PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

モリンガパウダーは、抗酸化物質、タンパク質、ミネラルがぎっしりと詰まった強力なハーブ系のサプリメントです。モリンガパウダーは栄養補助食品として多くの人から利用されており、喘息の症状の緩和から母乳分泌量の増加まで、健康に良い様々な効果があると考えられています。[1] モリンガパウダーから最大限の効果を得るには、パウダーを直接飲み込むか、好きな食べ物や飲料に混ぜて摂ると良いでしょう。ただし、加熱すると多くの栄養素が失われるため、加熱調理はしないようにしましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
モリンガパウダーを飲み込む

  1. 1
    モリンガパウダーの摂取が安全か医師に相談する 新しいハーブ系サプリメントを開始する前は、必ず担当医に相談をしましょう。モリンガパウダーと薬の悪い相互作用があるかどうかは、今のところ分かっていません。モリンガパウダーの摂取が安全かどうかは、医師の判断に任せましょう。[2]
    • モリンガパウダーの副作用は、胃のむかつきや下痢などがあります。
    • 流産の危険性を高める可能性があるため、妊娠中の女性はモリンガパウダーを摂ってはいけません。
    • モリンガの根の部分が含まれるパウダーは絶対に摂取してはいけません。モリンガの葉や種子のパウダーは安全ですが、根は毒性が強い可能性があります。
  2. 2
    モリンガパウダー小さじ1杯を測る モリンガパウダーを多く摂り過ぎると下剤効果があるため、少量のみを摂取するようにしましょう。小さじ1杯で十分な効果が得られます。[3]
    • 人によっては、1日に大さじ1杯まで摂取できますが、一般的には、多くても1日小さじ1〜2杯から始めるのが良いでしょう。
  3. 3
    パウダーを舌の下に入れる こうするとパウダーがより速く体に吸収されます。これを行う際には、パウダーを吸い込まないように注意しましょう。強い土臭さや大根のような味には覚悟しておきましょう。[4]
  4. 4
    パウダーを水で流し込む 水一口と一緒にパウダーを飲み込みます。さらに水をもう一口飲んで、口の中に残っているモリンガパウダーを洗い流しましょう。[5]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
モリンガパウダーを食品や飲料で摂取する

  1. 1
    モリンガパウダー小さじ1杯を水に混ぜてお茶を作る マグカップに冷水かぬるま湯約240mlを用意し、パウダーが溶けるまでかき混ぜます。茶こしかチーズクロスをマグカップの上に置いてお茶を注ぎ、液体を漉します。茶こしに残ったパウダーは処分しましょう。[6]
    • モリンガパウダーの味が苦手な場合は、蜂蜜やレモンを加えましょう。
    • モリンガパウダーで熱いお茶を作ることもできますが、熱によって多くの抗酸化物質が分解されてしまいます。
  2. 2
    モリンガパウダー小さじ1杯をスムージーに混ぜる 好みのスムージーに混ぜれば、モリンガパウダーの強い大根のような味が薄まって飲みやすくなります。パウダーを様々なスムージーに加えてみましょう。特にケールやほうれん草のスムージーは、モリンガパウダーの土臭い味とよく合うでしょう。[7]
    • ミキサーにかける前に、パウダーを材料に振りかけておきます。また、でき上がったスムージーや作り置きのスムージーに混ぜることもできます。
  3. 3
    サラダなどのローフードに振りかける モリンガパウダーを食べ物に加えることはできますが、加熱調理は避けましょう。熱を加えると、せっかくの良い栄養素が壊れてしまいます。サラダ、フムス、ピーナッツバター、ヨーグルトなどのローフード(生の食品)に加えてみましょう。[8]
    • オートミールなど、加熱後に冷めた食品にパウダーを混ぜることもできます。
  4. 4
    カプセルで摂取する より簡単に摂取するには、モリンガパウダーをカプセルや錠剤で摂取する方法があります。健康食品やサプリメントの店で購入し、サプリメントの容器に記載されている指示に従って摂取しましょう。[9]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
モリンガパウダーの用途

  1. 1
    ベジタリアン食に必要なタンパク質の量を満たす モリンガパウダーは完全タンパク質で、9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているため、動物性以外のタンパク源が必要なベジタリアンには最適です。[10]
  2. 2
    糖尿病の症状を管理する まだ研究中ではあるものの、モリンガパウダーには正常な血糖値を維持する効果があるかもしれません。モリンガパウダーを毎日摂取すると、心臓病などの合併症の発症リスクを減らすことも可能かもしれません。[11]
  3. 3
    喘息や関節炎による炎症を抑える モリンガパウダーは抗炎症作用があると考えられています。このような特性は、喘息や関節炎などの症状をわずかながら緩和する可能性があります。モリンガパウダーを他の従来の薬と組み合わせて摂取すると効果が得られるでしょう。[12]
    • モリンガパウダーの炎症への効果は、まだ研究中であると覚えておきましょう。治療の選択肢としての効果はまだ分かっていません。
  4. 4
    授乳中はモリンガパウダーの使用前に医師に相談する モリンガパウダーは授乳中の母乳分泌量を増やすためによく使われていますが、使用前には医師に相談し、モリンガパウダーが自分と赤ちゃんにとって安全であるか確認しましょう。[13]
    • モリンガパウダーの使用は、出産後1〜2週間は待つよう医師から指示があるかもしれません。
    • モリンガパウダーに母乳の量を増やす効果があるかどうかは、まだはっきりと分かっていません。
  5. 5
    胃腸障害が起きた場合はモリンガパウダーの使用を中止する 胃痛や腹痛、下痢、その他の胃腸不良は、モリンガパウダーの一般的な副作用です。症状が治るまで数日間は摂取を中止し、再び摂取する場合は、摂取量は半分にしましょう。症状が続く場合は完全に使用を中止しましょう。[14]
    広告

ポイント

  • モリンガは様々な形で摂取することができます。モリンガの種子オイル、葉、樹皮なども試してみましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,068回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 1,068 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告