モミジは、美しい赤い葉が特徴の手入れの簡単な樹木です。年に数回剪定することで、見た目もエレガントで元気なモミジになるでしょう。[1] 剪定時期やモミジの健康状態に合わせ、軽めの剪定から大規模な剪定まで、様々な剪定を行います。ハサミと適切な技術があれば、過剰な成長を抑え、バランスの良い樹形に仕上げることができるでしょう!

方法 1 の 4:
適したタイミングと道具を選ぶ

  1. 1
    できれば冬に剪定する[2]  剪定は1年中いつ行っても構いませんが、最後の霜が降りる頃が最適です。[3]
    • 特に日当たりの良い場所にあるモミジは、27℃以上の気温のときに剪定しないようにしましょう。葉を取り除きすぎると、モミジの木が日やけで弱りやすくなります。[4]
    • 軽めの剪定は、春以外ならどの時期に行っても構いません。春はモミジの樹液が最も多くなる時期にあたります。
    • 剪定は年に2回程度、できれば冬と夏に1回ずつ行うとよいでしょう。[5]
  2. 2
    春先や晩秋などモミジが弱っている時期の剪定は避ける モミジが最も弱っているのは、春に葉が出てきたばかりの頃と秋に葉が落ちた頃です。この時期に剪定をするとモミジの木がダメージを受けやすいので、避けるようにしましょう。[6]
    • 春も秋も、モミジが弱っている期間は2週間ほど続きます。
    • 春はモミジの剪定には最も適さない時期ですが、葉の成長が終わった段階であれば、剪定しても問題はありません。[7]
  3. 3
    モミジの木が病気の場合、剪定は最小限にする 病気や傷がある場合は、回復を待ってから大規模な剪定を行いましょう。軽い剪定でも木のエネルギーを奪ってしまうので、カットは少しだけにするか、枯れ枝の除去にとどめましょう。[8]
    • 木の健康状態は自分で判断しましょう。重い病気にかかっている、または弱っているように見える場合は、木が健康な状態になるまで待ってから剪定を行うようにします。
    • 病気の木を剪定する場合は、汚染を広げないように道具を消毒しましょう。
  4. 4
    樹齢15年未満の木はできるだけ剪定しない 若いモミジも剪定はできますが、枝を切り戻すと不格好で痩せた樹形になってしまいます。枯れた枝や病気の枝を切り戻す場合を除き、樹齢15年を超えるまでは剪定はしないようにしましょう。[9]
  5. 5
    葉は1/3以上取り除かないようにする それ以上取り除くと、木に激しいダメージが残り、病気になりやすくなります。一度に取り除く葉の量は、葉全体の1/3程度にとどめましょう。モミジの木が回復したら、もっと多くの葉を取り除くことができるようになります。[10]
    • 最初の段階では、必要だと思う量よりも軽めに剪定するようにし、過剰な剪定を防ぎましょう。その後で必要に応じてさらに切り戻します。
  6. 6
    剪定バサミやロッパーで樹形を整える 家庭用のハサミでは切れ味が悪く、切り口の治癒に時間がかかります。小枝は園芸用バサミで、大枝はロッパーで、スパッときれいに切り落としましょう。[11]
    • 剪定用の道具は、ホームセンターなどで購入できます。
    • 特に太い枝や手の届かない枝の剪定には、剪定鋸や高枝切りバサミを使いましょう。
  7. 7
    剪定の前には道具をきれいにして研いでおく 切れ味が悪く汚れた剪定道具を使うことで、植物を傷つけたり、病気の蔓延を招いたりする恐れがあります。定期的に消毒して研いでおき、道具を良好な状態に保ちましょう。[12]
  8. 8
    保護メガネや園芸用手袋を着用してケガを防ぐ 葉を刈り込む作業では、目や肌にケガを負いやすくなります。剪定作業中のケガや大きな事故を防ぐために、安全メガネやゴーグルを着用しましょう。[13]
    • 肌に傷がつかないように長袖のシャツやパンツを着用してもよいでしょう。
    • 剪定には数時間かかること場合もあります。日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守りましょう。
    広告

