ラップダンスをするには、リラックスして、色っぽく、自信を持って身体を動かす必要があります。印象に残るラップダンスをするなら、ムードをつくって、優雅に椅子に乗ったり、降りたりしなければなりません。恋人を興奮させるラップダンスをしたければ、次のステップを踏んでみましょう。

パート 1 の 4:
ムードをつくる

  1. 1
    セクシーな服を着る ラップダンスをするのに異国風のダンサーに見える必要はありません。動きやすく、なおかつ身体の線を強調する服を着ましょう。 セクシーな下着の上にスポーツスパッツやフィットネスウェア、ロングドレスなど自分が色っぽく感じる服を着ましょう。
    • ストリップダンスの要素を少し入れたければ、下着とショートドレスを着用しましょう。ガーターベルトを着用する場合、下着はガーターベルトの上に履きます。[1] ハイヒールを履くと脚がきれいに見えます。
  2. 2
    セクシーな音楽を流す ムードを盛り上げるためにセクシーな曲を選びましょう。しかし、躍りやすいように明るい曲にした方がいいでしょう。事前にその曲で踊る練習をし、セックスではなく、ラップダンスに合う曲か確かめます。 一般的なラップダンスは1、2分で終わります。うまく踊れたら、1曲目が終わる前に恋人は我慢できなくなるでしょう。しかし、踊っている途中に曲が足りなくならないように、2、3曲準備しておきましょう。ラップダンスに合うセクシーな曲を紹介します。
    • ラブ・アンド・ロケッツ「ソー・アライブ」
    • デュラン・デュラン「スキン・トレード」
    • プリンス「クリーム」
    • ビリー・アイドル「クレイドル・オブ・ラブ」
    • インエクセス「ノット・イナッフ・タイム」
    • ネリー・ファータド「セイ・イット・ライト」
    • エーシー・ディーシー「レット・ミー・プット・マイ・ラブ・イントゥ・ユー」
    • エリー・ゴールディング「ラブ・ミー・ライク・ユー・ドゥ」
    • ゼイン「ロング」
    • リアーナ「ワーク」
  3. 3
    明かりを暗くする 明かりが煌々とした部屋でラップダンスをしても、セクシーではありません。 部屋の明かりを暗くしたり、明るい電球にスカーフや布を掛けて暗くしたり、キャンドルをつけたりしましょう。 あなたの身体が見える程度の明かりは必要ですが、顔のそばかすが全部見える程の明るさは必要ありません。
  4. 4
    頑丈な椅子を選ぶ 上手にラップダンスをするには、椅子が重要になってきます。太く頑丈な足で、背もたれが高くてしっかりとした椅子を選びましょう。自分と恋人「2人」の体重を十分に支えられる椅子が必要になります。もろい椅子だと、椅子から転げ落ちたり、椅子が壊れる可能性があります。そうなると、ムードを修復するのが難しくなります。
  5. 5
    恋人を椅子に座らせる 恋人に椅子に座るよう伝えます。講義を聞いているかのように座らずに、リラックスして、わずかに前傾姿勢で、足を少し開いて座ってもらうといいでしょう。まるで恋人の身体が「俺の上で踊れよ」と求めているかのような状態が最適です。[2]

パート 2 の 4:
色っぽく近づく

  1. 1
    気取ったように歩きながら部屋に入る ラップダンスは100万回経験済みのお手の物で、まるで専門家であるかのように部屋に入りましょう。片足をもう一方の足の前に出して歩き、背筋を伸ばし、肩を張ります。お尻を上下に動かして、ゆっくりと身体に手を滑らせ、恋人に次の動きを期待させます。[3]
  2. 2
    表情をつくる 艶っぽく恋人の目を見つめたり、背けたり、自分の身体を見たりします。自分の色っぽさを理解していると恋人に思わせるように、口を少し開き、わずかに微笑みます。
  3. 3
    椅子の周りを歩く 椅子の周りを何気なく歩き、音楽に合わせて腰を上下に振ります。ムードをさらに盛り上げるために、恋人の肩を触り、恋人の後ろに立って、身体を床まで下ろします。
  4. 4
    座る 恋人の膝の上に座って初めてラップダンスが始まります。恋人の前に立ち、胸を恋人の顔に近づけ、お尻を少し突き出し、ゆっくりと身体を恋人の膝に沈めていきます。
  5. 5
    身体を支えるために椅子の後ろに片足を掛け、その後もう一方の足を掛ける こうすることで、椅子から落ちることを防げます。
  6. 6
    恋人の首に腕を回す 身体を上下に動かし続けながら、恋人の首に腕を回します。
  7. 7
    恋人を焦らす 身体を引っ付け、顔を恋人の顔に近づけます。そして、キスするために寄りかかります。口に軽くキスをし、もっとキスしたくなるよう焦らします。セクシーなダンスムーブを見せる前に、色気を出し過ぎないようにしましょう。

