PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ラザニアは、ベジタリアンラザニア、ミートラザニア、または味付けした肉、チーズ、野菜などをふんだんに入れたものなど、あらゆる具材を使って作ることができます。美味しくてボリュームたっぷりのラザニアは、夕食のメイン料理に最適です。たくさんの具材を崩れないように美しく重ねるのは難しいと思うかもしれませんが、コツさえつかめばとても簡単です。ラザニアをきれいに重ねる方法が分かれば、レシピに頼らなくても自分なりにアレンジして楽しむことができます。

パート 1 の 3:
ラザニアを重ねる準備をする

  1. 1
    具材を準備する チーズなどの冷たい具材、肉やグリル野菜などの温かい具材、そしてソースを用意します。清潔で片づいた作業スペースに、材料を手の届く範囲に用意しておきましょう。
    • 具材を個別のボウルに入れてカウンターに並べておきましょう。
    • ミートラザニアを作る場合は、牛、鶏、または豚のひき肉に少量のベーコンを入れ、ハーブで味付けしましょう。肉類は完全に火を通してから生地に重ねます。
    • ベジタリアンラザニアを作るには、マッシュルーム、スライスしたズッキーニ、生のホウレンソウを試してみましょう。
  2. 2
    ラザニア生地を選ぶ 下ゆで不要の生地、または一般的な生地から選びましょう。一般的な乾燥ラザニア生地は下ゆでして柔らかくし、具材と重ねます。一方、下ゆで不要の生地はラザニアを調理する間に柔らかくなります。
    • 使う生地は、自分の好みと調理時間を考慮して選びましょう。あまりラザニアを作ったことがなければ、下ゆで不要の生地を使うと調理時間を大幅に短縮できます。
  3. 3
    適切な容器を用意する ラザニアをきれいに重ねるには、深さがある幅の広い容器が必要です。ガラスまたは金属製の耐熱容器が適しています。調理するラザニアの大きさに合わせて、容器の深さや幅を選びましょう。[1]
    • 容器が深いほど調理時間は長くなります。
    • ガラスは熱伝導率が低く、熱が均等に伝わります。ガラスの容器を使うと、ラザニアに均一に火が通ります。また、調理後すぐテーブルに出せなくても、しばらく暖かさを保ちます。
    • 金属、特にアルミニウムは一般的に熱伝導率が高いため、素早く調理されます。ただし、保温性は低いため、オーブンから出すとすぐに冷めてしまいます。金属製の容器を使うと、ガラスの容器よりもラザニアの端と底がカリカリに仕上がる場合があります。また、金属製の容器は冷めるのが早いため、オーブンから出してすぐに食卓に出す必要があるかもしれません。[2]
    広告

