PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ラジエーターはお湯や蒸気を利用して室内を暖めますが、室温を下げたい場合や、メンテナンスが必要な場合には、オフにする必要があります。配管が1系統でも2系統でも、ラジエーターは数箇所のバルブを回すだけで簡単にオフにできます。いくつかの簡単な工具を使用して、ラジエーターのタイプによらず、運転を停止することができます。

方法 1 の 2:
ラジエーターのバルブを閉じる

  1. 1
    ラジエーターの左側にある温度調整バルブを探す ほとんどの場合、温度調整バルブはラジエーターの一番下にあります。バルブが床付近にない場合は、ラジエーターの左上にあるかもしれません。バルブが温度調整バルブかどうかを判断するには、数字が書いてあるダイヤルを探します。[1]
    • ラジエーターによってはオン/オフスイッチしかないものもありますが、温度調整バルブがあれば、出力する熱量を調整できます。
    • ラジエーターに温度調整バルブがない場合や、配管が1系統のラジエーターを使用している場合は、このステップを飛ばしましょう。
  2. 2
    バルブを時計回りに回してダイヤルを0にする それ以上回らなくなるまでダイヤルを手で回し、ダイヤルの目盛りが0になるようにします。この状態は、ラジエーターが運転しないように温度設定されていることを意味します。[2]
  3. 3
    ラジエーターの右側にあるもう1つのバルブを探す もう1つのバルブも床付近にありますが、ラジエーターの右側にあります。このバルブの上には、プラスチック製のツイストキャップがついています。[3]
    • ラジエーターに温度調整バルブがない場合は、必要な作業はこのバルブを回すことのみです。
  4. 4
    それ以上回らなくなるまで時計回りにバルブを回す 両方のバルブが閉じたら、ラジエーターは完全にオフとなるため、室温を下げることができます。[4]
    • ラジエーターが冷えるまで、最低1時間は触らないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 2:
ロックシールドバルブを閉じる

  1. 1
    バルブキャップのネジを外す ラジエーター右下の床付近を確認して、ロックシールドバルブを探します。ドライバーで反時計回りにネジを回して緩めて外します。外したネジは、失くさないように所定の場所に保管しておきましょう。[5]
    • ロックシールドバルブにはネジがついていない場合もあります。
    • 作業前にバルブを確認して、マイナスドライバーが必要なのか、プラスドライバーが必要なのかを判断しましょう。
  2. 2
    バルブからキャップを取り外す ロックシールドバルブにはキャップがついていますが、これを回そうとしても何も調整できません。このキャップを取り外し、その下にあるバルブ本体にアクセスします。ネジを取り外したときにバルブからキャップを取り外し、失くさないように所定の場所に保管しておきましょう。[6]
    • バルブにネジがついている場合は、キャップとネジを一緒に保管しておきましょう。
  3. 3
    バルブをペンチで時計回りに回す ペンチで金属バルブのつまみを掴んで時計回りに回します。それ以上回らなくなるまでバルブを回します。最後まで回し切ると、ラジエーターはオフになります。[7]
    • 金属バルブは高温になっている可能があるため、素手で触らないようにしましょう。
    広告

注意事項

  • 金属バルブは高温になっている可能があるため、素手で触らないようにしましょう。
広告

必要なもの

ロックシールドバルブを閉じる

  • ねじ回し(ドライバー)
  • ペンチ

関連記事

エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
庭にミツバチを呼び寄せる庭にミツバチを呼び寄せる
キャンドルのロウを落とす
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
芝生のタンポポを除去する
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
ドライバーを使わずにネジを外す
プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
革製品の臭いを取り除く革製品の臭いを取り除く
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
木に防水加工をする木に防水加工をする
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
切り花のチューリップを長持ちさせる切り花のチューリップを長持ちさせる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 151 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告