方法 2 の 4:
ヤマモミジの剪定をする

  1. 1
    下から上、内側から外側に向かって剪定する モミジの中心に近い一番下の部分から剪定を始め、木の外側に向かって作業を進めていきます。ゆっくりと下から上、そして真ん中から外側に向かって剪定していきましょう。[14]
  2. 2
    枯れ枝や飛び出した枝をカットする 枯れた枝や弱っている枝、樹形を崩す飛び出した枝がないかチェックします。枝の太さに応じて、剪定バサミやロッパーで切り落としましょう。[15]
    • 細い枝には剪定バサミを、太い枝にはロッパーを使いましょう。
    • 暖かい季節にも葉がつかず、1年を通して灰色で、脆くなっている枝が枯れ枝です。[16]
  3. 3
    余分な枝を切り落とす 木の枝は、スペースさえあればかなりの勢いで成長します。全体のボリュームを減らすために、ハサミやロッパーで、重なり合った枝を取り除いていきましょう。なるべく均等に枝を間引くことで、バランスのとれた樹形に仕上がります。[17]
    • 重なり合った枝が互いに擦れて、樹皮が削れたり、病気や害虫が発生しやすくなったりするでしょう。
  4. 4
    芽を新たに伸ばしたい方向に向ける 木の芽はのちにメインの枝に成長します。芽が出てきたら指で挟むようにして押し、枝を伸ばしたい方向に向けましょう。厄介な位置にある芽や、後々伸びすぎてしまう可能性がある芽は、爪でこすり取ります。[18]
    • モミジの葉の芽は小さくて赤く、枝から飛び出すように芽吹きます。
  5. 5
    大きくなりすぎたらモミジを植え替える モミジが大きくなりすぎてしまった場合、上部を切り詰めたり、横に広がった枝をむやみに剪定したりするのはやめましょう。代わりに造園業者に依頼して、木が成長する余裕のある場所に移植してもらいます。[19]
    • 幹の直径が約5cmよりも太いモミジは、自分で移植しないようにしましょう。若い木の場合を除き、造園業者に依頼するようにします。[20]
    広告

方法 3 の 4:
細葉モミジの剪定をする

  1. 1
    最初の段階はヤマモミジと同じように剪定する 細葉モミジの剪定には多少の工夫が必要になりますが、最初の手順はヤマモミジと同じです。枯れ枝や重なり合った枝を剪定し、芽を伸ばしたい方向に向けましょう。
  2. 2
    枝の層をはっきりさせる 細葉モミジの枝は複雑に絡み合っています。主枝の上下に伸びた枝や、他の主枝に絡みついた枝をカットして、層ごとにはっきりと分けましょう。[21]
    • 不自然な角度で曲がっている枝を取り除くことで、見た目も良くなるでしょう。
  3. 3
    トップの部分をベール状に仕立てる 細葉モミジのトップ部分は、貝殻のように木を覆う形になります。上部を切らずに、中心部と側面を中心に剪定していくと自然な樹形に仕上がるでしょう。[22]
  4. 4
    大きくなりすぎたらモミジを植え替える 細葉モミジが大きくなりすぎてしまった場合は、上部を切り詰めたり、横に広がった枝をむやみに剪定したりするのはやめましょう。代わりに造園業者に依頼して、木が成長する余裕のある場所に移植してもらいます。[23]
    • 幹の直径が約5cmよりも太いモミジは、自分で移植しないようにしましょう。若い木の場合を除き、造園業者に依頼するようにします。[24]
    広告

方法 4 の 4:
モミジの盆栽の剪定をする

  1. 1
    年間を通して少しずつ剪定をする モミジの盆栽は1年中時期を選ばず剪定できますが、剪定後の回復には時間がかかります。枯れた枝や枯れかけの枝を切り戻す必要がある場合を除き、剪定は1シーズンに1回程度にとどめましょう。[25]
    • モミジの盆栽の剪定に最も適しているのは、休眠期にあたる冬の時期です。[26]
  2. 2
    伸びすぎた枝を折り取る 盆栽の主枝から新しい枝が伸びていないかを確認しましょう。また、1本の枝に1~2枚の葉がつく程度に調節します。伸びすぎた枝は折り取って、バランスの良い健康な枝を保ちましょう。[27]
    • モミジの盆栽は小さいので、ハサミなどで剪定する代わりに葉を摘み取っても、木にダメージは残りません。
  3. 3
    剪定した部分に癒合剤を塗る モミジの盆栽は、特に剪定後に病気になりやすいため、刈り込みや剪定をした部分には、樹木用の癒合剤を塗りましょう。盆栽の回復が早くなり、傷口を病気や寄生虫から守ることができます。[28]
    • 癒合剤は、ホームセンターなどで購入可能です。
    広告