パート 2 の 3:
ラザニアを重ねる

  1. 1
    ラザニア生地を準備する 下ゆで不要の生地を使う場合は、箱から取り出して他の材料と一緒に作業台に置きましょう。一般的な生地を使う場合は、説明書に従ってゆでた後よく水切りします。ゆでたての生地は非常に熱いため、数分間おいて冷ましてから重ねましょう。生地に流水をかけて冷やすこともできますが、生地同士がくっついてしまうため、冷ました後は長時間おかないようにしましょう。
    • レシピに記載されている容器より小さいものを使う場合、またはレシピの半分量のラザニアを作る場合は、ゆでた生地を容器に合わせて切ってもよいでしょう。下ゆで不要の生地は、容器に合わせて慎重に割りましょう。
    • 容器からはみ出た生地は、焼く前に折り込んで容器に入れましょう。はみ出た部分が焦げたり、乾燥して硬くなったり、または割れたりしてしまいます。
    • ラザニアを重ねる前に、ガラスまたは金属製の容器にバターを塗ると、簡単に取り分けることができ、また端がきつね色に焼き上がります。ノンスティックの容器を使う場合は、バターは必要ないかもしれません。
  2. 2
    最初の層を重ねる ラザニアをしっとりと保ち、生地が底につくのを防ぐために、容器の底に少量のソースを敷きます。[3] ソースの上に、ゆでて水切りした生地または下ゆで不要の生地の端を、少し重ね合わせて平らに敷きます。この際、容器の底全体に生地を敷き詰めましょう。
    • 必要であれば、生地を切ったり割ったりして容器の大きさに合わせましょう。
    • 下ゆで不要の生地を使う場合は、生地が重なった部分が固くなることがあるため、重ねずに割って敷き詰めたほうがよいでしょう。
  3. 3
    具材を敷く 具材はレシピによって異なります。レシピに従って具材を準備し、具材の1/3を最初の生地の上に敷きます。
    • 各層をあまり厚くしないように注意しましょう。層が厚すぎると、切り分けたり食べたりする際に崩れてしまうかもしれません。
  4. 4
    チーズを振りかける レシピに従ってチーズを混ぜ合わせ、表面全体を覆うように薄く振りかけます。
    • リコッタチーズとモッツアレラチーズを分けて敷く場合は、まずリコッタチーズを敷いてからモッツアレラチーズを敷きましょう。[4]
  5. 5
    ソースをかける スプーンを使い、ソースがチーズ全体を覆うようにかけましょう。容器の大きさによって、必要なソースの量は異なります。
    • ソースの量が多すぎると、ラザニアが水っぽくなるため注意しましょう。
    • 下ゆで不要の生地は水分をより吸収するため、ソースの量を少し多めにしましょう。
  6. 6
    上記の手順を繰り返す 2層目のソースをかけたら、再び生地、具材、チーズ、そしてソースの順に重ねていきます。何層のラザニアにするかは、レシピや容器の大きさによって異なりますが、具材をすべて使いきりましょう。
    • 生地を4枚程度、または最後に表面を覆うだけの枚数の生地を残しておきましょう。
    • 最後に振りかけるチーズも少量残しておきましょう。
  7. 7
    ラザニアを仕上げる 生地を横向きに1枚、縦に3枚敷きます。容器の大きさによって生地の枚数は異なります。生地の上に残りのチーズを振りかけましょう。ラザニアの表面がきつね色に焼き上がります。チーズの上にスイートパプリカを振りかけると、さらに豊かな風味に仕上がります。
    • 下ゆで不要の生地を使う場合、またはさらにソースを加えたい場合は、チーズの上にソースを薄くかけてもよいでしょう。
  8. 8
    ラザニアを冷凍する(任意) ラザニアの容器をアルミホイルで覆って冷凍すると、味や形を損なうことなく最長で3か月まで保存できます。[5]
    • 冷凍したラザニアは、焼く前に完全に解凍しましょう。そうしないと、調理時間が長くかかることがあります。
    • 調理する前の晩にラザニアを冷凍庫から取り出し、冷蔵庫で一晩かけて解凍しましょう。細菌の繁殖を防ぐため、カウンターの上で解凍するより、冷蔵庫内で少し凍った状態になっているほうが安全です。
    広告

