分の受信箱にニュースが表示されたり、1テラバイト分のデータがオンラインストレージに保存できたりする機能があります。
    • これら3つのEメールプロバイダーには、スマートフォンで使える無料アプリもあります。そのため、自分のスマートフォンからお気に入りのEメールプロバイダーを使ってメールの送受信ができます。
  2. 2
    Eメールプロバイダーのウェブサイトに行きましょう。それぞれのウェブサイトは以下の通りです。
  3. 3
    「登録」ボタンをクリックしましょう。「アカウントを作成する」のような言い方の場合もありますが、Eメールについてのページの右上にあることが多いでしょう。
    • Yahooのウェブサイトの場合は、新規取得のボタンをクリックし、ページ下部のYahoo! JAPAN ID を登録をクリックします。
  4. 4
    自分の情報を入力します。この他にも情報が必要な場合もありますが、たいていはどのプロバイダーでも次の情報が必要です。
    • 名前
    • 電話番号
    • 希望するEメールアドレス
    • 希望するパスワード
    • 生年月日
  5. 5
    登録の手順を完了させます。場合によっては(Yahooなど)電話での本人確認が必要なこともありますが、たいていはロボットでないことを証明するボックスをクリックするだけで済むことが多いでしょう。登録の手順が終われば、メールの送信ができるようになります。
    広告

パート 2 の 4:
Gmailでメールを送信する

  1. 1
    Gmailを開きます。自分のコンピューターのウェブブラウザから https://www.gmail.com/ にアクセスします。すでにGmailアカウントにログインしていれば自分の受信箱が表示されます。
    • Gmailにログインしていなければ、自分のメールアドレスとパスワードを入力します。
  2. 2
    +作成をクリックします。受信箱の左上にあります。クリックすると、画面の右側にポップアップ画面が現れます。
  3. 3
    受取人のメールアドレスを入力します。ウィンドウ上部の「To」をクリックして、メールを送りたい人のメールアドレスを入力します。
  4. 4
    件名を入力しましょう。「件名」のテキストボックスをクリックし、自分で決めた件名を入力しましょう。
    • 通常件名は、受取人にメールの概要を伝えるために使われます。
  5. 5
    メール本文を書きましょう。件名の下のテキストボックスをクリックし、メールの本文を入力します。
    • ウィンドウの下部にあるオプションを使って本文の一部に色付けをしたり、(B を太字にするなど)字体を変えたりできます。
    • 写真やファイルを添付したいときは、ウィンドウ下部にあるクリップ型または「写真」のアイコンをクリックして送りたいものを選択します。
  6. 6
    送信をクリックします。ポップアップ画面左下にある青いボタンです。これで自分のメールが特定の相手に送信されます。
  7. 7
    Gmailの携帯アプリからメールを送りましょう。自分のスマートフォンやタブレットにGmailアプリをダウンロードすれば、メール送信ができるようになります。(Andoroidには通常初めからインストールされています。)
    広告

パート 3 の 4:
Outlookでメールを送信する

  1. 1
    Outlookを開きます。コンピューターのブラウザで https://www.outlook.com/ にアクセスしましょう。すでにOutlookアカウントにログインしていれば自分の受信箱が表示されます。
    • ログインしていなければサインインをクリックし、自分のメールアドレスとパスワードを入力します。
  2. 2
    ベータ版を使いましょう。ページ右上の「ベータ版を使ってみる」のスウィッチを動かして有効にします。
    • 紺色のスウィッチが「ベータ版」と表示されていれば、すでにベータ版を使っているということです。
  3. 3
    +新規作成をクリックします。ページの左上にあります。ポップアップ画面が現れます。
  4. 4
    受取人のメールアドレスを入力します。「宛先」のテキストボックスをクリックし、メールを送信したい人のメールアドレスを入力します。
  5. 5
    件名を入力します。「件名」のテキストボックスをクリックし、自分で決めた件名を入力しましょう。
    • 通常件名は、受取人にメールの概要を伝えるために使われます。
  6. 6
    メールを書きましょう。件名の下のテキストボックスをクリックし、メールの本文を入力します。
    • ウィンドウの下部にあるオプションを使って本文の一部に色付けをしたり、(B を太字にするなど)字体を変えたりできます。
    • 写真やファイルを添付したいときは、ウィンドウ下部にあるクリップ型または「写真」のアイコンをクリックして送りたいものを選択します。
  7. 7
    送信をクリックします。ポップアップ画面左下の青いアイコンです。これで自分のメールが特定の相手に送信されます。
  8. 8
    Outlookのアプリからメールを送りましょう。 iPhoneやAndroidなど自分のスマートフォンやタブレットにOutlookアプリをダウンロードすれば、メール送信ができるようになります。
    広告

パート 4 の 4:
Yahooでメールを送信する

  1. 1
    Yahooを開きます。コンピューターのブラウザで https://mail.yahoo.com にアクセスします。すでにYahooアカウントにログインしていれば自分の受信箱が表示されます。
    • Yahooにログインしていなければ、自分のメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  2. 2
    メールの作成をクリックします。画面の左上にあります。メールフォームが開きます。
  3. 3
    受取人のメールアドレスを入力します。「To」のテキストボックスをクリックし、メールを送信したい人のメールアドレスを入力します。
  4. 4
    件名を入力します。「件名」のテキストボックスをクリックし、自分で決めた件名を入力しましょう。
    • 通常件名は、受取人にメールの概要を伝えるために使われます。
  5. 5
    メールを書きましょう。件名の下のテキストボックスをクリックし、メールの本文を入力します。
    • ウィンドウの下部にあるオプションを使って本文の一部に色付けをしたり、(B を太字にするなど)字体を変えたりできます。
    • 写真やファイルを添付したいときは、ウィンドウ下部にあるクリップ型のアイコンをクリックして送りたいものを選択します。
  6. 6
    送信をクリックします。ポップアップ画面の左下にある青いボタンです。これで自分のメールが特定の相手に送信されます。
  7. 7
    Yahooのメールアプリからメールを送信しましょう。 iPhoneやAndroidなど自分のスマートフォンやタブレットにOutlookアプリをダウンロードすれば、メール送信ができるようになります。
    • Yahooメールの携帯アプリを開きます。
    • スクリーン右下の鉛筆型のアイコンをタップします。
    • 「To」のテキストボックスメールアドレスを入力します。
    • 「件名」のテキストボックスに件名を入力します。
    • 大きなテキストボックスに本文を入力します。
    • 写真やファイルを添付したいときは、メール下部のアイコンをタップして送りたいものを選択します。
    • 送信をタップしてメールを送信します。
    広告

ポイント

  • 大事なメールの下書きは作りながら途中で保存するとよいでしょう。Gmailの場合は自動保存されますが、他のプロバイダーでは自動保存されない可能性があります。
  • 仕事用とプライベート用にメールアドレスを2つ持つと、受信箱が整理されて使いやすいでしょう。

広告

注意事項

  • メールには世に出たら困る内容を書かないように気を付けましょう。メールは自分自身を表すものだということを忘れないようにしましょう。もし悪い内容であった場合、自分がそういう人間だと見なされるでしょう。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

ファンクションキーを解除する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

パソコンのRAMを確認する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

マウスの代わりにキーボードでクリックする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 564 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告