ポイント

  • 剪定中、何度か木から離れてチェックするようにしましょう。遠くから見たほうが、伸びすぎた部分を見つけやすくなります。[29]
  • 剪定の際はモミジ本来の樹形を目指しましょう。自然な樹形に合わせて剪定することで、モミジが最も美しく見え、かつ元気に成長します。[30]
広告

関連記事

レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
芝生のタンポポを除去する
庭にミツバチを呼び寄せる庭にミツバチを呼び寄せる
木の根を枯らす
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
ヒマワリを鉢植えで育てる
ツタを取り除くツタを取り除く
バラを種から育てるバラを種から育てる
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
トマトの剪定トマトの剪定
レモンの木を室内で育てるレモンの木を室内で育てる
ヤシの木を植えるヤシの木を植える
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
広告
  1. https://gardenerdy.com/pruning-japanese-maple-trees
  2. http://www.carryongardening.org.uk/shop/pruning-9acf4610/default.aspx
  3. https://gardenerdy.com/pruning-japanese-maple-trees
  4. https://content.statefundca.com/safety/safetymeeting/SafetyMeetingArticle.aspx?ArticleID=97
  5. https://www.thehandymansdaughter.com/prune-japanese-maple-trees/
  6. http://www.treeremoval.com/trimming-and-pruning/how-and-when-to-prune-a-japanese-maple-tree/#.WtAd1OjOW3A
  7. http://www.oregonlive.com/hg/index.ssf/2009/01/how_to_prune_a_japanese_maple.html
  8. http://www.finegardening.com/article/pruning-japanese-maples
  9. http://www.oregonlive.com/hg/index.ssf/2009/01/how_to_prune_a_japanese_maple.html
  10. https://www.seattletimes.com/pacific-nw-magazine/its-time-to-thin-your-japanese-laceleaf-maple-tree-just-dont-go-crazy-with-the-pruning-shears/
  11. https://hortnews.extension.iastate.edu/2009/3-11/transplanting.html
  12. http://www.finegardening.com/article/pruning-japanese-maples
  13. http://www.treeremoval.com/trimming-and-pruning/how-and-when-to-prune-a-japanese-maple-tree/#.WtAd1OjOW3A
  14. https://www.seattletimes.com/pacific-nw-magazine/its-time-to-thin-your-japanese-laceleaf-maple-tree-just-dont-go-crazy-with-the-pruning-shears/
  15. https://hortnews.extension.iastate.edu/2009/3-11/transplanting.html
  16. https://www.bonsaiempire.com/tree-species/maple
  17. http://www.bonsaitreegardener.net/types/japanese-maple
  18. https://www.bonsaiempire.com/tree-species/maple
  19. https://www.bonsaiempire.com/tree-species/maple
  20. http://www.oregonlive.com/hg/index.ssf/2009/01/how_to_prune_a_japanese_maple.html
  21. http://www.treeremoval.com/trimming-and-pruning/how-and-when-to-prune-a-japanese-maple-tree/#.WtAd1OjOW3A

このwikiHow記事について

Monique Capanelli
共著者 ::
植物専門家
この記事の共著者 : Monique Capanelli. 植物専門家のモニーク・カンパネリはテキサス州オースティンに拠点をおく革命的なデザイン専門会社「Articulture Designs」の経営者兼デザイナーです。観葉植物を用いたインテリアデザイン、グリーンウォール(壁面緑化)、イベント会場の内装、サステイナブルな造園デザインを専門とし、その経験は15年以上。一般顧客及びホールフーズ・マーケットやフォーシーズンズホテルチェーンをはじめとする企業を対象に、小さな贈物から大規模な改築・改造まで、植物と植物デザインのサービスを提供しています。パーマカルチャー(永続的な農業と文化)デザイナーの認定資格を保有。テキサス大学オースティン校に通いました。
このページは 201 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告