パート 3 の 4:
ダンスムーブを見せつける

  1. 1
    セックスシンボルの女性のように屈む ゆっくりと椅子から足を外し、恋人の足の間に立ちます。 恋人の膝の上に手を置き、恋人の顔に向かって動きます。そして、身体を左右に揺らしながら下げていき、顔を恋人の腹部まで持って行きます。一瞬、手を恋人の身体の脇腹に置き、またゆっくりと元の位置に戻ります。
  2. 2
    お尻を八の字に動かす すべてお尻にかかっています。恋人の目の前に立ち、恋人が我慢できなくなるまで、お尻を八の字に動かします。八の字ダンスをしている間、手を胸に持っていき、その後、脇腹に下げていきます。身体を回転させてみてもいいでしょう。[4]
  3. 3
    自分の身体を触る 恋人の身体を椅子にしっかりと押し付け、その前に立ちます。身体同士は触れないようにします。石鹸の泡を身体に擦り付けているかのように、手を身体の上下に動かします。官能的に目を閉じます。 雰囲気に入り込めない場合は、シャワーを浴びていると想像してみるといいかもしれません。恋人が触ろうとしてきたら、その手を払いのけましょう。[5]
  4. 4
    お尻を振る 恋人の足の間に立って、身体を回転させ、手が床に近づくまで身体を下げます。恋人の股、腹部から顔の近くでお尻を振ります。誘惑するように身体を動かし続けます。そして、ゆっくりとまっすぐ立ちます。
    • 自信があれば、振り返って、わずかに微笑みかけてもいいでしょう。
    • 床の代わりに、恋人の膝の上に手を置いてもいいかもしれません。
  5. 5
    後ろに反る 片腕を恋人の肩に回し、恋人の膝の上に座ります。もう一方の腕を床に触れるくらいまで下げます。胸はまっすぐ前に向けます。ロデオの牛に乗っているように、ゆっくり優しく手を上下に動かします。
  6. 6
    さらに後ろに反る ラップダンスの技術があり、身体が柔らかいなら、床に届くまで手を下げましょう。下半身が恋人の身体の上で揺れ動きます。恋人の首に掛けていた手を外し、床まで下げ、上下に動かします。もう一方の手は床につけたままです。この動きをしている間も、お尻や身体を動かし続けます。
  7. 7
    恋人の後ろで踊る 色っぽさを感じてきたら、椅子の後ろ、恋人の後頭部に立ち、優しく自分の胸を後頭部に向かって下げていきます。 恋人の腰から顔までを触りながら、自分の身体を下げていきます。この動きは15秒以上続けないようにしましょう。恋人が耐えられなくなるかも知れません。

パート 4 の 4:
優雅に部屋から出て行く

  1. 1
    椅子から片方の足を外し、もう一方も外す 恋人に寄りかかると、楽に椅子の後ろから足を外せます。
  2. 2
    恋人の肩に手を置く 乱暴ではなく、しっかりと掴みます。
  3. 3
    お尻を突き立てる 胸を恋人に近づけ、お尻を突き出し、バランスを取ります。
  4. 4
    恋人の身体に頼り、まっすぐ立つ バランスが取れるまで、ゆっくりと恋人の肩を押し、しっかりと立ちます。
  5. 5
    色っぽさを保ち続ける 会議が終わり退出するかのように、椅子から離れないようにしましょう。椅子から身体を離すときもお尻を動かし続け、手を身体の上に滑らし続けます。椅子から離れたら、セクシーさを忘れず、今から何が起こってもいいように準備しましょう。

ポイント

  • 履き心地のいい靴を履きましょう。 滑ったり、こけると恥ずかしい思いをします。
  • 自信を持ちましょう。少なくとも、自信がある振りをしましょう。自分のラップダンスがひどいと思っても、表情に出さないようにします。誰にも見られていないかのようにお尻を揺らし続けます。
  • ラップダンスはあなたと恋人が楽しむためのものです。したくなかったり、まだできないと思ったら、無理にする必要はありません。

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む40人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ダンス
このページは 242 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?