パート 3 の 3:
ひと味違ったラザニアを作る

  1. 1
    さまざまなソースを試してみる 赤いトマトベースのソースは、肉の有無にかかわらず最も一般的で人気のあるソースですが、美味しいアルフレッドソースで作るラザニアも試してみましょう。
  2. 2
    チーズを混ぜ合わせる ひと味違った独創的なラザニアにするには、リコッタチーズの代わりにカッテージチーズを使いましょう。または、シュレッドタイプではなくスライスしたモッツアレラチーズを使ってもよいでしょう。パルメザンチーズも振りかけると、一層風味が増します!
  3. 3
    ラザニア生地の代わりにラビオリを使う 好みのラビオリを使って、変化に富んだラザニアを作ってみましょう!マッシュルーム、ミート、チーズラビオリ、またはベジタリアンラビオリを使い、いつもとは違うラザニアを楽しみましょう。
  4. 4
    生地を使わないラザニアを作る 低炭水化物ダイエットやグルテンフリーダイエットを実践している場合でも、このレシピでラザニアを楽しめます。ラザニア生地の代わりにスライスしたズッキーニを使うと、意識せずに健康的な食事をとることができます。
  5. 5
    シーフードラザニアを作る ゲストをうならせるラザニアを作るには、洗練されたシーフードラザニアに挑戦してみましょう。カニ、エビ、ホタテなどの具材で豪華に盛り付けましょう。
    • 一般的なトマトソースは、シーフードの繊細な風味を損ねてしまうかもしれません。シーフードには、クリーミ―なホワイトソースを使うとよいでしょう。
    • このレシピは事前の準備が簡単なため、ゲストと楽しむ時間を十分に持つことができます。
    • 特別な機会には、上記の具材にロブスターを加えましょう。ロブスターはカニと同じタイミングで加えます。
  6. 6
    さまざまな具材を試す 冷蔵庫に入っている昨晩の残り物のチキンやステーキを細かく切って、ラザニアに活用しましょう!すぐに使う必要があるトマトやタマネギがあれば、みじん切りにしてソースに加えましょう。
    • 具材を増やすと、調理時間を調整する必要があるかもしれません。
    • 火を通した具材は、ラザニアの調理中に再加熱するだけなので問題ありませんが、スライスしたズッキーニや千切りのニンジンなどの生の具材を入れる場合は、予定調理時間内に火が通るかを考慮しましょう。
    • 不確かな場合は、具材を細かく切るとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • ソースがゆるいと、ラザニアは水っぽくなってしまいます。
  • ラザニアの「正しい」重ね方にこだわる必要はありません。重要なポイントは、下ゆで不要の生地であれば、柔らかくするための十分な水分があること、下ゆでした生地であれば、具材をあまり重くしないことです。ラザニアを切ったときに崩れないように、各層を「接着」するように重ねましょう。具材を詰め過ぎない限り、あらゆる具材を使うことができます。
  • 下ゆで不要の生地を使う場合は、ソースを少し多めに使いましょう。下ゆで不要の生地は調理中に水分をより多く吸収します。ラザニアを焼く数時間前に具材と生地を重ねておくと、生地が柔らかくなり均一に火が通ります。
  • 冷蔵庫に残っている物を単に温め直すのではなく、さまざまな具材をラザニアに活用して、他では味わえない独創的なラザニアを家庭で作ってみましょう!
  • 下ゆで不要の生地は重なり合わないように並べましょう。厚くなった箇所にソースが行き渡らない場合、硬い部分が残ることがあります。必要であれば、生地を割ってジグソーパズルのように並べても問題ありません。
  • 水っぽいラザニアの一番の原因はリコッタチーズの水気にあります。チーズクロスまたはざるを使って、余分な水気を切りましょう。冷蔵庫で最長24時間水切りすることもできます。[6]
  • ラザニアは大抵の場合オーブンで焼き上げます。レシピに従って、忘れずにオーブンを予熱しましょう。[7]
広告

注意事項

  • 具材は完全に火を通してから生地と重ねましょう。
  • ソースがゆるいとラザニアを台無しにしてしまいます。薄いソースではなく、具入りのとろみのあるソースを使いましょう。
広告

必要なもの

  • ラザニア用の容器
  • オイルスプレーまたはオリーブオイル
  • 大きめのパスタ鍋
  • 生地の水分を拭き取るためのタオル
  • ざる
  • 深めのソテーパンまたは大きめのソースパン
  • 中サイズのボウル
  • スプーン
  • ナイフ

関連記事

牛乳からクリームを作る
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
鶏肉を解凍する鶏肉を解凍する
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
ビールをショットガン飲みする
パンをおいしく温め直す
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
オートミールを作る
アボカドを熟成するアボカドを熟成する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
人参を蒸す人参を蒸す
チェダーチーズを溶かす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 962 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告