ラベンダーは美しい花が咲く低木のハーブで、年々大きく育ちます。よく育った株からは7、8束のラベンダーを収穫でき、花を乾かして料理や甘い香りのサシェなどに利用することができます。適切な剪定と収穫によって株は長生きし、運がよければ何十年も花を咲かせます。ステップ1以下を読んで正しい剪定と収穫の仕方を学びましょう。

方法 1 の 2:
ラベンダーの剪定と収穫

  1. 1
    花が咲いたら剪定と収穫をする 剪定と収穫は開花した茎を刈り取るという点で基本的に同じです。剪定は根の生長を促し、株の見た目を美しくすると共に、花の束を1-8束ほどに抑えます。春が一番花が美しく香りが強い時期なので、開花したらその都度収穫します。[1]
    • 早春になったらラベンダーをよく観察して開花のタイミングを見極めましょう。
    • 春に収穫するともう一度花が咲き、二番刈りができるかもしれません。
  2. 2
    ラベンダーを束にする ちょうど片手で握れるぐらいの茎をまとめて持ち、一束にします。ラベンダーの茎はかなり頑丈で、多少引っ張って集めてもちぎれる心配はありません。
    • 一般的に1年目の株からは1、2束の花しか収穫できません。
    • ラベンダーの株は3年ほどで完全に成熟し、8束から10束ほどの花を収穫できるようになります。
  3. 3
    株元の木質部分の5cm程度上で切る ラベンダーの株をよく見ると、茎の根元は硬い木のような質感でそれより上の茎は緑色をしています。根元の木質部分を切ると木を傷めることがあります。木質部分から十分に離して5cmほど上を切りましょう。
    • ラベンダーの収穫には、収穫用ナイフ(鎌のような形でギザギザの歯がついたもの)が最適です。お持ちでなければ剪定用はさみでも代用できます。
    • 収穫用ナイフを使う場合は束ねた茎の向こう側からナイフを引っ掛け、手前に引いて刈り取ります。
    • 茎をすべて刈り、株を小山のような形に切りそろえます。
    • 朝露が乾いてから日が高くなるまでの間に収穫しましょう。日光が当たると熱で精油が揮発し、ラベンダーの香りが損なわれます。
  4. 4
    開花した茎から刈る 最初の収穫は開花時期の初期になるでしょう。開花時期には次々に花が咲くので、必要に応じて刈り取ります。小さめの品種のラベンダーはまばらにしか開花しないことがありますが、開花したら順次収穫して次の開花を促しましょう。一般的な花を咲かせる植物と同様に、ラベンダーも適切な時期に根元からきちんと刈り取れば、次に新しい花が育って1年に複数回収穫することができます。
    • 刈り取り後2週間から1ヶ月で再収穫できます。開花に1ヶ月ほどかかるようになったら、最後の収穫をしましょう。
  5. 5
    枯れた葉などを取り除く 枯れた茎や小枝、葉などは切り取りましょう。収穫はすなわち剪定になりますが、開花時期の終わりには見苦しく不要な部分の剪定が必要です。その際、根元の木質部分は切らないで下さい。
    広告

方法 2 の 2:
ラベンダーを乾燥させ、使う

  1. 1
    束のまま、もしくは広げて乾かす ラベンダーの束を室内の乾燥した冷暗所に逆さまに吊るすか、屋外の日なたで網やふるいの上に広げて乾かします。屋外で乾かすと直射日光の影響で花の色が薄くなります。
  2. 2
    冷暗所で保管する 乾燥ラベンダーは直射日光や熱を避けて保存すると最大限に長持ちします。
  3. 3
    必要があれば茎から花を取り外す 小さめの品種からは一番良い花が採れますが、もう一手間かける必要があります。花を茎から取り外すには2.5cm×5cmのベニヤ板2枚の間に乾かした花を挟み、押しながら転がします。茎から外れた花をふるいで受けましょう。
  4. 4
    ラベンダーを料理や手芸に使う それでは、ラベンダーを使ってみましょう。ドライフラワーを花瓶に生けて部屋を飾る、花でサシェを作る、お菓子を作るなどして楽しめます。例を挙げてみましょう。
    • ラベンダー石鹸を作る
    • クッキー生地にトッピングしてラベンダーシュガークッキーを作る
    • ラベンダーオイルを作り、部屋を素敵なラベンダーの香りでいっぱいにする
    広告

ポイント

  • 切り落とした茎でさし穂を作ることができます。浅い入れ物に土を入れて茎を刺し、時々水をやると成長するでしょう。
  • ラベンダーは直射日光を好み、春に新しい枝が育ちます。水をやり過ぎないようにしてください。小枝が枝分かれして成長し始めたら、前年秋に剪定した部分で軽く剪定しましょう。そこから花芽が育ちます。

広告

注意事項

  • 収穫の際は怪我に気をつけましょう。収穫用ナイフはなるべく鋭いものを使いましょう。


広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

カタツムリを駆除する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

コンクリートを仕上げる

How to

切り株を除去する

How to

バラを種から育てる

How to

ツタを取り除く

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

ヒューズをチェックする

How to

木に防水加工をする

How to

ガラスの傷を取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は11,441回アクセスされました。
このページは 11,441 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告